メンタル ヘルス マネジメント 検定 解答 速報 27 回。 メンタルヘルスマネジメント検定の過去問は入手可能?pdfのダウンロード法も解説!

メンタルヘルス・マネジメント®検定|資格概要|資格の学校TAC[タック]

メンタル ヘルス マネジメント 検定 解答 速報 27 回

商品を探す• 資格・試験から コースを選ぶ• 公務員• ビジネス・経営• 医療・福祉・保育• 就職・語学• 講座からコースを選ぶ• 公務員• ビジネス・経営• 医療・福祉・保育• 就職・語学• 学習スタイルから コースを選ぶ• 通学講座• 通信講座•

次の

リカレントメンタルヘルススクール 解答速報

メンタル ヘルス マネジメント 検定 解答 速報 27 回

1節 労働者と職場の現状 1. 2節 メンタルヘルスと法律 1. 1節 ストレスの基礎知識 2. 2節 心身症・メンタルヘルス不調 2. 3節 メンタルヘルス不調者への態度 2. 1節 事業場内資源 3. 2節 事業場外資源 3. 3節 医療機関や治療・薬 3. 1節 管理監督者とは 4. 2節 職場環境の把握方法 4. 3節 職場環境改善の方法 4. 1節 コミュニケーション 5. 2節 部下の不調の早期発見 5. 3節 部下の話を聴く 5. 1節 職場復帰支援の流れ 6.

次の

新着情報

メンタル ヘルス マネジメント 検定 解答 速報 27 回

公式テキストは使わずにテキスト2冊のみで勉強 (参考書) これだけ覚える! メンタルヘルス・マネジメント R 検定II種 ラインケアコース 改訂2版 著:SOMPOリスクケアマネジメント株式会社 桜又彩子 (過去問題集) メンタルヘルス・マネジメント検定試験 II種ラインケアコース 過去問題集 著:梅澤志乃• 参考書を3周回する• 過去問題集 138ページある全ての選択肢について、なぜ正解なのか?なぜ間違いなのか?を言えるようにする 期間が短いため、 必要最小限で合格するためのプランです。 この検定試験は初めてでしたが、大学受験などの経験からこれで行けるだろうという感覚はありました。 実際の勉強は?計画どおりには行かず、滑り込みセーフ さて、計画を立てたあと、僕が実際にやったことです。 結果を見ると、 最初の計画通りにはできませんでした。 でも全く駄目だったという訳ではなく、本番には どうにか滑り込みセーフといった感じになりました。 当日会場に向かう電車の中でも勉強してましたので、本当にギリギリ。 冷や汗ものでした。 計画どおりに出来なかった理由は、自分の怠けぐせと家庭環境(子供のお世話など)の影響。 このあたりは反省点です。 とはいえギリギリセーフで間に合ったし、検定にも合格したので、とりあえず計画自体は良かったと言っていいでしょう! 検定試験の自己分析と結果速報 それでは11月4日のメンタルヘルス・マネジメント検定試験2種を振り返ってみます。 試験終了時点での自己分析は「たぶん合格」 試験が終わった時点での手応えです。 実力で合格したと言えそうな結果でした。 検定試験を受けてみて分かった3つのこと 予想以上に 勝負できたなあ、というのが実感です。 その実感の根拠となった、 検定試験を受けてみてはじめて分かった3つの点を紹介します。 過去問題集の勉強が力を発揮した 過去問題集に載っていた問題と近い形で出題されたり、変形して出題されたりしていた問題が意外と多かったです。 全くカバーできてない箇所の出題もあったが、リスクは小さめだった 僕は参考書と過去問題集の 2冊しか勉強していないので、公式テキストの範囲と比べて抜けているところがありました。 そこが出題されたパターンです。 当然、ちんぷんかんぷんでした。 効率化した勉強の代償というわけですが、 結果から言えば、それほど大きなリスクではありませんでした。 過去問を完璧にマスターできてはいなかった 過去問や予想問題に似たような問題があったのに、 取りこぼしてしまったものが何個かありました。 完全にマスターできていれば、もう少し点を伸ばす余地がまだありましたね。 単純に悔しいです! もう少し勉強の計画を徹底できていれば、点数はまだ伸ばせました。 その他、参考になる試験の感想 そのほかの参考情報として 実際に試験を受けてみた感想をまとめました。 時間配分や、問題に取り組むときの戦法など、参考になると思います。 試験問題は60分で1周回できた 試験時間は120分なので、だいたい半分で解き終わるくらいの分量でした。 50問を 1問あたり平均1分24秒で解いた計算です。 60分くらいで会場から出て行く人もちらほらいたので、僕が特別速いということではなかったと思います。 終わりまで通すことをとにかく最優先にして、 「分からない」「迷う」問題は1周回目はパスしました。 確認でもう1周回に40分かかった ミスや誤解がないか、 マークシートを塗り間違えてないかをチェックする作業です。 それとパスした問題を考える時間に使いました。 知っているか知らないかの試験ではいくら考えても正解に辿りつけないので、僕もここで退出しました。 ですので実際はもう少し早く周回できると思います。 改めて大事だと感じた試験のポイント2つ 改めて大事だなあと感じた試験を受ける時のポイント2つを書いておきます。 分からない問題はあきらめる これ 大事です。 大学入試のように「決まった合格者数を争う勝負」ではあきらめるべきではありませんが、この検定試験は 「合格ラインの問題数を正解する勝負」です。 最終目的は50問のうち 35問を正解することです。 つまり、 15問は間違えてOKなんです。 全体を通して「合格ラインを越えそうだ」という手応えがあれば、 むしろ取りこぼしを防ぐ方に力を入れましょう。 単純に知識を問う問題ですから、分からないものはいくら考えても分かりません。 まとめ 1ヶ月でメンタルヘルス・マネジメント検定2種を合格するというチャレンジはこれで一区切りしました。 無事に 合格できましたので、一応は成功したということで嬉しいです!.

次の