インフルエンザ バファリン。 インフルエンザ

インフルエンザのときに頭痛薬を飲んだらダメ?市販のイブやロキソニンもNG?

インフルエンザ バファリン

そのため、痛みや熱を和らげようと自宅にある解熱鎮痛剤を使いたくなるかもしれませんね。 しかし、インフルエンザのときの市販解熱鎮痛剤の使用には、十分に注意しましょう。 アスピリンとは非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)の一種で、長きにわたり、解熱鎮痛剤として使用されています。 しかし、15歳未満のインフルエンザ患者がアスピリンを服用したのち、「ライ症候群」を発症して死に至った事例がアメリカで報告されました。 そのため、日本でも15歳未満のインフルエンザ患者はアスピリンの使用を避けることとされており、大人もやむを得ない場合を除いて使用を避けるのが一般的です。 ライ症候群 インフルエンザや水痘(水ぼうそう)といったウイルス感染症ののち、激しい吐き気や嘔吐、錯乱、嗜眠(しみん:反応が鈍くなること)といった症状が現れ、けいれん発作や昏睡から死に至ることもある病気です。 ライ症候群は、子供の感染症患者がアスピリンを服用した際に起こりやすいことが知られています。 インフルエンザ脳症 インフルエンザによる発熱が生じてから多くは数時間~48時間以内に発症し、嘔吐や意識障害、異常言動・行動、けいれんといった症状が現れる疾患で、治療法は確立していません。 今のところ原因は解明されていないものの、アスピリンなどの解熱鎮痛剤の関与が指摘されています。 インフルエンザの際でも、合併症を起こす危険性が低いものであれば服用しても問題ないとされています。 喉の乾燥を防ぐ インフルエンザでは喉が強く炎症を引き起こします。 その結果、喉の粘膜を覆う粘液の産生量が減少して乾燥しやすくなりますが、喉の乾燥は線毛(喉に侵入した細菌やウイルスをキャッチして排除する働きのある構造)の働きを弱め、さらに病原体に感染しやすくなるという悪循環に陥ることも少なくありません。 このため、インフルエンザにかかったときは、加湿器や濡れタオルなどで室内を十分に加湿し、温かい飲み物を摂るなどして喉の乾燥を予防しましょう。 無理せずよく休む インフルエンザに限りませんが、体調が悪い時には休息・睡眠時間を十分に確保してしっかり身体を休めるようにしましょう。 家事や育児がある場合でも、無理をすると治りが遅くなるばかりでなく、周囲に感染を拡げてしまうこともありますでのできるだけ安静にして寝ているようにしましょう。 特にインフルエンザを発症していると思われる際には、自己判断で市販薬を使用するのではなく、医療機関を受診して適切な治療を受けてください。

次の

インフルエンザ、家にある薬で気を付けることは? 解熱剤が危険な理由

インフルエンザ バファリン

最近のインフルエンザは熱が出ない人が増えている インフルエンザ新時代。 熱は上がっても38度程度のインフルエンザが増えています。 高い熱が出ると考えられているインフルエンザも、 最近の場合は成人の2割のみ、高齢者の5割は38度以上まで熱が出ない。 病院によっては、 固定観念で 医者「熱が低いから風邪ですよ」 と言われ、念の為検査をお願いすると陽性という事が多々あります。 下痢や嘔吐を伴うインフルエンザ 消化器系にくるインフルエンザはB型と言われていましたが、 2016版はA型でも吐き気と下痢を伴う事があります。 (吐き気&下痢あり) 従って、症状だけでの判別は難しいでしょう。 家庭内感染 今回の場合は、 はじめに息子がインフルエンザにかかりました。 我が家の場合には 私も毎日子供相手をするので (朝から晩まで子供と同じ部屋に居たので) 当然のようにうつりました。 自力で治療へ インフルエンザと言っても、 熱の高さの違い症状の違いがあるので インフルエンザ =みんな同じではありません。 今回の場合は、 40度を越えないインフルだったため(38度) 病院を使わず自力で治すことにしました。 インフルエンザは熱が出たら早めに(48時間以内)薬を貰うのが早く治すコツです。 40度を越えたり苦しい場合には無理をせず病院へ行きましょう。 私の場合は 38度の熱、軽い咳、鼻つまり、関節痛、腰痛、筋肉痛という症状で 歩くのにフラフラしますが、気持ちは切れない状態でした。 治療部屋の設定と栄養 部屋の設定ですが、 喉を痛めるのが一番嫌なので ヒーターはかけずに 加湿と水分摂取を気をつけるのが基本です。 (一般的には高温多湿が良いのでこれはあくまで私だけの方法です) そして、治すための大切な栄養面ですが、 ビタミンC、 ビタミンB群錠剤、 タウリン、アリナミンAを意識して摂取します。 (インフルに関わらずダルい時にも使える) 水溶性のビタミンC、ビタミンB群は抵抗力が付き 多く摂取しても尿で流れ出るので、ドンドン摂取しても大丈夫です。 解熱剤について そして解熱法ですが、 熱が出ている間は、体がウイルスと戦っている証拠なので むやみに下げる必要はないのですが、 私は炊事も仕事も担当なので イブを飲みました。 大人のように自力で治すようなことはやらないように。 栄養はコンビ二で揃えよう ビタミンC、ビタミンB群、タウリン系が無くても コンビ二で揃える事ができます。 (一番安い物で大丈夫です) 熱が出る前にも、筋肉痛やダルいなどの症状がでますから 早めの段階でコンビ二で揃えておくのがコツです。 ビタミンC系 タウリンドリンク アリナミン A ビタミン総合)100円で2回分 このようなトリオで用意すれば大丈夫。 食事が出来れば良いですが、 それどころでない方は、栄養を体内に入れなければなりません。 このセットは1日2回摂取しました。 熱がある時は 寝たり起きたりするので 定期的に飲む事は難しいので 1日2回摂取する感じでよいでしょう。 とにかくビタミンCを摂る療法 中でも ビタミンCを 2~3時間おきに摂取する治療法は効果があります。 ビタミンCのサプリがあれば理想ですが、 無い場合にはビタミンCドリンクやイチゴなどで補給しても良いでしょう。 固形の物を食べれない場合でも、 栄養素だけは摂取していれば治りが早まります。 この方法(ビタミン攻め)は個人的にかなり使えます。 私の場合はこの方法で、4日間で治りました。 上記のような栄養摂取法とイブで(イブは計4回飲みました) 4日間で落ち着きました。 何もしないで良いのなら寝ているだけで良いので楽ですが、 炊事や仕事もあるのでその点は疲れましたね。 しかしながら、 私は生まれつき下痢が多いのと、重度の花粉症を持っているため インフルエンザは案外大丈夫でした。 (花粉症は呼吸困難になる事があるので精神的にとてもきつい) 毎回、前兆が出た場合には、 早めに、 ビタミンC系1本 タウリンドリンク1本 アリナミンA1粒 を摂取すると大事に至らないのですが、 今回は偶然にも、インフルエンザ予防に効果があると宣伝されている プラズマ乳酸菌ヨーグルトを試していたところでした。 これが大失敗。 プラズマの効果はありませんでした。 ^^ ヨーグルトは普通のプレーンヨーグルトの方が栄養がありますし 免疫の為にプラズマを摂取する必要はないと学びました。 (そこまで効果があるなら薬局でしか販売できなくなります) 所詮(クスリやサプリではなく)食品扱いという事ですね。 ビタミンC系1本 タウリンドリンク1本 アリナミンA1粒の セットの方が強力ですね。 筋肉痛、関節痛などの症状が出たら 早めの摂取で治しましょう!.

次の

インフルエンザ時に使える解熱剤の種類&危険な市販薬一覧

インフルエンザ バファリン

厚生労働省によると、1月7日~1月13日までの1週間で、全国約5000か所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1医療機関当たり。 その前週の16. 30人と比べ、2倍以上に増えている。 インフルエンザか判断がつかないが、高熱が出て苦しいときに手を出したくなるのが解熱剤。 だが、厚労省は2000年からジクロフェナクナトリウム(市販名:ボルタレンなど)を含む解熱剤を飲んでしまうと、インフルエンザ脳症を悪化させ、死亡率を上げてしまう可能性があると警告している。 同年に発表された厚労省の研究班のデータでは、インフルエンザ脳炎・脳症の患者の中で、ジクロフェナクナトリウムを使用していた患者は、12例中7例が死亡。 一方、別の解熱剤を使っていた患者の死亡者数は38例中5例だった。 また研究班のからは、ボルタレンだけでなく、アスピリンを含むもの(市販名:バファリンなど)、メフェナム酸を含むもの(市販名:ポンタールなど)など「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」という分類の解熱鎮痛剤は、インフルエンザ脳症の発症リスクを高めたり、重症化を招く恐れがあると確認されている。 ほとんどの市販の解熱鎮痛剤は、インフルエンザでは使うと危険であり、どうしても必要な場合は、アセトアミノフェン(市販名:カロナールなど)が。 ただ、素人判断で命を危険にさらさないよう、インフルエンザが疑われる高熱が出たら、医療機関で相談し、対策を取るのが適切だ。

次の