安否確認システム 比較。 安否確認システム

他社との比較|安否確認システム「ココいるネット」

安否確認システム 比較

企業におけるBCPと安否確認システム 災害時、企業に不可欠な BCP(事業継続計画) 実際に災害が起きたとき、従業員の状況をいかに迅速に把握し、今後の対策を行うかということはBCPを実行する上で重要なポイントです。 企業がBCPを実行するうえで、導入が必要になってくるのが 安否確認システム。 しかし、安否確認システムは無数に存在し、比較して選ぶにしても、簡単ではないのが現状です。 どのサービスがいいのかは、支社の有無、従業員数、どの程度の費用がかけられるのかといったことによって変わってきます。 自社でBCPの枠組みができたなら、自社の要素を検討したうえで、必要な機能が備わったサービスを選ぶようにするのがベストです。 しかし、これからBCPを策定しようとする企業の防災担当者にとっては、具体的にどんな機能があるのか知らないという方も多いかもしれません。 「いつ起こるかわからない大災害に備え、自社に最もフィットした安否確認システムを導入したい」 「そのために、まずはとにかく多くの安否確認システムの情報を集めたい」 そんな企業の担当者向けに、 28種類の安否確認システムを比較しました。 比較して検討できるように、各安否確認システムごとの特徴を紹介していきます。 安否確認システムの違いとは?28サービスを比較しよう! 各サービスの料金一覧 各サービスともに、初期費用と維持コストにバラつきが見られるものの、安否確認システムとしての機能はどれも成熟しています。 これは、価格競争とともに他社サービスの新機能をキャッチアップし、定期的なアップデートで盛り込んでいるからです、 そのため、初めに初期費用と維持コストの許容度から利用候補を洗い出し、 大部分のサービスに用意されている「トライアル期間」を利用して、使い勝手を比較することが推奨されます。 次項のサービス詳細を確認するまえに、まずは下記の比較表をもとに候補を洗い出してみてください。 (Yahoo! (ネットウエル) 要問い合わせ 11. (富士通) 要問い合わせ 12. (パイプドビッツ) 要問い合わせ 14. (パスカル) 要問い合わせ 15. (コム。 (東洋テック) 要問い合わせ 23. (東武ビジネスソリューション) 1,800,000円(最大500名が使用可能) 1. 安否確認サービス2(トヨクモ) トヨクモが運用するは、 コミュニケーション機能が充実しているのが特徴。 安否確認のためのメールだけでなく、全員が閲覧・書き込み可能な掲示板機能、指定したメンバーのみのグループで議論できるメッセージ機能が備わっているのです。 これは災害時には安否確認ののち、対策を議論する必要があり、それに応える形でこうした機能が付けられました。 また、災害時にはアクセスが急増するためサーバを自動拡張する等、安心を確保するための機能が多数実装されています。 価格が比較的安いため、BCPに予算をかけられないという中小企業やベンチャー企業は検討してみてはいかがでしょうか。 初期費用無料、月額6,800円から。 Biz安否確認(NTTコミュニケーションズ) NTTコミュニケーションズが提供している。 基本的なBiz安否確認はドコモ版であり、としてサービスを提供しています。 通信キャリアによる信頼度の高いシステム運用が強み。 スマートフォン・タブレット向けに専用アプリに対応しており、プッシュ通知や、従業員の位置情報を地図上で確認するという機能が備わっています。 まさしくスマホ時代の安否確認システムといえるでしょう。 24時間365日対応のヘルプデスクが完備されており安心して利用できます。 初期費用100,000円から、月額10,400円から。 セコム 安否確認サービス(セコムトラストシステムズ) セキュリティシステムの セコムが運用するは、なんといっても大手警備会社による運用という安心感が最大の特徴。 国内最高水準の安全性を誇るという「セコム・セキュアデータセンター」内に設置された、「セコムあんしん情報センター」に常駐するスタッフが手動で災害情報を提供したり、安否確認メールの代行送信を行うといった、まさにセコムならではの機能を設けています。 信頼できるセコムのスタッフによる手厚いサポートは、災害時に頼もしい存在となることでしょう。 人力の方が安心するという方は、セコムの安否確認システムがオススメできます。 また、2019年9月2日、 LINE worksとの連携も発表。 LINE worksユーザーにとっては嬉しい機能です。 初期費用200,000円、月額30,000円から。 安否確認サービス(ALSOK) 警備・セキュリティサービスを提供する ALSOKが運用するは、 総合的なセキュリティサービスを担うALSOKらしく、あらゆるリスクに対応する連絡ツールとして活用できるようになっています。 安否確認メールの一斉送信と応答で安否を確認。 登録アドレスには安否確認だけでなく、気象・災害情報の配信も可能。 情報入手手段としても有効利用できます。 初期費用50,000円、月額18,000円から。 安否確認サービス(Yahoo! ) Yahoo! が運営するの最大の特徴は、やはりYahoo! というWebで影響力のある企業が携わっていることでしょう。 月間PV数624億という莫大なPV数に耐えられるYahoo! ということもあり、サーバーが落ちない安定した安否確認システムを提供しています。 東日本大震災当時、24億ものアクセスに耐え抜いた実績も有しています。 一斉送信から自動集計までの基本的な安否確認の機能を低価格で搭載。 初期費用無料、月額4,400円から。 パスモバイルサービス(NTTテレコン) NTTテレコンが運用するメール配信サービスは、災害時に限らず、緊急連絡網やメールマガジンやクーポンの配信が可能。 メールに 開封確認機能が搭載されている点が特徴です。 これにより、「いつメールを見たのか」もしくは「メールを見ていないこと」がわかるため、従業員にもしものことがあった場合の救助活動に対応しやすくなります。 災害時しか使わないサービスに予算を使うのはちょっと……と思っている方にとっては有力な選択肢ではないでしょうか。 安否確認に特化したは、気象庁の情報に対応した自動送信も可能です。 通常利用は初期費用30,000円から、月額8,000円から。 安否確認利用は初期費用50,000円から、月額10,000円から。 安否確認サービス(レスキューナウ) レスキューナウが運用するは、メールを基本としたサービスで、安否確認メールや災害情報メールの機能が備わっています。 また、日常的に活用できるように、鉄道運行状況、気象注意報といったこともメールで受信することができるというもの。 これにより、実際の日常生活で使えるサービスは、安否確認システムそのものを忘れないようにするためにも、有効な機能です。 安否確認の回答も、選択方式(任意設定の1~5個)による簡単な回答操作を採用しており、シンプルな操作性も特徴です。 50ID単位で契約可能で、 初期費用100,000円、月額21,750円から。 エマージェンシーコール(インフォコム) インフォコムが運用するは、阪神淡路大震災がきっかけで生まれ、東日本大震災の際には多くの企業が導入し、安定稼働したという実績があるサービスです。 このサービスでは、安否確認システムで最も大切なこととして、 安否確認に対する従業員の回答率を高めるという点に焦点を当てています。 これを実現するためにメールアドレスだけでなく、電話番号やFAXなど 10の連絡先を登録できるようになっているのです。 初期費用200,000円から、月額40,000円から。 たよれーる携帯連絡網(大塚商会) 大塚商会が運用するの特徴は、独自で開発したメール配信エンジンを備えているので、通信混雑時にもメール送信が可能という点です。 さらに安否確認メールには開封確認機能が搭載されており、回答結果を自動で集計します。 災害時にメールが届かないという事態を避けるための独自開発メールを使ったこちらのサービス、ぜひ検討してみてください。 初期費用80,000円、月額ID1つあたり100円。 緊急メール連絡板(ネットウエル) ネットウエルが運用する。 安価ながらも緊急地震速報後の安否確認メールの自動送信、回答結果の自動集計など、安否確認システムとしての基本的な機能は備わっています。 どこまで求めるかにもよりますが、最低限の機能があればいいというのであれば、こちらのサービスはうってつけではないでしょうか。 料金の確認には問い合わせが必要です。 緊急連絡/安否確認サービス(富士通) 富士通が運用するは、 高いセキュリティを誇る富士通システムセンターにサーバーがあるため、安定していることが特徴としてあげられます。 スマホアプリにも対応していて、プッシュ通知によって知らせてくれます。 熊本地震や東日本大震災でも稼働実績があり、データセンターを保有する富士通らしく、安定性の高い安否確認システムといえるはずです。 運用にかかる費用は個別見積りとなっており、料金の確認は問い合わせが必要です。 安否確認サービス(アルカディア) アルカディアのは、管理者から社員やその家族、さらには海外駐在員や現地従業員へ、メール、電話、FAXを利用したメッセージの一斉配信が可能です。 送信できるメッセージは日本語だけでなく、英語やその他言語にも対応。 メッセージを受信した社員やその家族はメール、電話を使って安否の報告を行い、集計結果は管理者がWEBブラウザを使って確認します。 初期費用50,000円、月額10,000円から。 SPIRAL安否確認サービス(パイプドビッツ) パイプドビッツが運用するは、東日本大震災時にも稼働し続けたという有用性が実証済みのサービスです。 総務省推奨制度認定を受けているほど。 安否確認メールの一斉送信はもちろん、メールが届かなかった場合の対策として、従業員がWeb上で安否確認を報告できるようになっています。 料金の確認には問い合わせが必要です。 オクレンジャー(パスカル) パスカルが運用しているは、スマホ専用アプリがあるため、プッシュ通知によるメッセージを取得可能。 メールアドレスを使用しないため、トラフィックが集中して繋がらないということを避けることができます。 このアプリは特許取得済みとのこと。 オプションとして「 ストレスチェック機能」があり、厚生労働省が推奨する 57 項目の職業性ストレス調査を実施できます。 従業員は受検後に即時結果を確認できるとのこと。 スタンダードとエントリー、2つのプランから選択可能。 本サービスも、料金の確認には問い合わせが必要です。 e-安否(ラビックス) ラビックスが運営するは、10年間使われ続けてきた安否確認システムとしては長い実績を持つサービスです。 そのため、基本的な安否確認のサービスはもちろん、安否確認メールに対する回答をすると自動的にGPSで従業員の位置情報を伝えてくれるという機能も備わっています。 プランもライトとプロの2種類から選ぶことができるという仕様。 長い実績があることから、安心して使える安否確認システムといえるでしょう。 初期費用は無料、月額9,500円(ライトプランは20名まで無料)から。 緊急連絡・安否確認システム(NEC) NECが運用するは、NECソリューションイノベータ東北支社が、東日本大震災の被災経験を活かして開発したサービスです。 安否確認への回答は1クリックでできるような仕組みとなっており、慌ただしい災害時の状況においてユーザーに優しい作りとなっています。 月額12,000円から。 安否LifeMail(コム・アンド・コム) コムアンドコムのは、毎月低価格の人数分課金で無理なく継続できることがポイント。 経済産業省からの表彰実績もあり、日本で最初に開発された安否確認システム。 2000年の発売以降、新潟中越地震・東日本大震災・熊本地震・大阪府北部地震・北海道胆振東部地震などの大きな地震でも、一度もシステム停止の経験がありません。 名実ともに信用度の高いシステムと言えるでしょう。 初期費用150,000円と高値ですが、月額は一人あたり80円から。 安否情報システムANPIC(アバンセシステム) アバンセシステムが静岡大学と静岡県立大学の2大学と共同で開発した、。 自動メール送信、安否報告といった基本的な機能は完備しています。 10,000名以上の利用も対応しており、大規模な組織で安否確認システムが必要となる場合、検討してみるといいでしょう。 初期費用25,000円から、月額5,130円から。 安否ねっと(テンフィートライト) テンフィートライトが運営するは、従業員の安否報告で「無事か」「救助が必要か」の2択をわかりやすいデザインで選択できるようになっています。 そのため、被災時に気が動転した状態でも、間違わずに押すことができるはずです。 また、 家族の安否確認も標準装備されているため、この点も優れている点といえるでしょう。 初期費用0円、月額3,000円から。 Safetylink24(イーネットソリューションズ) イーネットソリューションズが運営するは、連絡先とするメールアドレスを最大6つまで登録可能です。 社員だけでなく、家族の安否確認にも対応。 英語対応オプションも実装しています。 大規模人員の安否確認の場合、ライセンス版の利用で大規模運用に適したカスタマイズも可能。 安否確認システムの開発からサーバ運用・データセンター管理まで、プロフェッショナルが一貫して運用管理を行うため安心です。 ASP・SaaS版は初期費用48,000円から、月額9,800円から。 安否コール(アドテクニカ) アドテクニカが運用する。 安否確認システムの基本的な機能は備わっており、何と管理者によるユーザー登録が不要です。 ID・パスワードによるログインもなく、「いざというときに使えない」といったことを避けることができます。 東日本大震災でも機能した実績があり、震災前は50社だった導入数が、震災後200社を超えるほどになったのだそうです。 初期費用105,000円、月額15,000円から。 安否確認サービスANPIS(東洋テック) 東洋テックが運用している。 安否確認システムとして基本の機能は備えつつ、サーバーを二重体制で万が一の動作不良に対応していたり、通信圏外で応答がない人には一定間隔で自動再送信を行うなど十分な機能性が備わっています。 こちらはシステム構築が必要となるため、導入する際は見積もりを行う必要があります。 安否の番人(日立産業制御ソリューションズ) 日立産業制御ソリューションズが運用するは、システム構築型とクラウド型に2タイプがあります。 もともとあったシステム構築型を、東日本大震災での運用ノウハウを活かし、 2016年に中小企業向けに提供するクラウド型をスタートしました。 日立グループのクラウド型の安否確認システムは、ぜひ検討に入れたいところです。 初期費用0円、月額12,300円から。 あんしん連絡網 You-OK(ラビックス) ラビックスが運用する。 緊急地震速報との連動メールはありませんが、メールでの一斉送信には対応しているほか、グループを作ってグループへのメール送信で、コミュニケーションを取ることも可能です。 20名までなら無料で使えるので、試しに使ってみるといいかもしれません。 初期費用無料、月額1,000円(20名以下は無料)から。 バーズ安否確認+(バーズ情報科学研究所) バーズ情報科学研究所が運用する。 自動送信機能はありませんが、メール連絡網だけではなく、SMSに対応しています。 全社員で情報交換を行う「ホワイトボード」機能を搭載しているので、「災害時は担当者が確実に対応できる」状況を想定するのであれば、BCP対策を安価に行うことが可能かもしれません。 30日の無料トライアルで使い勝手を判断してみるといいでしょう。 初期費用無料、料金形態は利用人数、連絡数、使用容量によって異なるため、をご覧ください。 災害時情報センター(Facebook) Facebookが運営する安否確認のためのサービスが、です。 安否確認システムではありませんが、Facebookは社員のほとんどと繋がっているという方も多いはず。 このサービスは知っておいても損はしないでしょう。 使い方は災害が発生した際に登場する特設ページで、「自分の無事を報告する」を押すだけ。 これによって、Facebook上の友達が無事かどうかがわかるという仕組みです。 シンプルですが、その効果は絶大なはずです。 費用はかかりません。 J-anpi(NTTレゾナント) NTTレゾナントが運営するは、通信キャリアが提供する「災害伝言板」、NTTが提供する「Web171」、各企業・自治体が提供する安否情報を一括で検索できるサービスです。 これは取引先などの他社、家族や親戚といった、自社の安否確認システムの外部にいる人は無事なのかどうかを確認するうえで、非常に有益なデータベースです。 事業の早期再開のためには、取引先の安否確認が必要となる場面があるはず。 そうした際に活躍するサービスです。 J-Saccs(東武ビジネスソリューション) 東武ビジネスソリューションが運営するは、ICカードを使った先駆的な安否確認システム。 専用のカードリーダーに、通常の定期券や社員証などで使っているICカードをかざすことで、安否情報を提供することができます。 このシステムのメリットは停電時や通信混雑時にも、支障なく安否確認ができることです。 カードリーダーのある場所に行かなければ、安否確認ができないため、外出中の人や自宅にいる人などの確認はできません。 しかし、会社にいる人や避難所にいる人を把握したいという場合は、非常に便利なサービスではないでしょうか。 500名まで使用できるライセンス1つにつき1,800,000円。 自社のニーズに最も合うものを選ぼう! 安否確認システムとはなにかを簡単にご紹介し、そして28の安否確認システムの比較をしてみました。 安否確認システムへの理解は深まったでしょうか。 各システムの違いは微々たるものですが、大事な社員の命を守るためのツールなので、自社のニーズに最も合うものを選びましょう。 各安否確認システムには無料トライアルができるものもあるので、ぜひ試してみて、自社に合う安否確認システムを選んでみてはいかがでしょうか。 詳細は各社までお問い合わせくださいませ。

次の

安否LifeMail(安否確認システム)の製品詳細|ITトレンド

安否確認システム 比較

企業におけるBCPと安否確認システム 災害時、企業に不可欠な BCP(事業継続計画) 実際に災害が起きたとき、従業員の状況をいかに迅速に把握し、今後の対策を行うかということはBCPを実行する上で重要なポイントです。 企業がBCPを実行するうえで、導入が必要になってくるのが 安否確認システム。 しかし、安否確認システムは無数に存在し、比較して選ぶにしても、簡単ではないのが現状です。 どのサービスがいいのかは、支社の有無、従業員数、どの程度の費用がかけられるのかといったことによって変わってきます。 自社でBCPの枠組みができたなら、自社の要素を検討したうえで、必要な機能が備わったサービスを選ぶようにするのがベストです。 しかし、これからBCPを策定しようとする企業の防災担当者にとっては、具体的にどんな機能があるのか知らないという方も多いかもしれません。 「いつ起こるかわからない大災害に備え、自社に最もフィットした安否確認システムを導入したい」 「そのために、まずはとにかく多くの安否確認システムの情報を集めたい」 そんな企業の担当者向けに、 28種類の安否確認システムを比較しました。 比較して検討できるように、各安否確認システムごとの特徴を紹介していきます。 安否確認システムの違いとは?28サービスを比較しよう! 各サービスの料金一覧 各サービスともに、初期費用と維持コストにバラつきが見られるものの、安否確認システムとしての機能はどれも成熟しています。 これは、価格競争とともに他社サービスの新機能をキャッチアップし、定期的なアップデートで盛り込んでいるからです、 そのため、初めに初期費用と維持コストの許容度から利用候補を洗い出し、 大部分のサービスに用意されている「トライアル期間」を利用して、使い勝手を比較することが推奨されます。 次項のサービス詳細を確認するまえに、まずは下記の比較表をもとに候補を洗い出してみてください。 (Yahoo! (ネットウエル) 要問い合わせ 11. (富士通) 要問い合わせ 12. (パイプドビッツ) 要問い合わせ 14. (パスカル) 要問い合わせ 15. (コム。 (東洋テック) 要問い合わせ 23. (東武ビジネスソリューション) 1,800,000円(最大500名が使用可能) 1. 安否確認サービス2(トヨクモ) トヨクモが運用するは、 コミュニケーション機能が充実しているのが特徴。 安否確認のためのメールだけでなく、全員が閲覧・書き込み可能な掲示板機能、指定したメンバーのみのグループで議論できるメッセージ機能が備わっているのです。 これは災害時には安否確認ののち、対策を議論する必要があり、それに応える形でこうした機能が付けられました。 また、災害時にはアクセスが急増するためサーバを自動拡張する等、安心を確保するための機能が多数実装されています。 価格が比較的安いため、BCPに予算をかけられないという中小企業やベンチャー企業は検討してみてはいかがでしょうか。 初期費用無料、月額6,800円から。 Biz安否確認(NTTコミュニケーションズ) NTTコミュニケーションズが提供している。 基本的なBiz安否確認はドコモ版であり、としてサービスを提供しています。 通信キャリアによる信頼度の高いシステム運用が強み。 スマートフォン・タブレット向けに専用アプリに対応しており、プッシュ通知や、従業員の位置情報を地図上で確認するという機能が備わっています。 まさしくスマホ時代の安否確認システムといえるでしょう。 24時間365日対応のヘルプデスクが完備されており安心して利用できます。 初期費用100,000円から、月額10,400円から。 セコム 安否確認サービス(セコムトラストシステムズ) セキュリティシステムの セコムが運用するは、なんといっても大手警備会社による運用という安心感が最大の特徴。 国内最高水準の安全性を誇るという「セコム・セキュアデータセンター」内に設置された、「セコムあんしん情報センター」に常駐するスタッフが手動で災害情報を提供したり、安否確認メールの代行送信を行うといった、まさにセコムならではの機能を設けています。 信頼できるセコムのスタッフによる手厚いサポートは、災害時に頼もしい存在となることでしょう。 人力の方が安心するという方は、セコムの安否確認システムがオススメできます。 また、2019年9月2日、 LINE worksとの連携も発表。 LINE worksユーザーにとっては嬉しい機能です。 初期費用200,000円、月額30,000円から。 安否確認サービス(ALSOK) 警備・セキュリティサービスを提供する ALSOKが運用するは、 総合的なセキュリティサービスを担うALSOKらしく、あらゆるリスクに対応する連絡ツールとして活用できるようになっています。 安否確認メールの一斉送信と応答で安否を確認。 登録アドレスには安否確認だけでなく、気象・災害情報の配信も可能。 情報入手手段としても有効利用できます。 初期費用50,000円、月額18,000円から。 安否確認サービス(Yahoo! ) Yahoo! が運営するの最大の特徴は、やはりYahoo! というWebで影響力のある企業が携わっていることでしょう。 月間PV数624億という莫大なPV数に耐えられるYahoo! ということもあり、サーバーが落ちない安定した安否確認システムを提供しています。 東日本大震災当時、24億ものアクセスに耐え抜いた実績も有しています。 一斉送信から自動集計までの基本的な安否確認の機能を低価格で搭載。 初期費用無料、月額4,400円から。 パスモバイルサービス(NTTテレコン) NTTテレコンが運用するメール配信サービスは、災害時に限らず、緊急連絡網やメールマガジンやクーポンの配信が可能。 メールに 開封確認機能が搭載されている点が特徴です。 これにより、「いつメールを見たのか」もしくは「メールを見ていないこと」がわかるため、従業員にもしものことがあった場合の救助活動に対応しやすくなります。 災害時しか使わないサービスに予算を使うのはちょっと……と思っている方にとっては有力な選択肢ではないでしょうか。 安否確認に特化したは、気象庁の情報に対応した自動送信も可能です。 通常利用は初期費用30,000円から、月額8,000円から。 安否確認利用は初期費用50,000円から、月額10,000円から。 安否確認サービス(レスキューナウ) レスキューナウが運用するは、メールを基本としたサービスで、安否確認メールや災害情報メールの機能が備わっています。 また、日常的に活用できるように、鉄道運行状況、気象注意報といったこともメールで受信することができるというもの。 これにより、実際の日常生活で使えるサービスは、安否確認システムそのものを忘れないようにするためにも、有効な機能です。 安否確認の回答も、選択方式(任意設定の1~5個)による簡単な回答操作を採用しており、シンプルな操作性も特徴です。 50ID単位で契約可能で、 初期費用100,000円、月額21,750円から。 エマージェンシーコール(インフォコム) インフォコムが運用するは、阪神淡路大震災がきっかけで生まれ、東日本大震災の際には多くの企業が導入し、安定稼働したという実績があるサービスです。 このサービスでは、安否確認システムで最も大切なこととして、 安否確認に対する従業員の回答率を高めるという点に焦点を当てています。 これを実現するためにメールアドレスだけでなく、電話番号やFAXなど 10の連絡先を登録できるようになっているのです。 初期費用200,000円から、月額40,000円から。 たよれーる携帯連絡網(大塚商会) 大塚商会が運用するの特徴は、独自で開発したメール配信エンジンを備えているので、通信混雑時にもメール送信が可能という点です。 さらに安否確認メールには開封確認機能が搭載されており、回答結果を自動で集計します。 災害時にメールが届かないという事態を避けるための独自開発メールを使ったこちらのサービス、ぜひ検討してみてください。 初期費用80,000円、月額ID1つあたり100円。 緊急メール連絡板(ネットウエル) ネットウエルが運用する。 安価ながらも緊急地震速報後の安否確認メールの自動送信、回答結果の自動集計など、安否確認システムとしての基本的な機能は備わっています。 どこまで求めるかにもよりますが、最低限の機能があればいいというのであれば、こちらのサービスはうってつけではないでしょうか。 料金の確認には問い合わせが必要です。 緊急連絡/安否確認サービス(富士通) 富士通が運用するは、 高いセキュリティを誇る富士通システムセンターにサーバーがあるため、安定していることが特徴としてあげられます。 スマホアプリにも対応していて、プッシュ通知によって知らせてくれます。 熊本地震や東日本大震災でも稼働実績があり、データセンターを保有する富士通らしく、安定性の高い安否確認システムといえるはずです。 運用にかかる費用は個別見積りとなっており、料金の確認は問い合わせが必要です。 安否確認サービス(アルカディア) アルカディアのは、管理者から社員やその家族、さらには海外駐在員や現地従業員へ、メール、電話、FAXを利用したメッセージの一斉配信が可能です。 送信できるメッセージは日本語だけでなく、英語やその他言語にも対応。 メッセージを受信した社員やその家族はメール、電話を使って安否の報告を行い、集計結果は管理者がWEBブラウザを使って確認します。 初期費用50,000円、月額10,000円から。 SPIRAL安否確認サービス(パイプドビッツ) パイプドビッツが運用するは、東日本大震災時にも稼働し続けたという有用性が実証済みのサービスです。 総務省推奨制度認定を受けているほど。 安否確認メールの一斉送信はもちろん、メールが届かなかった場合の対策として、従業員がWeb上で安否確認を報告できるようになっています。 料金の確認には問い合わせが必要です。 オクレンジャー(パスカル) パスカルが運用しているは、スマホ専用アプリがあるため、プッシュ通知によるメッセージを取得可能。 メールアドレスを使用しないため、トラフィックが集中して繋がらないということを避けることができます。 このアプリは特許取得済みとのこと。 オプションとして「 ストレスチェック機能」があり、厚生労働省が推奨する 57 項目の職業性ストレス調査を実施できます。 従業員は受検後に即時結果を確認できるとのこと。 スタンダードとエントリー、2つのプランから選択可能。 本サービスも、料金の確認には問い合わせが必要です。 e-安否(ラビックス) ラビックスが運営するは、10年間使われ続けてきた安否確認システムとしては長い実績を持つサービスです。 そのため、基本的な安否確認のサービスはもちろん、安否確認メールに対する回答をすると自動的にGPSで従業員の位置情報を伝えてくれるという機能も備わっています。 プランもライトとプロの2種類から選ぶことができるという仕様。 長い実績があることから、安心して使える安否確認システムといえるでしょう。 初期費用は無料、月額9,500円(ライトプランは20名まで無料)から。 緊急連絡・安否確認システム(NEC) NECが運用するは、NECソリューションイノベータ東北支社が、東日本大震災の被災経験を活かして開発したサービスです。 安否確認への回答は1クリックでできるような仕組みとなっており、慌ただしい災害時の状況においてユーザーに優しい作りとなっています。 月額12,000円から。 安否LifeMail(コム・アンド・コム) コムアンドコムのは、毎月低価格の人数分課金で無理なく継続できることがポイント。 経済産業省からの表彰実績もあり、日本で最初に開発された安否確認システム。 2000年の発売以降、新潟中越地震・東日本大震災・熊本地震・大阪府北部地震・北海道胆振東部地震などの大きな地震でも、一度もシステム停止の経験がありません。 名実ともに信用度の高いシステムと言えるでしょう。 初期費用150,000円と高値ですが、月額は一人あたり80円から。 安否情報システムANPIC(アバンセシステム) アバンセシステムが静岡大学と静岡県立大学の2大学と共同で開発した、。 自動メール送信、安否報告といった基本的な機能は完備しています。 10,000名以上の利用も対応しており、大規模な組織で安否確認システムが必要となる場合、検討してみるといいでしょう。 初期費用25,000円から、月額5,130円から。 安否ねっと(テンフィートライト) テンフィートライトが運営するは、従業員の安否報告で「無事か」「救助が必要か」の2択をわかりやすいデザインで選択できるようになっています。 そのため、被災時に気が動転した状態でも、間違わずに押すことができるはずです。 また、 家族の安否確認も標準装備されているため、この点も優れている点といえるでしょう。 初期費用0円、月額3,000円から。 Safetylink24(イーネットソリューションズ) イーネットソリューションズが運営するは、連絡先とするメールアドレスを最大6つまで登録可能です。 社員だけでなく、家族の安否確認にも対応。 英語対応オプションも実装しています。 大規模人員の安否確認の場合、ライセンス版の利用で大規模運用に適したカスタマイズも可能。 安否確認システムの開発からサーバ運用・データセンター管理まで、プロフェッショナルが一貫して運用管理を行うため安心です。 ASP・SaaS版は初期費用48,000円から、月額9,800円から。 安否コール(アドテクニカ) アドテクニカが運用する。 安否確認システムの基本的な機能は備わっており、何と管理者によるユーザー登録が不要です。 ID・パスワードによるログインもなく、「いざというときに使えない」といったことを避けることができます。 東日本大震災でも機能した実績があり、震災前は50社だった導入数が、震災後200社を超えるほどになったのだそうです。 初期費用105,000円、月額15,000円から。 安否確認サービスANPIS(東洋テック) 東洋テックが運用している。 安否確認システムとして基本の機能は備えつつ、サーバーを二重体制で万が一の動作不良に対応していたり、通信圏外で応答がない人には一定間隔で自動再送信を行うなど十分な機能性が備わっています。 こちらはシステム構築が必要となるため、導入する際は見積もりを行う必要があります。 安否の番人(日立産業制御ソリューションズ) 日立産業制御ソリューションズが運用するは、システム構築型とクラウド型に2タイプがあります。 もともとあったシステム構築型を、東日本大震災での運用ノウハウを活かし、 2016年に中小企業向けに提供するクラウド型をスタートしました。 日立グループのクラウド型の安否確認システムは、ぜひ検討に入れたいところです。 初期費用0円、月額12,300円から。 あんしん連絡網 You-OK(ラビックス) ラビックスが運用する。 緊急地震速報との連動メールはありませんが、メールでの一斉送信には対応しているほか、グループを作ってグループへのメール送信で、コミュニケーションを取ることも可能です。 20名までなら無料で使えるので、試しに使ってみるといいかもしれません。 初期費用無料、月額1,000円(20名以下は無料)から。 バーズ安否確認+(バーズ情報科学研究所) バーズ情報科学研究所が運用する。 自動送信機能はありませんが、メール連絡網だけではなく、SMSに対応しています。 全社員で情報交換を行う「ホワイトボード」機能を搭載しているので、「災害時は担当者が確実に対応できる」状況を想定するのであれば、BCP対策を安価に行うことが可能かもしれません。 30日の無料トライアルで使い勝手を判断してみるといいでしょう。 初期費用無料、料金形態は利用人数、連絡数、使用容量によって異なるため、をご覧ください。 災害時情報センター(Facebook) Facebookが運営する安否確認のためのサービスが、です。 安否確認システムではありませんが、Facebookは社員のほとんどと繋がっているという方も多いはず。 このサービスは知っておいても損はしないでしょう。 使い方は災害が発生した際に登場する特設ページで、「自分の無事を報告する」を押すだけ。 これによって、Facebook上の友達が無事かどうかがわかるという仕組みです。 シンプルですが、その効果は絶大なはずです。 費用はかかりません。 J-anpi(NTTレゾナント) NTTレゾナントが運営するは、通信キャリアが提供する「災害伝言板」、NTTが提供する「Web171」、各企業・自治体が提供する安否情報を一括で検索できるサービスです。 これは取引先などの他社、家族や親戚といった、自社の安否確認システムの外部にいる人は無事なのかどうかを確認するうえで、非常に有益なデータベースです。 事業の早期再開のためには、取引先の安否確認が必要となる場面があるはず。 そうした際に活躍するサービスです。 J-Saccs(東武ビジネスソリューション) 東武ビジネスソリューションが運営するは、ICカードを使った先駆的な安否確認システム。 専用のカードリーダーに、通常の定期券や社員証などで使っているICカードをかざすことで、安否情報を提供することができます。 このシステムのメリットは停電時や通信混雑時にも、支障なく安否確認ができることです。 カードリーダーのある場所に行かなければ、安否確認ができないため、外出中の人や自宅にいる人などの確認はできません。 しかし、会社にいる人や避難所にいる人を把握したいという場合は、非常に便利なサービスではないでしょうか。 500名まで使用できるライセンス1つにつき1,800,000円。 自社のニーズに最も合うものを選ぼう! 安否確認システムとはなにかを簡単にご紹介し、そして28の安否確認システムの比較をしてみました。 安否確認システムへの理解は深まったでしょうか。 各システムの違いは微々たるものですが、大事な社員の命を守るためのツールなので、自社のニーズに最も合うものを選びましょう。 各安否確認システムには無料トライアルができるものもあるので、ぜひ試してみて、自社に合う安否確認システムを選んでみてはいかがでしょうか。 詳細は各社までお問い合わせくださいませ。

次の

オクレンジャーの特徴|緊急連絡網・安否確認システム「オクレンジャー」

安否確認システム 比較

「安否確認アプリってあった方がいいの?」 「災害時に安否確認ができるアプリにも違いはあるの?」 「安否確認システムを無料で使えるものはないの?」 この記事では、このような疑問を解決していきます。 なぜなら、スマートフォンの普及率が高い今では災害時にスマートフォンを利用して安否確認をする可能性が高いからです。 実際に東日本大震災でもSNSを使って救助を求めるなど、スマートフォンを使ったケースが多く見られました。 例えば、安否確認アプリでプッシュ通知のみしか対応していないと、安否報告する際に都度WEBでログインしてから報告する必要が出てしまいます。 また、メールアドレスの登録が必要になると、迷惑メールフィルターに引っかかってしまう従業員も多く、管理者に想定外の問合せが殺到して辛い思いをすることもあります。 いつ起こるか分からない自然災害時にこのような手間がかかってしまっては、従業員の安否確認が正確に出来なくなるだけでなく、避難活動の遅れにつながってしまう可能性もあるため、アプリの機能の豊富さはとても重要です。 しかし、安否確認アプリと言っても様々な種類があり、利用者の希望に合ったものを見つけるには想像以上に時間や手間がかかってしまいます。 そこでこの記事では、どの安否確認アプリが利用者の要件に合うのか、安否確認アプリを中心に安否確認システムの機能の違いを比較形式でご紹介していきます。 さらに記事の後半では、無料で使える安否確認システムについてもご紹介していきます。 この記事を読めば、それぞれの安否確認アプリや安否確認システムの違いが分かるので、利用者の希望に合った安否確認システムを導入できるようになります。 index それではさっそく、人気8社の安否確認アプリを中心に安否確認システムについて比較した結果をご紹介します。 この表をみれば、それぞれの安否確認アプリ、安否確認システムの違いが一目で分かるので、希望のサービスが見つかるはずです。 より使い勝手の良い安否確認アプリを探すために、特に安否確認アプリで利用できる機能の数に注目して比較した結果を掲載しています。 無料でご提供させて頂きますので、「現在のシステムがうまく運用できていない方・・・」 「社内の情報共有を効率化したい方・・・」「快適なコミュニケーションツールを探している方」はこちらからダウンロードしてみてください。 安否確認サービス徹底比較表のダウンロードはこちら 安否確認システム・安否確認アプリとは? ここからは、まだ安否確認アプリや安否確認システムが分からないという方のために、簡単に概要をご紹介します。 安否確認アプリとは? 安否確認システムの一部の機能をスマートフォンのアプリ上で利用できるアプリのことです。 アプリ対応の安否確認システムを導入すれば、追加料金を支払わずに利用できます。 スマートフォンの普及とともに対応するシステムも増加し、今ではほとんどの安否確認システムで安否確認アプリが用意されています。 多くの場合は、アプリならではのプッシュ通知を利用できるほか、ログインする必要もなくなるため、安否確認アプリを利用するだけでスムーズな安否確認が可能になります。 安否確認システムとは? 災害発生時の従業員の安否を即時に確認できるシステムのことです。 主に安否確認メールの手動・自動配信や回答の自動集計、集計結果のリアルタイム反映機能などが搭載されており、多数の従業員やその家族の安否確認を素早く正確に行うことができます。 安否確認を素早く正確に行えば、災害発生後に事業を復旧できるかどうかの判断を素早くできるため、地震や風水害など、自然災害が多い日本では安否確認システムへの注目が高まっています。 安否確認システムを無料で使うことができるか? 安否確認システムを無料で利用することができるのか、調査した結果をご紹介します。 結論からお伝えすると、安否確認システムの中には無料で利用できるものもありますが、おすすめはできません。 なぜなら、無料版には下記のような機能や人数の制限があることや、広告表示がされるなどのデメリットがあるからです。 たとえば自動配信機能や掲示板機能がないと、管理者が被災してしまった場合は安否確認の連絡が全従業員に届かなくなってしまい、それぞれの状況確認ができなくなる可能性もあります。 また、利用時に広告が表示されてしまっては、いざというときに間違って押してしまう恐れがあり、従業員も不信感を抱いてしまいます。 そうなってしまうと導入した意味がなくなってしまうことから、無料で利用できる安否確認システムの利用はおすすめできません。 100名以下であれば月額¥10,000~利用できるサービスもあるので、安否確認システムを導入する際は確かな機能をもつ有料のサービスを選ぶようにしましょう。 まとめ:安否確認システムを選ぶ時は、安否確認アプリで利用できる機能の数を重要視しよう いかがでしたでしょうか。 この記事では安否確認アプリを中心に、機能や料金の違いを調査した結果を比較形式でご紹介しました。 災害時に利用する確率が高いのは、間違いなくスマートフォンです。 安否確認システムの機能差ももちろん大切ですが、安否確認アプリで利用できる機能が豊富であれば、メールやWeb上を往復することがなくなるので、より手間なく正確に安否確認をすることができます。 大規模な災害発生時には通信状態が不安定になることも考えられるので、1つの手間が大きな安否確認の妨げになる可能性もあります。 そのため、災害時の利用頻度が高い安否確認アプリは利用できる機能に注目して選ぶことが重要です。 これから安否確認システムの導入を検討されている方や切り替えをお考えの方は、安否確認アプリの機能に注目して検討しましょう。 アプリで利用できる機能が豊富な【安否コール】の無料トライアルはコチラ 安否確認サービス徹底比較表のダウンロードはこちら アプリで利用できる機能が豊富な【安否コール】の資料請求はコチラ.

次の