五 等 分 の 花嫁 ヤンデレ ss。 五つの歪んだ愛の形

#5 女性恐怖症の上杉風太郎その5

五 等 分 の 花嫁 ヤンデレ ss

中野三玖とは 中野家の五つ子姉妹の三女であり、首元にヘッドホンを装着しております。 以前は他の姉妹よりも自分は劣っていると思っていたのですが、風太郎と出会い、自分に他の姉妹に劣らない潜在能力がある事を知り、自信が持てるようになりました。 そのことがきっかけで風太郎のことが好きになり、物語初期の他の姉妹が風太郎の存在に反対だった時から、彼の家庭教師の仕事に協力します。 しかし三玖は内気な性格であり、風太郎が好きなのですが、他の姉妹ほど積極的にアプローチすることが出来ません。 三玖は高い演技能力を持ち、他のヒロインと入れ替わることができる 三玖はカツラを被ることで他の姉妹たちのそっくりさんになり、 実質的に入れ替わることができます。 第4話にて、風太郎が歴史の勉強させようとしたときには四葉のリボンとかつらをかぶり変装して風太郎目をくらませました。 以前には一花に告白しようとした男子を撃退したことがあります。 三玖の変装は他の姉妹にしか見抜けません。 風太郎は姉妹と関わることで徐々に、彼女たちの見分けがつくようになっていますが、それでも三玖たちの変装を見抜けない時の方が多いです。 三玖は姉妹をよく見てる 姿を真似るなら他の姉妹でも簡単に出来るかもしれません。 しかし三玖の場合は他の姉妹の特徴を的確に捉え、性格まで一致させることが出来ます。 他の姉妹が変装しようとした場合、予想外のことがあると化けの皮が剝がれるので、完璧な変装は三玖だけの特権でしょう。 特徴や性格を把握していると言う事は、 普段から姉妹たちのことを見ておかないとできないことのはずです。 三玖も他の姉妹たちと同様に、家族の事が大好きであるはずです。 三玖の危険性について わたしは以前、主人公の恋人が消えてしまい、その恋人に瓜二つの女性が入れ替り、主人公と結婚してしまった、という展開の小説を読んだことがあります。 その小説を読んだ時は高校生だったんですが、あまりにも衝撃的な展開だったので戦慄しましたね。 (ネタバレになるので、その小説のタイトルは伏せます。 ) 本作も同じような展開になり、 風太郎と結ばれるはずのヒロインが何らかの事情で三玖と入れ替わり、そのまま結婚してしまうという可能性も考えられます。 そうではなくても、風太郎が重要なことを話すときに 間違って変装した三玖に話しかけてしまう みたいなこともありえます。 まとめ 三玖の他のヒロインに変装できる能力は、今後の『五等分の花嫁』の今後を握るような出来事だと思ったので、まとめてみました この設定が活かされるのは分かりません。 林間学校編かもしれませんし、本作のラスト付近になるかもしれません。

次の

『五等分の花嫁』51話 感想、無自覚なキスと揺れる恋!対照的な二乃と四葉ちゃんの可愛さに思わず胸が熱くなった話をしよう!

五 等 分 の 花嫁 ヤンデレ ss

なんならひたすら三玖の恋する乙女っぷりや可愛いシーンを続けているだけだっていい。 それを眺めてるだけで頬を全力で緩めることでしょう。 デートに誘う姿だけでニヤニヤしちゃうぜ。 って、まだ肝心なことが片付いていませんでした。 それは写真の子…風太郎の 思い出の女の子は五つ子の中で誰なのか問題である。 <関連記事> 顔が同じ五つ子という特性を作った高度なミスリードを孕んでいるかもしれませんからね。 これは広義の意味で幼なじみに入るので、「幼なじみ」愛好家としては外せません。 1、聞き方が悪い 2、本人がすっとぼけてる 3、本当に五つ子の中にはいない まあ「3」はないでしょう。 なぜなら これはラブコメだから! 五つ子の中にいないはずがない!可能性が高いのは「1」か「2」。 そもそも、これ 聞き方が悪いよね。 昔の風太郎なんて知らんがな…ですよ!風太郎も昔と今での「あの子」の想像図に大きな隔たりがありましたし、「あの子」だって金髪時代の風太郎から今の姿や雰囲気が違いすぎてて分からんよね。 それでも、これはラブコメなので「あの子」は今も変わらず風太郎を覚えてなきゃ!例え雰囲気や髪の色が変わろうとも! 明確に違うのは二乃 「めっちゃタイプかも!」(14話) 五つ子の中で100%「あの子」じゃないと断言できるのは二乃です。 昔の金髪時代の写真を見て「めっちゃタイプかも!」と言ってました。 修学旅行では金髪ワイルド風太郎にデレてました。 すなわち昔の風太郎を知らないのである。 二乃だけは写真の「あの子」とは違うと確定でしょう。 他の4人はなんとも言えません。 違うとは言い切れないけど、「あの子」と言い切れる材料もない。 まあ 違うんだろうなってのは五月かな。 五月も可能性低いが…? 34話 その子との出会いがあなたを変えたんですね 5人の中で五月だけは風太郎から、 写真の子との思い出を聞いてます。 虚実あったとはいえ、五月本人にはないメモリーだった様子が伺えました。 イコールで五月の可能性はかなり低いです。 入院中の風太郎が写真の子と見間違えたり、同じような言葉を発したり…と、五月は一番「あの子」っぽく描かれてるけど、 ミスリードの匂いがプンプンする。 これで写真の子だったら、 35話ですっとぼけた事になってしまいますし。 そこですっとぼける理由がない。 お守りを持ってて「買ったのか…貰ったのか…」と よく覚えていなかったので、これで本人だったら 風太郎にとってだけのかけがいの思い出になっちゃうので、ラブコメの文脈としてもあり得無いかなと。 三玖 三玖 三玖に関しては情報が無さすぎる。 写真の子かもしんないし違うかもしんない。 現状では何とも言えませんわ…。 判断する材料がほぼゼロなので、絶対に無いとは言い切れませんが違うでしょう。 これで三玖だったら「えー!?」じゃん。 カラーで見ると 髪の毛の色が同じだったのは長女のみなのです。 設定上の髪の毛色が同じなのかもしれませんが、神の視点を持つ我ら読者は気になりますね。 唯一思い出の子と同じ髪の色をしてたのは一花です。 カラーで掲載されたからこそ分かる「ひょっとして一花か?」である。 とはいいつつ、髪の毛の色なんて後で 作者のさじ加減一つでどーとでもなるけどね。 また、作中でも「私はみんなのお手本になるんだ」という台詞は長女じゃなきゃ言わないんじゃないかと。 他の姉妹の髪の毛の色は全然と違ってるので、 一花は幼なじみかもしれないと思わせてくれる。 で、もう一人。 「あの子」の可能性が最も高いのが四葉である。 五月以外で、「あの子」を重ね合わせたのは初かな。 思い返せば、四葉だけは5つ子の中で風太郎に最初から協力的でした。 そして今回判明したのは 5つ子の写真(?)並び順は抑えておきたいところ。 はじめて「あの子」が登場した14話ではどう見ても5人の中で真ん中の子がビンゴっぽかったからね。 5つ子のアルバムにあった写真で当てはまるのは真ん中の子ですね。 ついでに、目元や笑い方も「あの子」に一番近いのは真ん中の子です。 で、この真ん中の子は誰なのかって謎だったけど、今回の描写でやっぱ四葉が一番あり得るかなって…。 真ん中に陣取って正面Vサインをする四葉 ま、写真撮る時の並び順もピースの仕方も、その時々で違う可能性は否定できませんけど…。 やはり四葉の「真ん中」「ピースサインの仕方」は引っかかるところ。 さらに、1話で はじめて合った風太郎を「上杉さん」と呼んでいました。 なんで俺の名前を知ってるんだ? 四葉いわくテストを拾ったということですが、目の前で答案用紙を落とさなきゃ名前と本人は一致しません。 思い出の子は「上杉風太郎君」「バイバイ」と言ってましたので名前ははじめから知ってたと。 もちろん、四葉の目の前で風太郎はテストを落としたってこともあり得ますが、興味深いエピソードでした。 ひょっとして前から風太郎の名前を知っていたのではないかと読者に想像する余地があります。 「あの子」は一花か四葉 つまり、風太郎の幼なじみ「あの子」は一花か四葉のどっちかなり。 四葉に関しては意味深な描写か多く、一花は本編では長女っぽい台詞のみだけど髪の毛の色が決定的のようにも見えます ・一花だった場合は金髪の子が風太郎だと気づいていない ・四葉だった場合は他の姉妹の気持ちを察してあえてすっとぼけた って感じですね。 今回の描写を見るに四葉は 他の姉妹に遠慮してるような感じが見受けられましたので34話で聞かれたのはすっとぼけてたのかも。 一花だったら金髪の子と風太郎がイコールだと気づいてないのかなって。 思い出の「あの子」を巡るレース。 最も可能性高いのは四葉、それでも一花の可能性も捨てきれない…ってところです。 絶対にどっちかです(断言)! 写真の子って負けフラグでは? 1話 夢を見ていた、 君と出会った高校二年の日 あの夢のような日の夢を 『五等分の花嫁』は1話の段階で、5つ子の誰かと結婚するという未来エピソードが描かれていたのは特筆すべき点でしょう。 この時の風太郎のモノローグでは 「君と出会った高校二年の日」と明確なモノローグがあるのである。 これって、花嫁が写真の子だったら 「君と出会った小六の日」ってならないか? ようするに、 思い出の女の子だった場合は花嫁にならないのではなかろうか…。 一花か四葉が「あの子」っぽいけどこれって 負けフラグじゃないですかー!.

次の

【五等分の花嫁・考察】零奈の正体は誰?写真の子は四葉説は本当か

五 等 分 の 花嫁 ヤンデレ ss

やっと強敵だった二乃も心をひらいてくれて、五姉妹全員の心を掴むことに成功した風太郎。 マガジンの方では家庭教師を自ら辞める決意をし、今後の展開が非常に気になる五等分の花嫁ですが・・・ この漫画で最も気になるのは、風太郎の未来の花嫁が誰なのか!? というところですよね! 本編を読んでいる感じだと風太郎が小学生の頃に修学旅行で出会った女の子、いわゆる写真の子は五姉妹の誰かという説がかなり濃厚です。 だとしたら風太郎がいっしょにボートに乗り、過去の話に花を咲かせた零奈(れな)は一体誰なのでしょうか? 今回、• 零奈の正体は5つ子の1人である理由• 零奈は5つ子姉妹のうち、誰なのか?考察のまとめ• 作中に出てきた伏線 などなどまとめてみました! Contents• 零奈の正体は誰?一〜五、それぞれの伏線をまとめ!写真の子は四葉説は本当か? 写真の子、零奈(れな)について現在わかっていること 零奈は1巻に出てくる風太郎の未来の花嫁だと言われています。 そして風太郎が高校で家庭教師をしている5つ子姉妹、一花、二乃、、三玖、四葉、五月のうちの誰かであり、それが誰なのか?がこの五等分の花嫁の最大の謎です。 現在、零奈についてわかっている情報は、• 風太郎の未来の花嫁• 勉強をするきっかけになった人物• 風太郎が勉強をするきっかけになった人物であり、将来の花嫁と言われています。 一話の冒頭でも登場し、話の途中途中でも花嫁姿で登場します。 容姿は5つ子姉妹にそっくりでありその中の誰かでは?と言われています。 この節はおそらく正しいででしょう!その根拠は後述します^^ まず最初に写真の子の話が具体的に出てくるのは2巻で父親との食事シーンです。 そして次に写真の子の話が出てくるのが林間学校後、病院で風太郎が五月と話している時に「勉強に一生懸命になったきっかけ」を聞かれます。 そのとき小学校時代に修学旅行で出会った一人の女の子(写真の子)の話が語られます。 そしてマガジンの29号では、風太郎の前に突如現れ、池でボートデートをしましたね。 零奈と風太郎の出会いは小学校の修学旅行。 零奈は風太郎が修学旅行で行った京都で、自分が必要ない人間なんじゃないか?という孤独から、友達とわざとはぐれ(?)1人ぼっちになっている時に、盗撮と間違われて警察に事情聴取されます。 そこに現れて風太郎を救ってくれた女の子が写真の子、零奈です。 まずそれを匂わせるのは、過去の風太郎の記憶。 京都でいっしょに清水寺を散策していた風太郎と零奈。 「そういえばあの子、似たようなものを買ってたな アホみたいにたくさん」 「5つも・・・・」• 清水の学業成就のお守りを5つ分かっていた零奈のことを思い出します。 後輩からの八つ橋 と 去年の修学旅行でかった清水寺の学業御守り 頑張るかぁ。 笑 自分も含めてお勉強のできない姉妹に学業成就のお守りを買っているとすれば、辻褄があいますよね。 これは確実に零奈が5姉妹のうちの誰かだという伏線でしょう。 (違ったらミスリードさすがにミスリードさせすぎですね。 笑) 過去では自分のことを風太郎と同じでひとりぼっちだと表現するシーンもありましたが、写真の子零奈にはどんな過去があったのでしょうか? そしてもうひとつが風太郎が零奈とボートに乗った時。 今は五つ子姉妹の家庭教師をしているという風太郎の言葉にまったく驚かなかったこと。 そして五つ子姉妹のことを困った顔で楽しそうに話す風太郎の話を聞いて自分のことを言われているかのように赤面します このあたりの伏線から零奈はまず五つ子姉妹の誰かだ! と言われています! 去り際には 「君を縛る私は消えなきゃね」 「自分を認められるようになったら、開けて」といって、あの時のお守りを風太郎に渡した。 このお守りの中身に零奈が誰であるのか?がわかるヒントが入っているのでしょうか。 もし零奈が五つ子姉妹の誰かなら、一体誰なんでしょうね?笑 それぞれのキャラの考察をまとめてみました! 四葉説はどこからきた?一花、二乃、三玖、四葉、五月のそれぞれの伏線は? ボートデートのシーンの後、風太郎は傷心の中すぐに陸上部の練習をしていた四葉と出会います。 近くにいたという理由から四葉ではないか?という説も上がっていますが、もしそうなら風太郎との会話のあと急いで部活に合流し、すぐに着替えて何事もなかったかのように風太郎と接したということになります。 四葉の運動神経ならそれもできそうですが、あからさまに読者に零奈=四葉という印象を植え付けて、ミスリードを誘う、もしくは誰かわからなくする作者さんの策略ですね。 笑 五等分の花嫁では誰が零奈でもおかしくないような伏線がたくさんはられています。 例えば病院で風太郎が五月に「あなたは・・私達に必要です」と言われた時に、昔出会った零奈と記憶がかぶる、みたいな描写がありました。 そして風太郎が零奈がボートに乗っている時「きっと君はもう 必要とされる人になってるよ」と言います。 「五月にも同じことを言われた」と言う風太郎。 もし零奈が五月ならここで少し動揺すると思います。 笑 五月は高校では最初に風太郎と出会った5つ子姉妹の1人ですし、最も零奈であるような伏線がはられているキャラだけあって、五月花嫁説は王道過ぎて違うと思います!笑 二乃の伏線は家出したホテルの下で「しつこいんだから」と少し微笑みながらつぶやいたところ。 ですがボートデートの後に風太郎と合流していますし、もし二乃が零奈なら、あの状況で普通に話しているのはちょっと怖いです…。 そして一花は個人的には違うんじゃないかなあ〜と思ってます。 結構過去の話とかもしてますし、風太郎とは最近はじめて会った感である描写が多いです。 笑 三玖は風太郎が学年一位であることを知っている。 「風太郎が学年一位」本編で最初に言及されているのは3話で三玖に告げているシーン。 本編だけの情報でいけば学年一位を知っているのは三玖のみ 勉強嫌いの他の子が風太郎の順位に興味があるとは思えない。 ただし五月は知ってるかも 三玖が中野父に伝えて零奈である可能性も有り得そう。 確信の部分は絶対に見せないというスタンスが読んでてかなりじれったいです。 笑 でもそこがこのマンガの人気の秘密だと思いますし、だからこそいろんなところで考察がわいわいされていますよね。 現在5巻まででていますが、まだまだ確信に迫るシーンはないですが、最終巻付近まで確信の部分は出てこないような気もしてきましたwwww マガジンでは期末試験がせまっており、さらに風太郎は家庭教師をやめることを5つ子お父さんに告げます。 まあやめないと思うけど(笑)、零奈は誰なのか?もっと読者をたくさんミスリードさせて、楽しませて欲しいですね〜! まとめ いかがだったでしょうか? 零奈(れな)が一体誰なのか?はこの作品最大の謎であり、それがわかった時は最終回を迎えていそうですよね。 笑 それぞれのキャラに思わせぶりな伏線がたくさんありますが、まだまだ確信に迫るヒントは作中にも出ていません。 毎日漫画を読む漫画好きのフクロウ(?)• コミックビレッジに住む童。 漫画ファンの凝縮体であり集合意識 漫画好きという趣味をいかし、このサイトで最近のおすすめ漫画の情報や新刊情報を発信していくのだ。

次の