新生 ホーム サービス 株式 会社。 新生ホームサービスは悪質でしつこい営業の噂があるが実は…【口コミで評判の外壁塗装業者 ランキングBest3】

新生ホームサービスが神戸市社会福祉協議会・善意銀行へ、社員手作りのマスクを寄贈

新生 ホーム サービス 株式 会社

高品質かつ幅広いサービスで、「社会にとってなくてはならない」企業をめざす 耐震、省エネ、高齢化などの時代の流れとともに、注目を浴びている住宅リフォーム市場。 このような時代背景を追い風に、創業からわずか8年余りで全国展開が視野に入るほどの急成長を遂げているのが、幅広い住宅リフォームを手掛ける新生ホームサービス株式会社である。 同社は2011年現在、大阪、京都、和歌山、岡山、愛知、岐阜、広島、神奈川、東京で合計14支店を展開している。 10月には東京で、新宿に次ぎ2番目の拠点となる池袋支店を開設し、11月には九州への進出も計画。 全国展開へ向けて着実に歩を進めている。 成長の大きな理由は主に2つ。 1つ目は、サービスの質と信頼性の高さである。 通常リフォームといえば、内装工事というイメージが強いが、同社は内装だけではなく、エクステリアからオール電化の導入まで、非常に幅広いサービスを提供できること。 また、コンサルティング、施工、アフターサービスまで非常に品質の高いサービスを提供している同社。 着工後のイメージを視覚的に伝える為、過去のリフォーム事例を写真や絵で事前に提示したり、材質や工法の違いによる費用例を必ず数パターン提供するなど、丁寧な対応が安心感を与えている。 取扱商品は、独自開発した商品はもちろん、一流企業の製品を揃え、アフターサービスでは、引渡後も随時、点検を行うなど、高レベルのサービスを追求することで顧客の大きな信頼を獲得している。 徹底した顧客志向で得た絶大な信頼感が急成長の礎 成長理由の2つ目は、徹底した顧客志向にある。 良い住まいの条件を「そこに住まう家族の生活に適していること」と定義する同社。 快適性中心の表面的リフォームではなく、安全性や効率性、高齢化といった観点から住宅性能をいかに向上させるかがリフォーム成功の鍵だという。 同社は、補修工事であれば、適正な施工時期はいつなのか、本当に今でなければならないのか、どの程度の補修が必要なのかなどを様々な角度から検討。 依頼された工事にとどまるのではなく、予算や家族構成、現在の生活、また将来の家族設計など全てを総合的に判断した上で、最適なプランを提案している。 また、上記のような細やかなサービスを提供するには、お客様と接する社員が信頼されていることが必要不可欠だという同社。 営業担当者から職人まで、顧客と接する全ての社員が常に顧客の立場で行動できるよう、様々な工夫をこらしている。 例えば営業社員は、契約の成否に関わらず、商談を行った全て顧客に対しアンケート調査を行い、対応についての評価を依頼している。 また、実際に施工を行う職人に対しても、「新生の一流の職人たる心得」という貼紙を現場に提示し、プロフェッショナルな行動を行うよう喚起している。 未経験からでも活躍できる万全の教育制度と、成長を実感できる評価システム 現在、300人近い従業員を抱える同社。 社員は20代後半が多く、営業職については8割が営業未経験での入社だという。 それでもしっかりと顧客からの信頼を得て、事業を成長させられる要因の一つに教育・評価制度の充実によるスタッフの質の向上が挙げられる。 同社の教育制度は、入社直後の新人研修から始まる。 心得、会社の方針、社員ルール、社内規定といった組織人としての基礎知識のほか、社内文書の書き方、ビジネスマナーといった社会人としての基礎までをしっかりと教える。 続いて、OJT研修が行われる。 OJT研修にはカリキュラムが策定されおり、教える人によって内容や質が変わることがない。 先輩からのマンツーマン教育で少しずつ、仕事の実践を身に付けるのだ。 これら研修を終えると、仕事をしながら、さらにスキルのレベルアップを図る「スキルアップ研修」が用意されている。 自由参加になっており、自分の目標やペースに合わせて何度でも研修を受けることができる。 以上の基礎研修のほかに、「管理職研修」、工事の種類別にその内容をひとつずつ学べる「工事別研修」、「コンプライアンス研修」など、きめ細かな教育プログラムが用意されている。 プログラムの内容に沿って研修を受ければ、未経験者でも一人前のビジネスパーソンとして成長できる仕組みになっているのである。 評価制度も充実している。 基本は「実力主義」。 学歴・社歴・年齢に関係なく、社員全員に平等に昇給・昇格のチャンスが与えられている。 営業社員の平均月収は約58万円、20代前半で年収1,000万円以上も夢ではないという。 また上司だけでなく、同僚や部下も評価者となる制度、公正な評価を行うために、評価する立場の上司にも研修を受けさせる制度など、実力主義が公正に働くような様々なシステムが導入されている。 今後は全国展開のために社員1,000人を管理できる組織体制の構築を視野にいれ、更に社員教育および評価制度の整備に力を入れていく考えだという同社。 そんな同社が求めるのは、ずばり「やる気」のある人材である。 同社には、高いモチベーションを持っている人材ならば、会社がその気持ちを育てるという姿勢がある。 さらに、「全国展開」から「全国制覇」に向かう日もそう遠くはないという感触を受けるほどの勢いがある。 仕事にやりがいを求める人材には最適なフィールドといえよう。

次の

新生ホームサービスって何の会社?不動産? 【知恵袋のような質問・口コミ投稿サイト≪外壁塗装の知恵ノート≫】

新生 ホーム サービス 株式 会社

新生ホームサービス 土曜日の夜にピンポーンと訪問してきた人がいたので、誰かと思えば、新生ホームという株式会社の営業の人でした。 おうおう、土曜日の真っ暗な夜の7時位にがんばって仕事してるな、って思って、いろいろと話を聞きました。 話の内容は、家の外壁塗装をしませんかー?キャンペーン中なので、思い切った価格にするので安くしますよー、とのことでした。 正直なところ、飛び込み営業をするってことは、その費用も含まれているので、おそらく高くつきますよね。 そして、十分に考える時間もないので、あまり好きではないのですが、お仕事をがんばってるみたいなので、無料見積りをしてもらうことにしました。 思い切った値段がどこまでいくのかも興味がありましたし。 しかし、新生ホームの営業の人、話が長いんですよね。 さっさと話の内容を言えばいいのに、回りくどく、くどくど言うので、はぁー、時間がかかってしょうがないな、というのが第一印象でした。 ただ、これは営業の人の個人のせいではなくて、おそらく会社の営業方針なのでしょうね。 あと、向こうからいろいろと条件をつけてくるのがマイナス印象でした。 後日、1時間半ほど無料見積もりの方の話を聞いたのですが、見積もり金額が私の理想金額ではなかったので、外壁塗装に関しては今回は断りました。 ちなみに、レジスという外壁塗料での見積もりでした。 営業の人から思い切った価格を提示されたのですが、数十万程度の値引きでした。 営業の人との約束なので、詳しい価格はここには書かないことにします。 新生ホームサービスについて知恵袋で調べてみた結果 新生ホームサービス うーむ、やはりみなさん、飛び込み営業については、あまり良い印象を持っていないみたいですね。 新生ホームは悪徳だ、みたいな書き込みまであります。 しかし、まぁ、しょうがないところもあるよなぁ、という印象はあります。 営業の人次第なところもありますが。 ラーメン屋さんのライスの値段は高くて、悪徳だ、という人の話はちょっと笑いました。 確かにそうですよね、原価から考えると、すごい悪徳な値段です。 でも、人件費や手間賃や場所代というものがあるんですよね。 サービスというのは、存続するためにどうしても悪徳な一面があります。 他にも、自分でやるのは難しいところやめんどくさいところもありますよね。 新生ホームの会社の人も消費者センターに苦情を入れられると、すごく今後の営業に支障が出ると思うので、お客様相談ダイヤルみたいなところに事前に苦情が来るように苦心しているようなところも感じられます。 コンプライアンス室という部署をしっかりと自前で用意しています。 もし、新生ホームサービスの契約をやっぱりやめようかなと思った人は、すぐにクーリングオフするべきですね。 訪問営業というのは、そこらへんがなかなか問題なのですよね。 強引な契約はよくないので、そのあたりで嫌悪感を持つ人もたくさんいますよね。 営業の人も成績やノルマがあると思うので、なかなか大変なんでしょうね。 新生ホームサービスの営業の人も大変そう 新生ホームサービス このサイトで新生ホームサービスで働いている人、あるいは、働いたことのある人の話を眺めてみると、なかなか大変そうだなぁ、という感じがひしひしと伝わってきます。 大量採用、大量退職の会社は本当に要注意ですね。 そういう会社はブラック企業の可能性があります。 あと、若い人ばかりの会社、平均勤続年数が短い会社、労働時間が長い会社、残業時間が認められない会社、ノルマが異様に多い会社、家族のような絆が大事な会社は、ブラック企業であるという話を聞いたことがあります。 (ちなみに、新生ホームサービスがブラック企業と言ってるわけではありません。 ) ブラック企業が社会に蔓延していると、夢も希望もない社会になるので、ブラック企業はホワイト企業になってほしいですね。 給料を高くして、労働時間を短くして、社員同士の仲が良い、ノルマの少ない会社が理想のホワイト企業です。 そのためには、誰かがどこかでがんばる必要があるような気がします。 ちなみに、新生ホームサービスという会社は、株式上場していないみたいですね。 営業所の数も多く、全国展開しているみたいなのに、これはちょっとどうなのかなぁ、と思ったりもしました。 株式上場すると、いろいろとめんどくさいこともあるでしょうから、そういう方針なのでしょう。

次の

社名の由来・ロゴ

新生 ホーム サービス 株式 会社

高品質かつ幅広いサービスで、「社会にとってなくてはならない」企業をめざす 耐震、省エネ、高齢化などの時代の流れとともに、注目を浴びている住宅リフォーム市場。 このような時代背景を追い風に、創業からわずか8年余りで全国展開が視野に入るほどの急成長を遂げているのが、幅広い住宅リフォームを手掛ける新生ホームサービス株式会社である。 同社は2011年現在、大阪、京都、和歌山、岡山、愛知、岐阜、広島、神奈川、東京で合計14支店を展開している。 10月には東京で、新宿に次ぎ2番目の拠点となる池袋支店を開設し、11月には九州への進出も計画。 全国展開へ向けて着実に歩を進めている。 成長の大きな理由は主に2つ。 1つ目は、サービスの質と信頼性の高さである。 通常リフォームといえば、内装工事というイメージが強いが、同社は内装だけではなく、エクステリアからオール電化の導入まで、非常に幅広いサービスを提供できること。 また、コンサルティング、施工、アフターサービスまで非常に品質の高いサービスを提供している同社。 着工後のイメージを視覚的に伝える為、過去のリフォーム事例を写真や絵で事前に提示したり、材質や工法の違いによる費用例を必ず数パターン提供するなど、丁寧な対応が安心感を与えている。 取扱商品は、独自開発した商品はもちろん、一流企業の製品を揃え、アフターサービスでは、引渡後も随時、点検を行うなど、高レベルのサービスを追求することで顧客の大きな信頼を獲得している。 徹底した顧客志向で得た絶大な信頼感が急成長の礎 成長理由の2つ目は、徹底した顧客志向にある。 良い住まいの条件を「そこに住まう家族の生活に適していること」と定義する同社。 快適性中心の表面的リフォームではなく、安全性や効率性、高齢化といった観点から住宅性能をいかに向上させるかがリフォーム成功の鍵だという。 同社は、補修工事であれば、適正な施工時期はいつなのか、本当に今でなければならないのか、どの程度の補修が必要なのかなどを様々な角度から検討。 依頼された工事にとどまるのではなく、予算や家族構成、現在の生活、また将来の家族設計など全てを総合的に判断した上で、最適なプランを提案している。 また、上記のような細やかなサービスを提供するには、お客様と接する社員が信頼されていることが必要不可欠だという同社。 営業担当者から職人まで、顧客と接する全ての社員が常に顧客の立場で行動できるよう、様々な工夫をこらしている。 例えば営業社員は、契約の成否に関わらず、商談を行った全て顧客に対しアンケート調査を行い、対応についての評価を依頼している。 また、実際に施工を行う職人に対しても、「新生の一流の職人たる心得」という貼紙を現場に提示し、プロフェッショナルな行動を行うよう喚起している。 未経験からでも活躍できる万全の教育制度と、成長を実感できる評価システム 現在、300人近い従業員を抱える同社。 社員は20代後半が多く、営業職については8割が営業未経験での入社だという。 それでもしっかりと顧客からの信頼を得て、事業を成長させられる要因の一つに教育・評価制度の充実によるスタッフの質の向上が挙げられる。 同社の教育制度は、入社直後の新人研修から始まる。 心得、会社の方針、社員ルール、社内規定といった組織人としての基礎知識のほか、社内文書の書き方、ビジネスマナーといった社会人としての基礎までをしっかりと教える。 続いて、OJT研修が行われる。 OJT研修にはカリキュラムが策定されおり、教える人によって内容や質が変わることがない。 先輩からのマンツーマン教育で少しずつ、仕事の実践を身に付けるのだ。 これら研修を終えると、仕事をしながら、さらにスキルのレベルアップを図る「スキルアップ研修」が用意されている。 自由参加になっており、自分の目標やペースに合わせて何度でも研修を受けることができる。 以上の基礎研修のほかに、「管理職研修」、工事の種類別にその内容をひとつずつ学べる「工事別研修」、「コンプライアンス研修」など、きめ細かな教育プログラムが用意されている。 プログラムの内容に沿って研修を受ければ、未経験者でも一人前のビジネスパーソンとして成長できる仕組みになっているのである。 評価制度も充実している。 基本は「実力主義」。 学歴・社歴・年齢に関係なく、社員全員に平等に昇給・昇格のチャンスが与えられている。 営業社員の平均月収は約58万円、20代前半で年収1,000万円以上も夢ではないという。 また上司だけでなく、同僚や部下も評価者となる制度、公正な評価を行うために、評価する立場の上司にも研修を受けさせる制度など、実力主義が公正に働くような様々なシステムが導入されている。 今後は全国展開のために社員1,000人を管理できる組織体制の構築を視野にいれ、更に社員教育および評価制度の整備に力を入れていく考えだという同社。 そんな同社が求めるのは、ずばり「やる気」のある人材である。 同社には、高いモチベーションを持っている人材ならば、会社がその気持ちを育てるという姿勢がある。 さらに、「全国展開」から「全国制覇」に向かう日もそう遠くはないという感触を受けるほどの勢いがある。 仕事にやりがいを求める人材には最適なフィールドといえよう。

次の