ユニクロ ベイカー パンツ。 ベイカーパンツとは?レディースにおすすめの着こなし方や人気色を紹介!

GUのベイカーパンツにドハマリ。世界的なワイドパンツ流行の兆しを感じた(感想・レビュー)

ユニクロ ベイカー パンツ

お手頃価格でラインナップが豊富なユニクロでパンツを買おうとすると、なんとなく感覚的に選んでしまいがちです。 そうすると、似たようなものばかりがクローゼットに並ぶ羽目に……。 あわよくば、今の手持ちともカブらず、様々なシーンで活用できるパンツが1本あると便利ですよね。 ユニクロではジーンズの評価が秀でていますが、そもそもジーンズ以外のパンツは買っていいのでしょうか? ファッションのプロによると、「品質、縫製は申し分なし。 ただパンツの種類によってはレベルが高すぎるものもある」とのこと。 そこで、今回はユニクロのド定番のパンツの中で買っていいもの、買っちゃダメなものを探すべく、5人のファッションのプロに集まっていただきました。 検証の候補としてピックアップしたのは以下の7本。 期間限定のものを除き、全国の店舗で入手できるスタンダードなパンツとなっています。 ・感動パンツ(ソフトタッチ・ウールライク) ・EZYアンクルパンツ ・EZYアンクルパンツ ウルトラストレッチドライEX ・ヴィンテージレギュラーフィットチノ ・ウルトラストレッチスキニーフィットチノ ・スウェットパンツ ・スリムフィットノータックチノ プロにはこの7本のパンツをガチで比較検証していただきました。 「素材」「縫製」「デザイン」「着心地」の4項目をチェックし、総合評価をS~Cの4段階で表しました。 各パンツの評価基準は以下のとおりです。 大人が着ても問題ありません。 さすがユニクロ、どれも優秀な出来でした。 それでは、ユニクロのパンツで買っていいもの、買っちゃダメなものの結果をとくとご覧ください! チノパンはある程度太さがあるべし、との意見が続出しました。 快適さは認める一方、薄すぎる生地、細すぎる見た目は、果たしてニーズがあるのか疑問、とのことでした。 「ストレッチも細身なのもチノに必要は感じない」と池田さん。 大人には合わないスキニー感が気になります。 以上、ファッションのプロが評価したジーンズ以外のユニクロのパンツで買っていいのもの、ダメなものでした。 買うべきは感動パンツ(ソフトタッチ・ウールライク)に決まり! また、感動パンツに肉薄したEZYアンクルパンツもおさえておいていい製品です。 逆に買っちゃダメなのは、スウェットパンツとウルトラストレッチスキニーフィットチノでした。 ユニクロでパンツを選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてください。 今回ご協力いただいたファッションのプロはこちら。

次の

40代ママがユニクロでガチ買いした春夏服(コーデ)を紹介【2018】

ユニクロ ベイカー パンツ

ベイカーパンツとは?ミリタリーなカーゴパンツとの違い ベイカーパンツはミリタリーをちょっと削ぎ落としたワークテイストデザイン ベイカーパンツは、パン職人 ベーカリー からの名前が語源、由来が強い。 フロントにはL字型の大きなパッチポケット、バックポケットにはフラップ付きのディティールが一般的なデザイン。 カーキ、オリーブ、ベージュあたりの色が多い。 カーゴパンツに比べると、太もものサイドポケットがないので、スッキリとしたシンプルな印象を残すワークパンツですね。 元々は、US-Armyのファティーグパンツと本来呼ばれていたもの。 一般の作業着として穿かれていたファティーグパンツが、パン職人が穿いていたことで、定着したのではないかと思われます。 ヴィンテージに詳しい方は40年代〜70年代モノのウンチクが、山ほど出てくるのではないでしょうか。 色はカーキ色が一番多く、ファッションブランドのアレンジによって、シルエットもタイトなデザインにブラッシュアップされているモノも多く登場しています。 ルーズすぎない絶妙なワイドシルエット ベイカーパンツの多くは、股上が深めになっていて、裾はバタつかない絞ってるテーパードシルエットが主流。 『グラミチ』などのクライミングパンツと『ディッキーズ』の定番モデルである874を足して2で割ったようなシルエット。 ワイドシルエット ワイドらしいワイドは、メンズよりもレディースに多い だけど、太すぎない、ルーズすぎない、程よくタイトになっているベイカーパンツがコーディネートしやすい。 ワークパンツらしく、デニムパンツ、ツイルパンツ、チノパンツと変わらない コーディネートの感覚では、ツイルパンツとチノパンツと大差はありません。 選び方、コーデポイントも、「素材感」、「シルエット」、「レングスの長さ」など基本は同じです。 男らしさが強いカーゴパンツよりもスッキリしているシルエットなので、無骨感も弱めなことから、シンプルなカジュアルコーデがしやすいのもデニムパンツなどと共通です。

次の

40代ママがユニクロでガチ買いした春夏服(コーデ)を紹介【2018】

ユニクロ ベイカー パンツ

お手頃価格でラインナップが豊富なユニクロでパンツを買おうとすると、なんとなく感覚的に選んでしまいがちです。 そうすると、似たようなものばかりがクローゼットに並ぶ羽目に……。 あわよくば、今の手持ちともカブらず、様々なシーンで活用できるパンツが1本あると便利ですよね。 ユニクロではジーンズの評価が秀でていますが、そもそもジーンズ以外のパンツは買っていいのでしょうか? ファッションのプロによると、「品質、縫製は申し分なし。 ただパンツの種類によってはレベルが高すぎるものもある」とのこと。 そこで、今回はユニクロのド定番のパンツの中で買っていいもの、買っちゃダメなものを探すべく、5人のファッションのプロに集まっていただきました。 検証の候補としてピックアップしたのは以下の7本。 期間限定のものを除き、全国の店舗で入手できるスタンダードなパンツとなっています。 ・感動パンツ(ソフトタッチ・ウールライク) ・EZYアンクルパンツ ・EZYアンクルパンツ ウルトラストレッチドライEX ・ヴィンテージレギュラーフィットチノ ・ウルトラストレッチスキニーフィットチノ ・スウェットパンツ ・スリムフィットノータックチノ プロにはこの7本のパンツをガチで比較検証していただきました。 「素材」「縫製」「デザイン」「着心地」の4項目をチェックし、総合評価をS~Cの4段階で表しました。 各パンツの評価基準は以下のとおりです。 大人が着ても問題ありません。 さすがユニクロ、どれも優秀な出来でした。 それでは、ユニクロのパンツで買っていいもの、買っちゃダメなものの結果をとくとご覧ください! チノパンはある程度太さがあるべし、との意見が続出しました。 快適さは認める一方、薄すぎる生地、細すぎる見た目は、果たしてニーズがあるのか疑問、とのことでした。 「ストレッチも細身なのもチノに必要は感じない」と池田さん。 大人には合わないスキニー感が気になります。 以上、ファッションのプロが評価したジーンズ以外のユニクロのパンツで買っていいのもの、ダメなものでした。 買うべきは感動パンツ(ソフトタッチ・ウールライク)に決まり! また、感動パンツに肉薄したEZYアンクルパンツもおさえておいていい製品です。 逆に買っちゃダメなのは、スウェットパンツとウルトラストレッチスキニーフィットチノでした。 ユニクロでパンツを選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてください。 今回ご協力いただいたファッションのプロはこちら。

次の