ペットショップ売れ残りどうなる。 ペットショップの猫!売れ残りはどうなるの?

ペットショップで売れ残り、犬の行方どうなる? | 犬のQ&A集

ペットショップ売れ残りどうなる

ペットショップの猫!売れ残りはどうなるの? 1 そもそもペットショップの猫はどこから入荷してくるのか? 2 ブリーダーの種類は? 3 ペットショップの猫が売れ残ったらどうするの? なんでも猫専門のペットショップまで出来た現代ですが、猫専門病院などもあり、増々猫の需要が高まっているのですが、今回の記事では、ペットショップの裏側に迫ってみたいと思います! 沢山のクリック本当にありがとうございます。 ちなみに、多頭飼いをしてきた、家族の家にやってきた、血統書付きのアメリカンショートヘアやは、ペットショップの売れの残りどころか、先天的な病気持ちのため、引き取った猫でした。 家族がペットショップで働いていたので、その関係で引き取って育て、それ以外の健康を害することなく、元気に長生きしました! アメリカンショートヘアは、体に腫瘍が出来ていて、は脳に障害がある子で、いつも首を傾げていて、自分のしっぽをつかもうと、ぐるぐる回っている、いわゆるちょっと賢くない系の猫でしたが、性格はとてもおとなしく、しかも賢くないといわれていましたが、という種類の猫は、元々非常に賢いタイプなので、それでも賢い面も多くあったことを記憶しています! そもそもペットショップの猫はどこから入荷してくるのか? それでは、ペットショップは、そもそもどこから猫などの動物を入荷してくるのでしょうか? 近所のイオンに、ペットショップがあり、そこの担当者に電話をして、イオンペットショップの猫は、どこから入荷してくるのかを聞いたところ、即答で気持ち良い受け答えで、次のように答えてくれました! 「契約しているブリーダーさんから入手しています」 ですから、例えばネットオークションなどに出されている猫を扱っているということはないとの回答でした。 一般的に、猫や犬は、きちんと契約したブリーダーなどと繋がって、命を預かるという様々な決まり事があるそうです。 ですから、ここをきちんと透明にして、猫や犬などの動物の命を守っているそうです。 そして、ブリーダーも良いブリーダーほど、ペットショップと契約しないと言われていますが、こればかりは、命のやりとりですから、どんな考えを持っているかによって、違いがあると思われます。 これまで犬や猫と暮らした経験がない、細かいことは分からない人は、まずペットショップへ行くでしょうし、よく犬猫などのことを知っている方なら、里親募集などに積極的に出かけて行くでしょうし、どうしてもこの種類のしっかりとした血統書付きの子が欲しいというなら、当然ブリーダーでしか探さないという方もいると思います。 これまでは、まだまだ日本でも犬や猫などのペットの存在が、人間より地位が低いような扱いをされてきたのも事実だと思いますが、そんな中、業界を変えていこうと、透明性の高い、しっかりとビジョンを掲げてペットショップを経営されているところもあると思いますし、実際に、家族が20年弱前にペットショップで働いていましたが、もちろん悲しい現実もあったようですが、基本的には動物が好きな人たちが集まっている世界でもありました。 ブリーダーの種類は? そして、ブリーダーにも種類があり、猫や犬などを繁殖させるブリーダーは、次の種類に分類されます。 シリアスブリーダーと同じような気持ちで、繁殖などを行っています! シリアスブリーダーとは、シリアスホビーブリーダーと同じような人たちですが、このタイプだからといって、すべての人が良い人であると言えないのが現状です! この2つのタイプのブリーダーには、良い人と悪い人がいて、極端に分かれているといわれています! シリアスブリーダーは、犬や猫のことが、本気モードで大好きで愛してやまないという、愛にあふれたブリーダーのことです。 例えば、現在日本でも大人気の、・フォールドという種類が好きで好きでたまらない、この子たちの血統を守りたいという、使命感に燃えるような志を持っているタイプです。 これほどまでに愛してくれるため、繁殖も無理に行ったりしませんし、先天的な遺伝病などについてもしっかりと学び、獣医とも連携して、積極的に勉強してくれる、動物を愛する気持ちの強いブリーダーなのです。 ボビーブリーダーは、営利が目的ではなく、いろいろと勉強をして、趣味の範囲で、少数の犬や猫のブリーディングに取り組み、新しい種類の血を混ぜてみたりしながら、繁殖をしている一般のブリーダーだといえます。 この方達は、商売として販売することの拡大などは目指していません。 職業ブリーダーは、多くの方が知るタイプのブリーダーです。 一般的に、ペットショップなどと繋がっているブリーダーになると考えると分かりやすいのではないでしょうか? きちんと環境を整え、動物の体に負担や無理をかけないように繁殖させるため、品質としては、ホビーブリーダーと変わらないレベルだといわれています。 中には倫理観に欠けている業者もいて、これらがこれまで、ペット業界の影の部分を支えていたといわれている人たちになります。 ですから、この職業ブリーダーになると、やはりやっている人によって、パピーミル寄りのタイプになる人もいます! 要するに、欠点があってペットショップに売れない子などは、他の流通経路で販売したり、品質としては問題がないのだけれど、いわゆるスタンダード的な観点から見ると、外れている子でも、ペットショップに卸したり、他の方法で販売するのです。 パピーミルは、逆に、犬や猫は商売の種と考えて、無理な繁殖をさせ、出来る限り商品として流通させて、儲けを出そうとするブリーダーとなります。 そうです、猫や犬を金儲けの道具としか見ていないタイプのブリーダーになりますので、命に対する尊厳がありません。 ちなみにパピーは子犬で、ミルは小さい工場という意味になり、一般的には、繁殖工場と呼ばれています! 日本には、10~20%いると言われていて、いわゆる環境をきちんと整えず、病気になってしまう犬や猫も出てくるのですが、このタイプは利益が優先なので、これらの問題を改善しようとしないのです。 近年このようなブリーダーに対して、世間からも厳しい目が向けられるようになってきたので、少なくなってはきたのですが、まだペット業界の闇の部分を担っている面も否めないといわれています。 バックヤードブリーダーとは、自家繁殖を意味していて、いわゆる、趣味での繁殖をする人たちのことをこう呼びます! ホビーブリーダーに似ていますが、金儲けのために繁殖し、勉強はまったくしないタイプだという指摘がされています! トラブルを起こすブリーダーのタイプでもあり、よく聞くトラブルに「即断即決」を求めてくるというものがあります! 趣味と金儲けでブリーダーになっているので、いわゆる接客という考えがないため、このような決断を迫るような言い方をするのです。 これを行っている人が、商売などの才覚を持っていると、パピーミルになってしまいやすく厄介なタイプだといわれています。 現在日本では、猫ブームがやってきていますが、血統書付きのタイプが、大量に必要とされるということは、その分多くの猫を繁殖させる必要があるということになります。 要は、人間が動物と暮らすということは、現代では影と光があるということなのです! ですから、出来ればこの影を薄くしていき、最終的に光にしていくためには、選ぶ側の人たちも、ペットショップで入手するにしても、そのペットショップではどのような考えで経営し、どのようなところから、動物たちを入荷しているのかといった情報を、自ら求めていく必要があるのです! 女優のさんのブログなどに、27年間も動物の保護活動をしてきた中で理解されている、闇の部分の情報を入手して、ペットショップで買うのかどうか、あなた自身が考え、決めていってください。 ペットショップの猫が売れ残ったらどうするの? それではここからは、猫がペットショップで売れ残ったらどうするのだろう? といった情報をまとめていきたいと思います。 ネット上には、聞いた話なんだけど、実は知り合いが言っていたんだけど的な、井戸端会議で集めたような、それってホントなの? と驚くような情報が流れています、個人的に、ネットの情報は信じないというタイプではなく、自分で見極められるようにしようと考えて情報を見ていくタイプなので、そんな話しもあるのかといった感じで見ていますが、家族がペットショップ勤務だった頃、売れ残りになった子はどうなるのか教えてくれましたが、まずは価格を引き下げていき、それでも売れなかった場合は、引き取り手を探し、最終的には誰かにもらってもらうと答えてくれました(随分前の情報ですから、最近はどうかは分かりません)。 他には、ブリーダーの元へ戻して、繁殖用にするというやり方もあるようです。 さらに、どうしても猫が売れ残りになった場合、ショップ店員が引き取ることも多いようですが、まさに家族はそのタイプで、結局大きくなって売れ残った柴犬まで家にやってくることになったこともありました! あるペットショップなどでは、保健所などへ持って行き殺処分をするという話しもありますが、例えショップに問い合わせても、一般のお客さんにそのような話はされないと思いますから、このような情報は、そのようなあまり動物に対する愛情がない店舗で働いていた人の経験のようです。 他には、な業者が絡んでいる場合は、山中に置き去りにする、冷蔵庫に入れて死なせてしまうなどといった、心が痛む、悲しい現実もあるといわれています。 平成22年度に、中央環境審議会動物愛護部会審議という資料によると、次のような情報がまとめられていて、ペットショップで動物などの売れ残りが出た場合の、その先の情報がまとめられています。 現在、保健所で殺処分される場合、ガスで窒息死させられ、ではなく、亡くなるまでの5~10分ほどは苦しむのですが、50年ほど前には、水銀注射をして毒殺していたそうです。 ペットショップで売れ残った猫はどうなるんだろう? そう思って情報を探している方に、現在はどのような状態なのかを、より正確にシェアしたかったので、この記事をまとめている2016年2月3日に、ペットショップの大手であるコジマのフリーダイヤルの「ご相談&お問い合わせ」番号に電話をかけて、ここではどうしているのかを、素直に聞いてみようと思い、直接問い合わせをしてみたところ、次のような回答がいただけましたので、情報をシェアしておきます! 様々な闇の話が出てくるネットではなく、直接会社に質問してみるほうが、より正確な情報が出てくると思ったので、まずはしっかりと電話で問い合わせしました。 聞いたのは次のような質問です、ストレートに聞きました! 「コジマさんでは、ブリーダーから猫や犬を入荷していると店舗で書かれているので分かりましたが、売れ残ったらどうするのですか?」 素直にそう聞いてみたのです! そうしたら、次のような回答がいただけました! 「うちでは、最後まで飼い主さんを探すので、売れ残るということはありません。 例えば、お客様によっては、子猫の小さい子がいいという人ばかりではなく、共働きで小さい子を世話出来ないので、ある程度成長していて、ワクチンを3回くらい打った子が良いという要望などもあります。 そのような繊細な要望にお応えしながら、最後まできちんと責任を持って、飼い主の元へ送り届けています」 ネット上では一般的に、どうしても子猫を欲しがる人が多いなどといった情報を見かけますが、もちろんそのような人も多いでしょう、しかし、コジマさんの回答によると、様々なお客様のご要望があるようですから、それに臨機応変に対応しつつ、きちんと最後まで飼い主を探し、命を手渡しているそうです。 もちろん、現在でもまだ、闇の部分はあるかとは思いますが、規制も厳しくなっていて、保護活動も活発化していて、殺処分される犬猫を救う団体もいる現在、いろんなことが、ペットショップ以外の人たちの手によって改善されているのです。 売れ残りは、年に1~3頭ほどしか出ないというペットショップもあり、そうなると、従業員や、知り合いなどにお願いして、家族として迎え入れてもらうというところもありました。 悲しい現実もあるとは思いますが、このように大手が答えた言葉のどこまでが真実か、もっともっと自分でも、情報を見つけていきたいと思います。 そして、ブリーダーに関しては、どこまで考えるか、それは選ぶ側の私達の意識が大事であるという面はどうしても外せない要素になりますので、単に可愛いからという理由だけでなく、命なんだという思いを胸に、猫や犬を家族にするかどうかを決めていっていただければと思います。 猫や犬の飼育に慣れている方なら、良いブリーダーなどと直接交渉なんてお手のものかもしれませんが、やはり初心者や、コジマさんのところに相談にやってこられる人たちのように、生活の中でどうしてもこれは外せないんだという要望がある方もいます。 個人的見解になりますが、批判や非難するのではなく、理解し寄り添えあえるような、そんな考え方でこのペット業界についても、もっともっと様々なことが変化していけばいいなと、記事を書いていて、そう強く実感しました。 まだまだ勉強不足ではありますが、さらに学び続け、有益となる情報を発信していけるようにしていきたいと思います。 そして、記事をまとめている私自身が、知らない現実も沢山あるかと思います、そんな者が、僭越ながらまとめさせていただいた記事であることをご了承ください。 さんの発信する情報は、非常に学びになりますし、闇をしっかりと見据えて、感情的になるのではなく、現場で事実としっかりと向き合い、啓蒙活動をされています。 ここまで記事をまとめて、最後に個人的見解を述べさせていただくと、やはり、出来れば里親募集などで家族になる子を探すという道を選択していただければ、助かる命があるだけでなく、こちら側の意識が変われば、ペット業界も変わらずにはいられないと思います。 何故なら、結局は経済が絡んでいる以上、お金になるからこそ、様々な闇が生まれているのです。 ならば、選択する側の私達が、ペットショップで買わないよという選択をするだけでも、現実はかなり違ってくるのではないかと考えられます。 こればかりは、人間のモラルを信じるしかないと、個人的にも思います、まずは目の前の、保護した猫を大事にすることと、出来る限りここで情報を発信していくことが、個人の私が出来る方法であると考えています。

次の

ペットショップで売れ残った犬ってどうなるの?実は…?

ペットショップ売れ残りどうなる

この記事でまとめたこと• ペットショップでの売れ残り事情 今、日本では多くの子犬がペットショップやインターネット上で販売されており、誰もが気軽に犬を購入できるようになっています。 でも、飼いたいという人が増えている一方で「売れ残り」の子犬が増えているのも事実です。 子犬の売れどき 犬を飼おうとするとき「子犬から育てたい」と考える人は多いと思います。 実際にペットショップで人気があるのも、生後2~3ヶ月頃の子犬たちです。 大部分の子犬は、新しい飼い主さんに引き取られますが、生後3ヶ月を過ぎても飼い主さんが見つからない場合は少しずつ値段下がりしていき、5ヶ月頃には最初の売値の半分以下になるケースもあります。 さらに生後半年を過ぎてしまうと、セールでも引き取られることが少なくなります。 この頃になると、人見知りがはじまったり個性が出てきたりするので、売れ残りに拍車がかかってしまいます。 ペットショップも大幅に値下げし、どうにか飼い主さんを見つけようと努力しますが、それでも売れ残ってしまったときは、譲渡会に参加し里親を募集することになります。 しかし譲渡会でも飼い主さんが決まらなかった犬は、どんな運命が待っているのでしょうか。 売れ残った子犬のその後 どんな商品もそうですが、売れ筋の商品はどんどん入荷しますが、売れない商品は処分されます。 ペットショップに並ぶ子犬も「商品」として生まれてくるので、同じことがいえます。 運が良いとお店の看板犬になったり、店員さんの友人に引き取られたりします。 また系列店の安売りショップで再販されることもありますが、こうしたケースは稀といえます。 売れ残った多くの子犬は、繁殖業者に引き渡されひたすら繁殖を繰り返す、実験用の動物を扱う業者に売却される、保健所に持ち込まれ処分されるといった運命をたどります。 なかには山林に捨てる悪徳業者もいます。 ただ人気の犬種の場合は、少し大きくなっても売れる見込みがあるので、例外としてペットショップに残る場合もあります。 2013年に動物愛護法が改正 以前は、一部の悪質なペットショップが売れ残った犬猫を保健所に持ち込んで殺処分するケースがありました。 しかし、2013年に動物愛護法が改正され、都道府県の保健所や動物愛護センターは、悪質な動物取扱業者のペットの持ち込みを拒否できるようになりました。 それでも店員が個人を装って持ち込むこともあり、悲しい運命をたどる犬猫はゼロになっているわけではありません。 引き取り業者の需要が増える 現在、売れ残ったり繁殖が終わったりした犬を有料(1万円前後)で引き取る「引き取り業者」の需要が増えています。 引き取り業者自体は違法ではありませんが、餌も与えず、散歩もさせず不衛生な狭い檻に押し込み、皮膚病やその他の病気などで、衰弱・死亡させる悪質な業者も存在します。 ペットショップで売れ残りが起こる理由 売れ残る理由• 供給過多• 性格や動きで敬遠される• 売れどきが短い 人気犬種は在庫を抱えたい 今や日本はペット大国ですが、犬の繁殖量に比べて引き取ることができる人の割合は少なく、需要と供給のバランスが取れていないのが実情です。 とはいえ、ペットショップやブリーダーにとっては、人気の犬種は多ければ多いほど儲かるため、在庫を抱えがちになります。 また自社で大量生産するショップもあり、当然供給過多になります。 性格や動きで敬遠される ペットショップのショーケースから見るだけでは、犬の性格や動きがよく分からなかったり、先住犬との愛称が悪そうに感じたりということも、売れ残りの要因の一つといえます。 売れどきが短すぎる 犬が売れる年齢はとても短く、人気の犬種以外は、高値取引が可能な時期は生後3ヶ月未満がほとんどです。 3ヶ月を過ぎると人気にかげりが出て、半年を過ぎると売れ残り対象となります。 ペットショップで売れ残りが起きないペット先進国の対策 ペット先進国といわれる欧米諸国の中には、ペットショップでの動物販売は虐待にあたるとして禁じている国もあります。 禁止の国でペットを飼う場合は、信頼できるブリーダーから迎えるほか、保護施設から引き取るのが一般的となっています。 これは、ペットを「物」ではなく「パートナー」として考えているからです。 日本でも不幸な命をなくす取り組みとして、保護施設や里親募集サイトなどの利用をより身近なものにしていきたいですね。 ペットショップでの売れ残りをなくすためには 今メディアやNPOで、保護活動や処分ゼロに向けて取り組んでいますが、現実はうまく進んでいません。 多くの犬を保護した人が手に負えなくなり、犬たちを置き去りにしてしまった例や、保護施設に収容されたものの持病や怪我、年齢がネックで里親が見つからないといった例もなくなりません。 保護犬ばかりが増えて手が回らないのが現状といえます。 法改正が求められる 売れ残りの問題は、ブリーダーからペットショップへ流れる流通システムにあります。 売られる子犬の数よりも、生産過多によって売れ残った結果、殺処分される犬の数の方が多いのが現状です。 そのため、繁殖時期や繁殖回数の制限を設けることや、取り扱い業者の責任を増やすといった法改正の検討が愛護団体や専門家からも求められています。 すべての小さな命が新しい家族と出会えますように 子犬たちが売れ残ってしまう理由や問題点についてご紹介しました。 私たちに癒しや幸せな気持ちをもたらしてくれる犬たち。 どんなに小さな命でも、新しい家族と巡り合えることを願うばかりです。 これを機会にペットの命について考えてみてくださいね。

次の

ペットショップで売れ残りのフェレットはどうなる?実は意外な事実。

ペットショップ売れ残りどうなる

挿し餌が終わった「中雛」として売られる。 挿し餌の経験がない、挿し餌で失敗するのが怖いという人にとって、挿し餌時期を過ぎた中雛のほうが都合が良い場合があります。 犬や猫の場合、成長するたびに売れにくくなるという悲しいデメリットがありますが、 インコの場合、成長ステージによって顧客の求めるものが変わっていくため、需要が途切れないのです。 そのため、挿し餌卒業した中雛や、一人餌になったインコでも売れていきます。 成鳥として売られる(成鳥を必要とする人がいる)。 雛の頃のインコというのは実は性別が分からない場合がほとんどです。 というのもインコは中雛になって羽根の生え変わりを迎えたとき、オスの特徴、メスの特徴の羽根になることで性別が確定します。 また、オス特有のさえずりやメス特有の行動をしだす鳥もいるのです。 繁殖させたい、確実にオスがほしい、メスがほしいという人にとっては、大きくなって成鳥として売られている鳥のほうが都合が良いということになります。 スタッフが引き取る。 毎日お世話をしているペットショップのスタッフが情がわいて引き取るというケースもあります。 犬や猫と比べ格段に価格が安く、飼育を始めるハードルが低いため、スタッフが購入するということがあるのです。 しかし、 スタッフが引き取る羽数にも当然限界があるので、値下げをしたり、飼育用品とセットにして売ったりという経営努力をしています。 他店への移動、もしくは落鳥 チェーン店を展開しているペットショップの場合、お客さんの希望に応じて生き物を他店に移動することがあります。 そういった理由で(販売以外で)ショップからいなくなってしまうこともあるようです。 また、悲しいことですが、ショップにいる間に体調を崩してしまうなど様々な理由で落鳥してしまう個体もいます。 インコをタダでもらえることはあるの? 大きくなってしまったということで、インコの値段が下がっていくことはあっても、投売り価格やタダでもらえることはまずありません。 理由として、インコは成長ステージごとに需要があるということ、もうひとつは タダ目当てのお客さんを増やさないためです。 タダで手に入れようとするお客さんは、飼い主としてインコに多くの費用をかけません。 「 元はタダ」なのだから、飼育費用や餌代、医療費もできることなら安く済ませたいという人が大部分です。 そういったお客さんはペットショップにとっても良い顧客にはなりませんし、何よりインコ自身のためにもなりません。 これらの理由から、ペットショップからインコをタダ同然で引き取ることは極めて難しいといえます。 命をお金でやり取りすることは賛否がありますが、生体や飼育用具に高額な費用を出せる=経済力があることを示す指針にもなる側面があります。 ペットショップで売れ残ったインコはどうなる?意外な経路に。 まとめ• インコは成長ステージによって客層が変わるため需要が途切れにくいです。 そのため、売れ残りというものがなく、売れるまでショップにいることが多いことになります。 挿し餌が終わった中雛や性別がはっきりしている成鳥のほうがほしいという顧客もいます。 ペットショップのスタッフが引き取ったり、値下げされて売られる場合もあります。 インコの場合、売れるまでペットショップにいることが多く、「処分される」ということはほぼありません。 いなくなっている場合は他店へ移動、落鳥、売れた、のいずれかになるでしょう。 ショップにいる期間、清潔で快適な環境が提供されるよう、各ペットショップにお願いしたいですね。

次の