ほう けん キングダム。 キングダムのワレブの意味と龐煖(ほうけん)が嫌いな理由は王騎か麃公か

【キングダム628話考察】龐煖(ほうけん)は死亡!|李朴を治療できたのは両親譲り!

ほう けん キングダム

キングダムに出てくる登場人物は皆一人ひとりキャラが濃い人間ばかりですが、 中でも、武人「龐煖」もそのうちの一人ではないでしょうか。 王騎を倒したことで有名ですが、神出鬼没でどのタイミングで出てくるのか 謎に包まれているキャラでもあります。 「武神」と名乗る、最強の人物として描かれていますが、 間違いなく死亡することが確定しています。 死亡するというのは、キングダムの物語が続いている中で、 重要なタイミングで死亡するという意味ですが、 今回は、龐煖の「生き方」からお伝えしていきたいと思います。 龐煖の生き方はあまりにも自分本位で、 周囲から愛されない生き方になってしまっているため、 本当の意味でも成長することはないと考えてます。 その理由についてお伝えしていきます。 龐煖は作中で必ず死亡する!? ちなみに、 龐煖は必ず死亡します。 そのタイミングは意外に近づいているかもしれませんが、 信が王騎の敵討ちとして、龐煖を倒す時です。 信が王騎の意志を継いで、 王騎の矛を受け取り、 龐煖を倒す時、というのはキングダムで最も見せ場の一つだと考えています。 現在、単行本48巻が発売している時点で、 秦vs超の戦いが行われていますが、 このタイミングで龐煖が再び登場する可能性もあると思われます。 そのときに、龐煖が戦況をひっくり返して、 秦がかなり追い詰められた状況の中で、 信が龐煖を倒すというシーンが描かれるのかもしれません。 いずれにせよ、龐煖は信の手によって、 死亡すると思われます。 それがいつになるのかは分かりませんが、 現在の秦vs超の中に来るのではないかと考えてます。 また、ここから本題の龐煖の「生き方」についてお届けしていきます。 そもそも龐煖がどうして死亡すると言えるのかというと、 龐煖自身がペラい生き方をしているからなのです。 龐煖の最終ゴールは自己満足でしか無い・・・ 龐煖が目指している生き方というのは自分自身が最強になることです。 李牧から戦争に参加するように言われても、 人のため、国のため、という想いは一切なくて、 あくまで自分自身が最強であることを認めてもらうことなのです。 こういう生き方をしていても限界があります。 龐煖が最終的に求めているのはあくまで「自分」の自己満足であり、 自分が満たされることしか興味がありません。 そのため、自分1人だけ満たされていれば、あとはどうでもいい、 という考えなのです。 一方で羌瘣はどうかというと、 常に信のために戦うという姿勢を貫いています。 同じ最強を目指す人間でも、 龐煖と目指し方が全く違うと思います。 羌瘣は龐煖のように、自分を満たすことは目的にしておらず、 常に自分以外の人のために行動をしているのです。 武の「道」というものがあるとすれば、 この先に道が存在していますし、 龐煖のように、「自分」を見ている生き方では 道からそれてズレていってしまいます。 周囲から応援される生き方もなく、 自分ひとりで成長しようと思っても限界が来ますし、 疲弊してしまうのです。 一方で羌瘣、信のように常に周囲と連携を取り、 「他力」が働くときこそ、自分の枠以上の力が発揮でき、 自分でも想像すらしてなかった道が切り開かれていくのです。

次の

キングダム龐煖(ほうけん)の最後は?死亡の様子と史実からの考察

ほう けん キングダム

仲間たちの力を受けて戦う信だが、龐煖の攻撃に膝をつく 平原を埋め尽くす兵士たちの間を、馬にまたがる河了貂(かりょうてん)が駆け抜けていきます。 那貴(なき)を護衛につけて、向かう先は信の戦う最前線です。 信vs龐煖の戦いは、依然として両者が矛で殴り合う展開です。 秦軍兵士 「いけ、信」「もうここで龐煖を」 信は龐煖に対して矛で攻撃するものの、龐煖の攻撃を受けると膝をついて倒れてしまいます。 地面に顔をつけた信は 「大丈夫」と独り言を呟きます。 そして信は叫びます。 「俺には生きてる仲間が大勢いる」 「大勢いるんだよ、龐煖」 龐煖の攻撃を矛で受け、その直後に矛で攻撃を返す信。 しかし、体力の衰えは明らかで、数回の攻撃の応酬があると再び膝をついてしまいます。 スポンサーリンク 何度も立ち上がり、攻撃を仕掛け続ける信を見た龐煖の戸惑い 龐煖は明らかに困惑の表情を浮かべます。 「なぜだ・・・なぜこんなことが起こる・・・」 自分を厳しい目で睨みつける信を見ながら続けます。 「お前は・・・お前たちは俺の刃に抗える・・・」 「道を極めし、我が刃に・・・なぜ」 ここで龐煖の心に一抹の不安が浮かびます。 「道が・・・間違っていたとでも言うのか・・・」 「いや・・・」 龐煖は、さらに懸念すべき考えに思い至ります。 「そもそも道そのものが無かったのでは」 「人に、そんな道など」 何度倒れても起き上がる信に、趙軍の兵士たちは龐煖が敗れる可能性を感じ始めます。 そして、 「もし龐煖様が敗れそうな場合は、その前に飛信隊 信を・・・」と呟きます。 龐煖は、さきほどまでの不安を払しょくするように矛に力を込めます。 「いや、そんなことはない」 「道がないなど」 「そんなことは」 「断じてない」 これまで以上に矛に力を入れて振りぬく龐煖に対し、信も 「龐煖」と叫びながら矛を出します。 スポンサーリンク 信の矛が、龐煖の矛を、打ち砕く!! 次の瞬間、龐煖の矛の刃が、信の矛によって打ち砕かれました。 これには両軍の兵士たちは唖然とした表情を浮かべます。 すでに現場に到着した河了貂も、丘の上の李牧も口を開けたままの状態です。 矛の刃を砕かれた龐煖は、信に背を向けて立ち去ろうとします。 信は、逃げる龐煖を追いかけます。 さらに信の後ろからは、スキを狙って攻撃を仕掛けようとする趙軍の兵士が続きます。 河了貂はここで何かに気付きますが、それを伝える術がありません。 ただ、手のひらを突きだして、何かを止めさせようとするアクションをするのみ。 信を追いかけていた趙軍の騎馬兵が槍で背中に狙いを定めます。 この外野からの攻撃に対しては、秦軍の兵士たちが飛び出して横やりを止めます。 しかし、さらに龐煖もまた信に対して一撃を与えようと狙っています。 追いかけてくる信の腹を目掛けて、矛を槍のように突き出しました。 龐煖の渾身の一撃ですが、これを信は体を横にずらして避けます。 龐煖の矛による突きを避けた信は、矛を思いっきり振り下ろします。 これを龐煖は矛の柄で受け止めますが、矛の勢いが止まりません。 信の矛が龐煖の肩に食い込み、血しぶきがあがります。 何かを確信した龐煖は 「お前はっ」「お前たちはっ」と叫びます。 一方の信は 「ルオオオ」のさらに矛に力を込めます。 信の矛による一撃は、龐煖の防御を打ち破り、そのまま龐煖の身体を両断しました。 左肩からナナメに入った刃は、背中の中心を超えて、右半身にまで到達しています。 次回予告コメント: 決着の末に・・・!?.

次の

キングダム龐煖(ほうけん)の最後は?死亡の様子と史実からの考察

ほう けん キングダム

仲間たちの力を受けて戦う信だが、龐煖の攻撃に膝をつく 平原を埋め尽くす兵士たちの間を、馬にまたがる河了貂(かりょうてん)が駆け抜けていきます。 那貴(なき)を護衛につけて、向かう先は信の戦う最前線です。 信vs龐煖の戦いは、依然として両者が矛で殴り合う展開です。 秦軍兵士 「いけ、信」「もうここで龐煖を」 信は龐煖に対して矛で攻撃するものの、龐煖の攻撃を受けると膝をついて倒れてしまいます。 地面に顔をつけた信は 「大丈夫」と独り言を呟きます。 そして信は叫びます。 「俺には生きてる仲間が大勢いる」 「大勢いるんだよ、龐煖」 龐煖の攻撃を矛で受け、その直後に矛で攻撃を返す信。 しかし、体力の衰えは明らかで、数回の攻撃の応酬があると再び膝をついてしまいます。 スポンサーリンク 何度も立ち上がり、攻撃を仕掛け続ける信を見た龐煖の戸惑い 龐煖は明らかに困惑の表情を浮かべます。 「なぜだ・・・なぜこんなことが起こる・・・」 自分を厳しい目で睨みつける信を見ながら続けます。 「お前は・・・お前たちは俺の刃に抗える・・・」 「道を極めし、我が刃に・・・なぜ」 ここで龐煖の心に一抹の不安が浮かびます。 「道が・・・間違っていたとでも言うのか・・・」 「いや・・・」 龐煖は、さらに懸念すべき考えに思い至ります。 「そもそも道そのものが無かったのでは」 「人に、そんな道など」 何度倒れても起き上がる信に、趙軍の兵士たちは龐煖が敗れる可能性を感じ始めます。 そして、 「もし龐煖様が敗れそうな場合は、その前に飛信隊 信を・・・」と呟きます。 龐煖は、さきほどまでの不安を払しょくするように矛に力を込めます。 「いや、そんなことはない」 「道がないなど」 「そんなことは」 「断じてない」 これまで以上に矛に力を入れて振りぬく龐煖に対し、信も 「龐煖」と叫びながら矛を出します。 スポンサーリンク 信の矛が、龐煖の矛を、打ち砕く!! 次の瞬間、龐煖の矛の刃が、信の矛によって打ち砕かれました。 これには両軍の兵士たちは唖然とした表情を浮かべます。 すでに現場に到着した河了貂も、丘の上の李牧も口を開けたままの状態です。 矛の刃を砕かれた龐煖は、信に背を向けて立ち去ろうとします。 信は、逃げる龐煖を追いかけます。 さらに信の後ろからは、スキを狙って攻撃を仕掛けようとする趙軍の兵士が続きます。 河了貂はここで何かに気付きますが、それを伝える術がありません。 ただ、手のひらを突きだして、何かを止めさせようとするアクションをするのみ。 信を追いかけていた趙軍の騎馬兵が槍で背中に狙いを定めます。 この外野からの攻撃に対しては、秦軍の兵士たちが飛び出して横やりを止めます。 しかし、さらに龐煖もまた信に対して一撃を与えようと狙っています。 追いかけてくる信の腹を目掛けて、矛を槍のように突き出しました。 龐煖の渾身の一撃ですが、これを信は体を横にずらして避けます。 龐煖の矛による突きを避けた信は、矛を思いっきり振り下ろします。 これを龐煖は矛の柄で受け止めますが、矛の勢いが止まりません。 信の矛が龐煖の肩に食い込み、血しぶきがあがります。 何かを確信した龐煖は 「お前はっ」「お前たちはっ」と叫びます。 一方の信は 「ルオオオ」のさらに矛に力を込めます。 信の矛による一撃は、龐煖の防御を打ち破り、そのまま龐煖の身体を両断しました。 左肩からナナメに入った刃は、背中の中心を超えて、右半身にまで到達しています。 次回予告コメント: 決着の末に・・・!?.

次の