ディア ウォール 倒れ た。 ディアウォールってなに?倒れる・失敗する原因と対策

テレビ台はもういらない!ディアウォールでラグジュアリーなテレビボードをDIY

ディア ウォール 倒れ た

このディアウォール。 写真は公式サイトの使用例。 これがあれば好きなところに柱をつくることができ、それを下地に棚をつくりほうだい、ビス打ち放題! Amazonでも星がほとんど5つ星に近い高評価! これはかなり期待できそう。 このアイテムで賃貸の収納不足を解消することができるのか! 今住んでいる所は収納に不満を感じていたので、 早速購入して使ってみることにしました。 ディアウォールの構造とか 中を開けてみるとこのような感じになっております。 この部分がバネになっており、壁にはめ込むことで固定します。 要はつっぱり棒の原理ですね。 パットの後ろにはゴムのような柔らかい素材がついていて、キズを防止してくれます。 こちらはスペーサー。 柱がぐらつくときに厚みを足すために使います。 スペーサーは下パットにいれて使います。 ツーバイフォー材はホームセンターに行けば必ずと言っていいほどおいてあります。 というか置いてないホームセンターを見たことがありません(笑) 早速SPF材のツーバイフォー材をホームセンターで購入してきました。 長さにもよりますが一本500円くらいで購入出来ますよ。 *ちなみに「SPF材」とは、Spruce(スプルース=トウヒ)、Pine(パイン=松)、Fir(ファー=モミの木)の頭文字をとって付けられた総称。 ツーバイフォー材のサイズについて ディアウォールを使うには取り付ける天井の高さから45mm短くツーバイフォー材をカットする必要があるらしい(と説明書に書いてある)。 ただこの45mmが曲者! Amazonのレビューなどを見ると45mmだと短すぎる、40mmがちょうどいいという意見がちらほら。 レビューを信頼して私も天井の高さからマイナス40mmでカットすることにしました。 実際設置してみるとやはりマイナス40mmでちょうど良かったです ちなみにツーバイ材は購入のホームセンターで好きな大きさにカットしてもらえますよ。 私もカットしていただきました。 ホームセンターにもよりますが、一カット30円くらいです。 ディアウォールを設置してみる ディアウォールの使い方は簡単。 ツーバイフォー材にディアウォールをはめこむだけ。 このときバネが付いているパーツが上側。 バネが付いてないほうを下側に取り付けます。 すでにツーバイフォー材を白色の水性ペンキで塗装してしまっておりますが、無事にはめこむことができました。 すごい。 こんなに簡単に柱ができてしまいました。 ゆすってみましたが、かなり頑丈。 よっぽど強い衝撃を与えない限りずれたり倒れる心配はないです。 突っ張り棒の原理と同じなので、これなら地震のときも安心ですね。 ツーバイフォー材の長さはAmazonのレビューを信頼して天井の高さからマイナス40mmにしましたが、それで大正解! 短すぎるとゆるくなってしまうので、ちょっときついくらいがちょうどいいです。 これからディアウォールを設置しようと考えている方はマイナス40mmがおすすめです! 注意点 はめこむときは壁紙が傷つかないように はめこむとき注意しないと壁紙にすり傷がつきます。 先に上側を壁につけ、上に押し付けながら床側を壁に向かってずらすと傷がつきません。 もしくは上側のパットを下に引き下げながらはめるか。 私は強引にいれようとしたせいで、少しだけ擦り傷ができてしまいました。 ツーバイフォー材はよく選んで買う 木は天然素材なので、品質質にバラつきがあります。 曲がっていたり、反っていたり、割れていたり、品質が様々。 また模様や節も全て違います。 なるべく反ってない真っ直ぐなモノを選びましょう。 パットに入れた気がぐらつくときは、紙を入れて調整 柱が短いときのグラつきはスペーサーで調整できますが、パット自体に隙間が出る場合は、こんな感じで紙などを入れてしっかりと固定しましょう。 これでカタカタはなくなります。 まとめ 正直言ってこれは期待以上にいい製品でした! 賃貸の家にこんなに簡単に柱ができてしまうんですから。 心配だった強度も全く問題なし! 突っ張ってる分普通の家具より耐震性はありそうですね。 あとはアイデア次第で色々な収納がつくれそうです。 夢が広がります(笑) 匿名さんはじめまして! コメントありがとうございます。 ドアの柱としては使えなかったのですね。 ドアのように前後に圧力がかかってしまう環境だと、 かなりシビアに柱のサイズを決めないと不安かもしれませんね。 もしかしたら匿名さんの環境では40mmでも短すぎたのかもしれません。 ディアウォールは下方向への荷重にはかなり強いと思います。 私が今回作ったような「棚」ですと、かなり重量があるモノを乗せてもビクともしません。 かなり頑丈に止まっているので、耐震性も高いと思っています。 ディアウォール自体突っ張り棒と同じ原理なので、サイズがあっていれば同程度の強度は期待できると思います。 ただディアウォールの欠点は「一度柱を切ってしまう」と後から調整が難しい点ですね。 短く切り過ぎたら、また柱を買い直す必要がでてきますから。 突っ張り棒なら後からいくらでもポールを伸ばますから、そういった点は突っ張り棒に軍配があがるのではないかと。 情報ありがとうございました^^ 現在コメントは受け付けておりません。

次の

DIYツール ディアウォール と ラブリコ 比較

ディア ウォール 倒れ た

ディアウォールが倒壊した原因は? 耐加重オーバー? 自転車は10kg位の重さがあるので、重さに耐え切れず倒壊したのか?というのが最初に頭をよぎりました。 で耐加重について調べてみたところ、 使用状況により大きく異なります。 例えば棚板を前に突きだして施工する場合、棚板の奥行が長いほど、耐えられる荷重は低くなります。 に掲載している施工例を参考に、ご自身で状況を確認しながら設置してください。 とのこと。 を見てみるとディアウォールで自転車のような重量物を壁掛けにしている例はなく、重すぎたのかも知れません。 取り付け方が甘かった? 取り付け方が甘かったかと思い、ディアウォールに挟むスペーサーを増やし、よりガッチリ固定しました。 また、このような滑り止めシートをディアウォールと天井の間に挟みました。 楽天で購入 なんと 耐加重150kgの「 突っ張り棒が落ちない君」。 なんとも心強い名前です 笑 「突っ張り棒が落ちない君」の使い方 「突っ張り棒が落ちない君」はホッチキスを利用して固定するので、 賃貸住宅でも気軽に利用できます。 ディアウォールとの相性は最強ですね。 引用: こんな感じでディアウォールを取り付ける場所の天井に取り付けます。 取り付けた後はディアウォールを通常通りに設置するだけ。 ちょっと曲がってますが 笑 こんな感じです。 結構な力で引っ張ってもびくともせず、普通に取り付けたときとは耐久性が段違いだとわかります! これで地震が来ても倒壊の心配はなさそうです! スポンサーリンク まとめ 「突っ張り棒が落ちない君」でディアウォールを補強する方法をご紹介しました。 ほとんどコストをかけずにかなり頑丈にできますのでぜひ試してみてくださいね! ちなみにこんな感じで自転車を壁掛けにしています。 我ながらいい感じです。 スポンサーリンク•

次の

賃貸DIYの強い味方!ディアウォールとラブリコを比較してみた。

ディア ウォール 倒れ た

しかも、それまで使用していたものでも、ものすごく不満というわけでもありませんでした。 テレビ台、どうしよう? とずっと悩んでいました。 そして、出した答えは、 それまで使用していたものを処分し、新しいテレビ台も買わない!ということでした。 理由のひとつは、テレビ台があることによって、今までその下のお掃除に少し面倒くささを感じていたからです。 また、ずっと憧れていたテレビ台は30万円以上するもので、子供が小さいうちは、らくがきなどをされると回復できそうにない素材だったため、もう少し落ち着いてから、まだ欲しい!と思えば購入すればいいと思いました。 新居においては、何となく 「こんな感じにしたいな~」というリビングのイメージがあり、色々と調べてみると何とか自分で作れそうな気がしてきました。 それまでDIYはしたことがなかったのですが、他にも作りたいものがありましたので、一気に道具を揃え、挑戦してみることにしました。 以下は、テレビボードを作るために、用意したものです。 壁に穴をあけない!傷つけない!ディアウォールは便利 私は、テレビボードを作るにあたり、色々と検索する中ではじめてディアウォールという存在を知りました。 賃貸でも壁に穴を開けず、傷つけずに退去時は現状回復できるというものです。 レイアウト変更が好きなので、今回はこのディアウォールを使ってテレビボードを製作しました。 ディアウォールは、ホームセンターでも売っていますが、ブラウンを7セット使用したかったので、在庫が確実にあるネットで購入しました。 上下で1セットになっており、上の部分にはバネが入っています。 設置するときは、天井に押し当てて、下を壁側に移動します。 一度で位置が定まらなくても、何度もやり直しできるところも便利です。 レイアウト変更も容易にでき、飽きたら簡単に原状回復できます。 意外と楽に設置できましたし、今後も色々なものに使用していきたいと思っています。 棚は可動式が便利!高さを自由に変えられるロイヤルチャンネル このテレビボードは、可動式にしました。 両端と、中央の柱に 「ロイヤルチャンネルサポート」というものを付けました。 長さによっては、ホームセンターにも売っていますが、今回は特別長いものを使用したかったので、ネットで注文しました。 ネジは付属しているお店と、別売りのお店がありますので購入の際には確認してください。 ロイヤルチャンネルサポートを柱側につけ、木棚専用ブラケットを棚板の裏につけます。 短い棚板でしたら、左右用というものを購入すればOKです。 今回は、少し長めの棚板にしたかったので、 中間用というものを中央につけました。 いつでも高さが変えられるのはストレスがないですし、棚を追加したいときにでも役立ちます。 作り方 サイズを測る 作りたいもののサイズを把握しておく必要があります。 天井の高さも特別な道具を用意することなく、メジャーで計りました。 作りたいものをイメージしたり、デザインを書き出したりして、きっちりと必要な本数やサイズ、材質などを決めておきます。 今回は7本使用しました。 棚板を購入 こちらも同じホームセンターで購入しました。 リビングのメインとなりそうな家具でしたので、それなりの素材を選びました。 今回は1枚で足りました。 私は全くの無知ですので、スタッフの方にお聞きしました。 節があるのが好みなら、こちらがおすすめとのことでした。 実際にテレビを置いても丈夫で、しなることもありません。 木材をカット 木材は、ホームセンターでカットしていただきました。 私は、天井のクロスにキズをつけたくなかったので、天井高より4.5㎝カットしていただきました。 棚板用は、2枚分取れました。 大きなもののカットは、ホームセンターでやっていただくととても楽です。 運ぶために車がご使用になれない場合は、ネットでもカット込みの購入が可能です。 家に運ぶ はじめて軽トラを運転しました。 材料も一人で家に運び込みました。 運転ができない方や、重いものを持つのが不安な方は、是非どなたかのお力を借りてください。 結構重いですし、長いものは一人で運ぶと壁などを傷つける恐れがありますので、気を付けてください。 私もとっても慎重に運び込みました。 収納や見えないところに使うのでしたら構いませんが、今回は気になるところは丁寧にやすりがけをしていきました。 手でやすりがけをしても本数、枚数が少なければ大丈夫です。 今回は、長さも本数もありましたので、吸塵オービルサンダーを使用しました。 長いもの、広い面のもの、大量にやすりがけするときにはとっても便利です。 やすりがけまでは特にしなくていい!という方は、この工程は省いてください。 ブライワックスで塗装する 今回塗装に使用したのは、こちらの 「ブライワックス」というものです。 ペンキでも構いませんが、こちらは木目が浮き出ていい味が出ますし、スポンジで伸ばしていくだけですのでとっても簡単です。 ブラシで磨いてみたのですが、途中から手が疲れて大きめのガーゼでこすりました。 念入りにやっていませんが、それでも光沢が出ておもしろかったです。 ディアウォールで柱を設置 まず、最初に1本、塗装前に試しに設置してみました。 ディアウォールにはディスペンサーが2枚付属されており、高さ調節が可能です。 しかし、まだ余裕がありそうでしたので、厚紙を5枚ずつ用意しておきました。 今回は天井高よりマイナス4.5㎝カットしたのですが、もしかしたらカットする長さは4㎝で良かったかもしれません。 ロイヤル棚柱とブラケットをつける 高さ調節が可能な ロイヤル棚柱を事前に購入しておきました。 これは、設置する前でも後でも構いませんが、今回は床に置いた状態でつけておきました。 棚用の木材の裏に、棚用ブラケットを取りつけます。 コツは、まず設置したチャンネルサポートにブラケットだけを取りつけ、その上に棚板を乗せます。 私は、その状態でねじ止めしました。 色々と試行錯誤しましたが、この方法が確実で早くできました。 棚板を設置 テレビの位置がもう少し低くても良かったかなぁと思いますが、まだ一番下にDVD置きを追加したいので、今回はこの高さにしました。 その後DVD置きと、飾り棚を追加しました。 コードはティッシュケースに収めました テレビの周りでごちゃつくコードですが、使っていないティッシュケースがありましたので、全部おさめました。 コードも見えなくて、とてもすっきりしています。 まとめ リビングは落ちついた雰囲気にしたかったので、カラーはダークですが、とても私好みに仕上がりました。 テレビ台の下のほこりに悩まされることもこれでなくなりそうです。 今回のように、ディアウォールを使用すれば、レイアウト変更もできますし、ロイヤル棚柱をつけておけばその後の棚の追加も自由自在です。 しかし、はじめてのDIYでしたので、色々と反省点が残りました。 また、ロイヤルチャンネルやブラケットはネットで購入したのですが、あとからもっと安いショップを見つけ、残念な言持ちになりました。 費用は、もっと抑えることができました。 不慣れな軽トラの運転に神経を使ったり、往復の時間が勿体なかったなぁと思ってしまいました。 しかし始めてのことでしたので、全てが勉強になりました。 今後に活かしたいと思います。 DIY超初心者にもできるラグジュアリーなテレビボードの作り方をご紹介しました。 どなたかの参考になりましたら幸いです。

次の