命の母a 口コミ。 小林製薬の「命の母エクオール」は効果ある?口コミと評判を徹底検証(2020年版)

命の母がヤバい!口コミ&効果は?更年期障害に効くの?

命の母a 口コミ

命の母Aは、明治36年に誕生した女性の為の保健薬「命の母」が根源です。 そこからどんどん進化を遂げ、リニューアルしたのが命の母Aということですね。 100年以上も前から、多くの女性に親しまれてきたという歴史のあるサプリということになります。 そう考えると凄いですよね! 明治・大正・昭和・平成と力強くたくましく生きてきた女性を応援し、サポートし続けてきたのが命の母なんです。 名前だけはよく耳にしたことがあるという人が多いのも、それだけ世に浸透しているということでしょう。 「全ての女性を幸せにしたい」そんな思いが込められている女性の為のサプリ。 これほど歴史があるというのは、それだけ多くの女性に支持されてきた証拠といえますね。 漢方医学では「気」「血」「水」のバランスが私たちの健康には欠かせないことだといわれています。 命の母Aは、その漢方医学に基づいて作られたサプリなんです。 「気」「血」「水」3つがバランス良く保たれるように、数ある中から生薬を選び組み合わされています。 その生薬の数はなんと13種類! 女性の不調の大きな原因のひとつである血の滞り、冷えや肩こり・肌荒れなどを引き起こします。 気が乱れると気分の落ち込みやイライラ・めまいなどの症状が、体に水が滞ると頭痛やだるさを感じるのです。 どれも更年期の不快な症状ばかりですよね!これを改善する為に、命の母Aにはそれぞれの巡りを良くする生薬が配合されているのです。 3つのバランスが改善されることで、体の不調を感じにくくなるんですね。 どんな薬でもサプリでも、人によって合う・合わないがありますよね。 評判のいい薬だったとしても、体質や体格によっては体が受け付けないことがあるんです。 そこで、命の母Aは誰でも飲めるようなサプリにする為、生薬をバランス良く配合しています。 漢方では「証」というそれぞれの体質に合ったものさしに基づいて処方されますが、命の母Aはそれを使いません。 3大婦人用漢方薬と呼ばれる「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」をバランス良く配合することで、どんな体質の女性でも飲めるようにしているんです。 バランス良く配合された3大婦人用漢方によって、のぼせや生理不順・冷え症・肌荒れ・イライラなどの症状が改善されるということですね。 では、実際にどんな成分が配合されているのかチェックしてみましょう。 命の母Aの成分はこちら 厳選された13種類の生薬• ダイオウ・ センキュウ・ コウカ 血の巡りを改善する生薬。 血行が良くなることで、頭痛や肩こりなどの症状を和らげる• シャクヤク・ トウキ 血の成分を補う• ケイヒ・ コウブシ 気の巡りを改善する生薬。 乱れた気を整え、気分の落ち込み・めまいや耳鳴りなどの症状を改善• カノコソウ・ ニンジン 鎮静効果。 乱れた気を整えイライラを改善• ソウジュツ・ ブクリョウ・ ゴシュユ 滞っている水の流れを良くして体調改善• ハンゲ 体を温める 更年期に欠かせないビタミンB群• チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)• リボフラビン(ビタミンB2)• ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)• シアノコバラミン(ビタミンB12)• 葉酸 皮膚や粘膜を健康に保ち、ニキビや肌荒れを改善・貧血改善 カルシウム• パントテン酸カルシウム• リン酸水素カルシウム水和物 栄養補給・骨を健康にする• タウリン• ビタミンE• ビオチン• 精製大豆レシチン 腰痛や肩こり・冷え・のぼせの改善。 脂質の代謝促進・皮膚炎の緩和 このように命の母Aには、生薬の他にも不足しがちなビタミン類や更年期の女性に欠かせないカルシウムなどがしっかり配合されています。 生薬をバランス良く配合しているので、どんな体質の人でも安心して飲むことができるのも嬉しいですね。 では、具体的にどんな症状を感じている人が飲めばいいのでしょうか。 特に理由もなく体が重くてだるい。 それは体の中で水が滞っているのが原因です。 ソウジュツ・ブクリョウ・ゴシュユなどが水の流れを良くし、体を軽くしてくれるでしょう。 では、実際にどうやって飲めばいいのでしょうか。 ニオイなしで飲みやすい糖衣錠!1日3回服用 命の母Aは1日3回、1回4錠を水かお湯で飲みます。 「4錠も飲むのはしんどい」そんな風に思った人もいませんか? 実は命の母Aは、生薬をエキスにせずにそのまま錠剤に詰め込んでいるんです!その為、4粒の量が必要になるということ。 生薬をまるごと摂取できるので、その分効果が発揮されるのでしょう。 しかも、命の母Aは錠剤を糖液でコーティングしている糖衣錠なので、生薬独特のニオイも気にならずすごく飲みやすいんです! 毎日飲むものだから、無理なく飲めるのは嬉しいですよね。 これも長年培ってきた技術があってこそ実現したことなんです。 見た目は綺麗なピンク色の錠剤。 ちょっとしたことですが、女性の気持ちを上げてくれる心遣いなのかもしれません。 「一度飲んでみたい!」そう思った人も多いはず。 では、命の母Aはどこで購入できるのでしょうか。 命の母Aは市販もネット通販もOK 命の母Aはドラッグストアや薬局などでも市販されています。 最近はネットでしか販売されていない商品も多いなか、市販で手軽に買えるというのは嬉しいですよね。 もちろん楽天やAmazonなどネット通販でも購入できますよ! 命の母Aを紹介している小林製薬の公式サイトでは販売はされていないようですね。 ネット通販の気になる価格は次のようになっています。 楽天市場 1,780円(420錠35日分) 送料別• Amazon 2,046円(420錠35日分) 送料無料 楽天市場の方はこれに送料がかかってくるので、Amazonで買う方が少しだけお得でしょう。 これは420錠35日分の価格ですが、これ以外にも84錠7日分・252錠21日分・840錠70日分なども販売されています。 試しに買ってみるなら、一番小さいサイズの84錠入りがいいかもしれません。 命の母Aで健康な毎日を手に入れよう 更年期の不快な症状に悩まされているあなた! 何も対策をしていないという人は、命の母Aを飲んでみてはいかがでしょうか。 これだけ長きに渡って多くの女性から支持されてきたサプリ。 あなたが効果を実感できるかどうか分かりませんが、一度は試してみる価値があるはずです。

次の

命の母Aは更年期のどんな症状に効果があるのか成分や口コミから調査

命の母a 口コミ

年齢によって違う! 20代~40代の女性は「 命の母ホワイト」を。 40代~50代の女性は「 命の母A」を選ぶようにしましょう! 更年期の不調の一番の悩みである「イライラ・不安感・倦怠感」などの精神症状から、ほてり・頭痛・肩こりといった不調まで、さまざまな更年期の諸症状に幅広く効果を発揮します。 実はすごい!更年期に効く小林製薬「命の母」の5の効果 40代、50代になると更年期になり、身体や心のさまざまな不調を感じる方も多いかと思います。 更年期に入ってから感じるあらゆる不調は更年期の症状であることが多く、誰しもが経験する避けては通れない道。 そんなときに救世主となってくれるのが小林製薬「命の母」なんです! そこで 更年期に効く小林製薬の命の母の5の効果について紹介していきます。 なんだか体調がすぐれないという方や、心が不安定になるという方はぜひ参考にしてください。 血行不良は 頭痛や 肩こりなどはもちろんのこと、自律神経を乱す原因になり結果的にホルモンバランスにまで影響が。 特に更年期になると血行不良になりがちなので、命の母で血を補うことで血行を改善するということは更年期には必要不可欠な働きなんですよ。 自律神経が乱れると更年期障害のさまざまな症状を引き起こす原因になってしまうので、ケイヒやカノコソウ、ニンジン、コウブシなどと言った生薬の働きも欠かせません。 気持ちを穏やかにすることで心と身体のバランスを整えていきましょう。 心と身体の不調でお悩みの方にとって命の母はとても心強いアイテム。 「命の母A」が本当に更年期障害に効果があるのかを知るのに一番いい方法といえば、やっぱり口コミをチェック! そこで、アットコスメなどの「命の母A」の口コミをチェックしてみました。

次の

更年期障害に効く市販薬とサプリ、どちらに有効性があるのか比較してみました!

命の母a 口コミ

【ぷーんさん 47歳】 45歳位から酷い肩こりや身体のだるさに加え、精神的にも不安定になり、毎日苦痛でした。 友達や周りの人から良い評判を聞いていたので、半信半疑ながらドラッグストアで買いました。 飲み始めてひと月も経たないうちに、効果を実感しました。 辛い症状が明らかに良くなっていました。 精神的にも安定してきたのには、旦那もホッとしているようです。 命の母は100年以上も愛用されるロングセラー商品!成分や効果なども合わせて解説。 命の母Aは小林製薬から販売されている第2類医薬品です。 小林製薬というと、フェミニーナ軟膏やサラサーティなどが有名ですね。 そんな女性特有のお悩みにも強いメーカーさんの医薬品ですから、漢方の考え方に基づいて 13種類の生薬成分と11種類のビタミンなどが入っています。 体内の気と血と水を整えて栄養をたっぷりと与えることで、更年期の色んな症状を楽にしてくれるんですね。 初めて命の母が市場に登場したのは 明治36年で、100年以上も女性達から愛用されているロングセラー商品なんです。 体の弱い母親を見てきた笹岡省三という方が 『病に悩む女性を助けたい』という思いで完成させた医薬品です。 昭和初期には『子宝薬』として話題になり、昭和後期には女性に必要なビタミンを配合した『命の母A』が誕生しました。 命の母Aは三大婦人用漢方薬に含まれている生薬成分をバランスよく組み合わせ、どんな体質の人でも飲める医薬品になっています。 漢方の考えを元にした主な成分や効果について紹介しましょう。 血のめぐりをよくする成分 血のめぐりが悪くなると、冷え性や肩こり、精神的な不調が起こりやすくなります。 どれも更年期の症状に共通するものが多いですね。 血行をよくする成分として、 ダイオウやセンキュウ、シャクヤクなどの生薬が入っています。 これら生薬によって血行が促進され、冷え・肩こり・腰痛なども起きにくくなります。 また自律神経のバランス整え、 ホットフラッシュや精神的な不安なども感じにくくなります。 むくみやすくなったり体が重くなったり、 胃のむかつきや下痢などの症状を抱えやすいですね。 水のめぐりをよくして体内に不要な水分を抱えることがなくなれば、このような症状が緩和されます。 必要な水分はしっかりと体に行き渡り、余分な水分は対外へと排出されるようになります。 消化器官がしっかり働けるようになりますから、胃腸が元気になって下痢なども起きなくなります。 体の機能をサポートするビタミン類 ビタミン類は体のあちこちで使われていて、健康には欠かせない大事な栄養です。 しっかり食事から取っているつもりでも、実は不足している場合もありますね。 命の母Aには11種類ものビタミンが入っていて、不足しがちな栄養を与えてくれるんです。 体を動かすエネルギーを使われやすくしたり、疲労を回復するビタミンB群は健康維持には重要なビタミンです。 老化を防止して血行促進作用のあるビタミンE、スタミナアップになるタウリン、骨粗しょう症予防に役立つカルシウムなどが含まれています。 この2商品は 名前が似ている事もあって混同されちゃってる事が多いですね。 対象となる症状や年齢に違いがあるのでちゃんと自分に合ったものを飲みましょう! 対象年齢による違い 命の母Aと命の母ホワイトは実は 対象となる年齢に違いがあります。 命の母Aの対象年齢は40代から50代女性で、閉経後の更年期を迎えた女性が対象となっています。 一方、 命の母ホワイトの方は20代から40代女性向けで、ホルモンバランスの崩れによる女性特有の悩みを抱えた人に向いています。 わかりやすく言ってしまえば、更年期前の女性には命の母ホワイト、更年期に突入したら命の母Aを飲むのがベストですね。 配合されている成分が違う 命の母Aと命の母ホワイトはどちらも生薬成分をベースとしていますが、入っている成分やバランスに違いがあります。 命の母Aは、更年期に多い症状を緩和できる生薬成分が豊富で、成分の数もホワイトよりも多いですね。 イライラや落ち込みなど、心のバランスの崩れを整える成分が重視されていて、ビタミン類が加えられているのも大きな特徴です。 命の母ホワイトは代謝が高い若い女性向けですから、 PMSや生理痛緩和など、生理の不調を取り除く成分がたっぷり入っています。 血や水のめぐりを活性化する成分が重視されていて、気の流れを整える成分は2つしか入っていません。 生理時期に起こりやすい頭痛や腰痛、体のだるさが取れやすくなっています。 ・命のの母Aは更年期に悩む壮年の女性向け。 ・命の母ホワイトは生理不順に悩む若年の女性向け。 命の母Aがおすすめの人は? 閉経後の更年期の症状に苦しむ女性向けのお薬で、幅広い体や心の不調に悩む女性にぴったりです。 病院に行かずに更年期の症状を楽んしたい人• サプリじゃなく効き目の高い医薬品を飲みたい人• イライラや落ち込みなど精神の不調を緩和したい人• 肩こりや頭痛などの痛みを楽にしたい人• 体の衰えを抑えて健康を維持したい人 命の母ホワトがおすすめの人は? 生理に関わる悩みを抱えていて、毎月辛い思いをしている女性にぴったりです。 PMSで悩んでいる人• 生理のリズムが乱れていて整えたい人• 生理痛に苦しんでいて楽にしたい人• 冷え性で手足が冷たくて困っている人• むくみを何とかしたい人 気になる副作用。 医薬品である命の母Aにはどんな副作用がある? 命の母Aは医薬品ですから、やはり体質や体調、飲み方などによって副作用が出てしまいます。 どんな副作用が多く見られるのかを紹介しましょう。 命の母Aは第二類医薬品 命の母Aはサプリメントではなく医薬品で、第二類医薬品に分類されています。 医薬品には第一類から第三類まであるんです。 第一類医薬品は効果効能が高い分副作用も起きやすくて、薬剤師さんの説明を受けてからでないと買うことができません。 第二類医薬品は気をつけないと副作用の恐れがある医薬品のことですね。 風邪薬や胃腸薬、解熱鎮痛剤など、普段あまり気にしていなくても飲んでいるというものが多いですね。 このような一般薬品は基本的にや薬剤師や登録業者などの対面販売 店舗販売 のみでしたが、法改正によってネット販売でも買えるようになりました! 第三類医薬品は副作用のリスクはそれほど高くなくて、効き目もやや穏やかなものが多いです。 ビタミン剤などがこれに当たりますね。 命の母Aは第二類医薬品ですから、 飲み合わせや体質などに注意しないと、副作用が起きる可能性があります。 どんな副作用があるの? 肌が赤くなったりかゆくなったり、発疹が出る場合があります。 消化器系への副作用としては、 吐き気や嘔吐、胃のむかつきや食欲がなくなったり、下痢、腹痛などを起こしてしまいます。 飲み始めて体に異常を感じたら、まずは飲むのをすぐに止めましょう。 症状が改善しない場合には、すぐに病院に行って医師に見てもらうのが大事ですね。 このように第二医薬品は個人の体質により変わってきますが、副作用を伴う恐れがあります。 副作用に不安を感じる方はまずを利用してみてはいかがでしょうか? サプリメントは薬では無く、健康食品になるので医薬品に比べると副作用はかなり少ないのでオススメ。 口コミ評判が良いおすすめな更年期サプリを紹介! サプリメント 単品価格 定期購入価格 口コミ体験談 効果・成分紹介 高麗美人 ¥3,024 ¥2,570 白井田七 ¥6,480 ¥3,980 基本のサプリ ¥3,460 ¥2,730 クオリア ¥9,936 ¥4,580 クオリアの口コミ 準備中 命の母Aの正しい飲み方や気を付けるべき注意点をまとめて解説 命の母Aは正しく用法用量を守って飲まないと、副作用の危険があります。 また持病で飲んでいる薬との相性など、飲み合わせにも注意しないといけません。 命の母Aの用法用量 命の母Aは医薬品ですから、 用法用量を守って飲むのが基本ですね。 1回に飲む量は4錠で、1日3回食後に飲むことになっています。 ジュースなどで飲んでしまうと、余分な成分が薬の作用を弱めてしまう可能性があります。 水かぬるま湯で飲むようにしましょう。 飲む量を減らしてしまうと効果に期待できませんし、多く飲んでしまうと副作用のリスクが高まってしまいます。 胃腸に負担をかけないためにも、 食後30分以内の服用がおすすめです。 授乳中はNG&妊娠中なら医師に要相談!その他の注意したい飲み合わせ 妊娠中の場合は基本的に医師と相談して、OKが出てから飲むようにしましょう。 また 授乳中に服用してしまうとダイオウという成分が母乳から赤ちゃんへと移ってしまい、 赤ちゃんが下痢をしてしまう可能性があります。 ですので授乳が終わってから飲むようにしましょう。 病気などで何かの薬を飲んでいる場合にも必ず医師や薬剤師に相談してから飲むようにしましょう。 成分の組み合わせによっては副作用が起きてしまいます。 サプリメントなどの健康食品との飲み合わせは基本的にはOKです。 しかし 生薬成分が含まれているサプリメントとの併用には注意して、重複している成分がないものを選びましょう。 命の母Aは医薬品なので用法・用量を守って正しく飲むことで更年期の改善に繋がる 命の母Aは漢方を元にした生薬配合の更年期用のお薬です。 血と気と水のバランスを整えてくれて、幅広い女性の憂鬱な症状を楽にしてくれる優れものですね。 栄養補給までできてしまいますから、普段の健康状態がちょっと不安な人にもおすすめです。

次の