転職サイト 法務。 法務|正社員の転職サイト【マンパワーグループ】|CSP081803

人事・総務・法務の転職におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

転職サイト 法務

ライズ・コーポレーション株式会社 東京の多摩エリアを中心として不動産売買を主軸として行っている 当社にて、不動産売買仲介営業業務に取り組んでいただきます。 具体的な業務内容としては… ・集客業務 ・ご来店されたお客様への接客 ・物件のご提案 ・物件へのご案内 ・ご契約 ・ローン関係のサポート ・お引き渡し など 集客はチラシの作成・ポスティング、ポータルサイトへの物件掲載等で行っています。 新築マンション、新築一戸建て、収益不動産まで幅広く取り扱っています。 異業種から転職した社員も多く活躍しています。 不動産売買仲介に関する一連のスキルをマスターしていただけます。 しつこい勧誘は一切行っておりません。 社員同士の仲が良く、明るい社風です。 社員みんなで切磋琢磨し、助け合いながら仕事に取り組んでいます。 具体的には… ・電話営業 ・物件のご提案 ・物件へのご案内 ・ローン関係のサポート ・ご契約 ・お引き渡し ・登録済権利証のご送付 などど 扱っていただく物件は、投資用不動産です。 近年、自己年金としても非常に注目が高まっています。 お客様は一般の個人様です。 入社後以外にも定期的な研修や勉強会があります。 社員同士の仲が良いアットホームな社風です。 成果次第では柔軟な働き方にもご対応しています。 不動産投資に関心の高い海外の投資家がメインのお客様です。 売買契約へと結びつけるためには英語での適切なコミュニケーションとネットワーク構築力が欠かせません。 社内報告も基本的には英語で行っていただきます。 社内研修が充実していますので、業界自体は未経験の方もご安心下さい。 稼ぎたい方は自主的に率先して働いて年収1000万円以上を実際に目指していただける環境があります。 トーセイ株式会社 不動産流動化事業、不動産開発事業、不動産賃貸事業、不動産管理事業、不動産ファンド・コンサルティング事業、オルタナティブインベストメント事業の6つを行っている当社にて、不動産流動化事業へ取り組んでいただきます。 扱う不動産は、戸建・マンション・ビルが主になります。 不動産流動化事業は、不動産開発からマネジメントまでをトータルに手がけるトーセイに蓄積された知見とノウハウとシナジーが最も発揮できる得意分野であり、成長ドライブといえるものです。 心豊かなプロフェッショナル集団として、そこに働く人や住まう人の視点に立ち、より一層のクオリティを追求し、多様化するニーズに対応した独自性、差別性のある不動産の継続的な価値向上に努めています。 当社では部署に関係なく営業職全員が不動産の仕入れや売却を行っています。 トーセイは不動産の価値再生に挑戦するプロフェッショナル集団です。 株式会社ケーコーポレーション 文京区をメインに北区・台東区・荒川区・豊島区等で売買物件の仲介・賃貸物件の仲介・賃貸物件の管理を軸として行う当社にて、賃貸仲介営業へ取り組んでいただきます。 飛び込み・テレアポ等はありません。 完全反響営業です。 また、契約業務等がある場合以外は出来る限り定時で仕事を終えるよう指導しています。 やるべき仕事をしっかりやって、各自退社しています。 もちろん、経験者は売買仲介営業からスタート可能です。 賃貸・売買・管理と、不動産業に必要な総合力を培っていただけます。 今回、当社店舗39HOUSEにて、賃貸仲介営業に取り組んでいただきます。 具体的な業務としては… ・HP等からのお問い合わせ対応 ・お客様のご希望をヒアリング ・物件のピックアップ ・物件へのご案内 ・ご契約 ・賃貸管理 など 物件は、新築・築浅・広い大型マンション・店舗・管理物件・民泊対応Airbnb対応・入居審査が寛容なものまで幅広く取り扱っています。 お客様1人ひとりを大切にして、丁寧なご対応を心がけて下さい。 店長も目指していただけます。 また、将来的には売買仲介営業にも取り組んでいただけます。 東京都品川区上大崎2-11-10 藤原ビル4階 株式会社スモット 住まいのもっと!もっとは!スモットへ。 『地元に根ざし、愛される不動産会社』をモットーに、海老名をはじめとした県央の物件を扱う当社にて、一戸建てやマンションの販売営業を行っていただきます。 具体的な業務としては… ・折り込み広告、住宅専門誌、HP等に物件情報を掲載 ・お問い合わせのあったお客様へのご対応 ・物件案内 ・ご契約 など 海老名を中心として、1都6県にある物件がメインです。 1日に平均3~5名のお客様へご対応していただきます。 まずは出来ることから無理なくはじめていただけます。 未経験の方も、焦らなくて大丈夫です。 着実に知識を身につけていきましょう。 土地の仕入から企画・販売までワンストップでご担当いただけるため、大きなやりがいがあります。 お仕事になれた暁には、チャレンジしてみて下さい。 具体的な業務としては… ・不動産用地の仕入れ ・物件の企画立案 ・販売に係る資料の整理 など 年間3~4プロジェクトの戸建用地仕入れ営業がメインの業務となります。 主なエリアは、世田谷区・目黒区・文京区・品川区・新宿区です。 そのため、ほとんどの自社物件が発売後1~2週間で完売します。 少数精鋭ですので、経験とバイタリティのある方をお待ちしています。

次の

人事・総務・法務の転職におすすめの転職エージェント・転職サイトはどこ?

転職サイト 法務

就職活動で最初の壁となるのが、「履歴書やエントリーシートの作成」です。 第二新卒の人は、「履歴書と職務経歴書」が必要となります。 採用担当者が書類を一読して、「この人と会って話を聞きたい」と思えば、面接が決まります。 書類に魅力が無ければ、その段階で終了です。 企業側としては、面接を効率化するために書類選考で多くの人を落とさなければいけません。 特に、応募者が多数の大手企業は、大多数の人が書類選考で落とされます。 それでは、書類選考で他人と差をつけるにはどのような工夫をしたら良いのでしょうか?採用担当者はどのような点を見ているのでしょうか? 今回は、大手企業の人事部で全国各地の新卒・中途採用を担当したキャリアを持つエージェントが、「受かる」書類の書き方を紹介します。 「いつも書類選考で落とされてしまう」とお悩みの人や、「これから就職活動を始めるけれど、応募書類の書き方が分からない」という人は、ぜひ参考にしてください。 履歴書は、手書きでもパソコンでも構いません。 字に自信が無い人は、無理に手書きにこだわる必要はありません。 手書きを指定する企業は今でも残っていますが、反対に、オンラインでの提出に限定して手書きの履歴書を受け付けない企業も出てきています。 応募先企業がどのようなスタイルを指定しているのか、前もってチェックしておきましょう。 履歴書で大事なことは、手書きかパソコンかということではなく、「読みやすさ」です。 誤字脱字に十分気をつけて、読みやすい文章を心がけましょう。 特に、法務部は契約書などの書類作成を取り扱う部署であるため、「書類の読みやすさ」を厳しくチェックします。 履歴書に誤字があると、「自分の履歴書すら書き間違えるのだから、契約書の仕事でもミスが多いだろう」と評価されてしまいます。 このため、誤字脱字には細心の注意を払いましょう。 履歴書やエントリーシートに添付する写真は、プロのカメラマンに撮影してもらうことも可能ですが、スピード写真でも全く問題ありません。 どちらでも構いませんので、オンラインでの提出に備えて写真データを手元に残しておきましょう。 写真撮影のポイントは、「印象管理」です。 ネクタイや襟などの身だしなみを整えて、にこやかな表情を作りましょう。 歯を出して大きな笑顔を作るのではなく、口角を少しあげて自然な表情でニコリと微笑みます。 証明写真で意外に多い失敗例が、「髪が乱れている写真」です。 髪が乱れていると、清潔感が無く、だらしない印象を与えます。 前髪が目元にかかっている人は、それだけで暗い印象を与えます。 前髪が長い人は、目元にかからないようにピンで止めるか、横に流しておでこを出しましょう。 応募書類の中で最も重要なのが、自己アピール欄です。 学生時代に頑張ったこと、第二新卒の方ならば、現職で短いながらも頑張ったこと、何かを克服した経験や、そのために何をどう工夫したのかについて、自分なりの表現で記載しましょう。 自己アピールのポイントは、「情景が思い浮かぶような『具体的なエピソード』を盛り込むこと」です。 例えば、「部活で活躍しました」「ゼミ長としてグループをまとめました」という抽象的な表現では、あなたの魅力は全く伝わりません。 「部活でどのような困難があり、どのように工夫して、どうやって乗り越えたのか」ということや、「ゼミの中でどのようなトラブルがあり、どのような対策を検討して、どうやって解決に導いたのか」ということを、できるだけ具体的に記載しましょう。 自己アピールに記載するエピソードは、派手なエピソードである必要はありません。 留学や起業などのエピソードがあればインパクトが大きいことは事実ですが、そのような人材ばかりを企業が求めているわけではありません。 法務部を志望する人の中には、「学生時代は司法試験の勉強ばかりしていたので、自己アピールになるようなエピソードが無い」と悩んでいる人が少なくありません。 しかし、「勉強しかしていない」とネガティブに捉えるのではなく、「思いっきり勉強に打ち込んだ」とポジティブに捉えましょう。 勉強方法をどのように工夫したのか、スランプの際にはどのように乗り越えたのか、苦手な科目はどうやって成績を伸ばしたのかなど、自己アピールになる要素はたくさんあります。 それでも自己アピールの書き方が分からない人は、エージェントに相談してください。 エージェントに相談すると、ご自身の経歴に合わせて、1年後・3年後・5年後・10年後のキャリアについてアドバイスをしてくれます。 キャリアプランを具体的に描くことができれば、「そのプランに合わせてどのような自己アピールをすれば良いか」が見えてきます。 お一人で自己アピールについて悩んでいると、解決策が見つからず、マイナス思考に陥ることがあります。 前向きな姿勢で自己アピールを考えるためにも、お悩みの人はエージェントに相談してみましょう。 まず「ご自身のキャリアビジョン」を構築して、志望理由につながる形で自己アピールを考えましょう。 第二新卒の人は、転職後のキャリアプランを構築して、転職理由につながるような自己アピールを考えましょう。 自己アピールと志望理由(転職理由)がつながっていると、採用担当者が「この人を採用したら、〇〇という点で会社に貢献してくれそうだ」とイメージしやすくなります。 このため、書類通過率が高まります。 自己アピールと志望理由(転職理由)をつなげるためには、一度考えた文章を数社に使い回すのではなく、応募先企業によって臨機応変に書き直すことがベストです。 応募先の規模や業種に応じて、自己アピール文を変更しましょう。 例えば、大手企業の法務部では、チームワークのある人や協調性の高い人が求められます。 このため、部活動でチームワークを発揮したエピソードや、病院でのボランティア活動の経験などが好まれます。 これに対して、ベンチャー企業では、自分で考えて行動を起こすことができる人や、自走力のある人が好まれるため、何かをゼロから立ち上げたエピソードや、自分自身のアイデアで困難を乗り越えたエピソードなどが好まれる傾向があります。 もちろん上記はあくまで一般的な例ですのでどのような傾向の企業、事務所なのか、迷った場合はエージェントに相談しましょう。 志望理由を書く際には、まず「応募先の業界や職種、強み、これまでの事業展開、将来のビジョン」などを徹底的に調べましょう。 特に、法律事務所やベンチャー企業に応募する場合は、代表者や創設者の理念をしっかりと抑えましょう。 法律事務所やベンチャー企業では、代表者が最終決定権を持っていることが多く、最終面接で代表者と対面する可能性があります。 このようなとき、代表者の理念を頭に入れているかいないかでは、印象が格段に違います。 応募先の企業や理念を徹底的に調べたら、ご自身のキャリアビジョンと照らし合わせて、「なぜ志望しているのか」「どうしてその企業でなければダメなのか」を端的に説明しましょう。 このとき、「自分は入社(入所)したらどのような活躍をしたいのか」が伝わるように書くことがポイントです。 企業の場合は、新卒者の成績はそこまで気にしません。 全く見ないわけではありませんが、成績が悪いからといってそれだけで落とされることはあまりありません。 ただし、弁護士の新卒採用の場合は、現場の法務部員が書類選考を担当することがあるため、法学部・法科大学院での成績や司法試験の順位を気にする傾向があります。 とはいえ、「最終選考で2人残った場合には、成績が良い方を採用する」という程度が多く、成績が悪いことだけを理由に書類選考でふるいにかけることはあまりありません。 成績が芳しくない人も、自己アピールを工夫すれば内定につながるチャンスがありますので、最初から諦めるのではなくまずはエージェントに相談してください。 法律事務所の場合は、企業よりも成績を重視する傾向があります。 特に、企業法務を扱う法律事務所は、必ず成績を確認します。 法学部や法科大学院の成績だけでなく、司法試験の合格順位(成績表)も大事な選考要素です。 しかし、成績が悪いからといって、すぐに諦める必要はありません。 全体的な成績が悪くても、応募先企業のメインの分野の成績が良ければ、内定を獲得できるチャンスはあります。 例えば、知的財産業務に力を入れている事務所では、知的財産法や会社法の成績が良ければ、内定がもらえることもあります。 学生時代の成績や司法試験の順位は、今から取り戻すことができません。 ご自身の成績が強みとなるのか弱みとなるのかをしっかりと分析したうえで、応募先に合わせた戦略を練ることがポイントです。 学生時代の成績でお悩みの人は、エージェントにご相談ください。 今回は、新卒・第二新卒の応募書類の書き方について解説しました。 履歴書やエントリーシートは、あなたの分身となって魅力を売り込み、採用面接につなげてくれる架け橋です。 誤字脱字にはくれぐれも気をつけて、読みやすい文章を心がけましょう。 「どうして書類で落とされるのかが分からない」という人や、「どこから手を付けたら良いのか分からない」という人は、エージェントに相談してみましょう。 エージェントを利用すると、ご自身では気付かなかった強みや弱みを発見できるかもしれません。 就職、転職活動を成功させるためには、第三者の客観的な視点が重要です。 ご利用料金はかかりませんので、いつでもお気軽にご相談ください。

次の

法務・コンプライアンスの転職・求人情報|エン ミドルの転職

転職サイト 法務

就職活動で最初の壁となるのが、「履歴書やエントリーシートの作成」です。 第二新卒の人は、「履歴書と職務経歴書」が必要となります。 採用担当者が書類を一読して、「この人と会って話を聞きたい」と思えば、面接が決まります。 書類に魅力が無ければ、その段階で終了です。 企業側としては、面接を効率化するために書類選考で多くの人を落とさなければいけません。 特に、応募者が多数の大手企業は、大多数の人が書類選考で落とされます。 それでは、書類選考で他人と差をつけるにはどのような工夫をしたら良いのでしょうか?採用担当者はどのような点を見ているのでしょうか? 今回は、大手企業の人事部で全国各地の新卒・中途採用を担当したキャリアを持つエージェントが、「受かる」書類の書き方を紹介します。 「いつも書類選考で落とされてしまう」とお悩みの人や、「これから就職活動を始めるけれど、応募書類の書き方が分からない」という人は、ぜひ参考にしてください。 履歴書は、手書きでもパソコンでも構いません。 字に自信が無い人は、無理に手書きにこだわる必要はありません。 手書きを指定する企業は今でも残っていますが、反対に、オンラインでの提出に限定して手書きの履歴書を受け付けない企業も出てきています。 応募先企業がどのようなスタイルを指定しているのか、前もってチェックしておきましょう。 履歴書で大事なことは、手書きかパソコンかということではなく、「読みやすさ」です。 誤字脱字に十分気をつけて、読みやすい文章を心がけましょう。 特に、法務部は契約書などの書類作成を取り扱う部署であるため、「書類の読みやすさ」を厳しくチェックします。 履歴書に誤字があると、「自分の履歴書すら書き間違えるのだから、契約書の仕事でもミスが多いだろう」と評価されてしまいます。 このため、誤字脱字には細心の注意を払いましょう。 履歴書やエントリーシートに添付する写真は、プロのカメラマンに撮影してもらうことも可能ですが、スピード写真でも全く問題ありません。 どちらでも構いませんので、オンラインでの提出に備えて写真データを手元に残しておきましょう。 写真撮影のポイントは、「印象管理」です。 ネクタイや襟などの身だしなみを整えて、にこやかな表情を作りましょう。 歯を出して大きな笑顔を作るのではなく、口角を少しあげて自然な表情でニコリと微笑みます。 証明写真で意外に多い失敗例が、「髪が乱れている写真」です。 髪が乱れていると、清潔感が無く、だらしない印象を与えます。 前髪が目元にかかっている人は、それだけで暗い印象を与えます。 前髪が長い人は、目元にかからないようにピンで止めるか、横に流しておでこを出しましょう。 応募書類の中で最も重要なのが、自己アピール欄です。 学生時代に頑張ったこと、第二新卒の方ならば、現職で短いながらも頑張ったこと、何かを克服した経験や、そのために何をどう工夫したのかについて、自分なりの表現で記載しましょう。 自己アピールのポイントは、「情景が思い浮かぶような『具体的なエピソード』を盛り込むこと」です。 例えば、「部活で活躍しました」「ゼミ長としてグループをまとめました」という抽象的な表現では、あなたの魅力は全く伝わりません。 「部活でどのような困難があり、どのように工夫して、どうやって乗り越えたのか」ということや、「ゼミの中でどのようなトラブルがあり、どのような対策を検討して、どうやって解決に導いたのか」ということを、できるだけ具体的に記載しましょう。 自己アピールに記載するエピソードは、派手なエピソードである必要はありません。 留学や起業などのエピソードがあればインパクトが大きいことは事実ですが、そのような人材ばかりを企業が求めているわけではありません。 法務部を志望する人の中には、「学生時代は司法試験の勉強ばかりしていたので、自己アピールになるようなエピソードが無い」と悩んでいる人が少なくありません。 しかし、「勉強しかしていない」とネガティブに捉えるのではなく、「思いっきり勉強に打ち込んだ」とポジティブに捉えましょう。 勉強方法をどのように工夫したのか、スランプの際にはどのように乗り越えたのか、苦手な科目はどうやって成績を伸ばしたのかなど、自己アピールになる要素はたくさんあります。 それでも自己アピールの書き方が分からない人は、エージェントに相談してください。 エージェントに相談すると、ご自身の経歴に合わせて、1年後・3年後・5年後・10年後のキャリアについてアドバイスをしてくれます。 キャリアプランを具体的に描くことができれば、「そのプランに合わせてどのような自己アピールをすれば良いか」が見えてきます。 お一人で自己アピールについて悩んでいると、解決策が見つからず、マイナス思考に陥ることがあります。 前向きな姿勢で自己アピールを考えるためにも、お悩みの人はエージェントに相談してみましょう。 まず「ご自身のキャリアビジョン」を構築して、志望理由につながる形で自己アピールを考えましょう。 第二新卒の人は、転職後のキャリアプランを構築して、転職理由につながるような自己アピールを考えましょう。 自己アピールと志望理由(転職理由)がつながっていると、採用担当者が「この人を採用したら、〇〇という点で会社に貢献してくれそうだ」とイメージしやすくなります。 このため、書類通過率が高まります。 自己アピールと志望理由(転職理由)をつなげるためには、一度考えた文章を数社に使い回すのではなく、応募先企業によって臨機応変に書き直すことがベストです。 応募先の規模や業種に応じて、自己アピール文を変更しましょう。 例えば、大手企業の法務部では、チームワークのある人や協調性の高い人が求められます。 このため、部活動でチームワークを発揮したエピソードや、病院でのボランティア活動の経験などが好まれます。 これに対して、ベンチャー企業では、自分で考えて行動を起こすことができる人や、自走力のある人が好まれるため、何かをゼロから立ち上げたエピソードや、自分自身のアイデアで困難を乗り越えたエピソードなどが好まれる傾向があります。 もちろん上記はあくまで一般的な例ですのでどのような傾向の企業、事務所なのか、迷った場合はエージェントに相談しましょう。 志望理由を書く際には、まず「応募先の業界や職種、強み、これまでの事業展開、将来のビジョン」などを徹底的に調べましょう。 特に、法律事務所やベンチャー企業に応募する場合は、代表者や創設者の理念をしっかりと抑えましょう。 法律事務所やベンチャー企業では、代表者が最終決定権を持っていることが多く、最終面接で代表者と対面する可能性があります。 このようなとき、代表者の理念を頭に入れているかいないかでは、印象が格段に違います。 応募先の企業や理念を徹底的に調べたら、ご自身のキャリアビジョンと照らし合わせて、「なぜ志望しているのか」「どうしてその企業でなければダメなのか」を端的に説明しましょう。 このとき、「自分は入社(入所)したらどのような活躍をしたいのか」が伝わるように書くことがポイントです。 企業の場合は、新卒者の成績はそこまで気にしません。 全く見ないわけではありませんが、成績が悪いからといってそれだけで落とされることはあまりありません。 ただし、弁護士の新卒採用の場合は、現場の法務部員が書類選考を担当することがあるため、法学部・法科大学院での成績や司法試験の順位を気にする傾向があります。 とはいえ、「最終選考で2人残った場合には、成績が良い方を採用する」という程度が多く、成績が悪いことだけを理由に書類選考でふるいにかけることはあまりありません。 成績が芳しくない人も、自己アピールを工夫すれば内定につながるチャンスがありますので、最初から諦めるのではなくまずはエージェントに相談してください。 法律事務所の場合は、企業よりも成績を重視する傾向があります。 特に、企業法務を扱う法律事務所は、必ず成績を確認します。 法学部や法科大学院の成績だけでなく、司法試験の合格順位(成績表)も大事な選考要素です。 しかし、成績が悪いからといって、すぐに諦める必要はありません。 全体的な成績が悪くても、応募先企業のメインの分野の成績が良ければ、内定を獲得できるチャンスはあります。 例えば、知的財産業務に力を入れている事務所では、知的財産法や会社法の成績が良ければ、内定がもらえることもあります。 学生時代の成績や司法試験の順位は、今から取り戻すことができません。 ご自身の成績が強みとなるのか弱みとなるのかをしっかりと分析したうえで、応募先に合わせた戦略を練ることがポイントです。 学生時代の成績でお悩みの人は、エージェントにご相談ください。 今回は、新卒・第二新卒の応募書類の書き方について解説しました。 履歴書やエントリーシートは、あなたの分身となって魅力を売り込み、採用面接につなげてくれる架け橋です。 誤字脱字にはくれぐれも気をつけて、読みやすい文章を心がけましょう。 「どうして書類で落とされるのかが分からない」という人や、「どこから手を付けたら良いのか分からない」という人は、エージェントに相談してみましょう。 エージェントを利用すると、ご自身では気付かなかった強みや弱みを発見できるかもしれません。 就職、転職活動を成功させるためには、第三者の客観的な視点が重要です。 ご利用料金はかかりませんので、いつでもお気軽にご相談ください。

次の