ご り やく 研究 所。 CD125研究所

島津製作所が開発のコロナ検出キット、都道府県・政令市の衛生研究所に無償提供|社会|地域のニュース|京都新聞

ご り やく 研究 所

やまもと土づくり研究所とは 私は静岡県にある河津バガテル公園で、公園長として20年間バラ栽培を続け、1,100品種6,000株のバラを育ててきました。 大雨、強風、台風、照りつける太陽、凍える寒さ、さまざまな環境下で、トゲと格闘しながらバラを見続けてきました。 咲かせて当たり前というプレッシャーの中6,000株のバラを育て続け、毎年1,000本のバラの接木を成功させ、毎年2,000株のバラの鉢上げをしてきました。 その中で、やっとたどり着いた答え。 バラを大きく美しく、そして強く咲かせるために大切なこと… それは、「土」と「気づき」です。 いかにバラの根と土を連携させるか。 そして いかに「気付き」をもつかです。 この気付きは、日々の経験の積み重ねによって生まれます。 毎日バラを観察することです。 1株のバラを確固たる情熱を持ち続け、さまざまな環境下、5年、10年、15年と育て続けていくことによって身につきます。 これは、私の20年の集大成の結論とも言えます。 しかし、私自身まだまだバラという植物を研究し続けていかなければなりません。 やまもと土づくり研究所とは、こういった私自身の経験のもとつけた名前なのです。 だから、あえてバラという文字は使用していません。 私は日本に数少ないバラ栽培のプロの技術者です。 この培ったリアルな技術を世界中のバラを育てている皆さんに知ってもらいたい。 バラを美しく強く咲かせていただきたい。 それが私の願いであり、それをお伝えすることが私の使命であると考えます。 どうぞよろしくお願いいたします。 私の経歴 山本健生 やまもとたけお 元河津バガテル公園 公園長 農薬管理指導士 日本に数少ないプロのローズガーデナー 技術者 フランスパリEcole du Breuil 旧国立高等園芸樹芸学校 へ留学を経て 1,100品種6,000株のバラを20年間管理し続ける。 バラ本来の力により開花させる技術を確立。 蓄積された技術を基に10年の歳月をかけ、1年のうち、たった1回施すだけでバラが甦る究極の肥料YAMAMOTO X ヤマモトエックスを開発。 全国のバラ施設、個人宅でバラを蘇らせる数々の成果をあげる。 2019年独立。 やまもと土づくり研究所を設立。 バラの総合コンサルタントとして、 全国のバラ園栽培指導、演出方法、花壇デザイン、 個人宅のバラアドバイスに飛び回る。 全国で山本流バラ栽培、パリ仕込みの植栽の講演、講習会を実施。 長年の栽培経験から、全国バラ園のヘッドガーデナーと幅広い交友関係をもち、 また、農薬会社、植物試験場などとも広いネットワークを持つ。 肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス とは 肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス 誕生にあたり どうにかして、たくさんの花をつける、強いバラをつくりだしたい… そんな思いの中、肥料メーカーの薦める肥料を言われるがまま投入し、 栽培管理をしていた。 しかし、これだ! と、 納得できる肥料と巡り会うことはなかった。 それなら、「ガーデナーとしての自分が、バラに適した肥料を開発できればこれに勝るものはない」と肥料開発を思い立つ。 休日を利用し、全国各地を訪問し、大学の農学教授、試験場、分析機関の方、さまざまな方の協力のもと、10 年の研究期間を経て肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス を自ら開発する。 国の検査機関より肥料取締法に基づく許可を取得。 YAMAMOTO X ヤマモトエックス はこんな方におすすめです!! 数ある肥料の中から、どの商品を選べばよいのかわからない。 花が咲かない。 花数が少ない。 肥料の施し方がわからない。 何をどれだけあげればよいのか試行錯誤している。 満足のいくバラの咲き方ではない。 肥料をあげても咲いてくれない。 とにかく元気がない。 毎年、春バラが終わると病気になる。 バラは難しいからあきらめようと思っている。 毎年、数輪程度しか咲いてくれない。 すぐ病気になる。 瀕死の状態。 とにかく確実な肥料が欲しい。

次の

CEO直下で腕試し!六本木でゼロからWebマーケターになりたい人へ

ご り やく 研究 所

当研究所は、昭和34年12月に、故吉田茂元首相の提唱により、英国王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)等に範をとりつつ設立された外交・安全保障に関する総合的な政策シンクタンクです。 設立にあたっては、故吉田茂元首相が会長に就任するとともに、与野党の政治家、経済界のリーダー、学界、言論界を代表する有識者など、多くの方々から強力なご支援をいただきました。 当研究所は、昭和35年9月に外務省所管の財団法人として認可され、昭和38年3月には税制上の優遇措置である「特定公益増進法人」の認定を受けました。 さらに、一般社団及び一般財団法人に関する法律の改正等に伴い、平成24年3月には内閣総理大臣より公益財団法人の認定を受け、同年4月に公益財団法人に移行し現在に至っております。 世界は激動の時代を迎えています。 外交・安全保障問題に関する産・官・学の人材と叡智を結集し、世界に対し日本の貢献と対応を発信することの重要性がますます高まっています。 未来に向けた日本と世界の成長と発展のため当研究所は地道な調査研究を基に、海外の調査研究機関や有識者とのネットワークを通じた対外発信、同時に、日本国内での外交・安全保障問題への関心を高めるための活動を一層強化して参ります。 当研究所の活動に対する皆様のご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。 日本国際問題研究所は、設立以来五十余年に亘り、日本の外交・安全保障に関する調査・研究及び政策提言を通じて、日本内外の政策立案、研究者やメディアをはじめとした専門家や有識者が広く参照し得るアイディアや情報分析を提示して参りました。 こうした活動を踏まえ、当研究所は、外交・安全保障問題に関するわが国を代表するシンクタンクであることはもちろん、国際的にもアジアで最も高い認知度と評価を受けており、世界の代表的なシンクタンクとの間で多くの政策対話やシンポジウムを通じ、日本の外交・安全保障に関する対外発信を行ってきております。 当研究所は、今後も世界における日本の知的存在感を高めるべく、政策立案に結びつく調査・研究や提言、世界各国のオピニオンリーダーに対する日本の意見の発信、国内外への情報提供、そして、外交・安全保障分野における世界に通用する人材の育成に積極的に取り組んでまいります。 世界の中の日本の存在感を高め、世界と日本の平和と繁栄を実現すべく、次の五十年を見据えた政策提言や情報分析を提供できるよう、全役職員一同、専心してまいる所存であります。 当研究所に対するご理解とご支援、そして忌憚のないご意見を賜れますよう、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 当研究所はその定款において、目的および事業を次の様に定めています。 本研究所は、国際問題の調査研究を行い、わが国の外交を科学的に研究し、その政策の企画に建設的構想を提供するとともに、国際問題に関する知識の普及および情報の頒布を計り、全国の大学及び研究団体における国際問題の研究を奨励し、わが国にとって望ましい国際世論の形成に貢献し、もってわが国外交の健全な運営の確保に資し、進んで世界の平和と繁栄に寄与することを目的とする。 本研究所は、前条の目的を達成するため次の事業を行なう。 1 国際問題に関する調査研究及び政策提言• 2 国際問題に関する内外の大学、研究所、研究団体等との対話、交流• 3)包括的核実験禁止条約(CTBT)等に関する事業• 4)前各号の事業及びその他の国際問題に関する電子媒体、雑誌・書籍等の刊行及び出版、講座、講演会、座談会等による知識の普及および内外への情報発信• 5)その他本研究所の目的を達成するために必要と認める事業.

次の

JIIA

ご り やく 研究 所

いつものようにバイクに乗っていてふとフロントフォークに目を向けるとオイルが大量に吹き出していました。 これはよろしくない、一応オヤブンに相談したところ「そんな些細なこといちいち報告するな!」と一蹴されました。 仕方ないので勝手に倉庫からフロントフォークの予備品を漁ってみました。 以前予備として購入したCB125Tの純正フォーク。 オイル漏れはないんですがストローク部分に点サビがあり、なおかつダストシールの破損、オイルシールの汚れがあり、明らかにすぐオイル漏れを起こしそうでした。 こちらはG-Net氏が購入したCD250Uの純正フォーク。 このフォークはCB125Tと互換があり長さも2センチほどしか変わらず、流用できるサスです。 状態も良好なのですが、これを使うと後でどんな目に合うか… オイル漏れをおこしているのは左側だけなので片方のフロントフォークを外します。 結局使用するのは以前CD2号機に使用していた中華フォーク。 国産純正フォークはベストな使用環境なら2~30年ノントラブルなのに、乗らないときは室内保管しているにも関わらず2~3年ほどでオイルを吹き出すとは。 情報によるとオーバーホールもできないそうです。 復旧が終わって各部ボルトの増し締めも終えました。 後は交換したフォークを隠しておかないとまたあの人が「よし!バラすぞ!」とか言いそうです。 試運転も良好、今回の作業はただの時間稼ぎにすぎないのは気のせいでしょうか? ご無沙汰していますG-Netです。 昨今CBTやCDTのボアアップに挑戦される方が増えているようです。 今回は自身が経験した&失敗した経験を元にシリンダーヘッドヘッドの脱着を説明します。 最初にクランクシャフト&タイミングホイールキャップを開放し、クランクを手動で回しCDTなら「T」に、CBTなら「TL」に合わせます。 ヘッドカバーのボルトを外し、ヘッドカバーを外すと次はシリンダーヘッドボルトとカムシャフトホルダーナットを写真の順に外していきます。 この順番を違えるとシリンダーヘッドボルトの雌ネジ部分が破損する可能性があります。 先にカムシャフトホルダーナットを外してしまうとシリンダーヘッドが少し浮き上がりシリンダーヘッドボルト側に負荷がかかってしまいます。 カムシャフトのみの交換でもシリンダーヘッドボルトは外す必要があります。 カムホルダを外すと正常なエンジンならタイミングマークがホルダー取り付け位置とツライチになります。 この状態でスプロケットボルトを緩めておくと後の分解が楽になります。 カムチェーンの取り外しはテンショナーのロックナットを緩め「時計回り」に回すことでチェーンが緩みます。 シリンダーヘッドは液体ガスケットを塗らない限り容易に外すことができると思います。 問題はシリンダーの方です。 シリンダーとクランクケースの接合部のガスケットは張り付きやすく、少々のことではびくともしないので、ケースとシリンダー(赤丸印)の間にマイナスドライバーを突っ込んでこじると容易に外せます。 巷で流行りの中華シリンダーですが、アジャスター穴の位置が純正品と異なる場合があるとの情報があります。 あらかじめシリンダーの高さ、アジャスター穴の位置確認は必須です。 次に復旧です。 復旧は分解の逆の手順で再びタイミングホイールをのぞいて、クランクを手動で回しCDTなら「T」に、CBTなら「TL」に合わせタイミングマークに合わせてカムスプロケ&チェーンを組み立てます。 後はカムホルダを取り付けてヘッドカバーを取り付けるだけです。 シリンダーヘッドボルトの締め付けトルクは1. 簡単にまとめてみましたが腰上分解は手順を間違えなければさほど難しいものではないと思います。 オイル上がり下がりが酷い、ボアアップに挑戦したいという際にチャレンジしてはいかがでしょうか? できればバイク屋さんに丸投げすることをおすすめします。 先日G-Net氏が制作したCD3号機がメータートラブルでうちに戻ってきました。 と言っても肝心の製作者は不在、メールするも帰ってきた返事は「なんとかしてくれ」の一言、なんとかするしかない。 しかし、デッドストックだけで良くもここまで… 正直初めて触る車両なので直せるかどうかわかりませんが進めて行きます。 メーターワイヤーは問題なし、ワイヤーをチューブから外してドリルでメーターを直接回してみましたが普通に動作していました。 となると、もうメーターギヤを疑うしかないようです。 しかし、G-Net氏はメーターギヤは予備と交換したと言っていました。 ホイールを外してメーターギアを見ると少し削れていました。 もしかしてメーターギアではない、ギヤボックスリテーナーが悪い。 リテーナーの予備なんて取っていないので、予備ホイールから剥がして比較してみました。 歪んでいる…多分組むときにブッ潰したんですね。 リテーナーを交換して試運転。 メーターの動作も良好、その他の不具合といえばタコメーターの回転数が実際の半分しか表示しないこと、右マフラーから白煙が少し出ているくらい。 どちらにしても私には修理できない案件なのでそのままオーナーに帰すことにします。 家のゴタゴタを片付けるのにブログを放置してましたがボチボチ再開します。 先日あの人からメールが届き「今度こそ…今度こそCD250Uを今年中に完成させる」とのこと、あ~あ、今年もダメなんだなあ。 ボチボチ進んでいるようですが目新しい進展はないと思っていました。 サニーの中にブラスト塗装したパーツが有るので紹介していこうと思います。 CD250U用ステップ&ステー CD125T6V用バッテリーケース CD125T用延長センタースタンド このセンタースタンドは私が加工したものです。 carview. 後、サニーの中に一緒に入っていた部品の中に用途不明の部品が入っていました。 最初スクーターの部品か?と思ってましたがスクーターのブレーキはしっかりしてるのでG-Net氏に尋ねるとCD250Uのパーツだそうです。 キャリパー&マスターシリンダー 取り付け方法は不明、G-Net氏は取り付けについては全て把握しているとのこと。 トルクロッド リヤディスクブレーキ リヤまでディスク化するなんて聞いてない。 しかも出品者さんにこのパーツの取り付けと性能をブログにすることを約束したそうです。 (ネタがなかったから助かりますが) 10日ほど前にはフレームの加工をバイク屋さんに依頼したそうです。 いよいよCD250Uの作成も本格化してきそうな予感です。 大元の組立作業は終わったので、残す作業はクラッチ周りと発電機周りのみとなりました。 部品も集まったので完成させます。 物が集まるまでケースカバーを塗装、ウケ狙いと実験目的にレブルのクラッチカバーを取り付け予定です。 プレコミさんから購入したヘッドカバーガスケットとピックアップコイルです。 中華といえどまだ新品部品が購入できるのは心強いです。 クラッチディスクも揃ったので取り付けようとした際、部品の一つが欠品していたことに気が付きました。 3台分のエンジン部品を調べましたが見つからず、仕方ないので本命エンジンのストックからひっぱり出してきました。 ワッシャー一つでエンジンは組み立てできなくなる。 クラッチも問題なく取り付けできました。 オークションで購入したコイル一式ですが、ひどい状態で使える部品がほとんどありませんでした。 今回必要だった部品はこの部品1点だけだったので問題無しとします。 これでふたご星用のジェネレーター一式が完成しました。 コイルはナイトホーク250、ピックアップはプレコミさんから購入した中華品、カバーは多分レブル用だと思います。 クラッチに違和感はあるものの、何とか完成しました。 この後最終チェックでフライホイールを回した際、一定の場所で引っかかってしまう。 原因を見つけるべくクラッチを外し、フライホイールを回してみたがやはり回らず、いよいよヘッドをバラそうとした際に見つけた原因がピックアップの干渉でした。 どうやら調整式で、そのまま組むと漏れなく干渉する仕様だったようです。 大した問題でなかったので安心しました、最後のチェックはタペット調整です。 カムおさえはCM125T用とレブル用を使用しました。 タペット調整も終わったので、いよいよ車両に載せようと思います。 233機関を降ろし再び125ccとなったCD2号機、ゴミ屑同然に扱われていた部品の集合体は息を吹き返してくれるのか? どうせまた下ろすエンジンなのでマフラーガスケットは使い回すとします。 タンクを付けて祈りを込めてセルを回す、「バリバリバリバリ」けたたましい排気ガスの漏れる音。 ガスケットを交換して祈りを込めてセルを回す・・・エンジンが始動しました。 ノイズがやや大きいものの問題なくアイドリングしました。 アイドリングを30分ほど続けてテンショナー調整をするとノイズはほとんど消えました。 ピストンの奇跡から始まってまだ幾つかの奇跡が起こりました。 正直ここまでたどり着くとは思っていなかったので、燃調やスプロケのことは何も考えていませんでした。 実際233機関にF15R42のスプロケを使った時は超ローギヤになってしまいました。 このエンジンにはレブルのトランスミッションが入っているので、どうなるかは未知数。 圧縮比の問題もあります。 まぁ、色々考えたところで何も解決しそうにないので、とりあえず試験走行してみました。 全く違和感なし。 圧縮比の問題はよくわかっていませんが、慣らし運転が終わったので全力で走らせてみると、間違いなくCD1号機や233機関を搭載したCBTよりも遥かに強力なモノになっていました。 今回作成したエンジンは、失敗する前提で作られたため、色々手直しが必要な箇所が幾つかあります、それらをゆっくりと潰していくのも暇潰しの醍醐味かと思います。 今回でエンジン自作組立ふたご星計画は終了します。 発案から完成まで約4年の歳月を費やし、奇跡も加勢してようやく完成したエンジンですが、やはり私一人の考えでは限界があるように感じます。 そこで、ツイッターの中でふたご星機関を作れそうな方に声をかけてみました。 一人はCBT界隈の主導者。 もう一人はウチのCD1号機よりも遥かにクオリティが高い車輌を作り上げた方、みんカラにも登録しておられます。 もう一人はCBTのことなら何でも知り尽くす強者。 いずれも私より遥かに高い技術力を持っている強者達です。 そういった方たちが私とは違う目線で見て出来上がったものこそが本当の「ふたご星機関」の完成品だと思います。

次の