コインランドリー 羽毛。 【羽毛布団をコインランドリーで洗濯する方法】失敗しない洗い方と乾燥のコツを画像つきで紹介!

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

コインランドリー 羽毛

羽毛布団を洗濯したことがない人も多いと思いますが、コインランドリーで丸洗いすることにはとてもメリットがあります。 さらに内側にはホコリも。 これらの汚れを洗濯でまるっと一掃できます。 かなり生命力が強いので、ふだん天日干しや掃除機で布団のケアをしていても退治できませんが、乾燥機で高温にすることで退治ができます。 コインランドリーなら低価格で、長くても数時間で終えられて便利。 ただし、クリーニングはプロの手で洗濯するのでデリケートな布団・高価な布団も洗えるといったメリットがあります。 それぞれ一長一短あるので場面場面で使い分けるのがおすすめです。 コインランドリーで洗える、洗えない羽毛布団の見分け方は? 「羽毛」はデリケートな素材に思うかもしれませんが、コインランドリーでキレイにできるものも多くあります。 まずは事前におうちの布団が「洗濯できるかどうか」「乾燥機にかけられるかどうか」を洗濯表示をもとに調べてみましょう。 洗濯機洗いできる.

次の

【失敗なし!】羽毛布団をコインランドリーで洗う方法

コインランドリー 羽毛

持ち込んだ羽毛布団が洗濯可能かどうか、洗濯するときの注意点などを親切に教えて貰えますので便利です。 コインランドリーで洗濯・乾燥できる羽毛布団 洗濯表示~水洗いOKのもの コインランドリーで洗濯ができる羽毛布団は、まず洗濯表示で水洗いが可能となっており、かつキルティング加工がされているものに限られます。 詰めもの~ダウン・フェザー 布団の詰めものはダウンまたはフェザーのものはOKですが、羊毛などが使われている布団はNGとなっています。 羽毛布団の乾燥のみもOK コインランドリーの多くは洗濯機と乾燥機が別になっているので、羽毛布団の乾燥のみも可能です。 前回記事のように自宅で洗濯したけどなかなか乾かない場合も乾燥だけコインランドリーでできます。 羽毛布団の洗濯~方法・時間・料金 種類 洗濯機は中型の12kgタイプと大型の20キロタイプが設置されていますが、シングルサイズの布団なら12キロタイプ、ダブルサイズなら20キロタイプが適しています。 洗濯時間 洗濯に要する時間は12キロタイプも20キロタイプも約30分です。 洗濯料金 洗濯の料金は、12キロタイプが500円、20キロタイプなら800円かかります。 洗い方 洗う時は羽毛布団をタテ長に三つ折りにして丸めたあと3-4カ所を紐で縛り洗濯槽に入れます。 布団と洗濯槽の間のすき間にシーツやタオルケットなどを入れすき間を少なくした後、スタートボタンを押して洗濯を始めます。 コインランドリーでは洗う時にネットに入れる必要はありません。 羽毛布団の乾燥~方法・時間・料金 種類 乾燥機は中型の14キロタイプと大型の25キロタイプが設置されていますので、シングルサイズの布団なら14キロタイプ、ダブルサイズなら25キロタイプが適しています。 乾燥時間 乾燥にかかる時間はシングルなら約60分、ダブルなら約80分が目安です。 洗濯から乾燥まで行った場合の所要時間は概ね90分から110分になります。 乾燥料金 乾燥にかかる料金は14キロタイプなら600円~700円、25キロタイプなら900円~1000円です。 洗濯料金と乾燥料金を合計しても1100円~1800円程で羽毛布団のクリーニングができます。 使い方 洗濯が終わった羽毛布団は縛っている紐を外したあと乾燥機に入れて乾燥させます。 テニスボールを入れる裏ワザ 乾燥の途中で最後の20分程はテニスボールを2~3個入れてやるとボールが当たることで羽毛の塊がなくなりふわふわ感がアップするそうです。 コインランドリーの羽毛布団洗い方動画も参考に WASHハウス以外にも羽毛布団を洗濯・乾燥できるコインランドリーはたくさんあります。 コインランドリーでの羽毛布団の洗い方のコツを動画で解説しているところもあるので参考にされてみてください。 羽毛布団の洗濯から乾燥まで解説.

次の

コインランドリーで羽毛布団を洗ってみた。高温乾燥でふわふわ復活か!?|60%の日常

コインランドリー 羽毛

私は羽毛布団って、なんとなく洗濯できないものだと思ってました。 でも、全然できちゃうんですね。 こまめな手入れで羽毛布団が長持ちする もともと長く使える羽毛布団をしっかり洗濯してお手入れしておくことで、想定の耐用年数よりず〜っと長く使うことができるんです。 洗濯することでふんわり感や暖かさを保持する能力もキープできるので、半年〜1年おきくらいに洗濯するだけでもかなり長い間、新品みたいに使うことができますよ! 布団クリーニングに出すよりコスパがいい! 例えば大手の宅配クリーニングに出す場合、依頼する枚数にもよりますが、シングル1枚あたり4000~9000円くらいの費用がかかります。 その点コインランドリーなら少し手間はかかりますが、 洗濯・乾燥合わせて2000円程度。 しかも、自宅で洗うのと違って完全に乾燥させることができるのも魅力です。 その羽毛布団、洗濯できる?失敗しないために洗濯表示や素材をチェック! 羽毛布団は自分で洗えるものと、専門業者に依頼しなければいけないものがあります。 一般的に冬物より 春・夏向けの薄手の羽毛布団のほうが洗える場合が多いのではないでしょうか。 羽毛布団の洗濯表示をチェック! 洗濯の鉄則ですが、まずは洗濯表示をチェックしてください。 洗濯表示は新旧の2種類あるので、自分の布団がどちらの表示に該当するのか確認しつつ調べてみてくださいね。 していたので、がよくわからないという方は以下を見てみてください。 見るべきは、「家庭洗濯」の項目と「タンブル乾燥」の項目の2つです。 家庭洗濯のための洗濯表示 「水洗いはできない」もしくは「洗濯処理はできない」以外であれば、コインランドリーでの洗濯が可能です。 タンブル乾燥のための洗濯表示 「」はドラム式の乾燥機のことですね。 コインランドリーの乾燥機はほぼすべてタンブル乾燥です。 旧表示が作られた頃にはタンブル乾燥機がなかったので該当する表示がないですが、その場合は基本的にタンブル乾燥機を使えるものと思って大丈夫です。 高温のタンブル乾燥機には、コインランドリー側で温度表示や何かしらの注意書きがあることも多いので、それを見落とさないようにだけ気をつけましょう。 羽毛布団の素材(外布)が洗濯できるものかをチェック! 羽毛布団の外側の布もチェックしてください。 シルクやウールを外布に使っている場合は注意が必要で、クリーニング業者でも扱っていない場合が多いのです。 洗濯表示でOKとなっていれば基本的にはそれに従っていればいいのですが、もし気になるなら、シルクやウールを外布に使っている布団は洗わないようにしましょう。 羽毛布団がキルティング加工されているかどうかチェック! キルティング加工ではブロックごとに生地の裏表が縫い合わせられており、羽毛がその区画ごとにしっかり留まるようになっています。 キルティング加工されていないものを洗うと、中で羽毛が偏ってしまう恐れがありますので、その場合は事前に布団を紐で縛るなどの工夫が必要です。 下準備が面倒な上、失敗のリスクを考えると、洗濯表示でOKだったとしてもクリーニングに出した方が賢明かもしれません。 コインランドリー洗濯の料金・所要時間は? 自分の羽毛布団が洗えるものだとわかったら、次はコインランドリーについてサクッと確認しておきましょう! に関してはこちらで詳しく書いています。 コインランドリーで扱える羽毛布団のサイズは? ダブルまでなら洗えることが多いです。 それ以上になると、クリーニング屋さんに頼んだほうがいいかもしれませんね。 は宅配が便利です。 コインランドリーでは使用する洗濯機や乾燥機のサイズによって料金が異なるのが普通なので、シングルよりダブルの方が高くつきます。 羽毛布団のサイズごとのコインランドリー料金は? シングルなら、15kgくらいの容量の洗濯機・乾燥機を選びます。 洗濯 〜1,000円(30分) 乾燥 〜800円(60分) ダブルなら、25kgくらいの容量の洗濯機・乾燥機を選びます。 洗濯 〜1,500円(30分) 乾燥 〜1,200円(60分) 地域やチェーン店ごとに異なるものの、だいたい上記の通りです。 有料なので自宅から持っていくことをおすすめします コインランドリー備え付けの洗剤を使うこともできますが、大抵 有料で1回分が200円くらいします。 ちょっともったいないので、自宅からおしゃれ着用の低刺激性中性洗剤を持って行った方がいいでしょう。 実際にコインランドリーで羽毛布団を洗濯してみた! ここからは、私が実際にコインランドリーで羽毛布団を丸洗いしてみた時の体験談を写真を交えながらご紹介します! まずは布団の洗濯表示・生地・キルティング・サイズを確認! (画像1 ) 羽毛布団の洗濯表示タグに「手洗い」の表示がありました! それから外布の素材はポリエステル 、キルティング加工もされているのでコインランドリーに出して問題なさそうです。 コインランドリー用の洗剤と柔軟剤を用意! コインランドリーに行く前に、洗剤を用意しておきましょう! 羽毛布団を洗う場合は、おしゃれ着用の低刺激性中性洗剤を持っていくようにしてください。 アルカリ性・酸性だと布団を痛めてしまいます。 (画像3 ) 中性洗剤って大抵はオシャレ着用の洗剤として売られています。 なので誰でも家に置いてあるはずですよ。 それをボトルごと持っていきましょう! それから柔軟剤ですが、コインランドリーでは 液体の柔軟剤ではなく「柔軟剤シート」を使います。 どうしてもという場合、 羽毛布団を「手前」、布団カバーを「奥」というふうに、前後で分けて洗濯機に入れるといいですよ。 ドラム式洗濯機は横方向にくるくる回るので、前後で分けて配置しておけば、別々の洗濯物同士が交わってこんがらがる可能性が低くなる……というわけですね。 コインランドリーで布団を3つ折りに いよいよコインランドリーに着きました! 多くの場合はコインランドリー内に大きい机が置いてあるので、その上で布団を3つ折りにしましょう。 「じゃばら折り」とは、山折りと谷折りを交互にする折り方です。 丸めるようにおるよりじゃばら折りの方が洗いの効果が出やすいので、じゃばら折りを採用しましょう。 折れたら洗濯機に詰め込みます。 洗濯機に入れるときは「9割」が目安 コインランドリーには色々なサイズの洗濯機がありますが、目安は 「羽毛布団を入れた時に容量の9割くらいが埋まるもの」を選ぶこと。 数字でいえば、シングルなら15kg、ダブルなら25kgくらいになると思います。 あんまりパンパンに詰め込みすぎると洗濯機のパフォーマンスが落ちますし、逆に余裕がありすぎても料金が割に合いません。 そこに洗剤を入れたら、お金を入れて洗濯機を回します。 ボタンは間違えないように適切なのを押してくださいね。 洗濯の後、乾燥機の前にすること 洗濯機が終わったら、次は乾燥機です!……と言いたいところですが、乾燥機に入れる前にすることがあります。 それは、 キルティングの各区画に空気を入れること!各区画ごとに記事を裏表からぽんぽん、バフバフと引っ張って、中に空気を入れていきます。 こうすることで、 乾燥させた後のふんわり感が上がります。 ちょっと面倒ですが、これをやるとやらないとではふんわり感がかなり変わるのでオススメです。 乾燥機は「3割」目安・柔軟剤も投入 キルティングの各区画に空気が入ったら、乾燥機に入れます。 洗濯機の時は9割目安でしたが、乾燥機の時はもっとずっと 余裕を持たせて、だいたい3割を目安に入れてください。 ドラムの淵に沿わせるように入れます。 ドラムに対して布団が長過ぎれば、2つ折りにしてからドラムの淵に沿わせてみてください。 柔軟剤シートを使う場合は、ここで布団と一緒に乾燥機の中に入れます。 これで出来上がり!たった2,000円でふわふわの布団に元通りなんて嬉しすぎます……! 羽毛布団は自宅でも洗濯できる?コインランドリーと比較すると… 「節約したいから自宅で洗う!」というのもいいですが、私は断然コインランドリーをオススメします。 だって、家で自分で洗濯するのはその労力と効果が見合っていないから。 羽毛布団の洗濯を自宅でやろうと思ったら、布団の大きさや洗濯機の容量によっては「踏み洗い」しないといけないんです。 当然、 時間もかかれば体力も使います。 しかも、自然乾燥だと天気がいい日でも1日で乾かすのは不可能。 完全に乾燥させようとすると2~3日はかかると言われています。 私だったら、コインランドリーでサクッと洗濯〜乾燥までやっちゃいます。 羽毛布団を洗う時こそ、カフェを併設したおしゃれなコインランドリーはいかが? 乾燥まですると1時間半くらいかかりますが、洗濯中の時間は読書などして、たまにはゆったり過ごすのもありではないでしょうか。 これもある意味コインランドリーの楽しみの一つです。 近年、カフェを併設したコインランドリーが増えています。 時間のかかる布団類を洗濯する時は、ちょっと足を伸ばしてそんなお店を探してみるのもいいですね。

次の