かぼちゃ 煮物。 かぼちゃの煮物をホクホクさせるための超簡単な3つのコツ!

★定番!おいしい♪【かぼちゃの煮物】 レシピ・作り方 by どんぐり0番地|楽天レシピ

かぼちゃ 煮物

3 煮立ったらふたを取ります。 落しぶたをし、弱火でやわらかくなるまで煮て、完成()。 お料理メモ メモ1:かぼちゃを切るときのポイント• 切るのが大変なときは、少し電子レンジで加熱すると、皮がやわらかくなって切りやすくなります。 お弁当に入れる場合は、少し小さめに切っておくと弁当箱にも入れやすいです。 メモ2:煮るときのポイント• クッキングシートの真ん中に切り込みを入れ、それを落しぶたとして使っています。 皮目から竹串をさし、すっと入るくらいのやわらかさになるまで煮ます。 完成後は、あら熱が取れるまで鍋にふたをし、かぼちゃの表面が乾燥しないようにします。 冷める過程で味もしみ込みます。 レシピ動画.

次の

基本のかぼちゃの煮物のレシピ/作り方

かぼちゃ 煮物

沸いたらアクが少し出てきますが、かぼちゃの煮物は特にアクを取らなくてもOKなので、 砂糖大さじ4を加えます。 加える調味料の順番に差をつけることで、味が染み込みやすくなります。 まだかぼちゃも硬いので、箸でそっと混ぜ、混ぜ終えたらかぼちゃの皮面を上に戻しておきます。 煮る時間は10分です。 弱火を少し強くしたくらいの火加減(コトコトとしずかに煮汁が煮立つけど、かぼちゃはさほど動かないくらい)で10分煮ます。 ここでは箸で混ぜず、鍋を傾けるなどして調味料をいきわたらせます。 醤油と塩を加えた後は 5~7分ほど、大きめのかぼちゃにしっかり火が通るまで煮ます。 火通りは竹串を大きなかぼちゃに刺してみて確認しましょう。 火が通っていれば火を止めます。 下の写真は火を止めた後の鍋の中です。 (鍋の大きさにもよりますが)煮汁はかぼちゃの半分以下になっています。 器に汁ごと盛り付ければ完成です。 冷めたら冷蔵庫で保存し、3日ほど日持ちします。 このレシピは 特に落し蓋を使わないレシピにしています。 かぼちゃと鍋の大きさが合わずに、水500mlを入れたときにかぼちゃが頭を出しているようなら落し蓋を使って同じように作ってみてください。 保存後のかぼちゃの煮物は、冷たいまま食卓に出しても美味しいです。 また、砂糖は 甘めが好きなら大さじ5まで増やし、逆に甘すぎないほうがいいなら大さじ3まで減らしてみてください。 材料の【醤油大さじ1】は、薄口醬油か、色の濃すぎない濃口醬油がおすすめ。 弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(作ってすぐでない煮物を弁当に入れる場合は、芯まで再加熱した後に一度冷ましてから!).

次の

★定番!おいしい♪【かぼちゃの煮物】 レシピ・作り方 by どんぐり0番地|楽天レシピ

かぼちゃ 煮物

沸いたらアクが少し出てきますが、かぼちゃの煮物は特にアクを取らなくてもOKなので、 砂糖大さじ4を加えます。 加える調味料の順番に差をつけることで、味が染み込みやすくなります。 まだかぼちゃも硬いので、箸でそっと混ぜ、混ぜ終えたらかぼちゃの皮面を上に戻しておきます。 煮る時間は10分です。 弱火を少し強くしたくらいの火加減(コトコトとしずかに煮汁が煮立つけど、かぼちゃはさほど動かないくらい)で10分煮ます。 ここでは箸で混ぜず、鍋を傾けるなどして調味料をいきわたらせます。 醤油と塩を加えた後は 5~7分ほど、大きめのかぼちゃにしっかり火が通るまで煮ます。 火通りは竹串を大きなかぼちゃに刺してみて確認しましょう。 火が通っていれば火を止めます。 下の写真は火を止めた後の鍋の中です。 (鍋の大きさにもよりますが)煮汁はかぼちゃの半分以下になっています。 器に汁ごと盛り付ければ完成です。 冷めたら冷蔵庫で保存し、3日ほど日持ちします。 このレシピは 特に落し蓋を使わないレシピにしています。 かぼちゃと鍋の大きさが合わずに、水500mlを入れたときにかぼちゃが頭を出しているようなら落し蓋を使って同じように作ってみてください。 保存後のかぼちゃの煮物は、冷たいまま食卓に出しても美味しいです。 また、砂糖は 甘めが好きなら大さじ5まで増やし、逆に甘すぎないほうがいいなら大さじ3まで減らしてみてください。 材料の【醤油大さじ1】は、薄口醬油か、色の濃すぎない濃口醬油がおすすめ。 弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(作ってすぐでない煮物を弁当に入れる場合は、芯まで再加熱した後に一度冷ましてから!).

次の