フランドール 立ち絵。 nicotalk&キャラ素材配布所

失明したフラン(レミリアいじめ含)

フランドール 立ち絵

上記のように幽閉されていたため人間を襲う際の加減の仕方を知らず、血を吸うどころかうっかり血の一滴も残さず吹き飛ばしてしまう。 ちなみにこの妹様、『紅魔郷』の時点ではレミリアの事を「お姉様」と呼んでレミリアを馬鹿にした霊夢に怒る姿を見せたりしたが、 その後の『文花帳』における天狗のインタビューでは「あいつ」呼ばわりして完全に舐め切っている。 気が触れている(情緒不安定とも)割に、ゲーム中では案外会話や態度はまともで、 とは童謡マザー・グースの一節「The Queen of Hearts」について英語でハイレベルの論争をする程である。 一方、『文花帖』では話の内容が微妙に噛み合わず、会話が成立していなかったりする。 前述の設定に加え、その辺も出番が無い一因かもしれない。 『紅魔郷』『文花帖』といくつかの書籍作品を除いて出番無し。 ……そもそも幻想郷の人物は大半が非常識or気が触れて ry 『風神録』でまさかの。 勿論、格闘ゲームの『萃夢想』、『緋想天』、非公式だがアクションゲームの『魔理沙ランド』や『』にも不参加。 一時期、説が浮上したり、「の代わりにパッチ化されるのでは?」と噂されたが、別にそんな事は無かった。 非想天則ではが参戦、美鈴も正式なメンバーとして復活した事で紅魔勢の比率が上がり、参戦を期待する人もいる。 「She died by the bullet and then there were none. 」 (一人が弾幕を避けきれず そして誰もいなくなった) 魔理沙「大人しく本当の歌どおりにしとけよ。 」 魔理沙「She got married and then there were none…」 いくら消滅させてもすぐ復活するからと屋敷の妖精メイドを出会い頭ににしていたり、 丈夫が取り得のを代わりに遊んだり、又は逆に可愛がられていたり、 に姉ともども萌えられていたり、にその幼さ故にからかわれたり、 と一緒に雑用をしてみたり、たった一人の肉親である姉からの愛情に飢えていたり等…。 ハートフルな紅魔館もバイオレンスな紅魔館も作り上げてしまう、恐ろしい娘である。 絡みとしては姉(肉親)と門番(先述の紅魔館居残り組)が多いようだ。 またExクリア後に交わされた会話から、との関係を描くマリフラも根強い(もっとも、魔理沙が結婚相手候補として挙げたのは霊夢だが)。 他にも『地霊殿』で同じEXで狂気の妹のとの「こいフラ」、 同じく『星蓮船』のEXのを加えての「EX三人娘」、 更にEX繋がりで、『永夜抄』のどんなに壊しても復活するを玩具にしようと付け狙う「フラモコ」など。 音楽ゲームにも波及しており、東方アレンジ曲をいち早く収録したタイトーのアーケードゲーム『ミュージックガンガン!』においても、 アレンジバージョンで収録される事となった。 同じくアーケードゲームであるKONAMIの「SOUND VOLTEX」では上記の「最終鬼畜妹フランドール・S」他、 同人初出と東方紅魔郷リミックス楽曲コンテストの募集曲を含めると、2014年5月16日時点で「U. オーエンは彼女なのか?」単体のアレンジだけで 8曲 、 複数曲混合のものも合わせれば 11曲 ものアレンジが収録されている。 これはゲーム内の収録曲中で最多の数。 「あなたが、コンティニュー出来ないのさ!」 MUGENにおけるフランドール・スカーレット 現在は公開サイトが消滅してしまったが、hamer氏によって代理公開されている。 氏制作のと同じデッキ制や飛翔など『』のシステムを実装。 レミリアに似てスピードを活かした戦い方を得意とする。 特に霊力消費が多いが非常に速く旋回性能も高い飛翔が大きな特徴。 に優れ攻撃力もそこそこ高いが、がきつく一度に大ダメージを与えるのは困難。 スペカは人操作でなしても性能が良いためそこそこ使っていける。 中には霊夢の「夢想転生」のような打撃を当て続ける事で発動するスペカ「そして誰もいなくなるか?」もある。 超火力で級のダメージを与えられるがの類でありは一切使わない。 他のコスト5スペカは性能が高いが、こちらもAIの使用頻度は極少ない。 緋想天風であるのクロガネ氏のものとは大きく異なり、デッキが無く超必がゲージ消費のみになっており、 使う技の名前もポーカーに由来するものがほとんどで、原作の要素はフォーオブアカインドぐらいしかない。 氏曰く「オリジナリティを出したいということでこうなりました」との事。 近接、射撃攻撃共に剣(恐らくレーヴァテイン)を使って戦うが、初期状態では特に射撃が貧弱。 しかし1ゲージ技の「Raise」によるレート強化で、射撃や突進技の「Straight」などの技性能を強化出来る。 外見上は剣が大きくなる。 分身を呼び出す「One Pair」、時間差で剣を撃ちだす「Three of a Kind」などの設置技を備えており、接近戦が得意。 画面下にトランプのようなFゲージがあり、「Flush」をする。 そして4つ溜めると一撃必殺技「Five of a Kind」が使用可能に。 性能については「地味にヤバイ性能モードとそれ程やばくない有情モード」の2つがある。 炎フラン 上図の通り立ち絵が大きく変わり、戦い方も剣を使ったものから格闘主体に変化している。 FゲージはCボタンを使った特殊攻撃を使うためのゲージに。 必殺技は少々変則的な軌道の飛び道具「カタディオブトリック」、投げ技「カゴメカゴメ」、飛び道具反射「クランベリートラップ」など多彩で、 一般的な格ゲーに近い。 超必殺技は強力なものが多く、中でも1ゲージにも関わらず独自に行動し長時間相手を攻撃する「フォーオブアカインド」が凶悪。 ちなみに、以前は7P以降でモードになったが、後述する「フランドール=バーンシュタイン」として独立した。 基本技、特殊攻撃は炎フランと同一だが、必殺技や超必殺技はルガールのものになっている。 各年代のルガール・オメガルガールはもちろん、ゴッドルガールの技や白羅滅精などが搭載されているという、ルガール2ndをも上回る超ハイブリッド仕様。 フラン要素の影が非常に薄いのは気にしてはいけない。 「」は少々特殊な性能で、運送などのドクロのエフェクトが出る技を当てると下のドクロマークが溜まっていき、 あればあるほどカッターの威力と無敵時間が強化される。 最大まで溜めれば'94カッターをも上回る威力に終わりまで完全無敵の厨技の完成である。 そこまで技当てられたらだいたい勝負決まってるけどね 更には 自爆 までも搭載。 元ネタの人は試合中には使わないのだが。 なお、自爆は当たっても引き分け、外れれば負けだが、自爆した次のラウンド以降ボスモードとなり性能が強化される(7P以降は最初からボスモード)。 ポトレやカットインがゴツかったり、声もルガールだったり、「デッドエンドスクリーマー」の〆でマッスルポーズをするので苦手な方は注意 (声はOFFに設定可能)。 ABAB氏の「東方音巣対」シリーズを意識して作られたものらしく、イグニス・スカーレットとの間には特殊イントロも搭載。 ただし裏ボス設定なのか、その強さは元シリーズのキャラでは相手にならないほど。 5段階調整可能な優秀なデフォルトAIも搭載され、LV4-5ならノーマルモードで台パンクラスの強さとなり、ボスモードなら狂中位に足を踏み入れる。 LV5は上記のドクロ溜め特化であり、動画に出すなら動きが多彩なLV4の方が向いているかもしれない。 氏お馴染みのジョブチェンジ版。 氏製作のシリーズにおける裏ボスにあたる。 「1Pカラー対戦において、補正 無し で「スタイリッシュ」「」「」を 一人で倒せる 実力」 「最後の良心(=神キャラ相手にはあっさり負ける)以外は自重してない」「倒すなら浮かせてボコるしかない」などの説明通り、完全な狂キャラ。 そのため大会などに使用する際は、くれぐれも適切なランクで戦わせるべし。 高性能な移動技と投げ技を主軸に広範囲攻撃なども持つが、その全てが高威力であり、AIの基本コンボですら 並キャラなら8割、紙キャラなら10割 に達する。 さらには敗北時、ただでさえ強いのに「相手のライフが500以上」ならば 覚醒する。 覚醒後は、• 攻撃力増加• 攻撃時10F無敵• ライフ自動回復• ドラゴンブレス 高威力・広範囲・当身不可・中段の超必 中無敵 霧雨マリオや百裂ケンシロウの製作者である氏によるもの。 ちなみに、「Engleza」はルーマニア語で「英語」の意味。 Nachel氏レミリアをベースにした改変ドットだが、自身の周囲に表示された英という異色なシステムが特徴。 "Fire"は、"Run"は勝手に走らせる、"Armor"でアーマー殺しなど種類も豊富で、それに伴い特殊やられの数も多い。 "Laugh"は笑い声が聞こえるだけ、"Quake"は画面が揺れるだけなど、演出のみの英単語も。 "Dead End"と""は即死技であり、特に出現する制限も無いため試合が唐突に終わる事も。 そして鏡文字は読めない点を考慮してか、英単語の攻撃がという拘りによる弱点も。 他、通常技を当てると後方にワープするという特性を備えている。 相手の頭身によっては繋がらない可能性もあるが、魔法陣確定ダウン。 若干威力が落ちるが、BクロウはBカグツチでも代用可。 相手の高さによっては少し歩いての部分をダッシュJAに変えたり、近Aを2Aに変えたりする必要がある。

次の

(東方)フランドールの全身の立ち絵を下さい!

フランドール 立ち絵

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• 生演奏• テクノ• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の

フランちゃんウフフ (ふらんちゃんうふふ)とは【ピクシブ百科事典】

フランドール 立ち絵

概要 コメントの一種であり、書き方によってへの愛の大きさが反映される。 若干狂気じみた感じに書き込むのがポイント。 pixivでは破壊力の高いフランイラストのタグや、としてこの言葉が使われている。 また、東方キャラと親密になる事を総じて「」という事もある。 ニコニコ大百科より転載-- フ ラ ン ち ctに ゃ e 登 ん j 場 ウ o す フ r る フ P フ と 方 ラ は、東 ン ド ー ル・スカー レ ッ ト と然 に 出 自 対 る に す セ き る リ と 感 フ た 情 だ っ が よ ま高 フ フ フ ランちゃんウ• 転載終了-- 他の使用例 上記のような書き方が出来るほどの技術が無い場合は以下の書き方がオススメ。 基本的には以下の文章のどれかを記述すればフランちゃんウフフは成立する。 ただし、フランちゃんウフフの書き方はフランドールへの愛の大きさに直結する為、真のフランちゃんファンなら これらの書き方は通過点に過ぎないことをお忘れなく。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 00:46:21• 2020-07-17 00:46:10• 2020-07-17 00:45:35• 2020-07-17 00:45:06• 2020-07-17 00:44:58 新しく作成された記事• 2020-07-17 00:27:49• 2020-07-17 00:17:09• 2020-07-17 00:05:47• 2020-07-17 00:46:10• 2020-07-17 00:03:45•

次の