こどもちゃれんじ ブログ。 こどもちゃれんじすてっぷ7月号<総合コース>感想・口コミレビュー【2020年度】

こどもちゃれんじほっぷ[6月号]:2週間使ったレビューと7月途中入会の考察

こどもちゃれんじ ブログ

こどもちゃれんじの特徴 大人気キャラクターしまじろうの力でこどもが夢中になる こどもちゃれんじのコースは、1~2歳児向けの「ぷち」コースからすべてしまじろうが出てきます。 しまじろうの年齢はコースの年齢と同じ設定になっているので、 一緒にトイトレをしたり、幼稚園デビューしたり、文字がかけるようになったり・・・と 続けることで、しまじろうと一緒に成長をしていくことができます。 しまじろうは、毎週テレビ番組でも放送されている他、 オリジナルグッズもたくさん販売されていて、こどもちゃれんじ会員以外のお子さんでも夢中になるキャラクターです。 大好きなキャラクターの力を借りることで、生活習慣を身につけたり 自分で学習する習慣が身につく点が、こどもちゃれんじの最大の魅力です。 他の教材に比べて英語教育に力をいれている Z会やポピーなど、他にも通信教育はあります。 しかし、教材の中で「英語」が組み込まれているのは、こどもちゃれんじのみです。 他の教材では、英語に触れなかったり、英語は別教材として完全にセパレートしています。 こどもちゃれんじの場合は、専門のオプションとして「こどもちゃれんじイングリッシュ」があります。 このオプション教材を申し込まなくても、メインの教材に「英語コーナー」というものが全コースに組み込まれています。 1~2歳のプチコースでは、全編2カ国語対応になっています。 英語学習のスターターとしても大活躍できます。 オプション教材が豊富でカスタマイズしやすい 年齢別に申し込みのできるオプション教材が用意されています。 「こどもちゃれんじイングリッシュ」と「プラスコース」です。 こどもちゃれんじイングリッシュは、メインのコースと同様に年齢別で同じ名前がついています。 「こどもちゃれんじぷち」を受講中なら、「こどもちゃれんじぷちイングリッシュ」が対象になります。 プラスコースは「リズム」「表現」「知育」「読み聞かせ」「サイエンス」の5種類から選べます。 「リズム」の場合はダンスDVDだったり、「表現」の場合は工作キットだったりと 選んだコースに特化した内容のものが毎月届きます。 「こどもちゃれんじ」は、偏り無くいろんな体験ができるようなプログラムになっているので うちの子の特性を見ながら、オプションを足していくことで、よりかゆいところに手が届くシステムになっています。 このオプションコースを上手に使いこなすことが、肝だと思います。 非会員でも参加できる体験イベントがたくさんある しまじろうのキャラクターたちは、年間を通していろんなイベントを開催しています。 しまじろうの映画• しまじろうのコンサート この2つは特に人気のイベントです。 実際にキャラクターたちに会えるコンサートは、チケットをとることが難しいほど人気です。 ) チケットは、こどもちゃれんじ会員が先行予約できる特典があるため コンサートのために会員維持をしている家庭もあるほどです。 映画も会員限定価格の前売り券が販売されるので、お得です。 タブレット学習は小学生になってから こどもちゃれんじを含む、ベネッセの通信教育でもタブレット教材もあります。 しかし、それは「進研ゼミ小学講座」の「チャレンジタッチ」というものです。 小学校入学前の「こどもちゃれんじ」ではタブレット学習に対応していません。 タブレット学習ではありませんが、知育アプリならいくつかリリースしています。 使うとすれば、保護者の端末にインストールして 外出先などで少し遊ばせる程度でしょうか。 毎月、課題が届いてしっかり学ぶスタイルの幼児向けタブレット学習には対応していません。 こどもちゃれんじの種類と使い方 基本は年齢(学年)別の教材とオプション教材を選ぶ こどもちゃれんじは選べる教材が多いので、迷ってしまいますよね。 年齢別の教材と、オプションの組み合わせをまとめてみました。 例えば、ベビー以外の全コースで受講できる「知育プラス」。 1~2歳向けの知育プラスは、しかけ絵本にカードやシールを貼る教材です。 遊びながら文字や数に触れる内容になっています。 年少以降、ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷのコースでは本体講座でも「ワーク学習」がはじまります。 知育プラスでは、本体コースの内容に連動して学びを深める内容になっています。 メイン講座のみでもオプション講座のみでも受講できる オプション講座は、メイン講座と連動しているため 基本的にはオプションとして申し込むことを薦めています。 ただ、オプションだけ申し込みたいという場合も、受講することはできます。 ただし、本体講座を受講していない場合は、少し割高になってしまいます。 退会は電話連絡のみ こどもちゃれんじは、基本的に2ヶ月が最低受講期間となっています。 2ヶ月受講すれば、好きな時に退会することができます。 退会する方法は、会員サイトからはできず、電話での申し込みのみとなります。 オペレーターの方に電話して退会をするので、億劫に感じるかもしれませんが 私が電話したときは、あっさりとした対応ですぐに解約となりました。 こどもちゃれんじには「休会」というシステムがないため、やめる場合は即退会です。 あとから、再会する場合は、新規入会扱いとなり会員番号などは使いまわせません。 以前、個人情報流出の事件があったせいか、非会員の情報は社内に残さないようにと徹底している様子でした。 退会後にDMを送ってもいいか?不要?についても確認してくれましたよ。 こどもちゃれんじの口コミ・コース別の評判まとめ こどもちゃれんじ ぷち(1~2歳)& ぽけっと(2~3歳)の口コミ・評判 内容が物足りないから先取りしたい ぷちは1~2歳児向けのコースで、保育園なら1歳児クラスが該当します。 1歳児クラスと言うと、3月で1歳になったばかり(歩けないくらい)の子もいれば、 4月で2歳になって走り回れるくらい元気な子もいます。 そのくらい発達に差のある時期です。 そのため、月齢によっては「早すぎる」「おそすぎる」 という意見がわかれやすいのが「ぷち」コースの特徴です。 発達が早いお子さんだと「ぽけっと」を先取りしている人が多いです。 トイレトレーニングや歯磨きトレーニングで役立った 1歳を過ぎて、徐々に生活習慣を身につける時期になります。 ぷちの保護者目線での目玉は「トイレトレーニング」と「歯磨きトレーニング」です。 この2つを目的に入会したという意見をよく聞きます。 こうした生活習慣については「ぷち」だけで徹底できるものではないので、 「ぷち」に限らず「ぽけっと」でもフォローしてくれます。 DVDが2カ国語対応で英語の勉強になるところが良い 最初は、一部のコーナーのみが英語対応でしたが 現在のプチコースは全編2カ国語対応になっています。 ぽけっとも、英語対応がはじまっています。 そのため、別で英語教材をとらずに、英語学習もできると好評です。 他の英語教材と違う点は、生活習慣などの本講座の内容がそのまま英語になっていることです。 ぷち本講座の内容・・・つまり、身近な生活のことばが英語で聞けるところが魅力的です。 こどもちゃれんじ ほっぷの口コミ・評判(年少:3~4歳) お姉さんがいなくなって寂しい 未就園児コースの「ぷち」と「ぽけっと」には、 Eテレの「おかあさんといっしょ」みたいな歌のお姉さんがいます。 1年間を通してお姉さんと過ごすので、親目線でも愛着が湧いてきます。 ところが年少コース以降は、こうしたお姉さんの出演コーナーはありません。 そのかわりにしまじろうのアニメコーナーが増え 徐々に実写から、アニメ中心の内容に変わっていきます。 「ぷち」から継続している場合、子育ての戦友だったお姉さんの卒業が寂しく感じたりします。 運筆練習の「ひらがなぱそこん」が人気 ほっぷではひらがなの読みをマスターするエデュトイ「ひらがなぱそこん」があります。 このエデュトイで、我が子の成長を感じたという感想がありました。 「ぷち」や「ぽけっと」に比べるとまなびの要素が増えてきますが 子どもが嫌がらずに、あくまでも遊びの延長で楽しみながら身につくように 工夫されたエデュトイが多いように感じます。 こどもちゃれんじ すてっぷ(年中:4~5歳)& じゃんぷ(年長:5~6歳) の口コミ・評判 お勉強色が強まってきた すてっぷ以降は、本講座が2種類から選択できるようになります。 「通常の講座」と「思考力特化コース」というお勉強色の強いコースです。 違いは、エデュトイやDVDの有無、ワークの量の違いです。 しっかり勉強させたい家庭では「思考力特化コース」を選ぶことでたくさんワークをすることができます。 これまで通り、エデュトイとDVDを連携させて身につけないなら通常のコースを選ぶこともできます。 通常のコースもこれまでの学年に比べるとお勉強色は強めです。 どちらが良いかは、子どもの好みに左右されるので、まずはどちらかで試してみる必要があります。 教材費はどちらも同じなので、いつでも気軽に切り替えられるので試しやすいです。 年中以降は、ドリル好きな子やエデュトイなどで体験学習が好きな子など好みがはっきり分かれてきます。 そのため、本講座がこれまでと同じDVDやエデュトイつきのコースとワーク中心の「思考力特化コース」にわかれます。 さらにオプション教材も加えれば組み合わせは何通りにも増えます。 口コミを参考にする際は、子どもの特性の他に、どんな組み合わせのコースでどんな反応だったかもチェックしておくと参考になります。 オプション:こどもちゃれんじイングリッシュの口コミ・評判 英語に興味をもってほしいならおすすめ しっかりと、英会話を身につけさせたいというレベルの内容ではない という英語経験者の意見がありました。 こどもちゃれんじイングリッシュの内容は「英語リトミック」「フォニックス」「ダンス」など。 本講座のように、遊びながら英語に触れていく内容がメインです。 英会話教室で、手取り足取り教えてもらうような内容を求めている場合は期待はずれということになりそうです。 家庭での親子英語教材としては最適 英語学習には「インプット」と「アウトプット」の両方のバランスが大事です。 その中で、インプットのための教材として使うには、年齢的にも十分な内容です。 他にも高額な英語教材はありますが、高額教材を買ったつもりで浮いたお金をアウトプットに使ったほうがコスパは良いです。 例えば、ベネッセから出ている英語教材には、ワールドワイドキッズという20万円ほどの教材があります。 こどもちゃれんじイングリッシュなら、5年間受講しても10万円でお釣りがきます。 10万円あれば、5,000円の月謝に20回通えます。 年中以降は、英会話教室と併用という使い方の選択肢も出てくる点で、コスパの良さは優れてます。 オプション:こどもちゃれんじプラスの口コミ・評判 市販のワークより割高に感じる いまは、100均でもワークが買える時代です。 ネット上でも無料でダウンロードできるワークもあります。 こどもちゃれんじ会員なら月500円で申し込めるワークですが、500円でも高いという感想を持つ人はいます。 こどもちゃれんじのオプション教材で、あえてワークを頼むメリットは 本講座と連動していることではないでしょうか。 本講座での今月の課題に連動したワークをすることで学びを深めることが目的です。 そこに魅力を感じないのであれば、価格だけでみればダイソーで買ったほうがコスパがいいのは当然かと思います。 おまかせでワークが届いて便利 市販のワークは、安い100均のものから 「くもん」や「学研」などのオプション教材よりも高いワークも販売されています。 探し始めると、意外とワークの種類は多いです。 そんな中、今の興味関心に沿ったものを毎月選ぶのは意外と手間がかかります。 それなら毎月自動的に、子どもの成長にあったワークが届くのは便利!という理由で利用しているママもいます。 ワークを選ぶ時間を時短して、一緒にワークをやる時間を作るのは良いことだなと、私は思います。 一緒にワークをすることで、子どもの成長に合っているかどうかの様子もわかるので 成長に合わなくなった時に、ワークを継続するかの判断もしやすくなりますよ。 実際に受講中のママ・パパの口コミ 生後半年から、祖父母に勧められて。 初めての子育てで0歳児に何を与えれば良いのかよく分からなかったので、 おもちゃを買い与える代わりにと思って受講を始めた。 良かった点は月齢に合わせた教材(エデュトイ)と呼ばれる玩具が届いたこと。 親が与えたい玩具だけだとどうしても偏りがちだが、 幅広いラインナップで色々な遊びをすることが出来良かった。 また守って欲しいマナーや生活習慣なども、 キャラクターの出てくるストーリーで理解させることができ、役に立った。 保護者向けの冊子も同時に送られてくるので、子どもの発達についての理解を深めることが出来た。 いまいちだったのは、エデュトイが収納の場所を取ること。 中にはいまいち活用できない物もあったので、処分が大変だった。 兄弟のいる家庭でも、1人目と2人目でしまじろうへの食いつきが違ったり ワーク好きや、エデュトイ好きなどの好みも違う場合が大半でした。 新しいことを始めるときは、口コミでリサーチしておきたいとは思いますが 子どもの教材については「無料体験教材」という実際に試せるサービスがあります。 無料ですし、申し込んでみて実際に触らせてみるのが一番わかりやすいです。 こどもちゃれんじの無料体験教材は申し込んだことがありますが 特別なしつこい勧誘などもありませんでした。

次の

こどもちゃれんじほっぷの口コミ〜年少ママさん達の本音大公開〜

こどもちゃれんじ ブログ

以前のブログで、ベネッセが展開している「ワールドワイドキッズ」という英語教材を申し込んで、初めてみたということを紹介しました。 この「ワールドワイドキッズ」は英語に特化した教材なので、基本的に教材内容は英語オンリー、しまじろうさんは出てこず、オリジナルの別キャラクターが登場します。 お値段も、合計で20万円強となかなかの物。 ただ、就学前3年間の英語教育のお月謝と考えれば「頑張って払おう」というものでした。 そんなわけで、ワールドワイドキッズ申し込み当時は、「英語教材はワールドワイドキッズだけでいい。 こどもちゃれんじEnglishはやらなくていい」と思っていました。 ところがどっこい、2019年の秋頃から「こどもちゃれんじEnglish」を始めています。 おや? やらないと決めていたのに、やっていますね。 そこは「さすがベネッセさん、マーケティングがしっかりしてますね」ということ。 ついつい申し込みたくなる仕組み こちらが「こどもちゃれんじEnglish」のウェブサイトです。 当然ながら特設サイトがあるわけです。 で、「こどもちゃれんじ」をやっているとコンサートのチラシが入っているわけですが… このコンサート「日本語のやつ」と「英語のやつ」の両方があるんです。 日本語のやつってのが「しまじろうコンサート」というやつです。 英語のやつってのが「英語コンサート」っていうやつです。 ということは、「こどもちゃれんじ」をやっていると「しまじろうコンサート(日本語)」と「英語コンサート」の両方の存在を知ることになるんですね。 で、これはどちらも、しまじろうが登場します。 さて、「ワールドワイドキッズ」をやっていても、コンサートのチラシが入っているわけです。 それが、さっき書いた英語のやつ。 つまり「英語コンサート」っていうやつです。 ということで、「ワールドワイドキッズ」しかやらないつもりでいても、「英語コンサート」に行くと、英語も喋るしまじろうが登場するので「こどもちゃれんじEnglish」を始めたくなったうわけ。 それぞれのオリジナル内容が小出しになっている 「いやいや、コンサートに行っただけじゃ、わざわざ他の教材にも手を出そうとは思わないでしょ」って思ったりしません? そこがベネッセさんのうまいところ。 「英語コンサート」では、英語も喋るしまじろう(日本語も喋る)はもちろん、「こどもちゃれんじEnglish」で登場する英語のおねえさん、英語のおにいさんが登場します。 これは、もちろん「ワールドワイドキッズ」には登場しません。 ということは、「コンサートで登場した内容はワールドワイドキッズだけでは網羅できていない」っていうことが発生。 さらに「英語コンサート」で登場する「英語の歌」の一部の曲も、ワールドワイドキッズには登場せず「こどもちゃれんじEnglish」のみに登場します。 しかも、この「英語の歌」の一部の曲ってのが曲者で、なかなかいい曲なんですね。 で、この「英語の歌」もワールドワイドキッズでは登場しない。 つまり、「ワールドワイドキッズをやっているから英語コンサートに行こう!」と思って、英語コンサートに行くと、「こどもちゃれんじEnglish」を始めたくなる仕掛けがたくさんあるわけ。 そして「こどもちゃれんじEnglish」の受講料ですが、2020年2月現在、Webページでは以下のように記載があります。 6回分(1年分)一括払いは21,822円~。 すべて消費税10%込。 決して払えない額ではない。 そう、始めちゃうわけですね。 大人が、どんなに強い心で「こどもちゃれんじEnglishはやらない」と思っていても、子供の気持ちはそんなの関係ない。 そんなこんなで、「こどもちゃれんじEnglish」に手を出してしまうわけ。 ちなみに、逆のパータンもあります。 「こどもちゃれんじEnglish」をやっているので「英語コンサート」に行くとしましょう。 じつは「英語コンサート」には「ワールドワイドキッズにしか登場しないキャラクター」も一部登場します。 そうすると「ワールドワイドキッズっていいのかしら?」みたいな興味を持ってしまうわけ。 で、「かなり高額だけど就学前の習い事のお月謝って考えれば…」という思考になる可能性も。 ってことで、それぞれ並行した教材ですが、「コンサート」というイベントを介して、それぞれの教材に興味を持つような仕組みになっているわけです。 こどもちゃれんじEnglishをやってみて良かったこと ここまで色々と書きましたが、べつにベネッセさんのマーケティングが云々良くないって言いたいわけではありません。 我が家は2019のクリスマスコンサート(英語)に行ってから、「こどもちゃれんじEnglish」を始めました。 期間限定で、クリスマスプレゼントボックスももらえたり。 教材の質はしっかりしています。 それはすごくいいことだと思っています。 もしかすると、ワールドワイドキッズはもう少ししたら興味をもってくれるかな?と期待。

次の

こどもちゃれんじの口コミと評判!実際の感想は?ぷち~じゃんぷ | ぐーたらワーママの3楽ブログ

こどもちゃれんじ ブログ

〔育児ブログ調べ100〕とは ブログ調査を始めたきっかけ 私は普段ネット検索をするときに、検索結果をたいてい10ページ分以上は調べています。 「時には何週間もかけて先輩ママたちの育児ブログを丹念に読みながら自分に照らし合わせている」という話を友人にしたところ、友人には「そんなこと普通はしないよ~」と笑われてしまい(普通は他の人のブログを読むにしても検索結果の1ページ目くらいだそうで…)、その時に初めて「わたし調べもの大好きなのかも…」と気づいたのが〔育児ブログ調査100〕シリーズを始めようと思ったきっかけです。 娯楽のために収集した情報がどなたかのお役に立つならば、こんなに嬉しいことはありません。 この口コミ評判について 口コミ評判は意見が多い順に この記事は、本記事タイトル内の関連キーワードで検索して上位100位以内に表示された「育児ブログ」の記事に書かれた口コミをまとめたものです。 100もの検索結果の中には当然ブログ以外のサイトもありますし、また育児ブログの中にも似たような意見があったり、まったく正反対の意見があったりします。 本記事の表記順は原則として、上位に表示された意見ではなく、100個のブログを読んだ中で最も多かった意見から順に読めるように配置しています。 極端な意見には補足意見を 何十ものブログの中には少々極端な意見もあります。 そのまま掲載しては誤解を招くかもしれないと感じた口コミに関しては、私の個人的な補足意見を付しています。 私が働いていた幼児教室は「知識よりも体験」という方針でしたから、私の意見も多少そちら方向に寄っていることをご了承ください。 出典元は記載していません この記事は育児ブログに書かれた意見を羅列した単なる「まとめ記事」ではなく(何十もの意見をただ並べても読みにくいだけですし…)、関連キーワードについての口コミ評価を俯瞰的に読めるように編集しています。 削除されたりURLを変更したりなどの理由からか、頻繁にアクセスできなくなるため情報の出典元は載せていません。 検索結果は日々変動しますが、本記事の関連キーワードで検索をした時にヒットする上位100位以内のブログであると思います。 家庭で(セミ)バイリンガルを目指す英語子育てに今やオンライン英会話は必須! こちらのスクールはすべて無料体験ができておすすめです。

次の