窒素 原子量。 空気の質量と密度[g/cm3]や分子量の計算方法【1立方メートルの重さ】|白丸くん

元素の同位体精密質量と天然存在比

窒素 原子量

ここで、まずは空気の分子量を求めてみましょう。 2 =28. 8と求めることができるのです。 この空気の分子量を用いて、空気の密度を算出していきます。 このとき、1モルの気体の体積は常温常圧下で約22. 4Lという性質があるため、22. 4Lで28. 8gとなります。 つまり、空気の密度は、28. 4=約1. ただ、実際空気は二酸化炭素やアルゴンなども含むため、分子量の厳密な数値は28. 966となります。 こちらを使用した場合の厳密な空気の密度は、1. 293となることを理解しておきましょう。 具体的には、1L=1000cm3であるため、空気の密度は0. きちんと理解しておきましょう。 空気の重さを求めてみよう【1立方メートル(m3:立米)あたりの質量】 このように、空気の密度と質量の求め方が理解できましたら、続いて空気の質量を計算していきましょう。 例題1 空気1m3(立方メートル)の重さはいくらでしょうか。 密度1. 解答1 定義に従って計算していきます。 1m3=1000Lであるため、1. 3㎏程度とわかります。 1000Lで1キロであるため、空気の軽さがよくわかりますね、 つまり、空気の密度に空気の体積をかけると空気の重さ(質量)に変換できると覚えておきましょう。 まとめ ここでは、空気の密度、分子量や質量(重量)の計算方法について確認しました。 空気の分子量は、構成元素である窒素(N2)や酸素(O2)などの、分子量や構成比を考慮して求めるといいです。 そして、この数値は1molあたりの質量でもあり、気体は常温常圧下で22. 4L程度となるため、空気の密度は質量を体積でわるとよく、その数値は1. なお、空気の重さを求めるときには、体積にこの空気の密度をかけるだけで求められます。 身近な物質の質量や密度を理解し、より毎日を楽しんでいきましょう。

次の

元素の同位体精密質量と天然存在比

窒素 原子量

詳細は「」、「」、および「」を参照 一覧 [ ] 同位体 核種 Z N 半減期 核スピン数 天然存在比 天然存在比 範囲 励起エネルギー 10N 7 3 10. 3 16 MeV] 2- 11N 7 4 11. 0186132 11 11. 00573861 29 9. 99636 20 0. 99579-0. 99654 7 8 15. 00364 20 0. 00346-0. 00421 16N 7 9 16. 0061017 28 7. 13 2 s 2- 17N 7 10 17. 008450 16 4. 014079 20 622 9 ms 1- 19N 7 12 19. 02337 6 130 7 ms 21N 7 14 21. 03439 21 13. 9 14 ms 23N 7 16 23. 04122 32 14. 5 24 ms [14. でマークされた値は、全てが純粋に実験値から算出されたものではなく、一部体系的な傾向から導き出された推定値を含んでいる。 明確なデータが得られていない核スピンに関しては、かっこ書きで表記している。 数値の最後にかっこ書きで表記しているのは、その値の誤差を示している。 誤差の値は、同位体の構成と標準の原子質量に関しては、IUPACが公表する誤差で表記しており、それ以外の値は、標準偏差を表記している。 同位体存在比の正確さと質量数は変化によって制限される。 天然存在比の範囲は、通常の地球上のどの場所でも同じはずである。 参考文献 [ ]• Isotope masses from by G. Audi, A. Wapstra, C. Thibault, J. Blachot and O. Bersillon in Nuclear Physics A729 2003. Isotopic compositions and standard atomic masses from. Pure Appl. Chem. Vol. 75, No. 6, pp. 683-800, 2003 and. Half-life, spin, and isomer data selected from these sources. Editing notes on this article's talk page. Audi, Bersillon, Blachot, Wapstra. , Nuc. Phys. A 729, pp. 3-128 2003. National Nuclear Data Center, Brookhaven National Laboratory. Information extracted from the retrieved Sept. 2005. David R. Lide ed. , Norman E. Holden in CRC Handbook of Chemistry and Physics, 85th Edition, online version. CRC Press. Boca Raton, Florida 2005. Section 11, Table of the Isotopes. 0 安定 1億年〜 1万年〜 10年〜 100日〜 1日〜 1分〜 1分未満 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 関連記事.

次の

化学【5分でわかる】原子量の定義と求め方、質量数との違い

窒素 原子量

たくさん出ていますが、役割って言う言葉が難しいんですね。 役に立つと言うのは誰の視点化によって変わるので。 まず大前提に物質自体には本来役割なんてありません。 そこにあるだけです。 ただ、生物というものが生まれてきて、様々な物資を勝手に使うようになります。 もともとは酸素なんて使っていなかったのですが、体を構成する物資を使うのに二酸化炭素を光のエネルギーによって分解して炭素を取り出すものが現れました。 その結果余った酸素が全ての生物の毒となります。 酸素の参加作用はとても強いので生物の体を壊してしまうのです。 しかし、酸素が持つその参加作用はエネルギーとしても使えたので、酸素を呼吸で使うものが現れます。 この歴史を見ても酸素も二酸化炭素も勝手に使われただけということがわかりますね。 そして窒素ですが、実はちゃんと生き物が使っています。 いわゆる窒素固定と呼ばれるもので、空気中の窒素をある種の細菌が取り込み硝酸塩に変えます。 これを植物が取り込み、タンパク質などに変えるのです。 ですからちゃんと農業の肥料には窒素が含まれています。 私達の体にあるタンパク質もそうやって取り込まれた窒素を使っています。 ものを腐らせにくいと言った友達も間違っておらず、ほとんどの食べ物を腐らせる細菌は酸素を使っているので、酸素が無いと腐らせることができないのです。 ですから実は窒素じゃなくてもいいのですが、一番身近に大量にあるので窒素を使います。 窒素単独の役割? それほどないでしょう。 単独なら、空気から酸素を取り除いて窒素だけにすることで、酸化による変質を防止します。 「腐りにくい」というのもその一つです。 なお、生物の構成要素として窒素は非常に重要です。 タンパク質や、細胞や体を構成する物資には、窒素が不可欠です。 植物の「肥料」として、「窒素、リン酸、カリウム」などは必須です。 人間を含む動物は、窒素をほとんどを呼吸ではなく食べ物の摂取として取り込みます。 なお、空気中の窒素(空気の約8割を占める)は、動物が呼吸するときに酸素過多にならないよう、体内に取り込む酸素量を制限する役割を果たしているようです。 「積極的な役割」ではなく、控えめな役割として。 A ベストアンサー たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。 堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。 で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。 古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。 逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあったようです。 窒素はどうか分かりませんが、酸素・炭素については、海に溶けたり、鉱物に形を変えたり、空気中の炭酸ガスになったり、いろいろなので生態系・気候・太陽活動などのバランスで酸素や二酸化炭素の濃度は上下してもおかしくはないはずです。 いずれにせよその都度適応した生物が栄えた訳でしょう。 何だか自信なさげな回答で恐れ入りますが。 たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。 堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。 で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。 古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。 逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあ... A ベストアンサー こんばんは。 聞きかじりですが…… 人間は常に呼吸しています。 酸素を吸って、炭酸ガスを吐いています。 おっしゃるとおり、空気の約2割は酸素で空気の残りの8割は殆ど窒素です。 人間が窒素を吸っても、そのまま出て行きます。 でも、不思議なことなんですが、人間をある密封容器の中に入れて、容器の中から窒素をいくらか抜き取り、まわりの空気が通常時の空気よりも窒素量が低い状態にしてみますと容器中の窒素は外側から補われることがないにもかかわらず、容器中の窒素量の割合は通常と同じく元通りになるそうです。 ということは人間の内部から窒素が補充されたということになります。 人はこれまで慣れ親しんできた通りの量の窒素がまわりにできるように、自分の持っていた窒素を空気中に放出するということです。 人は身体の内部と、人を取り囲む窒素との間に正しい平衡関係を作り出さなければならないからだそうです。 外部の窒素量が不均衡に少ないことは人にとって許されないことなのです。 窒素を呼吸するという必要は無いのかも知れませんが、窒素は人にとって大切なもので、空気中に存在するだけの量の窒素がどうしても必要なのだそうです。 自然あるいは人間って不思議ですね。 ん~ こんばんは。 聞きかじりですが…… 人間は常に呼吸しています。 酸素を吸って、炭酸ガスを吐いています。 おっしゃるとおり、空気の約2割は酸素で空気の残りの8割は殆ど窒素です。 人間が窒素を吸っても、そのまま出て行きます。 でも、不思議なことなんですが、人間をある密封容器の中に入れて、容器の中から窒素をいくらか抜き取り、まわりの空気が通常時の空気よりも窒素量が低い状態にしてみますと容器中の窒素は外側から補われることがないにもかかわらず、容器中の窒素量の割合は通常と同じく元通... A ベストアンサー 地球上に存在する元素を重量パーセント順に並べたものがクラーク数ですが、 1位の酸素は49. ちなみに大気は地球の総重量の0. ところが、酸素は反応性が極めて高く、 鉱物とすぐに酸化物を作ってしまい(鉄などだと錆ですね)、 主に地殻中に存在するわけです。 対して窒素は反応性があまり高くないため、 大気中にそのまま存在します。 窒素は、従ってあまり「発生」しません。 ただし、ある種の細菌は、窒素を反応させて水に溶けやすい形に変え、 それを植物が吸収します。 そして、それを動物が食べることで、我々の体に窒素が供給されます。 (蛋白質は主に炭素、酸素、水素、窒素で構成されるため、生物には窒素は必須です) ですので、動物の死骸が細菌等によって分解される際、 窒素が大気中に再び戻るわけです。 それでは、現在地球上に存在する窒素はどこから来たかといいますと、 太陽系形成の際、宇宙に薄く広がっている元素を、 地球の元となる塊が重力で拾い集めた際に得られたものです。 それも元はといえば、 昔太陽系付近にあった大きな星が超新星爆発をした際に、 核融合によって合成され、 それがばらまかれたものです。 地球上に存在する元素を重量パーセント順に並べたものがクラーク数ですが、 1位の酸素は49. ちなみに大気は地球の総重量の0. ところが、酸素は反応性が極めて高く、 鉱物とすぐに酸化物を作ってしまい(鉄などだと錆ですね)、 主に地殻中に存在するわけです。 対して窒素は反応性があまり高くないため、 大気中にそのまま存在します。 A ベストアンサー 基本的に、反応性が高い物質では無いのです。 酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。 農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。 豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。 豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。 ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるようになり、たぶんそこから化成肥料が作られるようになったのだろうと思います。 昔は豆でも植えておかないと土地が痩せてしまっていたのに、今ならお金を出せば、窒素肥料分だけならいくらでも増やせる。 それで耕作可能地が広がったのです。 人間が60億人70億人居て、それでも大して食糧問題が起きない 戦争で物資の輸送路が絶たれた、独裁者が自分の懐に入れている、というので無ければ のはそういう理由です。 自動車の排ガスや工場の排ガスなどで、NOxという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これが窒素酸化物です。 窒素のNと酸素のO、窒素一つに酸素がいくつつくのか、その数がxです。 空気の78%を占める割には少ししかできない、とも言えます。 少し火をたいたくらいでは、畑の肥料として十分な量の窒素酸化物は得られないのです。 そのくらい反応性が低いのです。 我々が色々な化学実験をするとき、空気中の酸素や二酸化炭素があると、それと反応してしまって目的の化学反応が行えない、なんてことがあるのですが、そのとき、反応容器内に窒素ガスを満たして、酸素や二酸化炭素や水蒸気を追い出して実験する、なんてことがあります。 なお、ヘモグロビンは、二酸化炭素とも結びつきますし、一酸化炭素や青酸とも結びつくでしょう。 細胞中の二酸化炭素を肺に運んで放出する、という役割もあります。 二酸化炭素より酸素の方が遙かに結びつきやすいということです。 窒素ガスと結びつかないのは上記の理由です。 また、窒素ガスが血液も含む液体中に溶け込むということと、ヘモグロビンに結合するということとは別の現象です。 空気中の窒素ガスが、存在していてもたぶん我々に何もしてくれないのと同様に、血中に取り込まれてもたぶん何もしないでしょう。 基本的に、反応性が高い物質では無いのです。 酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。 農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。 豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。 豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。 ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるよ... A ベストアンサー 酸素はヘモグロビンで運ばれ、このシステムは20%用に出来ているので、酸素濃度が増えても、血液に物理的に溶解する分がヘンリーの法則に従って増えるだけで体内に取り込まれる量は思った程には増えません。 ただし、酸素を過剰に取り込むと活性酸素というのが増え、いろいろ悪いことが起こります。 一次都会のあちこちにあった酸素バーがこの話の影響で、すっかりはやらなくなりました。 未熟児の問題は、脳障害より主として網膜が広がらなくなる眼の問題です。 それより、住環境として山火事で森林は全滅、接触程度の軽微な交通事故で鉄まで燃えだしますので、あっという間に少なくとも脊椎動物は全滅すると思いますよ。 窒素様々です。 下記の本も参考になります。 ところで、so-tyannさんの「100年前は空気中の酸素は23%~24%あったとされ、」は間違いです。 18世紀のファラデー著の「ローソクの科学」にも酸素は2割と書いてあります。 酸素濃度の変化とその生物への影響は文藝春秋の「恐竜はなぜ鳥に進化したのか 絶滅も進化も酸素濃度が決めた」に詳しく書いてあります。 アポロ13でCO2濃度を気にしてるのもこのためですし、昔サツマイモを保存する目的で畑に 掘っただけで蓋もしてない穴で子供がよく中毒死したのもこの濃度だからです。 保健所で不要ペット殺すのに使っている毒ガスは炭酸です。 酸素はヘモグロビンで運ばれ、このシステムは20%用に出来ているので、酸素濃度が増えても、血液に物理的に溶解する分がヘンリーの法則に従って増えるだけで体内に取り込まれる量は思った程には増えません。 ただし、酸素を過剰に取り込むと活性酸素というのが増え、いろいろ悪いことが起こります。 一次都会のあちこちにあった酸素バーがこの話の影響で、すっかりはやらなくなりました。 未熟児の問題は、脳障害より主として網膜が広がらなくなる眼の問題です。 それより、住環境として山火事で森林は全滅、接... A ベストアンサー ボイル・シャルルの法則というものがあります。 (高校で習うかな?) ちょっと難しいので、中身を簡単に説明します。 空気などの温度を上げると「熱膨張」します。 これを、外から圧力をかけて無理やり元の体積に戻すと、中の圧力は上がります。 つまり、体積を変えずに熱を加えると、圧力が上がります。 これを逆にします。 空気が冷えると、熱膨張の反対で体積が減ります(縮みます)。 これを引っ張って無理やり元の体積まで大きくすれば、中の圧力は下がります。 つまり、体積を変えずに温度を下げると、圧力が下がります。 同じことですが、体積を変えずに圧力を下げると、温度が下がります。 (これをじわじわとやると、外から熱が入って来て周りと同じ温度になってしまうので、「急に圧力を下げる」と確かに温度が下がります。 これを「断熱膨張」と言います。 クーラーはこの原理で温度を下げています).

次の