ファんざ。 MAMAMOO ファサ、1stミニアルバム「Maria」発売記念オンラインサイン会のアンコール開催決定!

MAMAMOO ファサ、1stミニアルバム「Maria」発売記念オンラインサイン会のアンコール開催決定!

ファんざ

おかげさまでTAKEFU直営店"eau"は、2020年7月10日で5周年を迎えます。 ご自宅から安心・便利なインターネットでご参加ください。 数量の問題ではなく、全量検品および封入作業を国内で行っているためお時間を頂いております。 ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 あたらしいデザインとカラーバリエーションをおたのしみください。 Shop of TAKEFU "eau" 6月1日より営業再開のお知らせ(時短営業) 平素よりShop of TAKEFU "eau"へのご愛顧、誠にありがとうございます。 4月より休業しておりましたが、6月1日より時間を短縮して営業を再開いたします。 ご了承ください。 テレワークについて 緊急事態宣言は解除されましたが、株式会社ナファ生活研究所東京本社は、引き続きテレワークを実施いたします。 ご注文は個人・法人問わず、通常通り承りますのでご安心ください。 引き続きTAKEFUを必要とする方にお届けできるように頑張って参ります。 ミネハハさん、CD発売のお知らせ アースデイにもメッセージ付きで特別出演くださった歌手のミネハハさん、実は大のTAKEFUファン! 会社でミニコンサートを開いてくれるほどTAKEFUを応援してくださっています。 今回、コンサート会場からメッセージを頂く予定でしたが、このような状況で残念ながらコンサートは延期となってしまいました。 「ありがとう地球」歌手ミネハハさん• TAKEFUを応援してくださる歌手ミネハハさんより、感謝と祈りを歌に籠めてメッセージをいただきました。 下記用紙をダウンロード(クリック)いただき、必要事項に記載の上、 042-686-0816までFAXをお願いします。 ミネハハさんの公式サイト では、すべてのCDをご覧いただけます。 お問い合わせ: info minehaha. 興味のある方はをご覧ください。 【 一般社団法人 空飛ぶ竹ガーゼ社 】 TAKEFUガーゼの普及を目的として設立した一般社団法人 空飛ぶ竹ガーゼ社です。 詳しくはをご覧ください。 【 特別連載 】 TAKEFUの製品開発の歴史を振り返る特別連載(2018年以降は執筆中です) TAKEFUの開発者である相田雅彦がモノづくりを通じて願い続けてきた想いを、編機導入という新たなステージに向かう今だからこそ、一つずつ紐解きながら振り返っていきます。 【 Shop of TAKEFU "eau" 】 2015年7月10日、がオープン(JR代々木駅から徒歩2分) 【 TAKEFU Official Online Shop 】 2015年5月25日、がオープン 【 TAKEFU Show Room 】 2015年5月、東京都渋谷区千駄ヶ谷の本社にTAKEFU Show Roomがオープン。

次の

「ANTIFA」(アンティーファ)とは?トランプ大統領がテロ組織の指定と表明で批判も

ファんざ

藤田医科大学を代表機関とし全国47医療機関で実施している「SARS-CoV2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験」 研究責任医師 藤田医科大学医学部感染症科 土井洋平教授 につき、その最終結果の暫定的な解析が終了しましたので、要点をご報告いたします。 本研究には3月上旬から5月中旬までの間に新型コロナウイルス感染症 COVID-19 患者計89名にご参加いただきました。 このうち44名がファビピラビルの通常投与群(1日目から内服)、45名が遅延投与群(6日目から内服)に無作為割り付けされました。 遅延投与群の内1名は割り付け直後に不参加を希望されたため、臨床的評価は通常投与群44名、遅延投与群44名で行いました。 また、ウイルス量に関する評価は、研究への参加時に既にウイルスが消失していたことが後日判明した19名を除外し、通常投与群36名、遅延投与群33名で行いました。 研究参加中に重症化または死亡した方はありませんでした。 事前に規定された主要評価項目である「6日目まで(遅延投与群が内服を開始するまで)の累積ウイルス消失率」は、通常投与群で66. 76-2. 269)でした。 4%、遅延投与群で78. 8%、調整後オッズ比は4. 88-25. 071)でした。 事前に規定された探索的評価項目である「37. 1日、遅延投与群で3. 2日、調整後ハザード比は1. 81-4. 141)でした。 ファビピラビル投与に関連する有害事象としては、血中尿酸値の上昇が84. これらの異常値は、内服終了後(16日目または28日目)に再度採血された患者(38例)のほぼ全員で平常値まで回復していることが確認されました。 また、痛風を発症した患者はいませんでした。 以上より、通常投与群では遅延投与群に比べ6日までにウイルスの消失や解熱に至りやすい傾向が見られたものの、統計的有意差には達しませんでした。 有害事象については、検査値異常としての尿酸値上昇がファビピラビル投与中の患者の大半に見られましたが、投与終了後には平常値まで回復し、その他重篤な有害事象等は見られませんでした。 本研究の詳細なデータにつきましては、なるべく速やかに論文発表できるよう準備を進めてまいります。 本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 AMED の研究課題「SARS-CoV-2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験およびファビピラビルを投与された中等症・重症患者における臨床経過の検討を目的とした多施設観察研究」(研究開発代表者 湯澤由紀夫 藤田医科大学病院 病院長・課題番号19fk0108150s0001)の一環として実施しています。

次の

ファジ、最終盤でホーム使えず 12月に芝の張り替え重なる:山陽新聞デジタル|さんデジ

ファんざ

藤田医科大学を代表機関とし全国47医療機関で実施している「SARS-CoV2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験」 研究責任医師 藤田医科大学医学部感染症科 土井洋平教授 につき、その最終結果の暫定的な解析が終了しましたので、要点をご報告いたします。 本研究には3月上旬から5月中旬までの間に新型コロナウイルス感染症 COVID-19 患者計89名にご参加いただきました。 このうち44名がファビピラビルの通常投与群(1日目から内服)、45名が遅延投与群(6日目から内服)に無作為割り付けされました。 遅延投与群の内1名は割り付け直後に不参加を希望されたため、臨床的評価は通常投与群44名、遅延投与群44名で行いました。 また、ウイルス量に関する評価は、研究への参加時に既にウイルスが消失していたことが後日判明した19名を除外し、通常投与群36名、遅延投与群33名で行いました。 研究参加中に重症化または死亡した方はありませんでした。 事前に規定された主要評価項目である「6日目まで(遅延投与群が内服を開始するまで)の累積ウイルス消失率」は、通常投与群で66. 76-2. 269)でした。 4%、遅延投与群で78. 8%、調整後オッズ比は4. 88-25. 071)でした。 事前に規定された探索的評価項目である「37. 1日、遅延投与群で3. 2日、調整後ハザード比は1. 81-4. 141)でした。 ファビピラビル投与に関連する有害事象としては、血中尿酸値の上昇が84. これらの異常値は、内服終了後(16日目または28日目)に再度採血された患者(38例)のほぼ全員で平常値まで回復していることが確認されました。 また、痛風を発症した患者はいませんでした。 以上より、通常投与群では遅延投与群に比べ6日までにウイルスの消失や解熱に至りやすい傾向が見られたものの、統計的有意差には達しませんでした。 有害事象については、検査値異常としての尿酸値上昇がファビピラビル投与中の患者の大半に見られましたが、投与終了後には平常値まで回復し、その他重篤な有害事象等は見られませんでした。 本研究の詳細なデータにつきましては、なるべく速やかに論文発表できるよう準備を進めてまいります。 本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 AMED の研究課題「SARS-CoV-2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験およびファビピラビルを投与された中等症・重症患者における臨床経過の検討を目的とした多施設観察研究」(研究開発代表者 湯澤由紀夫 藤田医科大学病院 病院長・課題番号19fk0108150s0001)の一環として実施しています。

次の