転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても。 魔王城でおやすみ【第126話】悠々自適に憧れて♡ 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

アシガール【第92話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても

旧魔王城が倒壊寸前!? 」 そんな魔王の大声が響く中、ハデスが動じない様子でこう答える。 「城の土台を支える魔力が経年劣化で消えかけている。 ま、もって三日ってところだな。 」 そう言った彼の呑気な言葉に、早く言えと怒鳴る魔王。 しかも、旧魔王城は先代魔王である父・ウシミツが建てたもので、父の魔力でないとどうにもならない。 「そうなると…父上に会いに行かねばならない…」 そう呟く魔王に、黙ってしまう幹部たち。 口を開いたのは、しゅうどうしだった。 「もし、あの方を怒らせるようなことがあれば 魔王城も旧魔王城も消し飛びかねませんよ…」 その言葉に、脅える魔王。 しかし、やむを得ない事情であると、封印された伏魔殿へ隠居している父のもとへ向かうことにした。 「…ただし!! このことは姫にだけは全力で隠し通すのだ!! 絶対にあの人質ぶりを父上に見せるわけにはいかない!! そうして迎えた翌日。 まさに伏魔殿の扉の真ん前。 隠し通したはずの魔王一行の目の前に、姫が現れたのだった。 「いや…イヤ!おかしい!我々は決行日時すら完全に隠し通したはず…城内の監視映像を出せ!」 動揺する魔王は、そう言って映像を確認すると… 心霊映像ばりに、こっそりと聞いている姫の姿がそこにあったのだった…。 しかし、実はそれを想定して、魔王一行も考えていた。 あの時の決行日時はダミーだったのだ。 そうして、本来の日時を伝えたときの映像を見てみると… 彼らの背後に、恨みを残した霊の顔のような、姫の顔が浮かんでいた…。 「それでもまだ、おかしい!待ち合わせ場所はいつ知った!? あの時は周りに誰もいなかったはずなんだ…!」 それでも信じられない魔王は、更に待ち合わせ場所を伝えた映像を確認する。 すると、彼らが話す噴水の向こうで、不自然に浮かぶ竹筒の姿が… 「忍びか貴様は!? 」 そう叫んだレッドシベリアンに、「これは怖くないでしょ?」ときょとん顔の姫。 そうして最後には、映像から姫を探し出すクイズになってしまい、魔王は突っ込みを入れる。 「ま…まあ色々言ったが!とにかく姫を父上に会わせるわけにはいかん!」 そう言う魔王に、それに従うように動揺する幹部たち。 人質がこんなのだと知れたら、と心配する彼らに、姫は可憐に微笑んでこう思う。 」 姫の想いを察した魔王たちは、思わずそう怒鳴ったのだった。 そうしてドタバタしていた一行だったが、姫は情報集めに疲れたと言って、 入口付近で眠ってしまう。 それを見ていた一行は、ここに寝かせておけば、と考えるが、 その直後、姫は頭からウシミツのペットらしき、食虫植物のようなものに齧られてしまい、放っておくことが出来なくなってしまった。 「まったく世話の焼けるー!!!!! 」 そう一行が口を揃えて言い、姫を抱えてペットから逃げるなか、 当の姫は爆睡中。 「我輩間違えたかな!? やっぱりさらってくる姫間違えたかな!? 」 魔王がそう言うと、「姫が姫として間違ってる」とフォローしてくれるあくましゅうどうし。 魔王城でおやすみ最新話を含め週刊誌をすぐに無料で読む 以上、魔王城でおやすみのネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えば週刊少年サンデー2018年52号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回の魔王城でおやすみの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 姫が先代魔王を従えるか、あるいは二人が意気投合するか、だと思います。 そうしたら父公認ですし、姫は最強になりますよね。 旧魔王の修復も簡単になりますし、姫に強請られて父がなにか無理をきいてやることもありあそうな気がします。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

魔王城でおやすみ【第126話】悠々自適に憧れて♡ 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても

アシガール【第92話】のネタバレ 現代のイルミネーションの中、 清永と見つめ合い、彼を好きだと実感する唯。 しかし そんな夢を見た 現在半袖の唯は、 クーラーの風の「気持ち悪さ」に目を覚ましたのだった。 差 そのまま、 父が抗議するのも構わず、 クーラーを消す唯。 そして、 「すっかり戦国人」だと言われる唯だが、 母は、 「体を冷やさない方がいい」のだと 唯の行動を肯定した。 さらには、母は 唯のリクエストに応え、キーマカレーを用意。 それを 呑気に食べようとする唯は、かなり甘やかされた 悠々自適なマタニティライフを送っていたのだった。 と、その一方。 尊は、 すっかり目覚めた高山宗鶴に、少し動揺していた。 だが昨日の喧嘩腰の態度とは違い、 何やら意味深に笑い合う忠永と宗鶴に、 何か妙な空気を感じ取る尊。 そしてその空気のまま、一同は 「村上城攻め」の作戦会議を行うのだった。 抜け道とリスク するとそこで、 恐らく 敵は気が付いていない、石堀から続くの抜け道がある事を話し始める高山親子。 ちなみに明確には言わないが、 羽木対策に作ったものだそうだ。 しかし いくらバレていないとはいえ、 大軍が動けば気づかれる。 そこで、 兵は百五十から二百が限度とされ、その群で 敵の三百近い室屋勢に挑むことになりそうだった。 すると、 その奇襲を突然に買って出る清永。 それに尊は少し驚いたが、清永は 既に策があり、任せても大丈夫そうだった。 高山親子の息子・ 宗熊が清永を「忠清」と呼ぶ。 それに、 志喜は一瞬違和感を感じたが、 清永はかぶせ気味に大声を出し、 その場を無理矢理ごまかしたのだった。 整いまして ということで、 この作戦は清永に任されることに。 だが二人きりになった時、尊は 何とも言えない気持ちで、 清永をじっと見つめていた。 すると、 その気持ちを察しつつ、 でも、 「誰かが行かねばならない」という仕方なさを語る清永。 そして 尊を本陣に置いておこうとした清永だったが、 尊はそれを断り、 「そのへん」まではついていくと断言したのだった。 そんな一方で、志喜は宗鶴に これまでのことを話していた。 信長はきっと、 室屋に手こずる今を、焦れているかもしれない。 しかし、 関係のない百姓や子供を巻き込むことを、御月家が強く拒んだのだと。 そしてそれは、 志喜も同じ意見であり、 こうして時間がかかっている。 するとそれを知った宗鶴は、 「人を生かす」と言った忠永の言葉を噛み締め、 高山の領民を守ってくれたことに、素直に礼を言うのだった。 現実の「戦国」 その後、いざ出陣となり、 兜や鎧を装着させてもらう尊。 ちなみに、 若君近侍専用の当世具足で、 唯とは格が違うのが一目瞭然だった。 これには、 日本男子の端くれとして、 テンションを上げる尊。 そしてその時、 同じく鎧兜をつけた清永がやってきて、 尊は 内心で黄色い悲鳴を上げたのだった。 そのまま、 「戦国」という雰囲気を満喫し、 馬ではなく歩いて出陣する尊。 ちなみに今回の奇襲は、 無用な混乱を避けるため、清永の選んだ 旧羽木家出身の70名の精鋭を連れていた。 そして、宗熊の案内で 抜け道の入り口に到着する一同。 すると、清永は 尊にここへ待機するよう命じ、 代わりにでんでん丸を借りていくと言うのだった。 それを聞き、 自分の初陣の終了と、 闇に紛れて敵を眠らせる作戦なのだとということを察する尊。 しかし、その時だった。 近くにいた兵の喉元に矢が刺さり、 敵に気付かれてしまったことが発覚。 そして 一気に緊迫する御月勢だったが、それに 尊は腰を抜かしてしまった。 そんな尊に喝を入れ、 清永は的確に指示を出し、城内へ。 そんな清永の背中を見送りながら、尊は ようやく「ここが戦国」であることを理解し、そのまま 気を失ってしまったのだった。 アシガールの最新話を含めココハナをすぐに無料で読む 以上、アシガール【第92話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えばココハナの 2020年1月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のアシガールの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! アシガール【第92話】の感想と考察 尊の本格的な苦悩が始まってしまいました…。 しかも戦場で気を失うとは…大丈夫でしょうか…。 唯の出産も心配ですが、尊のことはもっと心配。 この状況をどう乗り越えるのか、次回も見逃せませんね! 次回のアシガール【第93話】掲載のココハナ2020年2月号の発売日は12月28日になります! まとめ 以上、アシガール【第92話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

【厳選】「WHITE BLOOD」絶対来る女吸血鬼マンガ!を絶対無料で読めるサイトはここ!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても

打ち明けて少し楽になるレアナ。 シヴァはそんなレアナを心配するが、ポールは初めて聞いたためショックを隠し切れないでいた。 「ところで、襲撃事件の犯人は捕まった?」 とレアナ。 まだ捕まっていないこと、そして皇帝が捜査に参加したことなどこれまでのことを報告するポール。 それを聞いて驚くレアナ。 皇帝が貴族の家を捜査させたことが原因で反発がすごいのだと続けて話すポール。 「陛下が神殿に直接行くとおっしゃっったそうですが、どうなるか…」 ミアも連れて行くという噂も流れていると聞いて考えるレアナ。 (ミアを連れて行くなら…) 皇帝とミアが手を繋ぎ笑顔で歩くシーンを思い浮かべるレアナ。 (もしかして原作の流れに戻すために変わっているのかな?) しかし原作と違って、レアナはミアをイジメたことがないし、これまでの皇帝の態度、言動は憎まれているような感じではない…。 と頭を悩ませるレアナ。 そんなレアナをジーっと見るシヴァ。 ニコっと笑い 「何か話したいことでも?」 と話しかける。 「ポールが神殿の話を出した後から何か気にされているようなので」 そう言いながらレアナの心を読むシヴァ。 レアナは驚きながらも否定し、 「陛下が私に気にかけるわけもない!」 と動揺しながら話すレアナ。 しかし、 「本当にそう思いますか?」 「陛下は、妃殿下を心配していますが、どう近づけばいいか分からないのではないでしょうか?」 「気持ちにない相手を気遣う人はいません。 だから、もう心を開いても良いのでは?」と言うのでした。 それを聞いて複雑な表情を見せるレアナ。 (本当に大丈夫かな?) (私が原作のミアのポジションになったということであれば… 一番頼もしい人は陛下だ) (だったら・・陛下のそばが一番安全) 少し不安な気持ちは残るレアナだったが、 その結論に至るのでした。 そこで、ポールは自分が失言したのではと気にしていたのだ。 すると、ポールの頭にの乗った葉っぱを取ってあげながら 「何かに気づくきっかけになったよ…」 と優しく微笑むシヴァ。 それに対して黙るポール。 (顔、近すぎだろ) と顔を赤らめるポールなのでした。 38話ネタバレ! 神殿にある司祭の名簿を皇帝に渡すテリア。 その名簿に目を通しながら・・ 今後の神殿への対応など真剣に話す2人。 するとそこに、 ドアがノックされ 要件を伝える使用人。 その話を聞いて目をまん丸にする皇帝。 レアナが応接室で待っているという報告だったからだ。 バッと立ち上がる皇帝。 「レアナが…?」 「レアナが!」 皇帝の顔がパァッと明るくなる。 すると乙女のようなことを言い出す皇帝。 そんな皇帝にドン引きのテリア。 「とにかく数日間まともに食べられなかったのにどうしたというのか。 今すぐ侍従たちを行かせろ」 「いや、今すぐ行くと伝えなさい」 とあたふたする皇帝。 そんな皇帝にテリアは鬱陶しく感じながらも、レアナの元へ行ってはいかがかとと提案すると… ダッシュでレアナの元へ行く皇帝だった。 その途端に、体を震わせ怯えてしまう。 (…もう大丈夫。 ここは陛下の・・) と自分に言い聞かせるレアナ。 するとそこで、 花束を持った皇帝が登場! 「レアナ!待たせた!」 「君より大事なことは無いから気楽に…」 と、ドアを開けると同時に話し始める皇帝。 驚くレアナ。 口をポカンと開ける皇帝 レアナの顔色が悪いことを察知すると 「今すぐ皆退け!」 と言って医者を呼ぼうとする陛下。 とにかく騒がしい登場だった。 皇帝はソワソワしていた。 (いざ来たものの…ぎこちない。 ) 皇帝が子犬のような顔をしているから、話を始められないレアナ。 ふいっと顔を横に向けると、 それだけで緊張する皇帝。 「ご心配おかけして申し訳ございません。 」 そして多少のズレがありながらも 本題に入るレアナ。 「ご相談したいことがあるのです。 」 「もしよろしければ…安全な場所…」 と言いかけた瞬間、 立ち上がりカップを倒してしまう皇帝。 」 レアナはぽけーっとする。 すると皇帝から 「不安ならば、ここに留まったらどうか?」 と提案する皇帝。 そして… 「レアナ。 君を守ることを許してほしい。 」 と必死に言う皇帝なのでした。 そんな必死に言う皇帝を姿を前に、意外と冷静なレアナ。 (悩んでいたのがバカみたい) と思うレアナだった。 38話終わり!.

次の