まぶた に 脂肪。 まぶたの脂肪吸引の効果や値段は?二重整形との違いまで徹底解説!

まぶた痩せしてぱっちり目に!まぶたの肉や脂肪を落とす方法8選|CALORI [カロリ]

まぶた に 脂肪

一重でまぶた脂肪多くて厚い。 最悪やん 二重埋没法手術をする前の私は、まぶたの脂肪が多く、たぶんほかの方に比べてまぶたが厚く腫れぼったい目をしていました。 中学生、高校生の頃はアイプチやアイテープで二重を必死に作っていました。 毎日アイプチをしているからまぶたは爛れて常に荒れている感じ・・・。 可愛くなりたいのに皮膚は痛んでいく・・・ そんな逆説的な毎日が嫌で大学生になったら絶対二重手術をしよう!って決めていました。 溶ける糸+私のまぶたの脂肪が多すぎて、たぶん糸が溶ける前に糸が外れちゃったのか、3か月くらいでもとの一重に・・・ 溶ける糸で埋没法をするとどんな感じのまぶたになるかの雰囲気が分かったので、次は新宿になるクリニックで埋没2点留めをしました。 たぶん10万円前後だった気がします。 やっぱりまぶたの脂肪が多いかったので、当初は糸の食い込みが結構気になりました。 でも2年くらいすると、どんどんなじんできて(というか糸がゆるくなってきたのかも)丁度いい感じに(笑) なので、まぶたに脂肪が多い方、厚い方は手術直後の結果で見るんじゃなくてしばらく様子を見ておくともしかしたらちょうどいい感じになるかもしれないです。 その頃はもう30代、まぶたの厚みも加齢のせいか薄くなって、脂肪も若い時よりは減っていました。 そのタイミングで3回目の埋没法の手術を受けました。 それが湘南美容クリニックさんで受けた二重のグランドライン法ってやつです。 この手術に関しては結果、大満足!手術からもう2年近く経過していますが、どんどん馴染んできていい感じは続いています。 私が思うに、顔の状況って加齢とともに変わってくるので、手術やメンテナンスもそれに合わせてしていかないといけないんだなーってこと。 切開法は魅力ですが 切開法は糸が外れる心配もなく魅力的なんだけど、切ってしまう手術なので戻すことが出来ないのと、修正も結構大変、ダウンタイムも長いので気軽にできません。 埋没法はこういう加齢の状況に合わせて、やりたいタイミングで割と気軽にできるので今思えば、埋没法を選択してよかったなと思っています。

次の

パッチリ二重になる!「まぶたの脂肪」を減らすたった3つのテク

まぶた に 脂肪

他院ではよくあるメニューらしいのですが、実のところこれはほとんど意味がありません。 本当にまぶたの脂肪をしっかり確実に取るのであるならば、最低でも5~15mmはまぶたを切開しなければならないので、それだけ切開するのならば、ほとんどの症例は小切開法で確実な二重が作れてしまうため、埋没法をする意味がないのです。 そもそも埋没法というのは、切開法に比べて腫れが少なく、ダウンタイムが短いためする人が多いのに、5~15mmも切開をして脂肪を切除したら、結局、切開法と同じだけ腫れるのです。 そして、その患者様のまぶたをみても、脂肪をとった痕はみられないのです。 これはおそらく、埋没法だけして、脂肪はほとんど取っていないのだと思います。 患者様に高い手術をさせれば、その分、医者やカウンセラーに歩合がつくため、脂肪取りも一緒に勧めるのでしょうが、高い金額を払わされたのに、いい結果がでてないので、患者様が可哀相です。 あと、埋没法で、高い料金を払うと手術に使う糸が代わったり、特殊なやり方をするなどと言ってトッピングを勧めてくるのも意味がないと思います。 じっくりとカウンセリングをして、その人にあった一番いい方法を勧めるため、余分な料金をいただくことはありませんので、ご安心くださいね。 手術時間 10分 20分 30分 術後の腫れ 直後でも極くわずか (個人差あり) 強い腫れは約1週間 (個人差あり) 強い腫れは約1~2週間 (個人差あり) アイメイク 3日後より可能 約1週間後より可能 約1週間後より可能 手術の痛み 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 二重の永久性 腫れぼったい目、目を開ける力が弱い人、アトピーや花粉症で目をよくこする人、幅広い二重をつくった場合はとれることがある。 永久に二重はとれない 永久に二重はとれない 腫れぼったい目の場合 腫れぼったさを取ることはできない。 脂肪を少しとってすっきりすることができる。 脂肪をたくさんとってすっきりすることができる。 幅の広い二重をつくる場合 取れない場合もあるが、時間と共にだんだん幅がせまくなったり、ラインが浅くなってきてとれる場合がある。 半永久に幅の広い二重を維持できる。 半永久に幅の広い二重を維持できる。 幅の狭い二重をつくった場合 半永久に二重がとれない場合が多いが、元の目が腫れぼったい場合は数年でとれることがある。 半永久に二重を維持できる。 半永久に二重を維持できる。 しかし、ダウンタイムがあまりとれないなどの理由で、埋没法をする事になりました。 術後は、希望通りのやや広めの平行型二重になり、一重まぶたでかぶさっていた皮膚が上に挙がった分、目の開きが良くなり、目が大きくなりました。 もし仮に、ミニ切開法をしていたら、まぶたの脂肪を少し取って、まぶたの腫れぼったさをもっと改善することができるうえに、内部処理を行うことにより、目の開きをさらに良くすることができ、よりくっきりした二重をつくることができます。 埋没法をした後でも、切開法はいつでもできるので、いつかミニ切開法をすると、より理想的な二重がつくれます。 この方は20代の女性で、元々狭い平行型の二重があり、自然でそれなりによかったのですが、目を開けた状態で見た目の二重の幅が1mm程しかなく、アイラインを書くとほとんど一重のようになってしまうのが不満で、御本人様は幅の広い平行型に憧れており、手術することになりました。 埋没法でも幅の広い平行型はつくれるのですが、広い二重だと元に戻りやすいということと、切開した方がはっきりした二重になるので切開法を選択しました。 それほどまぶたの腫れぼったさはなかったので、全切開法ではなく、よりダウンタイムの少ないミニ切開法で行いました。 術後は見た目の二重の幅が3mm程になり、しっかりとアイラインを書いてもまだ二重の肌色の部分が出るくらいになり、術前と比べても目が大きく見えるようになりました。 術前の狭い平行型と、術後の広い平行型を比べて、どちらが好きかと言われると好みが分かれるところです。 最近の若い女の子の間では広い平行型の方が人気がありますね。 担当医からのコメント 森本剛 医師 毎日のアイプチで、まぶたの上に不自然なクセができてしまっていた方です。 幅広の平行タイプを希望されていました。 この方のようにまぶたに厚みのある場合、埋没法だと戻ってしまう心配があるため、全切開法を選択。 まず、まぶたの脂肪をしっかり取りました。 全切開したことでしっかりと二重のラインが刻まれ、目がパッチリと開くようになりました。 このサイトは、特定非営利活動法人日本美容外科医師会の適正医院として認定されています。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。 特定非営利活動法人日本美容外科医師会会員です。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。

次の

まぶたが重い!脂肪吸引より有効な3つの治療法|医師監修コラム

まぶた に 脂肪

通常、まぶたの脂肪を取り除くには、切開して脂肪を取り除くことが、一般的と言われています。 メスを使った手術が嫌だ、忙しく入院して行う治療はできない、できるだけ費用を抑えたいという方には、 脂肪溶解注射がもってこいなのです。 しかし、デリケートな部分にも思える目の周りや目の上などに、注射を打つと考えると、やはりその 危険性やリスク・副作用などが気になるのでないでしょうか? では、具体的にどのような 腫れやあざなどのリスクは、どれほどのものなのでしょうか? ダウンタイムは、どれほどかかるのでしょうか? 口コミや体験談の感想や評価をもとに、徹底解説していきます。 BNLSneo注射を瞼に打ちたいと考えている方、失敗するのが不安だという方は、ぜひ参考にしてみてください。 この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。 簡単に目元のたるみがとれる脂肪溶解注射が画期的なワケ 簡単に部分痩せや年齢に伴う顔のたるみをとることができると話題の脂肪溶解注射は、美容クリニックなどで、とても人気があるメニューです。 特に、 瞼にも適用できると人気なのが、BNLSneoという種類の脂肪溶解注射です。 目の上の脂肪や目の上の肉は、まぶたを分厚く見せたり、腫れぼったく見せるため、女性でも男性でも、コンプレックスに感じている方が少なくありません。 私も、いつも眠そうな目元が気になっていて、なんとかしたいとずっと思っていました。 メソセラピーの一種であるBNLSneoをまぶたに注射することができるのは、 非常に画期的な治療です。 なお、BNLSneoをまぶたに使用した際の効果についてこちらでご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 特に、 アジア系の人は、分厚いまぶたで悩まされている方が多いのです。 二日酔いの朝や寝不足の日の朝は、顔全体がむくみやすく、すっきりまぶたをなかなか手に入れられないと悩んでいる方も多いでしょう。 私自身、瞼のコンディションは、その日のテンションに大きく影響を与えると感じています。 どんなにメイクを頑張っても、目元がすっきりしていないと、イマイチ化粧も入らず、テンションがだだ下がりですよね。 そこで、注射するだけで、すっきりとしたまぶたを手に入れられる BNLSneoは魅力的です。 BNLSneo以外で、瞼の脂肪を取ろうと思うと、 メスを使って目元の皮下脂肪を切除することが必要になるからです。 瞼を数ミリ切開し、その穴から脂肪を直接取り除く必要があるため、どうしても失敗や感染症などのリスクが高まり、身体に直接傷がつくため、ダウンタイム、つまり通常の生活に戻れるほど、 腫れなどが治るのに時間がかかります。 BNLSneoの特徴と失敗リスク BNLSneoは、とても細い針を使用するため、 失敗のリスクや痛み、内出血を最小限に抑えることができる治療です。 かなり細い針なので、通常であれば耐えられる程度の痛みですが、痛みが苦手だという方は、動いてしまって失敗を避けるためにも、 表面麻酔を塗ることができます。 体に負担がなく、楽に手術を受けることができるのです。 また、塗り薬だけではなく、完全に無痛状態でBNLSneo注射を行いたいという場合は、 無痛麻酔を打つことで、寝ている間に、脂肪溶解注射を終わらせることができます。 BNLSneo注射をすれば、注射した後、 三日くらいから効果が出始めます。 なるべく痛みや内出血、心配を抑えるためには、極細の注射針の使用が推奨されています。 細い注射針で注射するだけなので、 傷跡が残るという失敗は、ほとんど考えられません。 針の穴をどこに刺したのかも見えないほどの状態で、施術することが可能です。 瞼への脂肪溶解注射に失敗はあり得る? 脂肪溶解注射の特徴やメリットだけを聞いていると、非常に評価や評判がよく、副作用も少ないというレビューが多いため、危険性にあまり目がいきません。 しかし、 実際のところ、瞼への脂肪溶解注射に、失敗はあり得るのでしょうか? 基本的に瞼を薄くする方法は、脂肪溶解注射などを使って瞼についている脂肪を溶かしていくか、メスを入れて直接瞼の脂肪を取るという二つです。 瞼の厚みが薄くなると、グンと目が大きくなるのが事実でしょう。 瞼が腫れぼったい日は、目が小さい印象になったという経験が、誰しもあるでしょう。 BNLSneo注射などの脂肪溶解注射を使って、瞼の脂肪を取ることを決めた方は、 メスを入れることに抵抗があるという方が大多数です。 切るなど、体にメスを入れて治療するのは、大きな手術というイメージがあるだけではなく、 一度やってしまうと失敗した時に、元に戻らないのではないか?という恐怖から、なかなか試せないと感じている方が多いのです。 そこで、 体にメスを入れる必要のない脂肪溶解注射のお手軽感は、非常に大人気です。 では、具体的にどのような失敗を心配している方が多いのでしょうか?多くの方が、一度は心配したことのある失敗例やリスクについて、一つ一つ取り上げていきます。 脂肪溶解注射が効きすぎてしまわないか? 脂肪溶解注射を瞼に適用することを考えている場合、 急激な効果が現れることで周囲にバレるのは不安だと感じている方は、少なくありません。 アザや腫れなどを通して周囲にバレてしまうこともありますが、 効果が急に出過ぎることで、周囲に悟られてしまうケースもあるからです。 必ずしも、効果としては失敗とは言えないものの、 周りにプチ整形をしていることがばれたくないという方にとっては、一種の失敗と言えるでしょう。 そこで、BNLSneo注射などの脂肪溶解注射は、徐々に本当に顔痩せする効果があるのか?と疑問に感じている方は多いのです。 分厚い瞼を何とかしたいと思っているものの、急激な変化は嫌だという方は、 事前に医師によく相談するのがおすすめです。 基本的には、BNLSneoなどの脂肪溶解注射の効果は、急激に現れる事はありません。 緩やかに脂肪を徐々に溶かしていくため、効果が現れすぎて周囲にすぐばれてしまうということはほぼありえません。 また、急激な効果で周囲にバレるという失敗を防ぐためには、一箇所に集中して脂肪溶解注射を注入していくのではなく、瞼の周辺で、いろんな方向にまんべんなく注入することが大切です。 効果が思ったほど出ないことはある? 脂肪溶解注射を瞼に注入する場合、効果が現れすぎて、周囲にすぐバレるということは、ほとんどありえません。 しかし、そのようなメリットと隣り合わせなのが、デメリットともなります。 劇的な変化を、経験しにくいということです。 BNLSneo注射は、 数ある脂肪溶解注射の中でも、非常に効果の高いものの一つです。 しかし、どのような治療でも、個人差があるのが事実です。 何回目の治療から、効果が見えてくるのかは、注射の頻度や位置、体質によって異なります。 BNLSneo注射を使った脂肪溶解治療は、 効果が現れるのがゆっくりとしているため、毎日気にして効果を確認しようとしていると、変化に気付きにくいかもしれません。 体験談やレビューを見ていても、最初は思ったほど脂肪を落とす効果がなく、脂肪溶解注射に失敗したかと思ったけれど、時が経つにつれて効果がわかるようになった、という方が多いようです。 そのような、失敗してしまった!という気持ちを避けたいなら、手術する前に脂肪溶解注射の治療を始める前に、 自分の目元の写真を撮っておくと良いでしょう。 内出血がひどい!これって失敗なの? 皮膚を切る手術では、傷跡が残ってしまったり、治るのに時間がかかる、つまりダウンタイムが長いことを心配するでしょう。 しかし、BNLSneo注射などの脂肪溶解注射では、 内出血を心配する方が多いようです。 内出血がどうしても治らないという場合に失敗したのではないか?と不安になるでしょう。 私も、BNLSneo注射を試す時に、もし目元に内出血が残ってしまったら、 殴られた顔のようになってしまうのではないか?と心配しました。 特に、瞼に脂肪溶解注射を打つ場合は、そのあざは目立ちやすいことが簡単にイメージできますから、不安になりますよね。 内出血は、注射の針をさすことによって、起きてしまうことがあります。 しかし、通常脂肪溶解注射では、 非常に細い針を使用するため、内出血を起こすことは、非常に稀と言えるでしょう。 注入した部分が、すべて内出血している場合、注入方法に何らかの問題があり、失敗してしまった可能性があると考えられます。 内出血してしまい、朝になった場合、その出血が、 自然と体内に吸収されるまで1ヶ月ほどかかります。 エラスチンクリームなどを使用することで内出血を抑える治療も行えますが、基本的には一か月ほど待てば、自然と消滅します。 医師の技術や注入量によっては、内出血を防ぐこともできるために、出血や腫れなどが起きてしまった場合は、失敗とも言えますが、その 影響がずっと残るわけではありませんので、それほど深く心配する必要はないでしょう。 内出血を見つけた場合は、 直後であれば冷やして、出血をしっかりと押さえましょう。 日数が経ってしまったという場合には、出血部分が体内に吸収されるのを助けるため、患部を温めた方が良いのです。 瞼が余計に腫れぼったくなってしまうことがある? 脂肪溶解注射は、基本的に瞼には適用できないとされていたのは、一昔前の常識でした。 しかし、 BNLSneoは、顔のどの部分にも適用が可能なのです。 今まで手術するしかなかった 瞼などに適用することができるのが特徴です。 いくら、BNLSneoなどの脂肪溶解注射を瞼に打つ場合、 ダウンタイムが短く、次の日から化粧をして通常通り出かけることも可能です。 BNLSneo注射には、炎症を抑える成分が強く含まれているからです。 炎症を起こしにくいので、瞼にも使用が可能で、なおかつダウンタイムも短いのです。 しかし、治療後には多少の腫れは、予想する必要があるでしょう。 少しの期間、顔や目元をぶつけたような状態になることがあります。 また、BNLSの薬剤そのものが目元にとどまることによって、瞼が少し腫れてしまうことも考えられます。 BNLSneoの薬剤が単にまぶたにとどまってしまっているだけであれば、失敗とは言えません。 薬剤が体の中で吸収され流れていけば、腫れが治ると同時に効果を実感し始めるので、問題ないでしょう。 天然成分で作られているから重大な副作用はなし 人気の高い脂肪溶解注射ですが、治療の実績が非常に多いお隣の国、 韓国でも重篤な副作用の報告はありません。 日本国内でも数万件の症例がありますが、重篤な副作用は未だ報告されていません。 従来の脂肪溶解注射で報告されていた 赤みや腫れ、かゆみなどの副作用も、BNLSneoでは、ほとんど報告されていないんです。 どんなに効果的な治療法でも、大きな副作用のリスクをかけてまで試したいと思う方は、少ないはずです。 その点、 自然由来の成分で強い副作用が報告されていないBNLSneoは、リスクを少なくし、とにかくのまぶたの腫れぼったさを抑えたいという方に、ピッタリなのです。 強い抗炎症作用や腫れを抑える成分が含まれているため、多くの方は半日程度でむくみや腫れが目立たなくなります。 安全性が高い、植物由来の成分が利用されているからです。 血管を拡張したり、炎症作用のある成分が含まれているので、優れた脂肪を減らす効果が得られるだけではなく、手術後のダウンタイムを短くすることに成功しました。 バレにくく失敗が少ないのが脂肪溶解注射 脂肪溶解注射で瞼からすっきりと溶けた脂肪は、汗や尿・便として、体の外へ排出されていきます。 ゆっくりとした効果のため、しっかりと効果を実感するには1ヶ月程度かかりますが、 自然と変化が現れるため周りにバレてしまうという失敗を防ぐことができるのが特徴です。 また、内出血やあざなどがの失敗が起こる可能性はゼロではありませんが、 長い間残ってしまう副作用や失敗例はほとんどありません。 適切な食事管理や運動、優しいマッサージなどによって、あざや内出血は、ある程度コントロールができます。 メスを使わずに、簡単に腫れぼったい瞼の脂肪を減らしたい、体への負担も少ない気軽なボディメイクを行いたいという方に、もってこいなのです。

次の