麒麟 川島 の タグ 大喜 利。 【芸ツイ】麒麟・川島の連載「麒麟川島のタグ喜利!」がファッション誌「smart」で始動

麒麟・川島明がInstagramでやっていた「タグ大喜利」が書籍化

麒麟 川島 の タグ 大喜 利

『さんまのお笑い向上委員会』で、『アメトーーーク』で、それからありとあらゆるバラエティ番組で。 いつもとんでもないスピードと鋭いワードでツッコミやガヤを入れ続け、その場を成立させる麒麟の川島明。 そんな彼がこのほど、『 麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)を出版した。 もともとは彼がInstagramでやっていた、芸人の顔写真にハッシュタグを大量につけるという遊びからはじまったこの企画。 やがて雑誌「smart」の連載にも広がったものが一冊にまとめられている。 「 弁護士の年賀状」な千鳥ノブ たとえばスーツ姿の千鳥ノブの写真についているハッシュタグはこうだ。 二世議員のブログのヘッダー画像 卒業式で初めてその存在を知った先生 弁護士の年賀状 どれも読んでみると「そうとしか思えない!」という表現ばかり。 こんなかたちでこの本には総勢59人の芸人が集合。 一人につき川島渾身の大喜利力を発揮した10前後のハッシュタグがついている。 川島といえば、もともと名の知れた大喜利巧者だ。 「ダイナマイト関西」をはじめとした大喜利ライブで活躍し、『フットンダ』ではフットンダ王を3度獲得、『IPPONグランプリ』での優勝も経験している。 大喜利は、ワードセンスが必要なのはもちろんのこと、順番もかなり重要だ。 一答めでいきなり飛躍した回答を出しても、観客はなかなかついていけない。 その点、このタグ喜利はどれも、「うわー、いかにも!」の回答から次第に深みにハマっていく。 順を追って読むうち、いつの間にか人ではないものや、果ては概念に対しても「たしかにそうだわ」と納得し、笑わされてしまう。 登場する芸人が好きになる仕掛け この本を単純なネタ本にしていないポイントがある。 まずは、それぞれの芸人に対する川島の想いが見えるところ。 各芸人のハッシュタグの一番最後には、川島視点のその芸人の魅力が凝縮されたフレーズが置かれている。 たとえば先ほどの千鳥ノブの写真の最後には「 嘆きの刀で戦う野武士」、ミキ昴生の最後にあるのは「 全てのボケに食らいついていける若武者」。 川島が彼らの芸人としての能力をどう見ているのかがわかるこの最後の一文によって、読者はそれまでさんざんおもちゃにされた芸人たちの魅力を改めて思い出す。 もうひとつは、本ならではのおまけとして収録されている、題材となった芸人からの返信。 ツッコミを入れる者、無邪気に喜ぶ者、ハッシュタグをお返しする者。 これによって彼らのパーソナリティを垣間見ることができ、さらにその芸人を好きになってしまったりもする。 最後にちょっと細かいところだが(そしてこの原稿でさんざん川島さんの名前を呼び捨てにしてきてこんなことを書くのもなんだが)、この本の中で芸人たちを一律に呼び捨てにしていないのも好もしい。 「和牛川西くん」「横澤夏子ちゃん」「笑い飯 西田さん」。 その呼び方に、お互いの関係性がチラリと見える。 こうやって見てみると、この本は川島だからこそ編むことができた芸人名鑑とも言えるかもしれない。 そもそもあまたのハッシュタグを引き出す芸人たちの絶妙な表情の写真も、彼でなければ撮れないものだし。 そして一度この本を読んだら、さまざまな番組で川島が放つフレーズにこれまで以上に耳を傾けたくなるはず。 それはテレビをよりいっそう楽しむための近道に違いない。 (釣木文恵)• 関連記事.

次の

日常の違和感も「タグ大喜利」でフィクションに! ~麒麟・川島明に聞く~(第3回) (2020年6月16日)

麒麟 川島 の タグ 大喜 利

ふとした発言が思わぬニュースになったり、炎上したり、あるいは不祥事の釈明をしたり…芸能人にとっても諸刃の剣であるSNS。 一般ユーザーの方もますます過敏になっているようで、隙あらば叩くといった風潮も見られるが、一方でお笑いコンビ・麒麟の川島明のインスタグラムが面白いとジワジワ盛り上がっている。 フォーリンラブのバービーの写真には、「 武器は斧で片乳を放り出して戦うタイプの女戦士」、「 あんた何やらかしたんだいと新入りに聞く刑期の長い女囚」。 ハライチ・澤部佑には「 食べ放題の店で店潰そうぜと必ずいう童貞」、「 グラビアアイドルの事をクン付けで呼ぶ童貞」となぜか童貞攻め。 アンガールズ・田中卓志は「 インドに行ってから明らかに変なスイッチが入った友人」、トレンディエンジェル・たかしは「 市役所に就職したフリーザ」、インパルス・板倉俊之は「 飲み会は生産性がないと言う意識高い系の社員」、なかやまきんに君は「 台湾のスタントマン」、「 アダルトビデオのエアコン設置業者役の男優」等々、ひとりの芸人に対して10バリエーションほど投稿していて、まるでネタ出し千本ノックのような熱量なのだ。 ハッシュタグも最後のほうになると、「 いるだけで場が明るくなる愛され芸人」(バービー)、「 どんな企画も成立させる名キャッチャー」(ハライチ澤部は)など、芸人仲間に対する愛に溢れる一言を入れておくあたりも心憎いばかり。 3月10日の第19回放送でも9本取得し健闘を見せた。 もそもそも大喜利的なお笑い力には定評がある芸人なのだ。 ダウンタウン・松本人志はTwitterでつぶやくたびに何かと話題になり、『ワイドナショー』(フジテレビ)で解説するという流れも定番となったようだ。 もちろん、お笑い芸人だけでなく芸能人全般、SNSは何かと話題になる。 さかなクンは、エゴサーチした結果「声がうるさい」等の批判コメントを見てショックを受け、悩みすぎたら熱が出たということがニュースになったことも記憶に新しい。 モデルの梨花は「質素な朝ごはん好き」とインスタグラムに写真と共に投稿しただけで、「これは質素じゃない」、「なんて贅沢な」といった反発コメントが寄せられたこともあった。 こうなると芸能人にとってのSNSは、もはやデメリットのほうが多いのではないかと思ってしまうが、それでもSNSでのPRや情報発信、ファン交流としても芸能活動に欠かせないものでもあり、何とも悩ましい事態となっている。 そうした中、川島はインスタグラムではしっかりと笑いを提供しつつ、Twitterでは日々の芸能活動の記録を投稿するほか、巡り合ったおいしい店をフォロワーとシェアをする。 「中目黒『三宝亭』の麻婆麺。 会心の昼食となりました。 最近飛び込みで行ったお店で残念な結果が続いていたのも、この麻婆麺のフリだったのかと思えるほど美味しかった。 つまり、各SNSの特性に応じて、ネット活動のお手本のような使い分けを見せているのだ。 写真がメインのインスタグラムでは芸人仲間をネタにはしているものの誰も傷つけず、芸能人という立場も活用しがらSNSでもプロの芸人らしく笑いを提供。 Twitterでは有益情報の交換に徹している。 相方・田村裕の著書のベストセラー化が麒麟として注目されるきっかけではあったが、先述の『IPPONグランプリ』など、川島のピンでの活躍が続いているのもうなずける。 炎上に悩む芸能人たちは、麒麟・川島のSNSとの付き合い方を参考にするといいかもしれない。 プロフィール.

次の

Instagramフォロワー46万人が大爆笑!『#麒麟川島のタグ大喜利』5月25日発売|株式会社 宝島社のプレスリリース

麒麟 川島 の タグ 大喜 利

『さんまのお笑い向上委員会』で、『アメトーーーク』で、それからありとあらゆるバラエティ番組で。 いつもとんでもないスピードと鋭いワードでツッコミやガヤを入れ続け、その場を成立させる麒麟の川島明。 そんな彼がこのほど、『 麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)を出版した。 もともとは彼がInstagramでやっていた、芸人の顔写真にハッシュタグを大量につけるという遊びからはじまったこの企画。 やがて雑誌「smart」の連載にも広がったものが一冊にまとめられている。 「 弁護士の年賀状」な千鳥ノブ たとえばスーツ姿の千鳥ノブの写真についているハッシュタグはこうだ。 二世議員のブログのヘッダー画像 卒業式で初めてその存在を知った先生 弁護士の年賀状 どれも読んでみると「そうとしか思えない!」という表現ばかり。 こんなかたちでこの本には総勢59人の芸人が集合。 一人につき川島渾身の大喜利力を発揮した10前後のハッシュタグがついている。 川島といえば、もともと名の知れた大喜利巧者だ。 「ダイナマイト関西」をはじめとした大喜利ライブで活躍し、『フットンダ』ではフットンダ王を3度獲得、『IPPONグランプリ』での優勝も経験している。 大喜利は、ワードセンスが必要なのはもちろんのこと、順番もかなり重要だ。 一答めでいきなり飛躍した回答を出しても、観客はなかなかついていけない。 その点、このタグ喜利はどれも、「うわー、いかにも!」の回答から次第に深みにハマっていく。 順を追って読むうち、いつの間にか人ではないものや、果ては概念に対しても「たしかにそうだわ」と納得し、笑わされてしまう。 登場する芸人が好きになる仕掛け この本を単純なネタ本にしていないポイントがある。 まずは、それぞれの芸人に対する川島の想いが見えるところ。 各芸人のハッシュタグの一番最後には、川島視点のその芸人の魅力が凝縮されたフレーズが置かれている。 たとえば先ほどの千鳥ノブの写真の最後には「 嘆きの刀で戦う野武士」、ミキ昴生の最後にあるのは「 全てのボケに食らいついていける若武者」。 川島が彼らの芸人としての能力をどう見ているのかがわかるこの最後の一文によって、読者はそれまでさんざんおもちゃにされた芸人たちの魅力を改めて思い出す。 もうひとつは、本ならではのおまけとして収録されている、題材となった芸人からの返信。 ツッコミを入れる者、無邪気に喜ぶ者、ハッシュタグをお返しする者。 これによって彼らのパーソナリティを垣間見ることができ、さらにその芸人を好きになってしまったりもする。 最後にちょっと細かいところだが(そしてこの原稿でさんざん川島さんの名前を呼び捨てにしてきてこんなことを書くのもなんだが)、この本の中で芸人たちを一律に呼び捨てにしていないのも好もしい。 「和牛川西くん」「横澤夏子ちゃん」「笑い飯 西田さん」。 その呼び方に、お互いの関係性がチラリと見える。 こうやって見てみると、この本は川島だからこそ編むことができた芸人名鑑とも言えるかもしれない。 そもそもあまたのハッシュタグを引き出す芸人たちの絶妙な表情の写真も、彼でなければ撮れないものだし。 そして一度この本を読んだら、さまざまな番組で川島が放つフレーズにこれまで以上に耳を傾けたくなるはず。 それはテレビをよりいっそう楽しむための近道に違いない。 (釣木文恵)• 関連記事.

次の