おしり おでき にきび。 おしりのぶつぶつが気になる!ニキビ・できもの・黒ずみの原因とお尻のケア方法

おしりのニキビが治らない!お尻にブツブツを繰り返す原因と治す方法

おしり おでき にきび

【患部画像有、閲覧注意】 お尻の出来物?について質問です。 ここ3日ほどでお尻に大きめのニキビのようなものが出来ていました。 気づいた時はニキビのようでしたが、次の日には痛みが出て座るのも少し痛くなりました 見てみると2センチぐらいのシコリが出来ていました。 色々調べたのですが、粉瘤ではないかと思っています。 もしそうであれば、一ヶ月ほど放置しても大丈夫でしょうか? いまは受験の真っ只中で手術や通院している暇がありません。 良性なら放置しても大丈夫なのでしょうか? よろしくお願いします。 場所はお尻のど真ん中です。 補足お風呂に入った時に先端潰したら、膿が出ました。 やはり粉瘤でしょうか。 小さい膿みたいのなら過去に何度かなった事があるのですが、風呂でいっつも潰したら治りました。 今回のは大きめので、調べていたら手術の文字が目に入ったので、慌てて質問させて頂いた次第です。 すぐにでも病院いって手術した方がいいものなのでしょうか? 受験生なのでかなり心配です。 私には粉瘤にはあまり見えません。 外観はむしろ「せつ」(おでき)として比較的典型的と思います。 また、粉瘤は頭皮から足底まで色々な所に出来ますしもちろん臀部にも出来る事がありますが臀部であればせつの方が圧倒的に頻度が高いと思います。 先端から膿が出てもその奥に沢山膿がたまっている状態で無ければ直ちに切開、排膿処置が必要なわけではありません。 この画像からは沢山膿がたまっているようにはあまり見えません。 (触っていないので断定は出来ませんが)糖尿病などの持病が無ければ潰すなどの刺激は避けて市販の抗生剤含有軟膏を塗布し、ガーゼ保護テープ固定し入浴はシャワーにしておくと自然治癒する見込みもあるでしょう。 ただ出来れば病院、医院は一度受診して抗生剤の内服薬は処方してもらい1週間ほど飲むのが良いと思います。

次の

痛いおしりニキビの原因と治し方|跡に残さずキレイに治す!

おしり おでき にきび

A-1:気になっても触るのはNG! 重症化の危険も…… A-2:痛みやしこりの有無や色などで、種類は違います A-3:お尻の保湿を心がけ、下着は締め付けないものを A-1:気になっても触るのはNG!重症化の危険も…… 気になるとは思いますが、まずやめて欲しいのが触ること。 とくに爪で押して中身を無理に絞り出そうとするのは絶対にやめましょう。 炎症を起こしたり、重症化する危険がありますから。 清潔に保つことも大切ですが、ゴシゴシこすると皮膚を刺激して悪化させる可能性があるので、手などで優しく洗い、石鹸が残らないようにきちんと洗い流しましょう。 また、通気性の良い下着を選ぶ、汗をかいたら下着を替えるなど、蒸れないようにすることも大切です。 A-2:痛みやしこりの有無や色などで、種類は違います まず考えられるのはニキビ。 白っぽい状態であれば、清潔を心がけつつ様子を見ておくだけで問題なし。 ただ、痛みや赤みが出てきたり、腫れてきた場合にはすぐ病院へ。 早めの受診をおすすめしたいのが、赤く腫れ、だんだんと患部が熱を帯び、痛みが出てくる毛嚢炎(もうのうえん)、触るとコリコリしたしこりがあり、徐々に痛みが出て大きくなってしまう粉瘤(アテローム)、そしてこれは今回の相談者さんには当てはまらないかもしれませんが、はじめはニキビのような状態で、うみが溜まって赤く腫れ、触ると痛むようになったり、腫れた部分が破裂してうみが出る化膿性汗腺炎。 これらは症状によって抗生剤の塗り薬やビタミン剤、漢方などを処方します。 市販薬もいろいろありますが、自己判断は難しいのでおすすめしません。 いずれにせよ、お尻のできものは放っておくと、症状が悪化する可能性があり、治ったとしても色素沈着の原因になるため、早めに対処することをおすすめします。 A-3:お尻の保湿を心がけ、下着は締め付けないものを 実はお尻は乾燥しやすい部位。 乾燥すると皮膚が硬くなったり、揺らいで炎症を引き起こすことがあるため、日頃からボディローションなどで保湿を心がけましょう。 さらに、下着の締め付けによる血行不良やこすれも、お尻のできものの原因になることがあります。 締め付けないもの、ゴム部分がこすれにくいものを選んで。 下着の形状を何種類か揃え、毎日同じ形のものをつけないことも予防に有効です。 また、カミソリによる脱毛は皮膚が傷ついて雑菌が入りやすくなるので、避けたほうがベターです。 先生のアドバイス 夏は蒸れやすく、お尻のできものができやすくなる季節。 規則正しい生活習慣を心がけ、予防もぬかりなく行いましょう。 また、赤みが出てしまったら、なるべく早く病院へ行くのが悪化させないコツです。

次の

【医師監修】お尻のおでき・できものの種類と原因、治し方

おしり おでき にきび

A-1:気になっても触るのはNG! 重症化の危険も…… A-2:痛みやしこりの有無や色などで、種類は違います A-3:お尻の保湿を心がけ、下着は締め付けないものを A-1:気になっても触るのはNG!重症化の危険も…… 気になるとは思いますが、まずやめて欲しいのが触ること。 とくに爪で押して中身を無理に絞り出そうとするのは絶対にやめましょう。 炎症を起こしたり、重症化する危険がありますから。 清潔に保つことも大切ですが、ゴシゴシこすると皮膚を刺激して悪化させる可能性があるので、手などで優しく洗い、石鹸が残らないようにきちんと洗い流しましょう。 また、通気性の良い下着を選ぶ、汗をかいたら下着を替えるなど、蒸れないようにすることも大切です。 A-2:痛みやしこりの有無や色などで、種類は違います まず考えられるのはニキビ。 白っぽい状態であれば、清潔を心がけつつ様子を見ておくだけで問題なし。 ただ、痛みや赤みが出てきたり、腫れてきた場合にはすぐ病院へ。 早めの受診をおすすめしたいのが、赤く腫れ、だんだんと患部が熱を帯び、痛みが出てくる毛嚢炎(もうのうえん)、触るとコリコリしたしこりがあり、徐々に痛みが出て大きくなってしまう粉瘤(アテローム)、そしてこれは今回の相談者さんには当てはまらないかもしれませんが、はじめはニキビのような状態で、うみが溜まって赤く腫れ、触ると痛むようになったり、腫れた部分が破裂してうみが出る化膿性汗腺炎。 これらは症状によって抗生剤の塗り薬やビタミン剤、漢方などを処方します。 市販薬もいろいろありますが、自己判断は難しいのでおすすめしません。 いずれにせよ、お尻のできものは放っておくと、症状が悪化する可能性があり、治ったとしても色素沈着の原因になるため、早めに対処することをおすすめします。 A-3:お尻の保湿を心がけ、下着は締め付けないものを 実はお尻は乾燥しやすい部位。 乾燥すると皮膚が硬くなったり、揺らいで炎症を引き起こすことがあるため、日頃からボディローションなどで保湿を心がけましょう。 さらに、下着の締め付けによる血行不良やこすれも、お尻のできものの原因になることがあります。 締め付けないもの、ゴム部分がこすれにくいものを選んで。 下着の形状を何種類か揃え、毎日同じ形のものをつけないことも予防に有効です。 また、カミソリによる脱毛は皮膚が傷ついて雑菌が入りやすくなるので、避けたほうがベターです。 先生のアドバイス 夏は蒸れやすく、お尻のできものができやすくなる季節。 規則正しい生活習慣を心がけ、予防もぬかりなく行いましょう。 また、赤みが出てしまったら、なるべく早く病院へ行くのが悪化させないコツです。

次の