ヒカリ へ 歌詞。 Novelbright ヒカリへ

miwa「ヒカリへ」歌詞の意味(解釈)とは?

ヒカリ へ 歌詞

作詞・作曲・編曲:HoneyWorks HoneyWorksさんの「ヒカリ証明論」銀魂のEDに使われているんですね!気づいていませんでした... 泣 「ヒカリ証明論」は公開からまだ1日ですがYoutubeでは再生回数は430000回です。 さすがハニワさんですね。 曲自体もMVも凄く良いです。 HoneyWorksさんは結構アニメの曲を担当していて「いつだって僕らの恋は10センチだった。 」「告白実行委員会」など作詞作曲をしています。 今回の銀魂は恋愛ものじゃないアニメ初ですね! 銀魂とHoneyWorksのコラボは最強ですね。 僕得でしかないです。 その2人のうち1人が泥棒になっています。 小判をふり撒くような映像が出ている事から天下の大泥棒「石川五右衛門」を描いているんじゃないかと解釈できます。 泥棒で言えば「鼠小僧」も考えましたが、鼠小僧は庶民にお金を配ってはいなかったようで、その生い立ちも就職に失敗して窃盗をしていたようで今回の曲には合わないんじゃないかと思いました。 石川五右衛門は安土桃山時代に存在した人物と言われていて、お金持ちからお金を盗み、貧しい者のために盗んだお金を配っていました。 今回はそんな「石川五右衛門」と青年将校の物語として解釈していきたいと思います。 しかし、安土桃山時代には将校が存在していない事から江戸時代のお話だと思います。 寺子屋?養子縁組? 迷い込んだこの世界で出会ったのは、先ほど書いた少年期の2人だと解釈できます。 MVでは2人の少年が同じ柄の着物をきていて、孤児院のような場所や養子で貰われたりして出会った事が推測されます。 またその後の物語で2人は別の道を歩んでいる事から、初め孤児院のような場所で2人は少年期に過ごし、その後1人は養子として将校の家庭へ、もう1人は泥棒の道へ進んで行くんだと思います。 ちなみに「東奔西走」はあちらこちらを走り回る意味で、「狂瀾怒濤」は荒れ狂った様子を意味します。 君と出会ったこの世界で 前の場面では木に登った猫を二人掛かりで助けている事から、そんな少年時代の2人と猫の物語を描いているんだと思います。 ずっと一人ぼっちだったこの世界で君と出会えた事で今までのモノクロの世界が色づいたと歌詞では言っているんだと解釈できます。 運命の赤い糸 「曇天」は曇った空を意味します。 また「曇天」と言えば銀魂でも曇天のタイトルのOPテーマがありましたよね!もしかしたら、この意味も含まれているのかもしれません。 そんな陰っている世の中で足掻いても踠いても生き抜いてみせる。 そんな思いが歌詞に表現されているんだと思います。 「赤い赤いこの証明」は「運命の赤い糸」を意味していると推測できます。 金髪の石川五右衛門と銀髪の青年将校の2人の関係は一度孤児院での別れから切れたけど、結局運命のように次は敵として再開しています。 そんな運命を赤い証明 赤い糸 と表現していると解釈できます。 また、のちの歌詞に痛い痛いほど流れとあることから血を意味するとも推測します。 血は生きるために身体を巡っています。 だから、生きている証を意味しているんだと解釈できます。 コメントから頂きました ヒカリ証明論 そんな2人の運命が離れないように、笑って生きていけるようにまだ2人が幼い少年時代にみた青い晴天に願っているんじゃないかと思います。 MVでは少年時代の2人が仲良く寝転がっている事から、少年時代の思い出なんだと解釈できます。 将校の葛藤 MVからの解釈が多くなってしまいますが、 そんな将校と泥棒の2人の追いかけっこが続いていたある日、将校の上官が金持ちの家から賄賂を貰い「どんな手を使ってもコソ泥を捕まえろ。 処刑してやる」とそんな行動に移ります。 石川五右衛門はお金持ちから奪ったお金を庶民に配っていた事から、目を伏せて本気で取り締まりできなかったんじゃないでしょうか。 将校はそんな状況でどうすればいいか迷っているんだと推測できます。 石川五右衛門は泥棒だけどみんなの幸せに繋がるような行動をしているし、それに大事な幼馴染だから... 斬りかかる将校 「大団円」は小説や芝居や事件がめでたくおさまる最後の局面を意味します。 将校が自分の命で愛する者 幼馴染 を守るために、わざと石川五右衛門を切ります。 上官が躍起になって泥棒を探している事から、将校自身を嫌いにさせて、そして怪我によって当分この地域に現れないようにしたんじゃないかと思います。 そんな愛する者を守る信念をこの歌詞で強調しています。 成り代わり 石川五右衛門が、振り返らずにこの先歩けるように将校は自分を悪者に見立てているんだと思います。 石川五右衛門が去った後、将校は自身の長い髪を切り、石川五右衛門と同じ髪型にして仮面を被り街に現れて、本人の代わりに捕まり罰を受けます。 将校は石川五右衛門になりすまして、捕まった事が石川五右衛門に知られないようにこのような行動をとったんだと解釈できます。 ヒカリ証明論:闘え そして捕らえられた青年将校は、牢獄の中から空を見ています。 そんな状況が「狭い狭いこの空」から分かります。 この世界で出会って別れた事で将校は良いことをしたとは思っているけど、五右衛門とはもう会えない事から光を失っているんだと思います。 「来世では出会えるかな」と将校が考えているときに、少年時代の猫が将校の前に現れます。 そして、石川五右衛門が「行くぞ!」と将校を迎えに来ます。 2人の泥棒と将校の縁がまた交わったことを「赤いこの証明」で表現していると思います。 2人がまた一緒になってこれから生きて行くんじゃないでしょうか。 ちなみに、石川五右衛門が被っている「狐のお面」は白狐のお面で正しい狐の精霊が宿っているそうです。 石川五右衛門がしていることは正しいことだと印象付けられます。 ヒカリ証明論 このMVでは将校の元上官が小判が散って行く様を見て絶望している事から、上官に渡された賄賂の小判も2人によって盗まれ、貧しい人たちに配られたんじゃないかと推測できます。 2人の表情からもわかるようにハッピーエンドですね。 今の現代でも、上は悪い事や可笑しいこと言っているのにそれが言えない状況だったり結構ありますよね。 「そんな不条理を我慢していたらだめ」そんなメッセージも込められているのかもしれませんね。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます! あくまで僕の解釈で"ヒカリ証明論"解釈してみました!.

次の

CHiCO with HoneyWorks

ヒカリ へ 歌詞

Childrenが2017年1月11日に発売した36thシングル。 前作「足音 〜Be Strong」からおよそ2年ぶりのシングルである。 2016年は新曲リリースがなかったため 「やっとニューシングル来た!」と歓喜した。 累計売上は16万枚。 オリコン週間チャート1位を獲得し、シングルとしては2012年以来5年ぶりだった。 18thアルバム『REFLECTION』からプロデューサー小林武史と決別したので、ファンは次作(つまり本作)はどのような作風になるのかと期待した。 そして発売された36thシングル「ヒカリノアトリエ」。 私の正直な感想は 「これミスチルじゃなくね・・・?」だった。 タイトルにもなっている「ヒカリノアトリエ」とは『Mr. Children Hall Tour 2016 虹』のために結成されたバンドの名前である。 田原健一:Guitar• 中川敬輔:Bass• 鈴木英哉:Drums• icchie:Trumpet• 小春 from チャラン・ポ・ランタン :Accordion 『Mr. Children Hall Tour 2016 虹』ではこの8人による演奏でのライブだった。 つまり本作は"ミスチルの36thシングル"というよりも "ヒカリノアトリエの1stシングル"の方が正しいのだ。 もはやミスチルというバンドではなくなってしまった・・・。 さらに「ミスチルの楽曲をカヴァーしました」と言わんばかりに、カップリングには 過去曲の再録バージョン(ヒカリノアトリエ演奏バージョン)が収録されている。 1.ヒカリノアトリエ 2. Studio Live 3. Studio Live 4.(Studio Live) 5. 虹 Tour 2016. 7 FUKUI 6. 虹 Tour 2016. 14 KUMAMOTO 7.I LOVE CD Shops! 」とは2016年に桜井が始めたプロジェクトの名前。 特に意味はない。 無音トラックを除くと全7曲収録されているのでもはやミニアルバムに近い(ミニアルバムだった1stアルバム『EVERYTHING』は全7曲)。 正直、ミスチル名義じゃなくてヒカリノアトリエ名義での発売が良かったと思う。 『REFLECTION』で小林武史が抜けバンド感が戻ったと思ったら、次はなぜか4人が加わって打楽器隊みたいになってしまったミスチル。 かなり期待していたが予想の斜め上(下?)だったので拍子抜けだった。 もし小林武史がいた時に制作されていたら面白みのない曲に仕上がっていたと思う。 Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」にヒントが隠されている。 この名前は「ミスチルがヒカリノアトリエという場所に行って虹を描く」という意味。 "ヒカリノアトリエ"というのはまさに『Mr. Children Hall Tour 2016 虹』で結成された8人バンド。 つまり ミスチルが他4人が待つ場所に加わるというニュアンスが込められている。 そしてそのヒカリノアトリエで虹を描く。 "虹"というのは希望の象徴で、見る者に希望を与える。 つまり「ヒカリノアトリエ」という曲には 「聴いた人が希望に満ちあふれ明るくなれるようになる音楽を届けたい」という意味が含まれているのだ。 冒頭の歌詞を引用したので見てほしい。 「雨上がりの空に七色の虹が架かる」ってそんなに単純じゃない 虹はそう簡単に現れない。 「Mr. Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」とあるけれど、簡単に虹を描くことはできない。 つまり簡単に人々を希望に溢れ明るくさせることはできないのだ。 そうならば、虹を描くなんて不可能なのでは・・・。 でも、桜井はしっかりと結論付けている。 サビの歌詞を引用したので見てほしい。 優しすぎる嘘で涙を拭いたら 虹はもうそこにある 「優しすぎる嘘で涙を拭いたら虹は簡単に現れる」と桜井は結論付けているのだ。 では"優し過ぎる嘘"とは一体何なのか。 これはずばり "音楽"である。 ときに音楽というのは嘘をつくときがある。 例えば夢は叶うや明日は明るいなど。 そんな優しい嘘こそ人々がより明るくなり希望に満ちあふれるのではないだろうか。 これは、長年音楽活動を続けてきた桜井の導き出した答え。 「音楽に優しい嘘を含ませることで、人々は虹を見たかのように明るくなることができる」 つまり音楽は優しい嘘をつかなければならない存在なのだということ。 桜井は長年の音楽活動で「どうしたら自分たちの音楽を聴いた人が明るい気持ちになれるか」を考え、悩んでいたはず。 そして導き出した結論をこの36thシングル(小林武史が完全に手を引いた初の作品)でぶち込んだのだ。

次の

BURNOUT SYNDROMES

ヒカリ へ 歌詞

スポンサーリンク 映画の内容 映画『朝が来る』は特別養子縁組として子供を育てていた夫婦、そしてその夫婦の元に突然現れた産みの母親の存在から話が始まります。 以前会った頃とは違い、産みの母親は面影がなかったのです。 この女性は何者なのか、そして何を目的として夫婦の前に現れたのか、この核心に迫っていく内容なのです。 登場人物が幸せであってほしいと願って、作られた曲でもあります。 このため曲との関連性についても知っていきたいですね。 歌詞の意味について 暗い森の中で、大切な存在をずっと探していたのです。 探しても見つからない、でも近くにその気配のようなものを感じるのです。 近くにいられること、これをとても怖いと感じているのです。 カレンダーをめくるたびに、辛くなってしまう。 当たり前なんて何ひとつない、こう思いながらも当たり前が一番幸せだという声や横顔、そして足音が自分に大切なことを教えてくれるのです。 愛しくて可愛らしく、美しくて守りたいと思う人。 この瞳がもし奪われるようなことがあっても、必ず探し出せる確信があるのです。 大切な「君」という存在に、自分がかならず辿り着ける。 嵐が過ぎた産み、これはまるでゆりかごのようです。 波音が一筋の光を残すのです。 理解したかのように消してしまいそうになる、でも自分はここにいることを分かっていてほしい。 自分の横顔や足音も、まるでなかったように忘れていかないでほしいと願う思いがあるのです。 限りのある時でも、命尽きるまで枯れてしまうまで一緒にいたいのでしょう。 でも運命によって離れされてしまうかもしれません。 もしそうなっても大切な人を忘れてしまいたくない、だからせめて温もりを手に残してほしいのです。 可愛くて、泣き虫。 そして我儘で弱くて強い。 だからこそ好きになったのでしょう。 これから先に離れるようなことがあっても、きっと大切な人に辿り着くことができる。 こう自分の中で信じているのです。 離れてしまうかもしれない日が来たとしても。 C&Kの魅力について 歌詞がとても素晴らしく、歌唱力も驚くほどすごいです。 聴いていて引き込まれる魅力があります。 切なく、でもとても確かなものがある。 曲を聴いていて、表現したかった世界が少しずつ分かってくるように思います。 これからも、素晴らしい楽曲を届けてくれるアーティストですね。

次の