診断書 経費。 個人事業主は医療費を経費で落とせるのか? 仕訳や勘定科目など

【美容師向け】保健所に病院の診断書が必要!?何科なのか徹底解説

診断書 経費

労災の診断書の費用は誰が負担しなければならない? 労災でけがをしたときに使われる「 診断書」。 会社に提出する診断書、労働局や労働基準監督署に提出しなければならない診断書、生命保険や入院保険などに提出する診断書など、いろいろな使い道がありますね。 では、労災でけがをして診断書が必要になったとき、その費用は誰が負担しなければならないのでしょうか。 ケース別に見ていきましょう。 会社から提出を求められた診断書は? 労災で会社を休まなければならなくなったときなどに、会社から「休むんだったら病院から診断書をもらってきて!」と言われることがあります。 会社から提出を求められた診断書の費用については、労災保険から支給されません。 労災保険側が必要としているものではないですし、会社への提出を義務付けているようなものでもないからです。 では、だれが負担すべきなのか。 会社に診断書を提出するのはかまわないけど、仕事中のけがで休業しなければならないのに、その診断書の費用を自分で負担しなければならないのはなんだか理不尽に感じますよね? こういったとき、実は 法令上、会社から提出するように指示された診断書の費用負担について、どちらが負担すべきか明記されたものはありません。 けがをした本人からしてみれば、文書料は一般的に高額ですし、会社から提出するように指示された診断書だから、会社に負担してもらいたいと思います。 一方の会社にしてみれば、本人の状態を会社に証明するために取得する診断書なのだから、本人が負担すべきと考える会社も多いでしょう。 結論としましては、どちらが負担するのか、 本人と会社との話し合いで決めるしかないと思われます。 私個人の印象ですが、会社によりけりといいますか、実態としては、会社で負担している場合と本人が負担している場合と 半々くらいのように思います。 また、会社と本人で半々で負担(折半)している場合もあるようです。 生命保険や入院保険に提出する診断書は? けがをした本人が個人で加入している生命保険や入院保険に提出する診断書料は、 自己負担になります。 労災保険からは支給されません。 保険会社によって、領収書の提出で済むものや、他の診断書のコピーで代用できるものもありますので確認してみましょう。 障害請求書(様式10号)の診断書は? 労災で治療がすべて終了し、後遺障害が残った場合、労災保険に障害補償の請求ができますが、その際に医師に後遺症の状態について診断書を書いてもらう必要があります。 これは様式が決められていて、障害請求をするときに労働基準監督署に対して必ず請求書に添付しなければならないものです。 ですので、 この診断書料は労災保険から支給されます。 この診断書料は「4,000円」と決められていて、一度、自分で立て替えて支払う必要がありますが、費用請求の手続きをすることで後日返金されます。 請求方法は、業務災害の場合、「療養補償給付たる療養の費用請求書_業務災害用(様式第7号(1))」に病院からもらった領収書を添付して、労働基準監督署に提出します。 なお、余談ですが、たまに病院によって消費税を余分にとられたり、5,000円などと4,000円以上の金額をとられたりするような場合もあるようですが、この場合でも労災保険からは決められた「4,000円」しか支払われないため、差額については自己負担になります。 その他、労災保険側に提出しなければならない診断書は? 後遺症の手続きのほかにも、労働基準監督署から診断書の提出を求められる場合があります。 たとえば、けがをして療養を開始した日から1年6ヶ月後に「傷病の状態等に関する届」という書類を提出するように通知が来るのですが、それに診断書をつけなければならないことになっています。 これも障害請求と同様に診断書の様式が決められていますし、労働基準監督署からの指示で提出しなければならないものですので、 労災保険から支給されます。 受診した病院が労災指定医療機関ではない場合など、本人が立て替えなければならないケースもありますが、後日、費用請求をすることで返金されます。 休業請求書(様式8号)の医師証明料は? 仕事中や通勤途上でけがをしたことで働けなくなり、給料が支給されない場合、労災保険から休業(補償)給付が受給できます。 この休業補償を請求するときに、請求書に医師の証明が必要なのですが、実はこれにもお金がかかっているってご存知でしたか? 金額は「2,000円」で、通常は労災保険から医療機関に対し直接支払われています。 ところが、労災指定になっていない医療機関に受診したような場合は、労災保険から直接支払われませんので、医療機関から証明料を支払うように言われた場合は一度自分で支払う必要があります。 しかし、これも後日、費用請求書で費用請求することで返ってきます。 では費用請求書(様式7号)の医師証明料は? 実際に自分で負担した費用を請求するときに使う「療養補償給付たる療養の費用請求書_業務災害用(様式第7号(1))」ですが、この請求書にも医師の証明欄があり、費用を請求する際は医師の証明をもらわなくてはならないことになっています。 この医師証明料については、実は労災保険に支払いの規定はありません。 ですので、病院は無償で証明をしなければならないということになります。 しかし、特に労災指定になっていない医療機関に多いようなのですが、たまに病院から証明料を請求される場合があります。 病院からしてみれば、当然といえば当然のような気もしますよね? この場合でも、労災保険に支払いの規定が定められていない以上、おそらく労災保険から支給されることはないと予想されますので、個人負担にならざるを得ないかもしれません。 こういったケースの場合は、労働基準監督署に問い合わせすることをおすすめいたします。 特集 みんなに内緒でスキルアップしませんか? コメントありがとうございます。 後遺症の障害等級の決定は、最終的に管轄の労働基準監督署で行われます。 主治医の診断書はもちろんなのですが、その他にも必要に応じて、主治医への詳細確認、本人面談、労災医員・協力医による診断などを経て障害の状態が把握され、その障害が労災で定められている障害等級表の何級に該当するのか(もしくはどれにも該当しないのか)判断されることになります。

次の

復職に診断書は必要なのか?料金は会社が負担してくれるのか?

診断書 経費

診断書は、診断を受けてインフルエンザだと発覚した病院で発行してもらえます。 ちなみに料金は、おおむね2000円前後が相場のようです。 中には1000円程度の所もありますし、10000円もする所すらあるみたいで、結構どんぶり勘定なのが痛い所ですね。 会社や学校で負担してもらえない場合は、痛い出費となることでしょう。 もしも出費が気になるようであれば、事前に学校や職場へ診断書が必要か確認した上で、診断書の発行費用を病院へ連絡しチェックしておきましょう。 インフルエンザ診断書を発行する理由は? また、診断書はインフルエンザが発症したという証明以外にも理由があります。 「ちゃんとした医療機関で診断してもらった」という証明にもなりますね。 なので、 「2000円が勿体無い!診断書がもらえなかったって嘘ついてもいいかな?」 というのはご法度です。 まず医療機関では診断書を希望されたら、病状がインフルエンザだと特定できればお金を払って発行できるのが普通です。 ですからインフルエンザの診断書が必要な場合については、自己負担でも仕方ないので発行してもらいましょう。 でなければ会社や学校の規定で無断欠勤や無断欠席として扱われてしまいます。 2000円前後のお金をケチって信用を失うのが嫌なら、安い投資だと思いましょう。 会社や学校でその費用は負担してもらえるのでしょうか? それぞれ、学校と会社のケースで考えてみましょう。 会社で診断書費用は負担してもらえる? 診断書の提出を会社に求められた際には、要求した会社側に費用を負担してもらう権利があると思います。 しかし、会社のことはインフルエンザ患者ではなく会社が決める所ですよね。 実際の所はどうなのでしょう? 会社では、福利厚生の一環として予防接種をおこなっている所もあります。 会社と病院とが契約しているからですね。 その場合は、会社で診断書の費用を負担してくれるケースが多いのだそうです。 そもそも、会社でのインフルエンザ診断書を発行してもらうのは医療機関では結構な事務的負担になります。 なので、提出しなくてもいいという会社はわりと多いみたいですね。 一概には言えないので、いちど会社の人事へ確認する必要はあるかとは思いますが。 また、インフルエンザに感染したからといって「会社側の管理に問題があるわけではない」ので労災認定はされないようです。 学校で診断書費用は負担してもらえる? 学校の場合は、診断書とは別のもので「登校許可証明」というものが必要になる事も。 病院で発行してもらう際には実費で費用を負担しなければいけませんが、後で戻って来るケースもあります。 理由としては、それぞれの学校が所属している自治体と医師会が必ず提携しているからです。 身体検査や予防接種も、学校でやっていますもんね。 診断書の費用は、後日口座振込みという形で負担してくれるのだそうです。 まとめ それでは、インフルエンザの診断書に関する情報でした。 今回ご紹介した例はあくまで一般的な例です。 「1万円もする診断書を発行したのに、会社に1円も負担してもらえなかった!」 なんて事 ならないように一度学校や会社に問い合わせてみるのが良いでしょうね。

次の

インフルエンザで会社を休む!診断書は必要?必要ない?

診断書 経費

【目次】• 個人事業主が経費として落とせる費用の項目 基本的に事業に関する出費であれば経費として計上できます。 賃貸事務所やレンタルオフィスだけでなく、シェアオフィスやコワーキングスペースの利用料も経費の対象です。 では、自宅で仕事をしている場合はどうなのでしょうか? 自宅を事務所兼用としている場合、事業で使用した分だけ経費にできます。 自宅兼事務所を全額経費にしてしまうとプライベートでの使用分まで経費になってしまうため、事業とプライベートでの使用を分けて考えなければなりません。 ではどうするかというと、 作業スペースの専有面積や作業時間に応じて按分(あんぶん)をします。 按分は2つ以上のものを数量に比例して割り振ることで、個人事業主の簿記ではよく使う言葉です。 たとえば、自宅を「作業スペース3」「プライベート7」で分けている場合、家賃の3割を経費として計上します。 残り7割は事業に関係ないスペースなので経費にはできません。 ワンルームで仕事をされている方は専有面積では分けにくいですよね。 その場合は作業時間で按分してください。 5割になります。 作業時間は変動すると思うので、だいたい地代家賃の4割を経費として落とせば問題ないでしょう。 私はワンルームで仕事をしているため作業時間で按分しています。 電気代(水道光熱費) 電気代も経費になります。 事務所の場合は全額経費に落として構いません。 自宅兼事務所の場合は、地代家賃と同じく業務での使用分に応じて按分してください。 電気代は地代家賃と違って専有面積で按分できませんが、電気代は作業時間と比例するため地代家賃の割合を一緒にしておくと計算しやすいです。 在宅で仕事をしている個人事業主(フリーランス)が業務で使う電気代は主にパソコンなので、地代家賃と同じ割合にしておけば問題ないでしょう。 水道光熱費にはガス代や水道代も含まれますが、個人事業主の場合は経費に計上できないことが多いです。 工芸品の制作などでガスや水を大量に使うのであれば別ですが、基本的に業務では使用しないので経費には計上できません。 スポンサードリンク 通信費 プロバイダの利用料金や事業用の携帯電話・スマホの料金も経費にできます。 切手代や送料も通信費の一部です。 インターネットはプライベートでも使用するため、 プロバイダの利用料金は地代家賃や電気代と同じように作業時間で按分しましょう。 携帯電話・スマホ代は、事業専用で使っていれば全額経費にできます。 プライベートと兼用で使用している場合は、使用時間で按分してください。 プライベートでも使っているのに全額を経費にしてはいけません。 事業での使用時間に応じて按分しましょう。 交通費(旅費交通費) 仕事用の事務所に行く時、クライアントや取引先との打ち合わせ場所に行く時などに交通機関を利用した場合、交通費として経費に計上できます。 領収書があれば他の経費と同じに処理し、領収書がない場合は出金伝票に日付と乗車区間を記しておきましょう。 「Suica」や「ICOCA」といったICカードを利用した場合、 経費にできるのはチャージ(入金)した金額ではなく、実際に乗車して運賃が引き落とされた時です。 宿泊を伴う出張費用も旅費交通費として計上します。 ホテル代などの宿泊費は経費にできますが、出張先での個人的な観光やお土産の購入代金は経費になりません。 出張先での駐車場代(コインパーキング代)も旅費交通費として計上します。 ガソリン代(燃料費) 業務で車を使用した場合、ガソリン代を経費として落とすことができます。 自家用車を業務に使う場合はガソリン代を按分してください。 細かく分けるのは難しいのでざっくりで構いません。 ガソリン代の勘定科目は旅費交通費に含めても構いませんが、「燃料費」の科目を作っておくと交通費と区別しやすいです。 消耗品費 消耗品費は、使用すると消耗して価値がなくなる物を経費にする科目です。 消耗品の定義は、「 取得金額が10万円未満の消耗品、または使用可能期間が1年未満の消耗品」となっています。 たとえば鉛筆やボールペン、消しゴムは使うと減っていきますし、プリンタのインクカートリッジも使うとなくなるので消耗品です。 取得金額が10万円以上の物や1年以上使用可能な物は後ほど解説する事務用品費や備品費として計上します。 事務用品費 事務用品費は、文房具や事務用品を経費に計上するための勘定科目です。 鉛筆やボールペン、消しゴムは消耗品ですが、事務用品費として計上することもできます。 メモ帳や伝票、コピー代といった用品の他、10万円以下のパソコンのキーボードやマウスも事務用品費になります。 消耗品費と事務用品費の使い分けですが、正直言うとこれはどちらでも構いません。 金額が10万円以下であれば消耗品費でも事務用品費でもどちらでも好きな方で計上してください。 備品費 備品費は10万円以上20万円未満の物を経費に計上するための勘定科目です。 10万円以上20万円未満の備品費は一括償却資産にあたり、全額費用にするか3年で均等に減価償却します。 20万円以上30万円未満の物は減価償却資産になるため定額法・定率法による減価償却が必要です。 個人事業主や中小企業(従業員の数が常時1,000人以下)の場合、「少額減価償却資産の特例」を利用すれば全額経費にできます。 30万円以上は固定資産になるので、取得金額に注意してください。 新聞図書費(書籍代・参考書代) 仕事のために購入した書籍や参考書は経費にできます。 勘定科目は書籍も参考書、新聞、雑誌などを含めて「新聞図書費」を使ってください。 電子書籍も経費になります。 勘定科目は同じく「新聞図書費」です。 外注費 外部の業者や個人事業主(フリーランス)にうアウトソーシングした場合は「外注費」として計上します。 外注費は給与とは異なり、雇用関係がない相手に費用を支払った場合に使う勘定科目です。 外注費は税務調査でチェックされやすい項目なので、脱税にならないように注意してください。 外注費は基本的に所得税の源泉徴収は不要ですが、支払う相手が個人事業主で外注費の項目が原稿料・講演料・デザイン報酬である場合、源泉徴収が必要となります。 源泉徴収が必要な報酬・料金の詳細は国税庁のWebサイトで確認してください。 参考: 租税公課 「租税公課」は 事業に関わる税金を支払った時に使用する勘定科目です。 租税:国税や地方税 公課:公的な課金(国や公共団体などに対する交付金や公共サービスなどに支払う手数料) 【租税公課の対象となる税金・課金】• 個人事業税• 固定資産税• 不動産取得税• 償却資産税• 登録免許税• 印紙税• 自動車税• 自動車取得税• 印鑑証明書• 住民票の発行手数料• 商工会や商工会議所など会費や同業者組合などの組合費 後ほどまた解説しますが、「租税公課」は所得税や住民税など個人としての自分(事業主ではない自分)にかかる税金は対象外です。 【租税公課の対象にならない税金・課金】• 所得税• 住民税(都道府県民税、市町村民税)• 相続税• 国税の延滞税、加算税• 地方税の延滞金、加算金• 「事業主貸」の使い方は以下の記事で詳しく解説。 雑費 『雑費」は上記のいずれにも当てはまらない費用を計上するための勘定科目です。 たとえば来客用にカップを購入したり、開業祝いに花を贈ったりした時など、どの勘定科目にあたるか不明な時に「雑費」を使います。 「雑費」に関して特に制限はありませんが、不自然に金額が多いと税務署に指摘されるかもしれないので使いすぎに注意しましょう。 経費にできない項目 基本的に、個人的な出費や税金に関しては経費にすることはできません。 スーツ・ビジネスシューズ プライベートでも着用できる衣服や靴は経費として認められません。 ただし作業着など業務での使用目的が明確な衣服は「消耗品費」として計上できます。 難しいのはスーツやビジネスシューズで、プライベートで一切着用していないことが証明するのが難しいため、 簿記ではスーツを経費にしないのが一般的です。 ビジネスシューズの場合も同じで、プライベートの区別がつきにくいため経費として認められません。 安全靴やナースシューズなど業務目的が明確であれば別ですが、基本的に靴も経費にできないと考えておきましょう。 所得税、住民税 所得税や住民税は経費として計上できません。 上述したように個人事業税や定資産税など事業にかかる税金・課金は経費にできます。 国民年金・国民健康保険 国民年金と国民健康保険も経費にはできません。 ただし、確定申告で所得控除として申告できます。 生命保険や地震保険料も同じで経費にはなりませんが、所得控除の対象となるので確定申告の書類に記載して節税をしましょう。 健康診断費 法人であれば従業員の健康診断費を経費にできますが、個人事業主の場合は経費にできません。 個人事業主の健康診断はプライベートの費用と判断されるため、経費としては認められないのです。 でも個人事業主やフリーランスは毎年健康診断は受けておいたほうがいいですね。 ただし、健康保険料は確定申告で控除できます。 スポンサードリンク 会計ソフトを使って時短しよう 帳簿管理は手間も時間もかかります。 毎月コツコツ帳簿付けするのも面倒ですし、確定申告の時期に一気にまとめるのも面倒ですよね。 個人事業主は、ある程度の簿記の知識があった方がいいですが、普段の帳簿付けを手書きやExcelで管理するのは非効率です。 時短するために、「 」などのクラウド会計ソフトを使うことをおすすめします。 銀行口座やクレジットカードと紐づけておけば、自動で記帳してくれるので、帳簿付けの手間と時間を大幅に省略できます。 「 」なら 帳簿付けだけでなく、確定申告の種類作成もできるので、税理士に頼むより安いです。 無料でお試しできるので、この機会に使ってみてください。 令和元年からSEOコンサルの仕事をメインに受注。 スキル:Webライティング、SEO、Webディレクション、コンサルティング、WordPress、簿記 当サイトについて: フリーランスが生き残るためのノウハウなどを紹介。 未経験からフリーランスで生計を立てるために必要なこと、仕事を継続して受注するための心構えなど、実践して成功した方法を公開します! 生存、戦略ぅぅぅぅぅ!!.

次の