牛丼のたれの作り方。 【レシピ】家庭でつくる基本の「牛丼」の作り方

すき焼きのたれが食欲そそる!フライパン一つでつくる満腹牛丼

牛丼のたれの作り方

おはようございます、samuraiです。 さて、皆さんはご家庭で天丼を作る機会はありますか? 聞く所によると、天ぷらを揚げたりはするけど、なかなか天丼まではという方が多いようです。 その理由としては、 天丼に使うたれはどうやって作ればいいのかわからないという方がいるようですね。 確かに、市販されているめんつゆだけでは、美味しさを引き立たせる事は難しいです。 ただ、実際には 天丼のたれというのはとても簡単に作れるのですよ。 その材料とは、 めんつゆ・しょうゆ・みりん・砂糖を少し煮つめれば大丈夫ですよ。 これなら、非常に簡単ですよね。 そこで、今回は天丼のたれをめんつゆで作る方法や、ご家庭でも簡単に出来る天丼のレシピについて詳しくお伝えしていきます。 天丼のたれをめんつゆで作る方法とは? 始めに、天丼のたれの作り方についていくつか見ていきたいと思いますが、今回はめんつゆを使うものと使わなくても出来るものをご紹介させて頂きます。 まず、めんつゆを使う場合ですが、以下のものを用意します。 めんつゆ・・・20ml しょうゆ・・・20ml みりん・・・20ml 砂糖・・・5g これを鍋に入れて、 ある程度とろみがつくまで煮つめれば完成となります。 こちらは、 少し甘辛な感じのたれとなりますね。 そして、めんつゆ以外のたれの作り方としては、以下のような方法があります。 鰹出汁・・・100ml しょうゆ・・・30ml みりん・・・20ml 砂糖・・・10g こちらも、 アルコールが飛ぶまで煮つめれば完成となります。 先程のよりも 鰹風味が効いていて、どちらかというとあっさりしていますね。 ここまで、天丼のたれの作り方を2つ紹介してきましたが、こちらのたれを使っていよいよ天丼を作っていきましょう。 ご家庭でも簡単に出来る天丼のレシピとは? それでは、誰でも簡単に出来る天丼の作り方について、ご覧頂きたいと思います。 また、 いくつか重要なポイントがありますので、そちらも併せて確認していきましょう。 ご飯・・・1杯 エビ・・・2尾 ししとう・・・1本 さつまいも・・・1枚 れんこん・・・1枚 鰹出汁・・・100ml しょうゆ・・・30ml みりん・・・20ml 砂糖・・・10g 冷水・・・200ml 卵・・・1個 薄力粉・・・100g 油・・・適量 1. ししとうにも縦に1つ切り込みを入れる 3. 鍋に鰹出汁を入れて、しょうゆ・みりん・砂糖を加えて煮つめる 4. 冷たくしたボウルに冷水と卵を入れて、泡立て器で混ぜ合わせる 5. 冷蔵庫に入れておいた薄力粉はふるいをかけながらボウルに入れて、更に混ぜ合わせる 6. 野菜が揚げ終わったら、エビを入れて揚げる 8. 丼にご飯を入れて、たれをかける 9. その上に揚げたての天ぷらを乗せて、更にたれをかけて完成です いかがでしょうか。 そんなに難しくありませんよね。 筆者も実は天丼をよく作るのですが、意外と時間はかかりませんよ。 まず、天丼といえば天ぷらがメインですが、こちらはお好みのものを揚げてもらえればと思います。 ただ、重要なのは 揚げる順番で野菜類を先に揚げてから、魚介類を揚げていきましょう。 理由としては、 魚介類を先に揚げるとその匂いが油に残ってしまうためです。 ただ、天丼の代表的な 穴子に関しては火が通るのに多少時間がかかるので、 穴子だけは野菜より先に入れておくのがベストでしょう。 そして、天ぷらを揚げる際には、 入れすぎないように注意しましょう。 どうしても 食材を入れすぎると鍋の温度が下がってしまい、天ぷらがサクサクとした食感になりません。 また、食材の下ごしらえについてですが、 エビは背わたをとって斜めに切り込みをいれるのは、揚げた時に エビをまっすぐな状態にするためです。 横に切り込みを入れると、エビが丸まってしまう可能性がありますね。 それから、 冷水と卵・薄力粉を混ぜる際には泡立て器を使うと便利です。 菜箸で混ぜてもいいのですが、どうしても ダマになりやすく均等に混ぜる事が難しいので、なるべく泡立て器を使いましょう。 そして、 薄力粉に関しては冷蔵庫に1時間程入れて余分な水分を飛ばしておくと、更にカラッと揚げる事が出来ますので、その点も重要ですね。 最後に、筆者はどうしても濃い味が好きなので天ぷらをたれにくぐらせてから丼に乗せたりしますが、それだと見た目がかなり茶色くなってしまいます。 なので、ご飯の上に天ぷらを乗せてからたれをかける方が見た目もきれいになるでしょう。 天丼のたれの作り方やレシピについて-まとめ- 今回は、 めんつゆを使った天丼のたれの作り方や、 ご家庭でも簡単に出来る天丼のレシピについて詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 たれについては、材料を揃え後は 鍋に入れてみりんのアルコール分が飛ぶまで煮つめれば完成ですので、是非一度試してみて下さいね。 また、どうしても天ぷらが上手く揚がらないという方もいるようですが、だいたいが 材料の入れすぎによって温度が下がるのが原因なので、少しずつ順番を考えながら揚げてみるといいかもしれません。 それでは、今回の記事は以上となります。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

すき焼きのたれが食欲そそる!フライパン一つでつくる満腹牛丼

牛丼のたれの作り方

でも、もっと手軽に食べれたら嬉しいってあなたは思いませんか? 実は、丼にするこのレシピではとてもメリットがあります。 使用する食材も少なく済むからお財布に優しい• 調理時間が短い• フライパンで作る• いつでも作れる 丼ご飯としてすき焼きを仕上げることで、あの独特の甘じょっぱい味がご飯に程よく染み込んで思わずおかわりをしたくなりますよ。 そして、すき焼きといえば溶き卵。 今回のレシピでは、温泉卵を盛りつけました。 少しだけ加熱時間短めにした温泉卵ですので溶き卵のように丼の中で他の食材に絡まって本当に美味しく食べれます。 普段はあまり料理に手間と時間がかけられないというあなたも、このすき焼きの牛丼にすることであっという間に満足感の高い量が完成します。 すき焼きのたれが食欲そそる牛丼レシピ 丼にご飯をよそい、煮汁を切った具材を盛りつけて煮汁を適量まわしかけます。 中央に軽くくぼみを作り、温泉卵をのせ、白色ごまを散らして完成です。 [message]• info-circle コツ• ・できれば牛脂を使いたいところですが、どうしても手に入らない場合はサラダ油で長ネギを炒めてください。 ・しらたきは、味がしっかり染み込ませた方が美味しくなるので、他の食材よりも先に煮込みます。 コメント• 日本人にも、海外の方にも好きな食べ物として有名なすき焼きを丼に仕上げました。 フライパン一つでできるのであっという間に完成します。 本来のすき焼きは鉄製鍋でたくさんの食材を入れて作りますが、なかなか気軽に作るというのは難しい料理ですよね。 でも、丼にすることで使用する食材を少なくしつつ、牛肉の量もたっぷり!更にフライパン一つで作るのでとても手軽に作れます。 特に、(好みもありますが)しらたきに味がしっかり染み込んでいるかどうかで仕上がりの美味しさに違いが出てくるのではないでしょうか。 なぜなら、しらたきは元々水に包まれてスーパーなどで売られていますので、すき焼きのたれが馴染むまでに他の食材に比べて時間がかかります。 そのしらたきを一歩先に濃いめのすき焼きのたれで煮込んでおくことで味がしっかり染み込み、そしてたれの濃度を適度に薄めてくれる代わりにしっかり味が染み込んで丼に盛り付けた時に地味な存在だけど他の食材に負けない美味しさになります。 今回のレシピで使用した他の食材はどれも火の通りが早い半面、煮込み過ぎるとヘナっとなるので、煮込み過ぎないように気をつけます。 やはり鍋物ということで夏場に登場することはないものの、冬場でもなかなか作るとなるといろいろな意味で気合いがいります。 でも、作ると家族も自分も思わず笑顔になります。 これから食材も少なく、丼なので1年中いつでも食べることができるかと。 今回作ってふと、感じたことがあるのですが、本来の「牛丼の味」ってこの甘じょっぱいものだったんじゃないか?って。 近年は牛丼チェーン店が提供する美味しいけれどちょっと軽い味付けが主流に感じていましたが、これってもしかして自分の感覚がこの味に慣れてしまっていたのではないかと感じます。 元々私たち日本人が(牛丼チェーン店が普及する以前)牛丼を食べていた頃の味は、まさに「すき焼きの味」が本来の牛丼だったのではないかと。 今となっては誰も気づいてくれないでしょうが、食欲そそる牛丼の味は「すき焼きのたれ」が原点かと感じます。

次の

天丼のたれの作り方とは? めんつゆに何を加える?

牛丼のたれの作り方

基本の牛丼の作り方 【材料(2人分)】• 牛こま切れ肉 150g• 玉ねぎ 1/2個• エリンギ 大1個• 塩麹 小さじ1弱• しょうゆ 小さじ2• みりん 大さじ1/2• 砂糖 大さじ1/2• オリーブ油 大さじ1• ごはん 2膳分 【作り方】• 玉ねぎは1cm幅の串切りにする。 エリンギは5cm長さに切り、それぞれ 6~8等分の串切りにする。 牛こま切れ肉に、塩麹をまぶしておく。 フライパンにオリーブ油を入れて熱し、中火で玉ねぎ・エリンギを炒める。 玉ねぎが少し透き通ってきた所(1~2分程)で牛肉を加え、赤身が少し残 る位まで火を通す。 砂糖を牛肉の上にふりかけ、しょうゆ・みりんも加え、牛肉に火が通るまで 全体をざっと炒め合わせる。 器にごはんを盛り、その上に4を乗せる。 もし汁が少し出ていたら、上から かける。

次の