喪中 はがき 文面。 【喪中はがきの返信文例】友人へ返事の書き方は?時間やマナーは?

喪中はがきの文面の色は白黒?カラーを使っていいの?

喪中 はがき 文面

喪中はがきの文例をダウンロードする場合には下記からダウンロードするようにして下さい。 上記のダウンロードリンクからダウンロードできる喪中はがきのファイルの文例には、 亡月日、続柄、名前、享年の記されている喪中はがきの文例から 喪中はがきの内容が簡素化されているものまで色々な物を用意しています。 この喪中はがき文例ファイルの中から好きな物を使用して喪中はがきを作成して下さい。 喪中はがきを作成する時にはプリンタで外側だけを使用してダウンロードした文例を見ながら手書きて書いた方が良い場合もあります。 手書きで書いた方が誰が書いたかもわかりますし、 端的にならない喪中はがきを作成する事が出来ます。 喪中はがき全てをプリンタで印刷してしまっては誰が送って来たのか? 一見してわからなくなる喪中はがきになります。 手書きで書く事で本人の字である事が伝わりご功労感じさせる事でしょう。 ここからは上記でダウンロードした喪中はがき文例集のご紹介と解説を掲載していきたいと思います。 喪中はがきの文例無料ダウンロードの内容と解説 ここからは上記でダウンロードした無料文例のいくつかを解説していきたいと思います。 喪中はがきを作成する際の参考にして頂ければと思います。 喪中はがき文例 続柄のみのシンプルな書き方例 故【続柄】の喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮させて頂きます。 上記の文例は冒頭挨拶に続柄のみを記入するタイプのシンプルな文例になっています。 新年のご挨拶をご遠慮させていただきますという理由を簡易的に伝える喪中はがきになので、 直接故人とは関わりが無く、毎年年賀状のやり取りがある場合の方などに使用する際に最適です。 喪中はがき文例 続柄,お名前,享年の書き方例 喪中につき年末年始のご挨拶謹んでご遠慮申し上げます 叔父 幸利 故 85歳 享年 今年11月 叔父幸利が85歳で永眠いたしました 今年中に受け賜りましたご配慮誠に感謝致しております。 季節柄肌寒くなりましたのでお身体には十分お気をつけられて下さい。 直接故人と関係のあった方で毎年年賀状のやり取りを行っている方などに喪中はがきを差し出す際には最適な文例になります。 喪中はがき文例 続柄,お名前,享年の書き方例2 喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮させて頂きます。 この喪中はがき文例も同じように続柄、お名前、享年を伝える形式の文例になっておりますが、 冒頭の挨拶の後に形式立てた書式の書き方で命日も合わせて記載し、最後に「永眠」を使用しております。 このように喪中はがきを詳細に作成する場合には書き方が数種類ありますので手書きで作成される際のご参考にしていただければと思います。 喪中はがきを印刷で作成したい場合 喪中はがきを印刷で全て済ませてしまいたい場合にはPCで喪中はがきのデータを作成する必要があります。 喪中はがきがのデザインが既にされているテンプレートをお持ちの場合には上記の文例ファイルからお好きな文例を選んでテンプレートに貼り付けて使用することもできます。 しかし、デザイン済みのテンプレートに文例を貼り付ける場合にはワードなどの文書作成ソフトで喪中はがきのテンプレートを開く必要があります。 文例を貼り付けて喪中はがきを作成される場合には既にお手持ちのテンプレートファイルがあると思いますが、そのテンプレートファイルがワードなどで開くことができるか確認してみて下さい。 もし、開くことが出来ない場合にはテンプレートは編集できないのでワードで開くことができる喪中はがきのテンプレートデータが必要になりますので予めご了承下さい。 別ページではワードで編集できるデザイン済みの喪中はがき無料テンプレートを配布していますのでそちらに上記の文例データを貼り付けることもできます。 喪中はがきの文例無料ダウンロードの記事を読んだ人は他にもこんなページを見ています。

次の

【喪中はがきの返信文例】友人へ返事の書き方は?時間やマナーは?

喪中 はがき 文面

ざっくりと言えば、 年賀欠礼を詫びる 挨拶状です。 まず、この点を押さえておけば、出す時期や出す相手の範囲など理解しやすいと思います。 (2)喪中とする親族の範囲 一般的には、 配偶者、 一親等(両親・子・配偶者の両親)と、 二親等(兄弟姉妹、祖父母、配偶者の兄弟姉妹、配偶者の祖父母)までを範囲としています。 我家の場合、 私の父母は当然として、 妻の祖父母の場合も喪中としました。 なお、妻の祖父母については、妻が実家で同居していたのであって、結婚後は同居していたわけではありません。 しかし、義父母に相談したところ、喪中とすることにしました。 まあ、喪中の範囲の考え方は まちまちですので、判断に迷われた場合は、ご自身の父母や年長者に相談なされることをお勧めします。 一方で、同居していなかった妻の母方の祖母の場合は喪中とはしませんでした。 ちなみに、私には姉や妹がいますが、彼女たちはともかく、その配偶者の場合は喪中とはしないと思います。 (3)出す時期 先方に 11月下旬から 12月上旬までに届くことを逆算して出すと良いと思います。 つまり、先方での年賀状の購入など、その準備が始まる前に届くことがポイントです。 まあ、遅くとも、年賀状の受付開始である 12月15日前までに届けば良いと思います。 (4)出す範囲 基本的に、 年賀状のやり取りをしている範囲の方々に出せば良いと思います。 喪中はがきは、年賀欠礼の挨拶状だからです。 例えば、親であれば、自分の兄弟や親の実の兄弟などです。 しかし、仕事関係先へは公私を分けて、年賀状を出しても良い場合もあります。 この点はケースバイケースで判断すれば良いと思います。 この文例の 続柄、 名前、 日付、 年齢などを修正すれば十分だと思います。 一応、無料のテンプレートのサイトのリンクを置いておきますので、適宜にご利用ください。 例えば、妻の父が亡くなった場合、夫側を基準とすれば 義父ですが、妻側からみれば 実父ですので、迷いが生じるかと思います。 ただ、妻の父を岳父、母を丈母と呼ぶことは一般的では無いため、最近はあまり使われていないようです。 この一方、年賀欠礼となる理由を明確に伝えることに重点を置けば、誰が亡くなったか 判りやすいのが1番だと個人的には思います。 この文例の場合、妻の父とも書いていますし、フルネームであれば苗字も異なるので、誰が亡くなったかは間違えようがありませんね。 ここで、数え年とは、生まれた時点を最初の年として1歳とすると共に、それ以降は正月を迎えるごとに1歳ずつ年齢を加算する数え方です。 数え年を計算する場合、 その年の誕生日がまだななら、 満年齢+2歳、 その年の誕生日を既に迎えたなら、 満年齢+1歳、 とすれば良いです。 時おり、 年齢の記載がない喪中はがきを頂くことがありますが、ちょっと不親切かなと思います。 例えば、年齢が判らないと、亡くなった方が平均寿命より長生きした大往生だったのか、それとも、病気や不慮の事故にみまわれて短命だったのか、が判らずに差出人の気持ちの持ちようなど、 予測し難くなります。 その場合、差出人に対して どのように接するのかの判断にも影響を与えると思うからです。 スポンサーリンク 2.注意点 (1)故人の知人について 自分と面識がなく、かつ、故人が生前に年賀状のやり取りしていた方へ出すのは、結構忘れがちです。 葬儀に列席頂いた方はもちろんのこと、 年賀状のやり取りだけだった方にも出すようにしましょう。 私の場合、母が亡くなった時、年賀状のやり取りだけの方には出し忘れてしまいました。 ただ、後に ハタと気付き、母の過去の年賀状を確認した上で急ぎ出しました。 知人の中には、葬儀に列席できなかったことを 不満に思う方がいるかもしれません。 (3)12月に亡くなった場合 遅くとも 12月15日前後に届くなら出しても良いと思います。 ちなみに、私の父は 12月28日に亡くなったので、年明けの寒中見舞いで対応しました。 (4)出す予定の先方から喪中はがきが先に届いた場合 当然、こちらからも出しましょう。 喪中はがきは、年賀欠礼を伝える挨拶状ですので、相手が喪中かどうかは関係ないからです。 (5)体裁は最低限整える 喪中はがきは一種の挨拶状ですので、 最低限の体裁は整えましょう。 特に、ご自分でテンプレートをダウンロードして作成する場合には注意が必要です。 例えば、 私製はがきで作成するなら、切手は 弔辞用切手を貼る、 通常はがき(郵便はがき)で作成するなら、切手は 胡蝶蘭がデザインされているものにするなどです。 記念切手を貼ったり、ヤマユリや山桜がデザインされた通常はがきは避けるべきです。 他にも、引越しや退職等の近況を知らせる一文を付け加えることはやめ、別途、寒中見舞いなどで知らせるようにしましょう。 (6)縦書きと横書き 繰り返しになりますが、喪中はがきは一種の 挨拶状です。 このような儀礼的な点を考慮すれば、縦書きとした方が無難です。 出回っているテンプレートも、多くは縦書きですしね。 3.最後に 以上が、私がまとめた喪中はがきの 押さえるべき点と 注意点です。 身内が亡くなった場合、葬儀や法事、他にも新盆などがあり、慣れないこともあるため、結構大変だと思います。 ただ、葬儀や法事の案内状などは、葬儀業者にまかせっきりでも良いのですが、 喪中はがきはそうはいかない点もあります。 このため、どうすれば良いか心配なされる場合もあるかと思います。 でも、喪中はがきは 年賀欠礼を詫びる 挨拶状であると押さえておけば、その作成や投函などで慌てることは無いと思います。 ここで一句、 喪中とは 年賀欠礼 知らすこと では、また。 スポンサーリンク 良かったらシェアしてください! 当ブログへのご訪問、そして、コメントまで頂き有難うございます。 まず、お父様のご冥福をお祈り申し上げます。 さて、ご質問を頂いた件ですが、私の父亡き後に一人暮らしをしていた亡くなった母の場合を引き合いに、私が実際にどのように行動したかでご回答に代えたく思います。 (1)喪中はがきは出すべきか 私の場合は、記事にあるように、母がやり取りしていた方々にも喪中はがきを出しました。 個人的には、出すべきと考えます。 理由は、その方々も故人の現況を知りたいと考えるからです。 出す期限としては、先方が年賀はがきの準備を始める前が理想だと思います。 具体的には、12月15日以前です。 私の場合、気づくのが遅れましたが、おそらく12月18日頃までには喪中はがきを受け取って頂けたかと思います。 その後、年賀はがきが送付されることはなかったので、状況は伝わったと思います。 (2)差出人名について 私の場合、先に送っていた他の方々への喪中はがきを流用したので、夫婦連名でした。 まあ、母と私は苗字が同じですので、先方は私が母の息子であると、すぐに認識できたと思います。 もし、嫁いで苗字が変わっていたり、個人的に連絡しようと考えているなら、夫婦連名や兄弟連名にこだわることなく、ご自身の名前だけの喪中はがき送っても良いと思います。 その場合、故人との関係が判る一文を入れたり、手書きで加えたりするのが親切だと思います。 先方としても、故人とどのような関係の方が送ってくれたのか気になると思いますので。 (3)文面について 私の場合、ほぼ、テンプレート通りの文面にしました。 文面の詳細は、記事にあるテンプレートを紹介するサイトを参考にすれば良いと思います。 以上、ご参考にして頂ければと思います。 駒形武志さん、当ブログへのご訪問、そして、コメントまで頂き有難うございます。 先にお孫さんのご冥福をお祈り申し上げます。 そもそも喪中はがきの趣旨は、年賀欠礼を詫びることにあります。 であれば、故人の年齢は受取人にとって差出人の心情を慮るための一種の付加情報であると思います。 そこで、私個人の意見として申し上げると、本件の場合、形式にこだわらなくても良いのではと思います。 つまり、お孫さんの年齢ではなく、生後86日でご逝去された旨を記載しても良いのではないでしょうか。 その方が、受取人にとって駒形様の心情をより慮ることができるかと思えるからです。 以上、ご参考として頂ければと思います。

次の

喪中はがきの書き方・作成ポイント&文例集 [手紙の書き方・文例] All About

喪中 はがき 文面

年賀状の基本• 年賀状アプリ• 年賀状作成 ソフトなど• パソコン年賀状 の作り方1• パソコン年賀状 の作り方2• 年賀状 お役立ち情報• 喪中はがきの 基本• 暑中見舞いの 基本• 暑中見舞い お役立ち情報• 時候の挨拶• 季節の挨拶状と 文例• 年賀状と文例• 一般挨拶状と 文例• 結婚関連の 書状と文例• はがきと手紙の 豆知識• 年賀状ソフトの 活用• 喪中のため年末年始のご挨拶は失礼させていただきます 【死去月】に【故人続柄】【故人の名前】が【享年】にて永眠いたしました。 ここに、本年中に賜りましたご厚情に心から感謝申し上げます。 明年も変わらぬご交誼のほど よろしくお願い申し上げます。 今年【死去月日】に【故人続柄】が永眠致しましたため、新年のご挨拶を申し上げるべきところ喪中につきご遠慮させていただきます。 なお、時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます。 今年も残り少なくなり、皆様も何かとお忙しいことと存じ上げます。 さて、去る【死去年月日】に【故人続柄】が天寿を全ういたしまして、ただいま服喪中でございますため、年末年始ともご挨拶は差し控えさせていただきます。 寒さの厳しい折から、いっそうご自愛のほど念じ上げます。 本年も残すところわずかとなりました。 皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。 私どもでは、【死去年月日】に【故人続柄】が急逝し喪に服しておりますので、年末年始のご挨拶を控えさせていただきます。 寒さいよいよ厳しさを増す折柄、一層ご自愛のほどお祈り申し上げます。 喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます 【死去月日】に【故人続柄】【故人の名前】が【享年】 【死去月日】に【故人続柄】【故人の名前】が【享年】にて永眠いたしました。 これまで賜りましたご厚情に、故人になり代わりまして厚く御礼申し上げます。 日増しにお寂しいことかと存じます。 服喪中とうけたまわりましたので、お年賀状は差し控えさせていただきます。 どうぞお体には気をつけてお元気に新しい年をお迎えくださいませ。 このたびはご丁重なお手紙をいただき、お父様ご他界を知りました。 ご病気のことも少しも存じ上げず、お見舞いもお悔やみも申し上げず失礼いたしました。 お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 お寂しい毎日をお過ごしのことと存じますが、どうぞお体をお大事に新しい年をお迎えくださいませ。 寒中お見舞い申し上げます。 このたびはお年賀状を頂戴いたしましてありがとうございました。 連絡が行き届かず大変失礼いたしました。 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

次の