年賀状 お年玉 期限。 余った年賀状は交換できるの?未使用の年賀はがき活用法!

過去のお年玉郵便 年賀状当選番号一覧

年賀状 お年玉 期限

お年玉賞品を引き換えるにはどうすればいいですか? Q お年玉賞品を引き換えるにはどうすればいいですか? A お近くの郵便局へ当せん葉書・当せん切手をお持ちください。 (もあわせてお持ちください。 ) Q 本人確認できる証明書とはどのようなものをもっていけばいいでしょうか? A 運転免許証(官公庁が発行した免許証、許可証または資格証明書等)・健康保険証などのご本人さまと確認できる証明書をお持ちください。 Q 会社あてのはがきが当せんした場合、証明書は何を持っていけばいいでしょうか? A 会社の関係者と判別できる証明書(健康保険証で保険証欄に会社名が記載されているもの、登記簿謄本など)をお持ちください。 なお、上記の証明書がない場合は、名刺と運転免許証などの組み合わせで対応いたします。 Q 当せんした家族・親戚の分の賞品の受け取りはできますか? A ご当せん者さまおよびその代理人さまの証明書をお持ちください。 ご家族が同居されている場合は必要ありませんが、ご住所が違う場合は委任状が必要です。 Q 賞品の引換期間はいつまでですか? 2020年1月20日(月)から同年10月20日(火)までです。 Q 当せんはがきの一部が破損・切り取られたものは交換できますか? A 破損・切り取られている部分がわずかであり、今年度の年賀はがきとして確実に判別できる場合は、有効なものとみなし交換に応じますが、料額印面部分(郵便切手を貼りつける位置)が破損・切り取られている場合は原則交換できません。 Q 未使用のはがき(あて名が無記入)が当せんしていた場合、交換できますか?その場合に証明書は必要ですか? A 交換できます。 特に証明書は必要ありません。

次の

年賀状のお年玉が当選!未使用でも交換できる?休日窓口と交換期限は?

年賀状 お年玉 期限

大切な人からの年賀状や写真付きの年賀状、思い入れのある年賀状を捨てられないという方も多いはずです。 しかし、年々増え続ける年賀状の収納方法がわからない、いつまで保管するのか、どう処分したらいいのかと悩んだことはありませんか? 年賀状には宛名や住所などの個人情報が入っていることもあり、処分するときは注意が必要です。 本記事では、年賀状の保管期間や簡単な保存方法について解説します。 そもそも年賀状はいつまで保管すべき? 年賀状における保管期間の目安と、処分しない方がいい年賀状について見ていきましょう。 年賀状の保管期間は2年から3年が目安 年賀状の保管期間は、一般的に2~3年が保管目安とされています。 保管期間が2~3年とされている理由として、翌年に年賀状を出す相手の住所などの確認と、喪中だった人の確認をすることに役立つためです。 また、個人差はありますが3年以内の年賀状を保管する場合は量が多すぎないので、保管しやすいことも理由の1つになります。 ただし、保管期間の目安は絶対ではなく、1年ほどで処分しても構いません。 年賀状はそもそも年始のあいさつ代わりに送るものなので、松の内(関東では1月7日、関西では1月14日)を過ぎたら処分をしたり、お年玉くじ年賀はがきの当せんを確認した後に処分するという形でもいいでしょう。 処分しない方が良い年賀状とは 2~3年経ったらすべての年賀状を処分するのではなく、保管しておいた方が良い年賀状もあります。 処分しない年賀状の種類と、その理由は次の通りです。 収納グッズを使わず、年賀状を簡単に収納できる3つの方法を紹介します。 ものをなるべく増やしたくない方は、以下の方法を実践してみましょう。 輪ゴムでまとめる 一番簡単な収納法は、輪ゴムで括ってまとめる方法です。 家族全員分をひとまとめにする場合、紙やマスキングテープに年号を書いておくと、いつの年賀状か一目でわかるので便利です。 また、家族内で誰宛にきた年賀状かといった個人別に分けたり、職場や友人などの関係者別で分けたいときは、見やすくする工夫が必要です。 色の違う輪ゴムでまとめる、年賀状の内容を付箋にメモ書きして貼りつけるなどして、1つにまとめるといいでしょう。 ただし、輪ゴムは保存状況や経年劣化で、ゴムが解けたり硬くなったりするので保管環境には注意が必要です。 その場合は、年賀状にそのまま輪ゴムをするのではなく、紙で巻いた上に輪ゴムをすると、年賀状をキレイに保存することができます。 ガムテープを使って製本する 年賀状を揃えて、縦方向の片側にガムテープを貼ると、本のように年賀状を保存できます。 ガムテープを使った製本手順を紹介しますので、参考にしてみてください。 [1] 年賀状を揃えて、はがきと同サイズの厚紙を表紙にする [2] クリップや輪ゴムをかけて、はがきと表紙を固定 [3] 背表紙に木工用ボンドを塗り、ティッシュや和紙を貼りつけて乾かす [4] 表紙を固定するように、背表紙にガムテープを貼る 表紙を付けるのは、年賀状を汚さないことと、表紙に年号を書くと保存しやすいからです。 また、製本用のブックテープを使ったり、ガムテープの上からマスキングテープを貼ったりするとおしゃれな見た目になります。 もっと簡単に製本したい場合は、背表紙に布製のガムテープを使う方法もあります。 製本して保存すると、後からアルバムのように見返せるのでおすすめです。 角に穴をあけリングでまとめる 年賀状の端にパンチで穴をあけて、リングで留める方法もおすすめです。 ただし、デザインによってはデザインの一部が切れてしまうことがあるので、2つ穴をあけるよりも、左上の角に1つ穴をあけてまとめるといいでしょう。 低価格で年賀状収納・保存ができる100均アイテム 年賀状をおしゃれに、すっきりとまとめたい方は、100均のアイテムを使うのがおすすめです。 そこで、年賀状収納・保存に最適なアイテムを3つ紹介します。 ブック型のケース 本のような見た目が特徴のブック型ケースは、年賀状をおしゃれに収納できるのが魅力です。 ブック型なので年賀状を立てて収納でき、保存できる容量(枚数)が多い点が優れているポイントになります。 また、A6 サイズならはがきと同じサイズで、A5サイズならはがきを2列収納することもできます。 2~3年分の年賀状を1つにまとめられるので、1つ購入すれば何年も年賀状の保存ケースとして使えるでしょう。 ブック型のケースは大手通販サイトや、一般的な100均ショップでも販売されています。 通販サイトでは、500円前後で売られていることが多いようです。 費用をなるべく安く抑えたい場合が、100均ショップの商品でも十分満足できるでしょう。 はがきや写真のケース はがき・写真収納専用のプラスチックケースは、多くの100均ショップでも販売されている商品です。 はがきとL版写真を100~120枚ほど保存することができるので、輪ゴムでまとめたはがきを入れるのにも最適でしょう。 1つのケースで多くの枚数を保存できるという点もおすすめポイントになります。 半透明で中身が見やすいので、全面に好きな絵柄の年賀状を入れて、インテリアとして活用するのもおすすめです。 また、横に寝かせて収納しやすいよう、本体にくぼみと突起が付いているタイプもあります。 フタがしっかり閉まる上に、厚みが5cmほどあるので、多くの枚数を保存したいという方は、ケースを立てて収納しても安定感があるのが魅力です。 レタースタンド アクリルレタースタンドも使いやすさに定評があり、年賀状を収納するのにはおすすめです。 レタースタンドは前部分がカットしてあり、はがきをさっと取り出したいときに重宝します。 取り出しやすく年度ごとに区切りをつければ、保存していた過去の年賀状もサっと取り出すことができます。 また、アクリルの透明度が高く、見た目に圧迫感がないので、年賀状をすっきりと収納できます。 アクリルも適度な厚みがあって丈夫なので、長期間年賀状を保存する場合でも、傷や汚れなどから年賀状を守り、長く使い続けられるでしょう。 また、100均ショップでもレタースタンドが販売されていますが、はがきよりも少し大きめのサイズが多いようです。 はがきをぴったり収納したい場合は、通販サイトでサイズを指定して選ぶと良いでしょう。 年賀状データをデジタル保存する方法 ご家庭で実践できる年賀状の収納・保存方法を紹介しましたが、年賀状をデジタル保存で残す方法もおすすめですので、ぜひ参考にしてみてください。 カメラで撮影して保存 年賀状をスマホのカメラやデジタルカメラで撮影し保存する方法です。 特別な機材を必要としないので、手軽に実践できる方法と言えるでしょう。 また、スマホで撮影すれば、いつでも年賀状を見返すこともできますのでおすすめです。 また、年賀状をスマホで保存する専用のアプリもあり、撮影した年賀状の写真を自動で補正してくれたり、アプリ内でわかりやすく管理することができるものもあります。 プリンターで年賀状を読み取る プリンターのスキャン機能を使ってデータ保存する方法です。 枚数が多い場合にはプリンターを使った方が効率的にデータ化をおこなえるでしょう。 用意するものはパソコンとプリンターがあれば年賀状をデータ化することができます。 プリンターに関してはがおすすめです。 高精度のスキャン機能でキレイな画質でデータ保存ができることに加え、年賀状作りに便利なスマホアプリ「」や、「」と連動できる点も使い勝手が良いです。 年賀状を処分する際の注意点 個人情報が書かれている年賀状は、そのままゴミ袋に入れて処分することは避けましょう。 処分する際は、宛名部分を黒のマジックで塗りつぶす方法もありますが、個人情報の部分を塗りつぶすよりも簡単に、かつ個人情報流出を防げる処分方法を紹介します。 シュレッダーで処分する シュレッダーで年賀状を裁断すると、個人情報の識別ができにくくなるのでおすすめです。 自宅にシュレッダーがある方は、積極的に活用するのが良いでしょう。 また、シュレッダーを持っていない場合は、シュレッダーのように刃が複数枚ついたハサミも販売されており、そのハサミを使い裁断すると個人情報流出を防ぐことができるでしょう。 個人情報が見えないように燃えるゴミで処分する シュレッダーをかけず、年賀状を燃えるゴミで処分する場合は、個人情報を悪用されないための工夫が必要です。 はがきを30~50枚ほどの束にして、紙製のクラフトテープでグルグル巻きにして捨てましょう。 何重にもテープを巻くのは、見た目が年賀状と判別されないようにするためです。 年賀状を取り出して悪用されないよう、水気のある生ごみと一緒に入れると文字が滲むので安心です。 また、瞬間接着剤ではがき同士を貼りつける方法や、個人情報保護スタンプを宛名に押して捨てる方法もあります。 どんど焼きで燃やして処分する どんど焼きとは、1月15日にお正月の松飾りやしめ縄などを、1ヶ所に集めて焼く伝統的な風習のことを言います。 住んでいる地域でどんど焼きをしている場合は、どんど焼きをおこなうタイミングで燃やすのも処分方法の1つです。 ただし、念のため主催者側に年賀状を燃やしてもいいか確認しましょう。 想いの詰まった年賀状は大事に収納・保存しましょう 年賀状は相手の健康や幸せを願って送るものなので、大切な人からの年賀状は大切に保存しましょう。 保管する分の年賀状は、収納方法を工夫すると、後からアルバムのように見返すこともできます。 また、年賀状は2~3年を目安に保管し、期間が過ぎたものは適切な方法で処分しましょう。 年賀状を処分する際は送ってくれた人のために、個人情報を悪用されないように配慮することが重要です。 個人情報を守るためにシュレッダーをかける、テープで見えないように巻くなど、ひと手間を加えて安全に処分しましょう。 当社は、当サイトの内容に関するいかなる誤り・不掲載について、一切の責任を負うものではありません。

次の

お年玉賞品のご案内

年賀状 お年玉 期限

もくじ: 好きな所から読めるよ• 2019年の年賀状お年玉くじの当選番号発表 2019年の年賀状のお年玉くじの当選番号の発表は、2019年1月20日にわかります。 また当選番号は1等~3等までしかないので、下記の3つになります。 当選番号 賞品 当選割合 1等 710129 現金30万円または同額相当のプレミアム賞品 100万本に1本で2,412本 2等 下4桁が 1763 ふるさと小包 1万本に1本で241,281本 3等 下2桁が 78、42、02 お年玉切手シート 100本に3本 72,384,360本 1等の賞品は毎年変わりますが、2等はふるさと小包、3等は切手シートが定番です。 2018年の1等は10万円だったので、2019年は3倍にUPですね!毎年1等の賞品が良くなっているので、最近年賀状のお年玉くじは密かな人気です^^ ちなみに2019年の切手シートの絵柄はこちら また 2019年は定番の賞品に加え下記のオリンピック応援賞がプラスされますよ。 当選番号 賞品 当選割合 東京オリンピック応援賞 組番号下1ケタ 5組263970番 東京2020オリンピックペア券。 そして2019年は更にお年玉切手シートのWチャンスが! 下記の日程で10,000名様に、特別な切手シートが当たるチャンスがありますので、今回当選しなくてもハガキは捨てないでまだ持っておいてくださいね^^• 紀州南高梅 はちみつ入「黄金漬」• 狭山茶ギフト3本セット• アカシア蜂蜜 ルーマニア産• 久保養蜂園 オーガニック蜂蜜• メープルシロップ• 神戸レトロ物語カレー• 横須賀海軍カレー• 松尾の焼のり• オリーブオイル ティエラ• 信州りんご酢 希釈タイプ• 福島正八 オーガニックジャムセット• ガトーショコラ詰合せ• プリンアラモード• 千寿堂 ゴーフレット&パイセット• 金澤兼六製菓 かりんとう詰合せ• みゆき堂本舗 おせんべい詰合せ• 茅葺の里 米かほり• 伊賀越 玉みそセット• 伊賀越 天然蔵ぽんず・つゆ詰合せ• 福島正八 ドレッシング詰合せ• 新潟県産特別栽培米こしひかり• 繁盛店ラーメン10食• ちゃんぽん10食• 讃岐うどん• 信州蕎麦• 四万十川のりつくだ煮• 和風瓶詰セット• 酒悦 瓶詰詰合せ 名菜美点• 大分産どんこ椎茸• 築地魚河岸 希缶 まれかん• アンナ・ロッシ マーブルディープパン22cm• カンタンチェスト• タニタ デジタルクッキングスケール• マルチスライサー• 純銅製薬味おろし金ミニ• 越後義次作 三徳包丁• オムロン 電子体温計• 西川リビング 肩口フィット枕• タニタ ヘルスメーター ふるさと小包というだけあり地域の特産品などが多いため食品が多めですが、健康志向のグッズや調理器具などもあり、選べるギフトのような感じになっています。 またネットショップや郵便局で直接申し込めるふるさと小包には生ものがあるのですが、 年賀状のお年玉くじ2等のふるさと小包は生ものはなく、日持ちするものになっているのも特徴です。 ちょっとした季節外れのお歳暮のような感じがして嬉しいですよね^^ では3等の切手シートの柄などもみてみたいと思います。 昔に比べてかなりデザインが変わったんですよ。 Sponsored Link 年賀状お年玉くじの景品切手シートの柄は 年賀状お年玉くじで、1度は当たったことがある人が多い切手シート。 郵便局に当選したはがきを持っていくだけで、切手シートが貰えるので気軽な賞品なのですが、集めているコレクターも多くこの切手シートを何十年も使わずに取っておくと数十年後ちょっとプレミア金額がついたりするので、当選した場合は交換してもらっておくといつか役立つかも^^ また最近のお年玉くじの切手シートはかわいい絵柄もありますので、興味が無かった人も一度チェックしてみてください。 ではまず2018年の切手シートから。 洋風なめちゃかわいい戌年の切手シートでした^^ このデザインをしたのは切手デザイナーの星山 理佳(あやか)さん。 日本には切手デザイナーは7人しかおらず、しかもすべて郵便局の職員の方なんだそう。 切手デザイナーは年賀はがきの表面のデザインなどもしているそうです。 続いて2017年。 同じく星山さんのデザイン。 かわいいですよね^^ 2016年のデザインは52円が楠田祐士さんのデザインで、82円が山田泰子さんのデザイン。 これは今までよく見かけたなじみのある感じの切手シートのような気もします。 2015年のデザインは中丸ひとみさんのデザイン。 かわいらしいひつじと和風なひつじのデザインです。 最後に2014年の切手シート。 50円が中丸ひとみさん、80円が貝淵純子さんのデザインです。 デザイナーによって切手シートのデザインも全く違いますね。 かわいいデザインの人気切手シートは、少し高く売れたりするんですよ^^ 2018年の切手シートはかわいく、さらに2017年の切手シートと繋がっていたため、欲しい人が殺到し少し高値で売られていました。 1月15日前後~7月15日前後 まで また交換時期は6ヶ月と2日という決まりが郵便局にあるそうで、 約半年しか期間がないのですね。 年賀状お年玉くじの交換可能な時間や場所は 賞品の引き取り時間ですが、 郵便局の窓口営業時間が引換時間となります。 夜間窓口やゆうゆう窓口では交換できませんので気をつけてくださいね。 基本郵便局の営業時間である、平日の9時~17時までが引き換え時間になります 各郵便局で少し違いがあるかも知れませんが そのため土日祝や夜間はお年玉くじは交換ができないのです。 年賀状お年玉くじの交換時に必要なものは 年賀状のお年玉くじで、 未使用のはがきが当選した場合は、はがきのみ持っていけばOKですが、 住所などが記載のある年賀はがきは交換時に必要なものがあります。 当選した年賀はがき• 受け取り人の本人が確認できる証明書• 受け取りが本人以外の場合は、本人と受取人の証明書• 受け取り人の住所が違う場合は委任状• 会社宛ての年賀状が当せんしている場合は会社の関係者であることが確認できる証明書(健康保険証等) 2等や1等が当選している場合は、 はがきの他に本人確認ができる証明書 免許証や保険証など が必要で、 本人以外が引き換えに行く場合は同じ住所なら、本人の証明書と引き換えに行く人の本人確認書も必要です。 また 住所が違う場合は委任状が必要になりますよ。 年賀状お年玉くじ|1等2等の手続きは 当選したはがきで番号と本人確認が終わったあと、 2等は賞品カタログ お年玉くじ用ふるさと小包 と賞品発送申し込みはがきが貰えます。 後はカタログをみて欲しい賞品を決めたら、 申し込みはがきに必要事項を記載して郵便局の窓口に持っていくか、ポストに投函するだけ。 だいたい2週間前後で届きます。 1等も当選はがきと本人確認ができしだい 書類を渡されますので、その書類に記載して郵便局の窓口にわたすと、後日現金書留で発送されます。 現金以外の賞品との交換は、2等と同じようにセレクトギフトのカタログを貰えますので、それに記載してポスト投函するだけです。 年賀状お年玉くじの注意点 年賀状お年玉くじが当たった場合、注意点が2つあります。 1つは当たり前ですが、 交換期限を過ぎると交換はできないこと。 2つ目は当選した はがきの破損や破けが酷い場合は、交換できないことがあること。 下記に破損などの場合の注意点があります。 破損・切り取られている部分がわずかであり、今年度の年賀はがきとして確実に判別できる場合は、有効なものとみなし交換に応じますが、料額印面部分(郵便切手を貼りつける位置)が破損・切り取られている場合は原則交換できません。 今年の年賀ハガキか解らない、左上の切手印字部分が破けてないものは交換ができないようなので、気をつけてくださいね。 まとめ 年賀状のお年玉くじの賞品は年々良くなってきています。 2019年は1等現金30万なので、当たると嬉しいなぁ^^ 2等のふるさと小包も、毎年39種類の中から選べます。 引き換えの手続きは、郵便局の営業時間のみになるので、土日祝や夜間はしていないため注意が必要です。 また交換時期が決まっているため、早めに引き換えしてください。 2019年の年賀状お年玉くじ、何か当たるといいですね!.

次の