りら くる 料金。 りらくるの料金を安くするクーポン・割引・節約術のまとめ!! 10%引きも夢じゃない!!

【予約可能】伊勢崎・太田の『りらくる』4選|伊勢崎駅・国定駅・太田駅など

りら くる 料金

「久しぶりに揉んでもらおうかなー、営業時間って何時までだったっけ?」と思ってサイトを見てみたらなんか名前が変わっている……どうやら2016年春に屋号を「りらく」から「りらくる」に変更したようです。 ちょっと戸惑ったものの「サービス・料金、店舗電話番号の変更はありません」の文字に励まされて行ってくることにしました。 りらくるへ 電話で予約 というわけで、行きつけ 1年ほど前に1回行っただけ のお近くの「りらくる」へまずは電話予約。 予約なしでも利用可能ですが、飛び込みだと混雑時は断られることもあるので予約してから行くのがおすすめです。 電話予約時に希望コースを聞かれるのであらかじめ決めておきましょう。 私はいつも看板メニューの60分もみほぐしコースにしています。 入店・メンバーズカード登録 「りらく」から「りらくる」に変わったことで、「りらく」時代のスタンプカードを持っていても新規会員登録の手続きが必要でした。 渡された用紙に住所、氏名、電話番号等を記入。 会員規約や免責事項等が表示されたタブレットを渡され、「今まで大きな病気をされたことはないですか?」等を口頭で確認、タブレットの画面上でサイン 署名 をして登録完了です。 着替え 施術用のベッドに通される時に「お着替えはどうされますか?」と聞かれます。 せっかくなので今回は着替えてみることにしました。 着替えをお願いすると奥のほうにある更衣室へ通されます。 更衣室内のタンスに着替え 男女兼用・半袖Tシャツと長袖Tシャツ、ハーフパンツとジャージズボン があるので、そこから好きなサイズを取り出して着る流れ。 厚手でゆったりとしたTシャツとズボンなのでとっても楽です。 施術 いよいよ施術開始。 顔の部分に穴が空いているベッドにうつぶせになり、タオルをかけてもらいます。 担当者は前回とは別の方でした。 「気になっているところはありますか?」と聞かれるので、お決まりの「パソコンを使っているので肩こりがひどくて」と返答。 「60分のコースなので、全身をほぐしてから肩を揉みますね」という感じで進みます。 前回もそうだったのですが、自分、気になっている肩だけでなく、足腰もこり固まっているようで……今回も足、そして腰付近に時間がかかっていました。 揉み方は前回担当してくれた方と同じく、けっこう強めのがっつり揉みほぐす感じ。 「かなり固まってますねー」「たまに通ってもらうと、60分でも余裕を持ってほぐせるようになりますよ」等々の会話をしつつ揉んでもらいます。 マッサージの流れとしては、まずはうつぶせ、その後仰向け、最後に座った状態で、という感じです。 前回はうつぶせだけで終わったので参考まで。 施術後の着替え 施術が終わったら更衣室で着替えます。 会計 着替えが終わったらそのままレジへ。 ここで新しいメンバーズカードが手渡されました。 料金は税抜き2,980円、税込み3,210円。 消費税8%の大きさを感じる…… レシートに施術担当者の名前が記載されているので、今後指名したい場合にはそこで名前を確認できます。 メンバーズカード カード裏面。 メンバーズカードナンバー、バーコード、署名は消してあります。 新カードにはメンバーズカードナンバー 会員番号 やバーコードが記載されており、これによってポイントシステムに対応した様子です。 またキャンペーン応募などにもこの番号を使う模様。 ちなみに旧スタンプカードから移行と今回の料金をあわせて50ポイント貯まってました。 初の揉み返しを体験 がっつり揉むタイプの人だなー ちょっと痛いかも…… とは思っていたのですが、翌朝、初の揉み返しを体験しました。 筋肉痛と同じような痛みなんですね……それが全身にまんべんなくという感じ。 翌々日には痛みはなくなってました。 今後はもうちょっと軽めに揉んでもらおうかと思います。 そんな感じ 「りらく」と「りらくる」の違いはカードが変わったこと、そして既存会員だった人ももう一度新規扱いになること、この2点です。 それ以外はお店の内装や雰囲気、そして看板も まだ 変わっていませんでした。 店舗看板は2016年9月下旬にかけて順次変更予定とのこと。 そんな感じでいままでと同じくがっつりもみほぐしてもらってきました。 初めて行った時の記事にも書きましたが、このお値段のここまでやってくれるならお得という印象は変わりませんでした。 終わったあとにまったりしたくてコンビニで飲み物を買っちゃうのも相変わらず。 行った人の口コミや感想が気になっている方、お店の名前変わってからどうなの? という方の参考になれば! 自分はまた1年後とかに行って施術担当の方を困らせる予感! お近くの店舗を検索・予約ができます•

次の

りらくるでクレジットカードは使える?電子マネー他おすすめの支払い・決済方法まとめ

りら くる 料金

施術者(セラピスト)が未熟 りらくるのセラピストとして働くためには、未経験の場合は無料の研修を受けます。 研修でしっかり覚えて、これなら大丈夫!って現場に出られるのかといえばそうでもなく。 研修に日数がたっても無料研修ですから、経費がかかってしまいます。 なので、ある程度研修日数がたった人は、本人が不安でも現場にだしてしまいます。 たった7日間(参考)の研修ですぐに現場に出ます。 接客もまだまだだし、電話応対も経験をつまないとわかりません。 けど、研修で接客面をやるのかといえばあまりせず、簡単な説明だけ。 おたおた接客をしていたらお客からクレームをいわれたり、ほかの先輩セラピストからも文句を言われ、いきたくなくなってしまう。 働く側からして、働きづらい環境なのです。 お客目線での評判 初めて現場に出た新人にあたってしまったら、「はずれ」と思わないとやっていけません。 うまい人に指名なしであたって、リピートしてみたら、ずぶの新人にあたってしまった。 それでも料金は同じ。 これだとお客側としては不満です。 施術もお客のほうが不安に思います。 すこしでも体の調子を良くしてもらいたくていっているのに、ぎゃくに体が緊張してこってしまった、受ける前と後でまったく変わってない、なんてなったらもう行きたくなくなります。 体を治すことは、医者や医療従事者しかしてはいけない決まりになっています。 なので「もみほぐし」という名前にしているのです。 マッサージ師にたのむと10分1000円かかります。 保険なしで受けるとこの額です。 それがりらくるでは60分2980円です。 (税抜き) 安くてもんでもらえるなら(しかも年中あいてるし)、そっちにいってしまいます。 国家資格を持った人からすれば営業妨害です。 なんの資格ももっていないのに人の体をもんでるなんて、ゆるせない。 YAHOO!知恵袋でもみほぐし店のことを質問している人に、「国家資格を持ってない人に・・・」と資格を強調している人がいると思います。 想像できますが、そういっている人は国家資格をもった人です。 そしてもみほぐし店に対してむかついている人と思います。 個人だけでなく、協会などももみほぐし店に対して排除したいと思っています。 法律的にはどうなの? マッサージには国家資格がありますが、ちゃんと按摩・マッサージ法というのがあります。 マッサージをして治療を行えるのは、医師以外では按摩・マッサージ師だけとなっています。 整骨院でもんでもらえますが、それは一応時間の規制があります。 もみほぐしってマッサージと同じじゃないの? と思いますよね? 数多くあるもみほぐし店は、「治療」を謳わず「癒し」を謳っています。 なので、グレーと考えます。 (ブラックに近いグレーです) 一応厚生労働省からは「リラクゼーション業」として認められています。 今後、治療に抵触しないような指導はしていくでしょう。 りらくるでは施術の方法に関しての規制があります。 まとめ りらくるの評判は、とても悪いです。 でも店舗によりけりだし、セラピストによりけりです。 高値のお店だと、研修でしっかり技術だけでなく接客にも力をいれています。 そういうお店だとセラピストでばらばらということはありません。 しかしりらくるのような安値のお店だと、研修にお金をかけていないとか、セラピストの管理をしていないなど、店舗管理にお金をかけてないので、安値のところはいろいろと期待しないほうがいいということですね。 評判が悪いのは当たり前です。 りらくるの働く環境は店舗によっては最悪です。 トラブルのない店舗はまずありません。 セラピストとして働きたいなら、正社員として採用するところや、しっかり研修をおこなってくれるところのほうが安心です。

次の

【りらくる】の評判は良い?悪い?

りら くる 料金

施術者(セラピスト)が未熟 りらくるのセラピストとして働くためには、未経験の場合は無料の研修を受けます。 研修でしっかり覚えて、これなら大丈夫!って現場に出られるのかといえばそうでもなく。 研修に日数がたっても無料研修ですから、経費がかかってしまいます。 なので、ある程度研修日数がたった人は、本人が不安でも現場にだしてしまいます。 たった7日間(参考)の研修ですぐに現場に出ます。 接客もまだまだだし、電話応対も経験をつまないとわかりません。 けど、研修で接客面をやるのかといえばあまりせず、簡単な説明だけ。 おたおた接客をしていたらお客からクレームをいわれたり、ほかの先輩セラピストからも文句を言われ、いきたくなくなってしまう。 働く側からして、働きづらい環境なのです。 お客目線での評判 初めて現場に出た新人にあたってしまったら、「はずれ」と思わないとやっていけません。 うまい人に指名なしであたって、リピートしてみたら、ずぶの新人にあたってしまった。 それでも料金は同じ。 これだとお客側としては不満です。 施術もお客のほうが不安に思います。 すこしでも体の調子を良くしてもらいたくていっているのに、ぎゃくに体が緊張してこってしまった、受ける前と後でまったく変わってない、なんてなったらもう行きたくなくなります。 体を治すことは、医者や医療従事者しかしてはいけない決まりになっています。 なので「もみほぐし」という名前にしているのです。 マッサージ師にたのむと10分1000円かかります。 保険なしで受けるとこの額です。 それがりらくるでは60分2980円です。 (税抜き) 安くてもんでもらえるなら(しかも年中あいてるし)、そっちにいってしまいます。 国家資格を持った人からすれば営業妨害です。 なんの資格ももっていないのに人の体をもんでるなんて、ゆるせない。 YAHOO!知恵袋でもみほぐし店のことを質問している人に、「国家資格を持ってない人に・・・」と資格を強調している人がいると思います。 想像できますが、そういっている人は国家資格をもった人です。 そしてもみほぐし店に対してむかついている人と思います。 個人だけでなく、協会などももみほぐし店に対して排除したいと思っています。 法律的にはどうなの? マッサージには国家資格がありますが、ちゃんと按摩・マッサージ法というのがあります。 マッサージをして治療を行えるのは、医師以外では按摩・マッサージ師だけとなっています。 整骨院でもんでもらえますが、それは一応時間の規制があります。 もみほぐしってマッサージと同じじゃないの? と思いますよね? 数多くあるもみほぐし店は、「治療」を謳わず「癒し」を謳っています。 なので、グレーと考えます。 (ブラックに近いグレーです) 一応厚生労働省からは「リラクゼーション業」として認められています。 今後、治療に抵触しないような指導はしていくでしょう。 りらくるでは施術の方法に関しての規制があります。 まとめ りらくるの評判は、とても悪いです。 でも店舗によりけりだし、セラピストによりけりです。 高値のお店だと、研修でしっかり技術だけでなく接客にも力をいれています。 そういうお店だとセラピストでばらばらということはありません。 しかしりらくるのような安値のお店だと、研修にお金をかけていないとか、セラピストの管理をしていないなど、店舗管理にお金をかけてないので、安値のところはいろいろと期待しないほうがいいということですね。 評判が悪いのは当たり前です。 りらくるの働く環境は店舗によっては最悪です。 トラブルのない店舗はまずありません。 セラピストとして働きたいなら、正社員として採用するところや、しっかり研修をおこなってくれるところのほうが安心です。

次の