岩手 選挙。 岩手県知事選挙

岩手県第3区

岩手 選挙

区域 [ ]• の区割変更により、が廃止されたことに伴い、区域が変更されている。 2017年の区割り変更前は以下の区域であった。 (旧区域2)• 、、一関市、、、西磐井郡、、、 2013年の選挙区割り変更で、が2区から3区に移った。 2013年の区割り変更前は以下の区域であった。 (旧区域1)• 大船渡市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、西磐井郡、気仙郡、上閉伊郡 歴史 [ ] 時代は区域の大半がのであるであった。 導入後、小沢はが選挙区となり、3区は自身の腹心を送り込む形を取った。 のでは小沢の腹心であるが当選したが、佐々木がに移籍して小沢と袂を分かったため、のでは、新たな候補としてを送り込み当選、佐々木は落選した。 その後黄川田は小沢の腹心として以降4期に渡って3区での当選を続けた。 のを契機として黄川田は小沢と離縁、小沢が離党した際に同調せずに残留した。 このため、のでは、所属の小沢は新たな候補としての次女の佐藤奈保美を擁立、3区の前職者対小沢の推す新人という、2000年と同じ選挙体系となった。 皮肉にも12年前の選挙区では佐々木に対する刺客となった黄川田が、今度は刺客を立たされる格好となった形である。 しかし2000年と違ってこの選挙でも黄川田が5期連続で当選し、名実ともに「小沢系の地盤」から「黄川田の地盤」と変化したといえる。 震災の津波被害が大きかった選挙区で、民主党の候補が小選挙区で当選したのはここと宮城5区のみであった。 のは小選挙区こそ2氏の争いに埋没し3位に終わったものの、自民党がこの選挙において小選挙区で大勝し、においてしていたすべての候補が復活することができたため、名簿5位で。 3区が設置されて以来初となる2人の当選者を輩出した。 のでは、前回と一転して、小沢率いるは候補者を出さず、黄川田と橋本の激突となり、黄川田が勝利したが、橋本は再び比例復活当選を果たした。 に公職選挙法改正に伴い岩手県の小選挙区数が4から3に減らされたことによって大幅な区割り変更が行なわれた。 新3区の選挙区は旧3区の一関市と以外はほぼ旧4区の選挙区を踏襲する区割りとなった。 10月に行われたでは、旧3区の黄川田は引退、橋本は自民党の比例下位単独候補となった(結果は落選)。 小選挙区では旧4区の小沢(野党統一候補としてに所属したまま無所属で出馬)と(自民・比例復活)が横滑りで立候補し、小沢が当選、藤原が比例復活となった。 小選挙区選出議員 [ ] 選挙名 年 当選者 党派 備考 (平成8年) 旧区域1 (平成12年) 旧区域1 (平成15年) 黄川田徹 旧区域1 (平成17年) 黄川田徹 民主党 旧区域1 (平成21年) 黄川田徹 民主党 旧区域1 (平成24年) 黄川田徹 民主党 旧区域1 (平成26年) 黄川田徹 民主党 旧区域2 (平成29年) 無所属 選挙結果 [ ].

次の

岩手大学で選挙啓発授業を実施しました|盛岡市公式ホームページ

岩手 選挙

71% 岩手町長選は、新人の佐々木氏が現職の民部田氏を破り、初当選した。 5 =合計8. 5 =合計9. 大勢判明は20時半ごろの見通し。 5月14日現在の選挙人名簿登録者数は1万1761人 男5693人、女6068人。 任期満了日は5月31日。 沼宮内町、御堂村、一方井村、川口村の1町3村が合併し、「岩手町」が誕生した。 岩手町は全国で唯一の「岩手県岩手郡岩手町」と、同じ自治体名称の「岩手」が3つ続く。 1970年の岩手国体で陸上ホッケーの会場になり、これを機にホッケーを町技として普及させた。 小中高、社会人チームの全国制覇も数多く、五輪選手も輩出している。 夜間照明付きの人工芝グラウンドを完備している。 農業ではキャベツやレタスの栽培が盛んで、県内有数の一大産地になっている。 キャベツとブルーベリーは、町のキャラクターになっているほどだ。 46㎢ 隣接 盛岡市、八幡平市、一戸町、葛巻町 人口 1万3608人 2018年4月末現在 観光地 「御堂新田の滝」は高さ8m・幅10mの規模の斜滝で、別名「玉吹きの滝」とも呼ばれ、大きな岩盤から玉のように3筋に水が流れ落ちる様子は、優雅な趣がある。 「石神の丘美術館」の彫刻なども有名 名産品 岩手めんこい黒牛、いわて春みどり キャベツ 、ブルーベリー 有名人 日蔭温子 元女子プロゴルファー)、板垣征四郎(大日本帝国陸軍大将、第46・47代陸軍大臣)、千葉星子 タレント、ファッションモデル、料理研究家) 岩手町長選挙の争点や情勢、予想を解説 岩手町長選の争点は、5期20年の町政運営をしてきた現職の民部田氏の評価。 選挙戦は、3期連続で無投票当選だった町長選に、新人の佐々木氏が新風を吹かせて刷新を目指す構図になる。 岩手町を取り巻く課題や問題点は数多い。 少子高齢化が加速する中、町内の活性化策も大きなポイントだ。 町の基幹産業である農畜産業の活性化や担い手不足の解消策も重要な施策。 若年層の定住・移住に向けた雇用促進なども課題に挙げられる。 岩手町長選は3期連続で無風だったが、現町政を刷新する動きが役場の内外から出てくるようになった。 町内の若手企業家、町民有志ら草の根的な活動が2017年末から顕著になっている。 情勢を予想すると、接戦になる可能性も高まっている。 民部田氏の支持基盤も盤石とはいえず、刷新を求める佐々木氏の支持者も決して少なくない。 佐々木氏の政策や公約に共感する支持者も増え、浸透力が高まっている。 候補者のプロフィルや主な経歴など 民部田 幾夫 みんぶた・いくお 氏 生年月日:1953年8月14日 出身地 :岩手県岩手町 出身校 :亜大法学部 主な経歴 : 岩手町長(5期)、衆院議員秘書 亜大法学部を卒業。 衆院議員秘書などを経て、1998年の岩手町長選で初当選した。 2002年の選挙戦で再選。 06年、10年、14年と3選連続で無投票当選している。 岩手県ホッケー協会会長などの要職も務めている。 佐々木 光司 ささき・こうじ 氏 生年月日:1959年8月2日 出身地 :岩手県岩手町 出身校 :慶大文学部 主な経歴 : 佐々木石材工業社長、岩手町企画商工課長、健康福祉課長 1983年3月に慶大文学部を卒業後、同年4月に岩手町に採用される。 2011年に企画商工課長、15年に健康福祉課長などの要職を歴任。 17年3月に同町を退職し、家業の佐々木石材工業に入社し、社長に就任した。 185. 6k件のビュー 2020年6月6日 に投稿された カテゴリ:• 107. 6k件のビュー 2020年5月11日 に投稿された カテゴリ:• 104. 2k件のビュー 2020年4月1日 に投稿された カテゴリ:• 101. 8k件のビュー 2020年7月6日 に投稿された カテゴリ:• 1k件のビュー 2020年7月5日 に投稿された カテゴリ:• 7k件のビュー 2020年3月24日 に投稿された カテゴリ:• 2k件のビュー 2020年4月28日 に投稿された カテゴリ:• 70k件のビュー 2020年7月12日 に投稿された カテゴリ:• 3k件のビュー 2020年7月10日 に投稿された カテゴリ:• 6k件のビュー 2020年6月20日 に投稿された カテゴリ:.

次の

投開票結果速報発表

岩手 選挙

新着情報• 大船渡市議会議員選挙立候補届出書類等の事前審査について• 4月13日(月)午前9時から正午までは大船渡市役所 地階大会議室• 〃 午後1時から午後3時までは選挙管理委員会事務局• 一つでも手落ちがあると届出が受理されないため、立候補届出に準備した届出書、添付書類に不足がないか、記載誤りがないか等の確認のため、必ず事前審査を受けてください。 大船渡市議会議員選挙立候補予定者説明会を開催しますので、立候補予定者またはその関係者は必ず出席するようお願いします。 日時=3月23日 月 午後2時~• 会場=大船渡市役所地階大会議室• 参加範囲=1候補2人まで• その他=準備の都合により、参加予定者は3月18日 水 までに申し込みをしてください。 申込先 選挙管理委員会事務局 内線168• 任期満了に伴う大船渡市議会議員選挙は、令和2年4月19日(日)告示、4月26日(日)投票です。 選挙のおしらせ• 任期満了に伴う大船渡市議会議員選挙は、令和2年4月19日(日)告示、4月26日(日)投票です。 組織について• 選挙について• 投票方法について• 選挙執行状況及び投・開票結果について• 選挙に関するリンク先(外部サイト)• <外部リンク>• <外部リンク>• <外部リンク>• <外部リンク>• <外部リンク>.

次の