掃除 隙間。 隙間掃除グッズベスト7!狭いところもラクラク隙間掃除の世界

無印良品「隙間掃除シリーズ」を掃除のプロも絶賛! 全4品の使用レポート

掃除 隙間

1)便器と床の隙間の黒ずみは尿やほこり 便器と床の間にある汚れは便器の影にも見えるため、トイレを使う際にはあまり気になりません。 しかし、床掃除をしていると、どうにも気になる汚れの一つです。 トイレは、服に付いたほこりや繊維が落ちやすくほこりが出やすい場所です。 また、紙の毛や、トイレットペーパーの繊維なども、床には落ちています。 それらのほこりが隙間に追いやられ隙間に入り込んでしまいます。 便器の外側を伝った尿が床に溜まり、 ほこりが付いてこびりつきになり黒ずんだ汚れとなる場合もあります。 2)掃除に使える便利なブラシ 便器の下の隙間汚れは、クロスや雑巾が入らないので、 薄い板状のものでこそげ取るのがベストです。 100均にある、 小さなヘラ付きブラシがお役立ちアイテムです。 種類はいろいろありますが、選ぶ際には小さくてもいいので、薄いヘラが付いているものを選びましょう。 キッチンや水回りの掃除用品を置いてあるあたりにあります。 3)自分で簡単に作れる隙間掃除グッズ ご近所に100均がない場合、薄いプラスチックの板を自作します。 お惣菜やお弁当の入っているプラスチックのフタ部分をカード状に切って使います。 1枚では薄いので2枚か3枚を重ねて上部をテープで止めておきます。 4)トイレと床の隙間の掃除方法 1度目は、トイレの床掃除を終えたあとでじっくり取り掛かってみましょう。 手と膝を付くので、床がキレイな方がいいですよね。 手順がわかれば、先に隙間から汚れを掻き出しておき、床掃除の最後にお掃除シートで拭き取って流してしまえば床拭き作業が一度で済みます。 以下で手順を詳しく説明していきます。 4-1)必要な道具• 掃除用ゴム手袋• ブラシ付きヘラ(または、自作のプラカードと古歯ブラシ)• トイレ用掃除シート(または、トイレットペーパーと除菌スプレー) アイテム例:フマキラー アルコール 除菌 ウイルシャット 400ml アイテム例:激落ちくん 流せる 除菌99. 便器と床の隙間にへら(もしくは自作のプラカード)を差し込み、こそげるように汚れを起こします。 ヘラで起こした汚れを、ブラシ部分で掻きだします。 お掃除シートを一重にしてヘラをはさみ便器と床の間をふき取ります。 汚れが付く場合は、シートの場所を変えて、汚れがつかなくなるまで数回拭きます。 掃除シートがない場合は、トイレットペーパーに除菌スプレーを付けて隙間を拭きます。 拭いたシートやペーパーを流して、隙間掃除は完了です。 床がクッションフロアの場合、ヘラの先でフロアを傷つけないようご注意ください。 5)トイレと床の隙間の汚れ防止対策 隙間掃除は道具さえあれば、簡単な掃除ですが、トイレの使用状況によっては、掃除時の汚れが半端ないというケースも考えられます。 汚れを減らして、隙間掃除を楽にするアイテムをご紹介します。 事前に、隙間を埋めてしまう便利なアイテムがあります。 埋めた隙間材は、剥がすことができますので、汚れてきたら、剥がして埋め直しが可能です。 アイテム例:シャープ化学 トイレのスキマフィル MSP1-35 100ml クリア 垂れた尿でよごれがこびりつく場合は、たれ防止シートを貼るのも汚れ防止になります。 アイテム例:サンコー 汚れ防止テープ 便器の汚れを防ぐ おしっこ垂れ防止幅広 4枚入 モロッコタイル ブルー AF-41 6)まとめ トイレと床の隙間汚れは、道具を準備しておくとサッと済ませることができます。 あまり目立たないところですが、掃除した本人には汚れがわかっているだけに、気分もすっきり満足感が得られるところです。 気持ちよく掃除するために、トイレで使う掃除用品は、使い捨てか、数度の使用で処分できるようにすると、コストも掛からずいいですね。 100均の活用やちょっとした工夫コストダウンも心がけましょう。 また、長年トイレを掃除していない場合や、掃除をしても臭いや黒ずみが取れない場合は1度プロに頼んで徹底的にきれいにしてもらうことをおすすめします。 くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。

次の

トイレと床の隙間掃除|尿汚れはどうやってでキレイにできる?

掃除 隙間

暗い場所 大きな家電や家具の下や、収納の中などの暗い場所を好むため、そういった場所に住み着いたり卵を産んだりします。 湿度が高い場所 キッチンや洗面台、植木鉢の下や押し入れなど湿気の溜まりやすい場所は要注意! 狭い隙間 0. 5~1㎝といった、ちょっとした隙間でもゴキブリは侵入し、そういった場所を好むため、こまめに掃除することをおすすめします。 換気をこまめに行い、除湿剤などで湿気を取り除くようにしましょう。 この部分って、結構ホコリや汚れが溜まるんですよね。 また、ペットボトルを倒すと水漏れするので気をつけるようにしてください。 サイズや形も豊富なので、掃除したい隙間に合わせて揃えることができますよ。 掃除したい場所によって使い分けながら掃除していきましょう。 洗濯機 乾燥機をよく使うので、ホコリもたくさん出てしまう我が家の洗濯機。 細かな部分のホコリまで取ることができず困っていましたが、メジ用ハケを使うと奥のホコリまでかき出してくれます! メジ用ハケはスリムで柔らかく、長さもあるのでとても使い勝手が良く、個人的に一番お気に入りの刷毛です。 空気清浄機 パパっと空気清浄機のフィルター掃除をしてしまいたい時には、ダスターハケがおすすめです。 巾木の掃除にはダスターハケを使って掃き掃除するのがおすすめですよ。

次の

無印良品「隙間掃除シリーズ」を掃除のプロも絶賛! 全4品の使用レポート

掃除 隙間

1)便器と床の隙間の黒ずみは尿やほこり 便器と床の間にある汚れは便器の影にも見えるため、トイレを使う際にはあまり気になりません。 しかし、床掃除をしていると、どうにも気になる汚れの一つです。 トイレは、服に付いたほこりや繊維が落ちやすくほこりが出やすい場所です。 また、紙の毛や、トイレットペーパーの繊維なども、床には落ちています。 それらのほこりが隙間に追いやられ隙間に入り込んでしまいます。 便器の外側を伝った尿が床に溜まり、 ほこりが付いてこびりつきになり黒ずんだ汚れとなる場合もあります。 2)掃除に使える便利なブラシ 便器の下の隙間汚れは、クロスや雑巾が入らないので、 薄い板状のものでこそげ取るのがベストです。 100均にある、 小さなヘラ付きブラシがお役立ちアイテムです。 種類はいろいろありますが、選ぶ際には小さくてもいいので、薄いヘラが付いているものを選びましょう。 キッチンや水回りの掃除用品を置いてあるあたりにあります。 3)自分で簡単に作れる隙間掃除グッズ ご近所に100均がない場合、薄いプラスチックの板を自作します。 お惣菜やお弁当の入っているプラスチックのフタ部分をカード状に切って使います。 1枚では薄いので2枚か3枚を重ねて上部をテープで止めておきます。 4)トイレと床の隙間の掃除方法 1度目は、トイレの床掃除を終えたあとでじっくり取り掛かってみましょう。 手と膝を付くので、床がキレイな方がいいですよね。 手順がわかれば、先に隙間から汚れを掻き出しておき、床掃除の最後にお掃除シートで拭き取って流してしまえば床拭き作業が一度で済みます。 以下で手順を詳しく説明していきます。 4-1)必要な道具• 掃除用ゴム手袋• ブラシ付きヘラ(または、自作のプラカードと古歯ブラシ)• トイレ用掃除シート(または、トイレットペーパーと除菌スプレー) アイテム例:フマキラー アルコール 除菌 ウイルシャット 400ml アイテム例:激落ちくん 流せる 除菌99. 便器と床の隙間にへら(もしくは自作のプラカード)を差し込み、こそげるように汚れを起こします。 ヘラで起こした汚れを、ブラシ部分で掻きだします。 お掃除シートを一重にしてヘラをはさみ便器と床の間をふき取ります。 汚れが付く場合は、シートの場所を変えて、汚れがつかなくなるまで数回拭きます。 掃除シートがない場合は、トイレットペーパーに除菌スプレーを付けて隙間を拭きます。 拭いたシートやペーパーを流して、隙間掃除は完了です。 床がクッションフロアの場合、ヘラの先でフロアを傷つけないようご注意ください。 5)トイレと床の隙間の汚れ防止対策 隙間掃除は道具さえあれば、簡単な掃除ですが、トイレの使用状況によっては、掃除時の汚れが半端ないというケースも考えられます。 汚れを減らして、隙間掃除を楽にするアイテムをご紹介します。 事前に、隙間を埋めてしまう便利なアイテムがあります。 埋めた隙間材は、剥がすことができますので、汚れてきたら、剥がして埋め直しが可能です。 アイテム例:シャープ化学 トイレのスキマフィル MSP1-35 100ml クリア 垂れた尿でよごれがこびりつく場合は、たれ防止シートを貼るのも汚れ防止になります。 アイテム例:サンコー 汚れ防止テープ 便器の汚れを防ぐ おしっこ垂れ防止幅広 4枚入 モロッコタイル ブルー AF-41 6)まとめ トイレと床の隙間汚れは、道具を準備しておくとサッと済ませることができます。 あまり目立たないところですが、掃除した本人には汚れがわかっているだけに、気分もすっきり満足感が得られるところです。 気持ちよく掃除するために、トイレで使う掃除用品は、使い捨てか、数度の使用で処分できるようにすると、コストも掛からずいいですね。 100均の活用やちょっとした工夫コストダウンも心がけましょう。 また、長年トイレを掃除していない場合や、掃除をしても臭いや黒ずみが取れない場合は1度プロに頼んで徹底的にきれいにしてもらうことをおすすめします。 くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。

次の