消費 税 軽減 税率 対象。 米は軽減税率?利用用途によって税率が変化する

決算前に要チェック!軽減税率の区分ミスが多い費用の勘定科目一覧

消費 税 軽減 税率 対象

1.お店で売っているお米の税率は8% まずは、分かりやすいところでお店などで売られているお米を考えてみましょう。 消費者が日常的に購入するお米。 スーパーなどで当たり前のように売られていますが、軽減税率はどのようになるのでしょうか。 これは白米以外の 玄米、雑穀米、胚芽米、もち米等にも当てはまります。 お酒やみりんなどについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 2.対象となるお米の用途 次に、消費者が購入するようなお米以外についても考えていきましょう。 主に事業者などが自社の商品を製造するための原材料としてお米を仕入れるパターンや、飲食店などが仕入れとしてお米を購入するパターンなどが該当します。 この場合、軽減税率の対象となるのは、原材料などを用いて作られるものが「飲食物」であるかどうかが基準となります。 そのため、 米菓や日本酒などに加工されるお米については軽減税率の対象となります。 日本酒の場合、消費者向けに販売される時には軽減税率の対象外となりますが、製造の段階でお米を仕入れる際には軽減税率が適用されます。 少々複雑ですが、開始前にしっかりと理解しておきましょう。 【お土産の米俵はどうなる?】 今は珍しくなりましたが、お土産などに利用される米俵はどうなるんでしょうか? 国税庁の軽減税率電話相談センターに問い合わせたところ、 一体資産に該当する可能性があり、その場合、価格の条件を満たせば軽減税率の対象となるようです。 ここで、ポイントとなるのは、米俵が、次のどちらに該当するかです。 米の販売に付帯して通常必要になり米が使用された後は不要になるもの• 通常、容器等に商品の名称などを直接印刷して、その商品を販売する用途にしか使用しないことが明確であるときは、1番に該当します。 ただし、米俵の場合、仮に商品名を印刷または刻印していたとしても、装飾品としても利用可能であり2番に該当するとも考えられます。 非常に難しい判断となるため、所轄の税務署に商品を持ち込んで確認してほしいとの回答でした。

次の

送料に消費税はかかる? 軽減税率の対象? 料金設定や売上時の仕訳方法を一気に解説

消費 税 軽減 税率 対象

1.リベートの仕組み 1-1.販売促進としての「割戻し金」 リベートとは、企業間の取引において販売促進を名目とし、売り手側が買い手側に支払う代金のことを言います。 通常は買い手側の代金決済後に割戻しという形で支払いが行われます。 長期契約や大量契約を発注してくれた買い手側に対してのみ行われる特別な割引制度で、世界的に見られる取引です。 契約書に明文化されることも多く、日本でも企業間取引においては定着した取引と言えるでしょう。 リベートを行う基準や金額の決定方法は様々であり、年間売上高に応じたものや、決済期間に応じたもの、店舗内の陳列場所を優遇してくれたことに対するもの、売り場面積の大きさによるものなどが挙げられます。 1-2.業界・企業により異なる用語 リベートには業界や企業ごとに様々な用語が用いられます。 一例としては「売上割戻・仕入割戻」「キックバック」「払い戻し」「謝礼金」「報奨金」「販売奨励金」「インセンティブ」などが挙げられます。 用語は違いますが、基本的には全て同じ意味で使用される用語です。 2.飲食料品に係るリベートは、軽減税率の対象 リベートは、売り手側においては売上げに係る対価の返還等に該当し、買い手側にとっては仕入れに係る対価の返還等に該当します。 売上げに係る対価の返還等、仕入れに係る対価の返還等については、それぞれの対象となった品目に基づいて、適用される税率を考えることになります。 要するに、そのリベートの対象となった取引が「飲食料品の譲渡」であれば、軽減税率8%が適用されることになるということです。 ただし、「対価の返還」ではないリベートについては軽減税率が適用されません。 それについては、次の章「3.線引きが明確でないリベートはどうなる?」で解説しています。 2-1.請求書の記載方法 代金決済時に売り手側が買い手側にリベートを支給する場合、売り手側が発行する請求書の記載方法も知っておかなければなりません。 特に定められた形式はありませんが、経理処理のミスを防ぐためにも、標準税率が適用されるリベートの額と軽減税率が適用されるリベートの額を明確に区別して表示することが望ましいでしょう。 具体的には下の表を参考にしてください。 帳簿には下記の内容を記録しておく必要があります。 そのリベートに係る品目が軽減税率の対象である場合には、資産の内容と軽減税率である旨の記載• そのリベートに係る品目が軽減税率の対象である場合には、資産の内容と軽減税率である旨の記載 3.線引きが明確でないリベートはどうなる? ここまで原則的なリベートについての経理処理の方法を確認してきました。 飲食品類の取引に関するリベートは軽減税率の対象になるということで、一見問題は生じないように思えます。 しかし、リベートには様々な形式によるものが存在しているため、その全てについて考慮する必要があるでしょう。 3-1.売上に紐付かないリベート 仕入れの数量や決済金額に応じて支払われるリベートとは違い、売上に紐付かない名目のリベートも常態化しています。 業界に身を置いている方なら分かると思いますが、例えば物流補填、センターフィー、移動運賃、手数料など、様々な形式のリベートが企業間取引には存在していますよね。 また、企業によってはリベートにPOP代やマネキン代を含めている場合もあり、これらも直接的に売上には紐付かないリベートと言えるでしょう。 これらのリベートについては、「対価の返還」に相当するものであり、飲食料品に係る取引であれば、軽減税率の対象になりますが、「役務の提供」に対するものであれば、軽減税率の対象になりません。 この点、取引当事者間でこれらの認識を共有する必要がありますので、例えば契約書等によりあらかじめ明らかにしておくといった対応が考えられます。 数量や決済金額によらずに、単に努力したことに対する対価としてのリベートであれば、軽減税率の対象になりません。 今後、取引業者の間でリベートの目的や性質について、もしあいまいであれば、整理していく必要があるでしょう。 3-2.税率が混在するものに対するリベート 軽減税率が適用される食品類と、標準税率が適用される酒類が混在する取引は日常的に行われています。 今まではその仕入れ総額に対してリベートの金額を算定すれば良かったのですが、軽減税率が導入されると計算方法を変更する必要が生じるかもしれません。 例えば、軽減税率適用分と標準税率適用分の比率で按分して各々税率を計算しなければならない可能性があり、事務負担の増加が懸念されるところです。 計算方法を変更する以外にも、取引制度自体を見直して軽減税率に対応させるといった対処法も考えられます。 いずれにしても、何らかの対策を取ることが求められるでしょう。 3-3.センターフィーの考え方 小売業が製造元に請求する物流センターの施設使用料である「 センターフィー」の取り扱いについては、物流センターの使用等に係る対価として支払うものであるため、その対価の額が販売数量等に応じて計算されるものであったとしても、飲食料品の売上(または仕入れ)に係る対価の返還等には該当せず、「役務の提供」の対価に該当することから、軽減税率の適用対象となりません。 まとめ 軽減税率導入後のリベートの経理処理について解説してきました。 原則的には飲食品類の取引に係るリベートは軽減税率の対象になるということを覚えておきましょう。 ただし、最後に紹介した売上に明確に紐付かないリベートについては、今後の議論の流れを注視する必要があります。 センターフィーについては、軽減税率の対象とならないという見解が発表されましたが、他にもいろいろなケースが存在します。 そう遠くないうちに確定した税務処理方法が公表されることと思いますので、その発表を待ちましょう。 リベートの処理は消費税の税額計算に大きな影響を及ぼしますので、軽視せずに関心を持っておきたいところです。 Ad Exchange.

次の

消費税増税、「ポイント還元」とは?「軽減税率」の対象は? わかりやすく解説します

消費 税 軽減 税率 対象

コンテンツ• 上記のうち、軽減税率の対象となる飲食料品は、食品表示法に規定する食品 この中に、食品衛生法に規定する「添加物」を含む とされています。 消費税は消費税法上に規定をせず、他の法律に依拠するケースが多くあり、軽減税率についても他の法律に定義等を依拠しています。 つまり、消費税の税率を検討する際は、食品表示法を確認する必要があります。 具体的に確認していきましょう。 他社の状況として、「相手方の用途で判断しているケースも多くある」という話は耳にしますが、相手が「食用」として使用するか、「工業用」として使用するかなどの、相手方の用途は関係ないとされているため、売り手側で決める問題であると考えられます。 実は、具体例は明示されておらず、例えば食品衛生法など、飲用される法令のみリストアップされています。 以上、消費税の軽減税率について取り扱いの一部をご紹介しましたが、いかがでしょうか。 消費税の仕組みは今でも複雑ですが、今後、消費税の増税に伴い更に複雑な制度になっていきます。 ブラッシュメーカー会計事務所では、代表の河野、そして坂根も外資系企業や上場企業の子会社など、数多くの複雑な取引を行う会社を担当してきた経験を持っていますので、複雑な取引を行う会社であっても対応が可能です。 関連記事です。 消費税は販売側の問題だけでなく、購入者側にも影響が出る問題です。 飲食料品を扱う事業者の方は、増税前に今一度税理士と相談する機会を持つと良いでしょう。 こういった大きな影響がある時、かなり前から話を持ち掛けてくれる相談しやすい税理士はお勧めです。 消費税の仕組みは非常に複雑です。 消費税の基本的な仕組みをご紹介しています。 軽減税率を導入した国は、複雑すぎてどの国も後悔しているそうです。 例え、同じ飲食料品であっても、店内飲食か持ち帰りかで消費税率が異なります。 もはや消費税の増税は後戻りできない状況ですが、増税前に制度を今一度確認しておきましょう。 実際の申告等にあたっては顧問税理士等へご相談ください。 0 AKIRAチャンネル レッドスターコンサルティング株式会社運営 TAKA World Peace 株式会社グローバルマーケット運営 【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本 2021年発売予定 【メディア運営】 税理士による相続メディア:あんしん相続税 などを運営 合計アクセス数:月間5万人 【概要】 士業など専門家1,500人以上の団体の理事に就任している。 業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人の出身であり、売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験も多数あり、創業から上場まで対応が可能である。 また、Twitterでは1万人のフォロワーを有しており、経営者や士業が年間数百名参加する交流会を開催する等、強い影響力を持っている。 【事務所情報】 ブラッシュメーカー会計事務所:東京・市ヶ谷にオフィスを構える税理士事務所です。

次の