川崎 市 人口。 川崎市多摩区の人口、男女、世帯数情報

川崎市の人口、神戸抜く 政令市6位 武蔵小杉など再開発進み 152万6630人

川崎 市 人口

7万人となりピークを迎え、以降、自然減が社会増を上回るかたちで人口減少への転換が想定される。 2万人、生産年齢人口は平成37年(2025)年の102. 8万人がピークと想定される。 ということになります。 我が町・宮前区は7区の中でも後半の2035年、23. 8万人が想定されており、現状、2015年統計22. 8万人から+1. 0万人ということになります。 区内で1万人増えるというと、実感がわかないかもしれません。 例えになるかわかりませんが、今度の衆院選区割り変更で区内唯一影響のあった神木本町1丁目〜5丁目の人口がざっと8,000名程度ですので、それ以上の規模で増加するということです。 人口増加は市税の増加や町の活力に直接繋がる反面、都市が持つキャパシティを遥かに超える人口増加は、本市のような狭い市域の都市ではインフラ面などのハードだけでなく、大規模災害対応などのソフト面をはじめ決して簡単ではない問題が多数出てきます。 南武線、田園都市線、小田急線などのラッシュはもはや殺人的と言われている中、さらに需要が増えてきます。 増え続ける小杉のタワーマンション。 嬉しさだけでなく現実的な課題も多いのが実情です。 今回も最後までご覧いただき有難うございました。 特集を希望する内容があればドシドシご連絡ください。

次の

【全国の市】人口ランキング・面積ランキング・人口密度ランキング

川崎 市 人口

(川崎市7区人口ランキング) 順位 名称 人口 面積 人口密度 高齢化率 全体比率 1 中原区 233,925 14. 70 15,913. 3 13. 8 16. 61 11,760. 7 16. 0 15. 36 13,286. 1 15. 0 15. 21 5,542. 7 20. 1 15. 49 10,438. 9 15. 9 15. 28 7,299. 2 19. 0 11. 05 15,344. 5 19. 4 10. stat. htm))。

次の

川崎市:川崎市の世帯数・人口、区別人口動態、区別市外移動人口(平成29年12月1日現在)

川崎 市 人口

com』で提供する地域情報コンテンツは、「すでにお住まいの人、これから新しく住民になる人に、地域を理解し、好きになってもらいたい」という趣旨で、調査・収集して提供されています。 弊社では全国の市区役所へ調査票を送付し、行政サービスや様々な地域データについて調査協力をいただいております。 項目によっては、市区ごとに未回答や非公表の場合があります。 また、調査後に制度や数値に変更・追加のあった場合は適宜修正を加えておりますが、最新性を保証するものではありません。 最新の情報につきましては、各市区役所まで直接お問い合わせの上ご確認ください。 数値情報である統計データは対象の市町村分を合算して集計していますが、条例など旧自治体制度の移行期間により、詳細な情報を掲載できないケースもあります。 合併に伴う制度の変更や条例の改正については、適宜修正を行ってまいりたいと考えておりますが、スケジュールに関しましては未定でございます。 なお、世帯数は一般世帯数とする。 国内の人口や世帯の実態を明らかにし、国及び地方公共団体の各種行政施策の基礎資料を提供する役割を担っている。 10年ごとに大規模調査(22項目)、その中間年に簡易調査(17項目)が実施されている。 福島県においては市区町村別の人口推計を実施していないため、福島県13市についてはデータ未掲載。 就業率(女)とは15歳以上の人口における女性就業者の割合。 当サイトでは、出生時から居住している人口の割合を「居住期間(出生時から居住)」、20年以上居住している人口の割合を「居住期間(20年以上居住)」として掲載している。 なお、北方地方(歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島)及び竹島(島根県)を除いた地域の面積を使用している。 可住地面積とは、総面積から林野面積および湖沼面積を引いた、人が住み得る土地の面積を指す。 なお、林野面積とは、森林面積と森林以外の草生地面積の合計。 主要湖沼とは、面積1km 2以上の湖沼で、かつ、人造湖以外の湖沼で、埋め立て、干拓等によって陸地化した区域を差し引いたもの。 当サイトでは、この単位面積を林野や湖沼を除いた可住地面積として算出している。 1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。 人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。 0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。 実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。 25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。 将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。 350%以上で健全化が必要な市町村とされる。 なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0. 0を表示している。 経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。 95%以上だと要注意。

次の