簡単 マスク 作り方。 コロナウイルス対策「洗える自作マスク」の作り方

マスクケースを手作りする方法!簡単にクリアファイルを使った作り方

簡単 マスク 作り方

マスクケースを手作りする方法!簡単にクリアファイルを使った作り方 マスクケースの作り方を簡単にクリアファイルを活用しましょう。 ビニール袋に入れても良いのですが、せっかくなので持ち運びたくなるようなケースを作ってしまいましょう。 用意するものはこちらです。 (道具写真1) ・クリアファイル1枚 ・ハサミ ・カッター ・定規 ・ペン ・接着剤(もしくは両面テープ) ・マスキングテープ(お好みで) 折る工程がありますので、クリアファイルは柔らかめのものの方が作りやすいです。 マスキングテープは最後に飾り用として使用しますので、お好みで用意してください。 マスク ケースを手作りの作り方! 折ってケース状にしていきます。 (手順写真3) 上下同じように折りましょう。 (手順写真4) 4等分出来ました。 (手順写真6) (手順写真7) 印に合わせてカッターの刃の裏などで折り線を入れ、谷折りに折ります。 (手順写真14) (手順写真15) 上側も同じように切ります。 角を切り落とすように丸くペンで描き、切り落とします。 (手順写真20) (手順写真21) (手順写真22) 後で使用するので置いておきます。 ファイルを丸い切り込みを下にして縦向きに置き、中央下の長方形部分に合わせて型紙を置いて線を書き入れます。 左側の長方形部分には型紙を裏返してから合わせて、同じように線を書き入れます。 (手順写真32) (手順写真33) 土台は出来上がりました。 あとはこれを折って接着していきます。 左右の長方形部分を折り込み、下部を折り目に合わせて折りあげ接着剤で貼り付けます。 (手順写真35) (手順写真36) 安定するまでしばらく押さえておきましょう。 折り目に合わせて折るのは同じですが、切り込みを入れた部分に左右の長方形部分を挟み込んでおります。 (手順写真37) (手順写真38) (手順写真39) (手順写真40) (手順写真41) 接着剤(両面テープ)を付ける位置はここです。 (手順写真42) 折り込んで、接着剤が安定するまで押さえておきましょう。 ケースとしてはこれで完成です。 (手順写真43) お好みでマスキングテープで飾りましょう。 (手順写真44) マスクを入れるとこのような感じに。 少し余裕ができるサイズです。 (手順写真45) 裏側。 (手順写真46) マスクケースは持ち運びに1つ持っていれば便利 私は花粉症持ちではないので冬場くらいしかマスクは使わないのですが、そもそも使う習慣があまりないので外出してからしまった!となることが多く、このようにケースに入れて常にカバンに入れて置けるのは便利だと感じました。 工程が結構多く作るのは面倒に感じるかも知れませんが、1つ作ってしまえばずっと使えるので重宝しますよ。 無地のファイルを使用しましたが、お気に入りの柄物のファイルで作ればもっとオシャレに可愛く作れます。 マスキングテープで飾っても良いし、レースやリボンをつけても可愛いでしょう。 マスクケースなんて・・大げさじゃない! 使い捨てマスクを入れておくのに便利なケースの作り方をご紹介しました。 わざわざマスクにケースなんて、と思われるかもしれませんが、少しでも衛生的に持ち歩きたいものですし、外出先で汚れてしまった時の予備として持ち歩いていれば、その有難さが分かりますよ。 無駄だと思わずぜひ作ってみてください。 マスクと関連して気になることがあって調べました。 ウエットティッシュについてです。 コロナウィルスが毎日のようにニュースでしているのを見ているときに詳しく記事にしたものです。 正しい知識をみにつけることが大事ですね。 気になっていることはみんな同じ! 是非、一緒に読んでみてくださいね。 手作りマスクをつける人が増えています。

次の

コロナウイルス対策「洗える自作マスク」の作り方

簡単 マスク 作り方

真っ直ぐ縫うだけマスク 仕事や家事で忙しかったりと、手作りガーゼマスクに時間を割けない方も多いかと思います。 出来るだけ簡単に手作りガーゼマスクを作るなら、縫う工程の少ないレシピを活用しましょう。 裁断部分などのほつれてしまう部分を中に織り込む方法なら、縫う場所はゴムを通す2箇所のみ。 折り方を変えるだけで仕上がりサイズを変えることができるので、大人サイズだけでなく子供サイズにも使えるレシピです。 既製品のマスクを型紙代わりに使用する方法なら、定規やメジャーで細かい採寸をしなくてもちょうど良いサイズの手作りガーゼマスクが完成します。 使い捨てのマスクは土台にするだけではありません!間に挟んで使うことでノーズワイヤーをそのまま活かせる画期的なアイデアレシピです。 縫わない貼らないマスク 買い物だけなどのちょっとした外出時に使うなら、道具を使わず折るだけの簡単手作りガーゼマスクがおすすめ。 こちらは細長くガーゼハンカチを折りたたみ、重なり合う片方を入れ込む方法で固定するだけの手間もコツもいらない簡単マスクレシピです。 縫い合わせていないので、使ったガーゼハンカチは洗濯後にまた本来のハンカチとして使用できますよ! 子供と作れる安心マスク 手作りガーゼマスクの作り方《立体型》 フィットする大人用立体型マスク 立体型ガーゼマスクは顔の形にフィットするように立体的なデザインが特徴。 顔とマスクの隙間は少なくなりますが、口元にはほどよく空間が出来るので、マスクの息苦しさが苦手な方におすすめの形です。 こちらは材料は100均セリアのダブルガーゼとゴムのみの大人用ガーゼマスクの作り方。 手の込んだ作り方ですが、仕上がりは本格的且つ機能的なガーゼマスクになります。 こちらは100均セリアのサイトから無料ダウンロードできる、子供用立体型ガーゼマスクの型紙を使用。 縫う箇所もわかりやすく、簡単で優しいレシピですね。 1枚型紙を印刷しておけば何枚もガーゼマスクを作れるので、洗い替え用を作っておくと毎日清潔なガーゼマスクを使用できます。 手縫いでのレシピは作業スペースがゆっくりなので、裁縫初心者にもおすすめです。 ミシンならもっとスピーディーに仕上がります。 男性や通常サイズのガーゼマスクより広範囲をカバーしたい方におすすめの作り方です。 ノーズワイヤーは使い捨てマスクのものを再利用しています。 サイズが大きくなっても、材料は基本的な作り方は普通サイズと同じです、自分の顔にジャストフィットするサイズに出来るのも手作りの良さですね! 市販マスクにそっくり手作りマスク ハンドメイド感たっぷりのガーゼマスクは、男性や職場用としては少し抵抗がありますよね。 それなら市販のマスクにそっくりな白色のプリーツ入りガーゼマスクを手作りしましょう。 見た目は本格的ですが、材料は100均ダイソーのガーゼハンカチとマスクゴムのみのプチプラレシピ。 プリーツ入りガーマスクはミシン必須のイメージがありますが、柔らかいガーゼ素材なら手縫いでもOKです。 フィルターを入れられるマスク プリーツ型の手作りガーゼマスクにさらにひと工夫すれば、ポケット付きのガーゼマスクも手作りできます。 フィルターとなるガーゼや不織布を入れることが可能なので、手作りでも心強いガーゼマスクが完成します。 顔とマスクの密着度を高めるノーズワイヤーは、ラッピングなどで使うワイヤータイで代用。 身近にある物を材料にしたナイスアイデアな作り方ですね! 針不要の縫わないマスク 一見難しそうに見えるプリーツ柄のガーゼマスクですが、布用接着剤で貼るだけのレシピならミシンや針も不要です。 こちらは材料のガーゼの代わりに、救急時などに使う三角巾を使ったアイデアレシピ。 アイロンでしっかり折り目をつけならが布用接着剤でくっつけるだけの簡単な作り方で、市販のマスクのような出来栄えのガーゼマスクが完成します。 手作りガーゼマスクの簡単レシピまとめ 手作りガーゼマスクのレシピは、ミシンや針で縫う方法だけでなく、折るだけの簡単な手作り方法もあります。 材料が揃わない場合は、家にあるものや代用品でOK。 また使い捨てマスクを再利用する方法もおすすめです! 手作りガーゼマスクは洗って繰り返し使えるのでコスパも良く、環境にも優しいエコなアイテムですね。

次の

ガーゼマスクを手作りしよう!初心者でも作れる簡単レシピをご紹介♪

簡単 マスク 作り方

こんにちは! Izumiです。 花粉やらコロナウイルスやらインフルエンザやら・・・これから更にピリピリと緊張モードに突入していく気がする。 たまたま買い置きしていたマスクが底をつき始めました。 お店に行っても売ってないし、ネットでは「そんなん誰が買えるのよ?」ってくらいふざけた金額に跳ね上がってますよね。 今回のウイルスに限らず、何か起きた時には既に遅し・・・というか、今すごいじゃないですか。 みんな自分達を守るのに必死というか。 でも、やっぱり大変な経験をしたりするとそうなるのかな・・・。 手作りのマスクでウイルスが防げるのか?と色々言われていますが、個人的には何もしないより格段にマシだと思っています。 簡単にですが、作る工程を載せたので少しでも参考にしていもらえると嬉しいです。 立体マスクの作り方 型取り 立体マスクの作り方の型紙はサイズが違うくらいで、かたちは大体同じです。 マスクの表面と裏面、それぞれ2枚(合計4枚)型取りしてカットします。 縫い合わせ 点線の部分が縫うところ。 それぞれ、中表(表が内側になるように)にして縫い合わせる。 広げるとこんな感じ。 下側も同じように縫いわせる。 上下が縫えたら、横の縫いわせていないところから生地を裏返しにします。 しっかりと縫い合わさっているのを確認。 裏側(ガーゼ) 表面 ゴム通し部分 最後に、ゴムを通す部分を3つ折りにして縫っていきます。 布なので柔らかくて着け心地もいいし、小さくたためるので便利です。 花柄バージョン 立体マスクを着用した感じ 実際につけた感じです。 口元に余裕があるのであまり苦しくないかな。 こちらはダブルガーゼで作っています。 学校の給食で使うし、冬はインフルエンザ対策で毎日2枚持って行くので、20枚ほど用意しています。 さすがに色あせはありますが、丈夫、丈夫!! 真ん中のおにぎり柄と柴犬柄なんて3年選手ですよ。

次の