須磨の秋現代語訳。 源氏物語 源氏物語を読む 原文対訳 目次

「源氏物語:須磨の秋・心づくしの秋風〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

須磨の秋現代語訳

『須磨・心づくしの秋風』 「黒=原文」・ 「赤=解説」・ 「青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら 問題はこちら 須磨には、 いとど 心づくしの秋風に、海はすこし遠けれ ど、 いとど=副詞、いよいよ、ますます。 その上さらに 心づくし=名詞、深く気をもむこと、さまざまに思い悩むこと ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく 須磨では、ますます物思いを誘う秋風のために、海は少し遠いけれども、 行平の中納言の、「関吹き越ゆる」と言ひ けむ浦波、 夜々は げにいと近く聞こえて、 けむ=過去の伝聞の助動詞「けむ」の連体形、接続は連用形。 基本的に「けむ」は文末に来ると「過去推量・過去の原因推量」、文中に来ると「過去の伝聞・過去の婉曲」 夜々=掛詞、「夜」と浦波が「寄る」という意味に掛けられている。 げに(実に)=副詞、なるほど、実に、まことに。 本当に 行平の中納言が、「関吹き越ゆる」と詠んだとかいう浦波が、夜ごとに実にすぐ近くに聞こえて、 またなく あはれなるものは、 かかる所の秋 なり けり。 またなく=ク活用の形容詞「またなし」の連用形、またとない、二つとない あはれなる=ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の連体形。 「あはれ」はもともと感動したときに口に出す感動詞であり、心が動かされるという意味を持つ。 しみじみと思う、しみじみとした情趣がある かかる=連体詞、あるいはラ変動詞「かかり」の連体形、このような、こういう なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 御前にいと人少なにて、うち休み わたれ るに、一人目を覚まして、 御前(おまえ)=名詞、意味は、「貴人」という人物を指すときと、「貴人のそば」という場所を表すときがある。 わたれ=補助動詞ラ行四段「わたる」の已然形、一面に~する、全員~する。 ~し続ける、絶えず~する る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 御前に(お仕えする)人もたいそう少なくて、(その人たちも)全員眠っている時に、一人目を覚まして、 枕をそばだてて四方の嵐を聞き 給ふに、波ただ ここもとに立ち来る心地して、 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 ここもと=代名詞、この近く、すぐそば 枕を立てて頭を高くして、四方の激しい嵐の音をお聞きになると、波がすぐそばまで打ち寄せてくるような気がして、 涙落つとも おぼえ ぬに、枕浮くばかりになり に けり。 おぼえ=ヤ行下二の動詞「覚ゆ」の未然形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「可能」の意味で使われている。 ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 涙が落ちたとも気が付かないのに、(涙で)枕が浮くほどになってしまった。 琴をすこしかき鳴らし 給へ るが、我 ながらいと すごう 聞こゆれ ば、 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。 直後に「音」が省略されているため連体形となっている。 もの寂しい、おそろしい、恐ろしいぐらい優れている 聞こゆれ=ヤ行下二段動詞「聞こゆ」の已然形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 琴を少しかき鳴らしなさった音が、我ながらひどく物寂しく聞こえるので、 弾きさし 給ひて、 弾きさし=サ行四段動詞「弾き止す」の連用形。 「止す(さす)」は接尾語、~しかける、途中でやめる、と言った意味がある 給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連用形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 途中で引くのをおやめになって、 恋ひわびて 泣く音にまがふ 浦波は 思ふ方より 風や吹くらむ 恋ひわび=バ行上二動詞「恋ひ侘ぶ」の連用形、恋に思い悩む、恋しんでつらく思う「侘ぶ(わぶ)」=つらく思う、困る まがふ=ハ行四段動詞「紛ふ」の連体形、似通っている。 入り混じって区別ができない。 や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 恋しさにつらく思って泣く声に似通って聞こえる浦波の音は、私が恋しく思う人たちのいる(都の)方角から風が吹いてくるためだからであろうか。 と歌ひ 給へ るに、人々 おどろきて、めでたう おぼゆるに、 忍ば れ で、 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の已然形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 おどろき=カ行四段動詞「おどろく」の連用形、目を覚ます、起きる。 はっと気づく おぼゆる=ヤ行下二の動詞「覚ゆ」の連体形。 「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 忍ば=バ行四段動詞「忍ぶ」の未然形、我慢する、こらえる。 人目を忍ぶ、目立たない姿になる れ=可能の助動詞「る」の未然形、接続は未然形。 「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味がある。 平安以前では下に打消が来て「可能」の意味で用いられた。 平安以前では「可能」の意味の時は下に「打消」が来るということだが、下に「打消」が来ているからといって「可能」だとは限らない。 鎌倉以降は「る・らる」単体でも可能の意味で用いられるようになった。 で=打消の接続助詞、接続は未然形。 とお歌いになっていると、人々は目を覚まして、すばらしいと感じられるのにつけても、こらえられず、 あいなう起きゐ つつ、鼻を 忍びやかにかみ わたす。 あいなう=ク活用の形容詞「あいなし」の連用形が音便化したもの、わけもなく。 つまらない。 気に食わない。 忍びやかに=ナリ活用の形容詞「忍びやかなり」の連用形、ひそかに、そっと、人目を忍ぶ様子だ わたす=補助動詞サ行四段「わたす」の終止形、各々が~する。 一面に~する。 ずっと~する。 わけもなく起き上がっては、人目を忍んで鼻を各々かむのである。 続きはこちら lscholar.

次の

源氏物語を読む 須磨・注釈

須磨の秋現代語訳

7月に一時中断しましたが、注釈書を参考にすればなんとか読めることが分かったので、平成29年2月に本格的に読み始めました。 時間がかかります。 原文はおよそ90万字あります。 仮に一日500字読んだとしても、5年かかります。 毎日とてもそれだけ読めませんので、7~8年はかかるのではないか。 読んだしるしとして、現代文を付すことにしました。 まず全巻読み通すことが第一の目的、第二にできればあらすじ・各巻の要約を作りたいが、これはかなりのエネルギーを要するので、どうなることやら。 参考資料は以下の通りです。 Websites• 高千穂大学名誉教授 渋谷栄一氏の労作に深謝します。 by Masaaki Shibata による。 上記渋谷氏のサイトの原文校正版。 原文はすべてここからいただきました。 by 森永エンゼル財団 岡野弘彦氏による全巻の講義• web 版• その他多くのインターネット上のwebsite に感謝します。 図書関係• 源氏物語 古典セレクション 小学館(14 澪標まで)• 源氏物語 新潮日本古典集成〈新装版〉 新潮社(15 蓬生以後) 注釈が豊富で、日本語が実に適確です。 以後手放せなくなった。 源氏物語評釈 玉上琢弥著• 源氏物語 日本古典文学大系 岩波書店• パソコンは途中からwindows10になり、ブラウザーは、IE version11 Chrome を主に使っている。 これで左右のスペースができる限りそろうようにしている。 もちろんおおよそである。

次の

「源氏物語:須磨の秋・心づくしの秋風〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

須磨の秋現代語訳

」と思すに、 それぞれに応じて大事に思っているだろう家を離れて、このように一緒にさまよっている。 」とお思いになると、 いみじくて、「いとかく思ひ沈むさまを、心細しと思ふらむ。 」と思せば、 ひどくかわいそうで、「たいそうこのように(自分が)思い沈んでいるさまを、(この人たちは)心細いと思っているだろう。 」とお思いになるので、 昼は何くれとたはぶれごとうちのたまひ紛らはし、つれづれなるままに、いろいろの紙を継ぎつつ手習ひをし給ひ、 昼はあれこれと冗談をおっしゃって気を紛らわし、退屈であるのにまかせて、さまざまな色の紙を継いでは歌をお書きになり、 めづらしきさまなる唐の綾などにさまざまの絵どもを書きすさび給へる、屏風のおもてどもなど、いとめでたく、見どころあり。 珍しい唐の綾織物などにさまざまな絵などを興にまかせて描いていらっしゃる、屏風の表の絵などは、とてもすばらしく、見どころがある。 人々の語り聞こえし海山のありさまを、はるかにおぼしやりしを、御目に近くては、げに及ばぬ 磯 いそ のたたずまひ、二なく書き集め給へり。 人々がお話し申し上げた海山の様子を、はるかに遠いものと想像していらっしゃったが、間近にご覧になっては、実に想像の及ばない磯の風景を、この上なく上手に描き集めなさっている。 「このころの上手にすめる 千 ち 枝 えだ 、 常 つね 則 のり などを召して、作り絵つかうまつらせばや。 」と、心もとながり合へり。 「このごろ世間で名人だとされている千枝・常則などをお呼びになって、(光源氏の描いた絵に)彩色を施させ申し上げたいものだ。 」と、じれったく思い合っている。 なつかしうめでたき御さまに、世のもの思ひ忘れて、近う慣れつかうまつるをうれしきことにて、四、五人ばかりぞつと候ひける。 (光源氏の)親しみやすく立派なご様子に、世の悩みも忘れて、おそば近くにお仕えするのをうれしいこととして、四、五人ほどがいつもお仕えしていた。 続きはこちら -.

次の