ウインブルドン 剛力。 【テニス】絶対に入るサーブの極意はこれ!元全国3位が教えるサーブ講座〈ぬいさんぽ〉

前澤友作社長と剛力彩芽のテニス観戦が英大衆紙に掲載されネット民が失笑!?

ウインブルドン 剛力

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年4月) 本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。 この名称が短縮され、現在は「The Championships」と呼ばれる。 日本語では便宜上「 全英オープン」と呼ばれる場合もある。 毎年を会場とし、原則として6月最終月曜日から2週の日程で開催される。 開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統がある。 この伝統は一貫して遵守されてきたが、1991年にミドル・サンデーに試合が行われた。 雨天による日程の消化不良が深刻化したためだった。 1997年と2004年、2016年も同様の理由からミドル・サンデーに試合が行われた。 この時期のウィンブルドンは雨が降りやすく、試合が中断される事が多い [ ]。 試合や練習の際には白いウェアを着用する事が義務付けられている事も伝統となっており、これは1884年の同選手権女子シングルス部門の初代優勝者である()が白で揃えたウェアを着用していた事に由来する。 この規定は色だけにとどまらず、ウェアの形状にも及んでいる。 大会でのようなウェアを着て試合を行った ()は翌日にはそのウェアの使用を禁止されている。 優勝決定後の表彰式の準備の手際の良さも見どころの一つである [ ]。 優勝者には、クラブ会長・からが授与される。 1901年大会の女子ファイナル 第一回大会 は、センターコートに置いてあった芝生の手入れ用のローラー が老朽化したため新しくする資金集めを目的に、7月9日から始まった。 種目は男子シングルスのみで、21人のアマチュア選手が出場した。 このときに、コートの広さや得点方法など、さまざまなルールが決められた。 初チャンピオンとなったには25のトロフィーが贈られた。 に女子シングルスと、それまでで開催されていた全英男子ダブルスがウィンブルドンで開催されるようになった。 には、女子ダブルスとミックスダブルスが加えられ、にはプロ選手の参加が認められた。 にはセンターコートに引き込み式屋根 retractable roof が設置され、同年6月29日、対の試合において初めて使用された。 屋根は午後4時39分より動き始め、4時46分までには完全に閉じられた。 午後5時19分、屋根が閉じた後初めてのプレーがモレスモのサーブにより開始された。 2015年より、それまで2週間だった全仏オープンとの間隔が、初めて3週間に引き伸ばされて開催されることとなった。 2020年はの世界的な流行の影響で中止される。 オープン化以降初 、大会全体の歴史上でも戦争以外で中止になるのは初で、の影響による1945年以来初の中止となる。 過去10年のシングルス優勝者 [ ] 年 男子 女子 備考 が、とに並ぶ男子シングルス最多優勝7回を達成。 、共に初優勝。 男子は77年ぶり英国人優勝。 の同選手権の2連覇は 5連覇を達成した以来、8年ぶり。 が2年連続7回目の優勝。 四大大会22回の優勝はに並ぶオープン化以降最多の回数。 が、男子シングルス歴代最多優勝(8回目)。 第5セットは最終的に70-68となりイスナーが勝利した。 最多ゲーム数決勝戦(男子) 対 83ゲーム 1992年、男子ダブルス 最多ゲーム数(男子) 対 183ゲーム 2010年、男子シングルス 最長試合時間決勝戦(女子) 対 2時間45分 2005年、女子シングルス 日本人出場選手 [ ] 1920年にが日本人初のウィンブルドン出場選手としてオールカマー制度の決勝(現準決勝)に進出、翌1921年にはオールカマー制度準決勝進出、世界4位になる。 1931年に全仏選手権でベスト4に進出したがウィンブルドンでベスト8に進出し、翌1932年にはベスト4進出、1933年にはシングルでベスト4、と組んだダブルスでは決勝進出して世界3位になる。 1934年にはが混合でイギリス人のと組んで優勝、4大大会日本人初のタイトルとなる。 1969年にが全仏選手権とともにジュニアで優勝、1975年には日系米国人のと組んでダブルスで優勝。 1995年にが日本男子62年ぶりのベスト8進出、翌1996年にが日本女子初のベスト4進出。 2000年には全米選手権で優勝したとフランス人のペアが準優勝。 杉山は2002年にベルギーのと組んで準優勝、同ペアは翌2003年に全仏、ウィンブルドンともに優勝した。 2004年に杉山はシングルで日本女子史上2人目のベスト8進出。 近年ではが2008年に初出場、2018年、2019年にベスト8となった。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年11月) がからウィンブルドン選手権の放送を担当しており 、の実績では全チャンネルで約900時間を放送した。 また、 決勝戦は必ず試合終了まで生中継しなければならない [ ]。 2018年現在、日本ではWOWOWが衛星放送権を、NHKが地上波放送権を持つ [ ]。 過去の放送権については、日本ではシングルスは(~1986年。 当時の放送時間は準決勝までは深夜枠にて、女子のシングルス決勝は土曜日のニュース最終版終了後の深夜枠にて衛星中継、男子シングルス決勝は「」を休止して衛星生中継で放送していた。 シングルスはで全日程生中継されまではNHK衛星第1テレビ(年によっては衛星第2テレビ)でも大半の試合を生中継していたが、年々NHKがウィンブルドン放送を担当する時間は大幅に減少していきからはNHKに替わってがウインブルドンの衛星放送権を獲得している [ ]。 NHKは地上波のみでの放送となり、毎日24時台~4時15分の日付起点時間までの終夜体制で録画中継を行う。 生中継は一旦廃止されたもののから男子シングルス決勝と女子シングルス決勝の生中継が復活した。 また大会終了から1週間後に衛星第1でシングルスの決勝戦を2時間程度にまとめた録画版を放送している(2009年の男子は試合が長引いたので3時間程度のものになった)。 2010年はやの時期 と重なり、で放送を行った。 また2014年もの試合時間がウィンブルドン選手権と重複するため、一部開催日でEテレに振り替えて放送する。 2015年は通常の中継の他、インターネットでも配信を行った。 トロフィー [ ] 男子シングルスの優勝トロフィー製の高さ18. 5インチ(約47cm)、直径7. 5インチ(約19cm)のカップが1887年以来授与されている。 5インチ)の、過去の全ての優勝者の名前を刻印したカップである。 女子シングルスの優勝トロフィーは1886年以来スターリングシルバー製の直径約18. 75インチ(約48cm)大皿「ヴィーナス・ローズウォーター・ディッシュ」 (略称:ローズウォーター・ディッシュ)である。 男子シングルの優勝カップ同様に現物はオールイングランドクラブの所有物でありオールイングランドクラブの博物館に保管されているため、優勝者に授与されるのは過去の全ての優勝者の名前が刻印されたミニチュアのレプリカである。 5インチである。 男子ダブルス、レディースダブルス、ミックスダブルスの優勝者はシルバーカップを受け取る。 ダブルスの優勝デュオ1組に対し一つのトロフィーが与えられる他の世界四大大会とは違い、優勝デュオの各個人に一つずつトロフィーが授与される。 男子ダブルスの優勝カップは元々はのローンテニスクラブの物で1884年にオールイングランドクラブに寄付された。 女子ダブルスの優勝カップは1949年に当時の夫人からオールイングランドクラブに下賜されたため「ケント公爵夫人のカップ」と呼ばれている。 ミックスダブルスの優勝カップはの家族によってオールイングランドクラブに贈呈された。 これらの優勝トロフィーは数か月間オールイングランドクラブの博物館に展示される。 各部門の準優勝者には銀製の銘板が贈られる。 各トロフィーは通常はオールイングランドクラブの長であるケント公によって授与される。 優勝賞金(男女シングルス) [ ] 年 金額 男子 女子 19万0000ポンド 17万1000ポンド 23万0000ポンド 20万7000ポンド 24万0000ポンド 21万6000ポンド 26万5000ポンド 24万0000ポンド 30万5000ポンド 27万5000ポンド 34万5000ポンド 31万0000ポンド 36万5000ポンド 32万8000ポンド 39万2500ポンド 35万3000ポンド 41万5000ポンド 37万3500ポンド 43万5000ポンド 39万1500ポンド 45万5000ポンド 40万9500ポンド 47万7500ポンド 43万0000ポンド 50万0000ポンド 46万2500ポンド 52万5000ポンド 48万6000ポンド 57万5000ポンド 53万5000ポンド 60万2500ポンド 56万0500ポンド 63万0000ポンド 60万0000ポンド 65万5000ポンド 62万5000ポンド 70万0000ポンド 75万0000ポンド 85万0000ポンド 100万0000ポンド 110万0000ポンド 115万0000ポンド 160万0000ポンド 176万0000ポンド 188万0000ポンド 200万0000ポンド 220万0000ポンド 225万0000ポンド 235万0000ポンド 大会開催なし 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• wimbledon. com. 2019年11月16日閲覧。 Barry Lorge『ESPN TENNIS』 Internet Ventures、2011年11月11日閲覧。 SI Vault July 31, 2000【Internet Archives】• Tennis 365. Fubic Corporation. 2012年7月26日. 2017年7月3日閲覧。 HISTORY. 2017年7月3日閲覧。 『Wimbledon』 、2011年11月11日閲覧。 Alix Ramsay『Wimbledon』 AELTC、2011年11月11日閲覧。 BBC Sport. 2020年4月1日. 朝日新聞デジタル. 2020年4月3日閲覧。 時事ドットコム. 2020年4月3日閲覧。 bbc. com. 2020年4月1日閲覧。 デイリースポーツ 2015年6月17日• www. wimbledon. com. 2017年7月15日閲覧。 2017年7月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語).

次の

剛力&前澤氏 ウィンブルドン仲良く観戦 英大衆紙にも掲載【管理人の感想】

ウインブルドン 剛力

英大衆紙「デイリーメール」(電子版)にツーショットの写真が掲載されている。 4時間57分にわたる死闘となったノバク・ジョコビッチ-ロジャー・フェデラー戦。 英国のウィリアム王子とキャサリン妃も観戦し、英国を代表する俳優ベネディクト・カンバーバッジらセレブも見守った中、前澤氏と剛力は、イギリスを代表する大衆紙で初のツーショットデビューを飾った。 といっても、2人がセレブとして取り上げられたわけでも2人の交際が報じられたわけでもなく、彼らの後ろの席で英女優クレア・フォイ(35)が観戦しており、その前の席に座っていた前澤氏と剛力が少なくとも3枚の写真に映り込む形となった。 前澤氏は紺色のジャケット、剛力は白いジャケット姿だった。 ウィンブルドンの公式ツイッターでも激闘に興奮するキャサリン妃やセレブの写真を掲載。 その中にのけぞって天をあおぐクレア・フォイの写真もあり、前澤氏はここにも大映り。 隣に前髪ぱっつん系の女性がかすかに映っていることから、ネット上では「剛力さんと観戦?」「隣は剛力?」などの声があがっていた。 前澤氏は14日夜、自身のツイッターで「初のウィンブルドンに来てます」と客席から撮影した動画とともに報告。 試合後には「一瞬も目が離せない試合展開、ピンと張りつめた会場の緊張感。 興奮冷めやらずでまだ寝付けない」などと感想をつづっていた。 なお、前澤氏と剛力は昨年7月、ロシアW杯を観戦している。 〈〉 管理人の感想 記事タイトルに異議あり!😓 「英国大衆紙にも掲載」なんて表現は、完全にフェイク。 「前澤氏と剛力は、イギリスを代表する大衆紙で初のツーショットデビューを飾った。 」 という一文も余計です。 英女優クレア・フォイ(35)を狙った写真に偶然、前の席に座っていた前澤氏と剛力さ んが写り込んでいただけのことで、よくもこれだけの記事に仕上げたよ。 さすが、「デイ リースポーツ」の記者さんです。 ところで、前澤氏と剛力さん、まだ仲良しのようで良かったです。 でも、剛力は前澤氏との交際を実際のところ、どう思っているんでしょうか。 結婚するつもりかな? でも、前澤氏の前歴を見れば剛力とだけ結婚するとは考えられないのですけど。 それに前の奥さん(事実婚)が2人もいて、その子供が3人もいて、子供は認知していて父 親としての交流もあるとのこと。 そんな環境で、剛力はどのように居場所を作るんですか ね。 前澤友作氏は、子供を可愛がりたいときはパートナーの自宅にいって父親としての幸福を 味わい、若い女の子がほしいときには剛力と会い、剛力以外の女性と過ごしたいときはそ のようにして、経済力が続く限りは前澤氏にとっては都合のよい生活です。 まるで一夫多 妻のアラブの王様のような生活で、羨ましい限り。 😓 でも剛力はそんな環境の中で幸せになれるのでしょうか。 剛力だってすぐに歳をとって容 色は衰える。 そのときには前澤氏はまた別の若い女性を見つけているはず。 ただ、インスタとかツイッターで発信しない方が、イメージがいいと思う。 どうでもいいけどね。 剛力も言われたくなければ前澤にひょこひょこ付いていくのは控えた方が良いのでは? ロシアW杯の時も決勝を観戦したくらいのだから この人のスポーツに対する関心の程度が用意にわかる。 何故だろう。 そりゃ年齢差は縮まらないが、彼女だって30になり40にもなる。 若い女性が好きな男は、50になっても60になっても20代が好きだろう。 自分より若けりゃいいってもんじゃないだろうし。 30才目前の女心は微妙。 20代で交際していると結婚できると思う女性はいる。 30代目前で失恋する人もいる。 ラブラブなカップルを見るが今だけ、結婚はないねと思う。 結婚出来るカップルはしっかりしている。 前澤さんはこの先も結婚は無いと思う。 子供と子供の母親が数人いるし今更剛力さんとは結婚は無い。 前澤さんが50代60代で20代の女性とは結婚するかもね、介護目的。 デビューもへったくれもない。 出来れば違う人とがいいけど。 お金があるからいっぱい無駄使いをするのもよくわかる。 ワールドカップ、ウィンブルドン、バスキア、宇宙旅行、剛力彩芽…。 でもあまりカッコよく見えないのは何故だろう?豪快にも見えないし。 できれば素直にスゲエと思える金持ちになって欲しい。 ずっとテニスが好きで、いつかはウィンブルドンを見たいと思っていたのなら別だけど。 Boy 剛力さん、テレビでは殆ど見かけなくなったなぁ。 どうでもいいし、関係ないけど、お幸せに。 普段からテニスを観ていて、その延長線上で観戦してるわけではなく、ただ単にSNSにのっける話題が欲しいだけでしょ。 なんの競技でもいいから決勝戦だけ観たいという。 必ずしも結婚が幸せとは限らないし、二人が幸せと思っているならそれでいいと思う。 だいぶ会社は斜陽ぎみですが…。 株主の手前、あまり目立った行動を控えるのも経営者としての配慮ですよ。 最近の投稿• カテゴリー• 3,751• 2,725• 508• 362• 139• 354• 701• 126• 104• 106• 268• 176• 152• 180• 164• 11 ブログ村ランキング 黒門も今まで地元民見捨てて観光客向けに鞍替えしやがった癖に 今さら何をムシのいい事言ってるのか?ふざけんな! アーカイブ• 356• 561• 726• 651• 539• 380• 389• 188• 136• 103•

次の

新型コロナ:テニス聖地、素早い決断 ウィンブルドン中止 :日本経済新聞

ウインブルドン 剛力

決勝のプレイヤー情報 ノバク・ジョコビッチとロジャー・フェデラーの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。 Head 2 Head 過去の対戦成績は、ジョコビッチの25勝、フェデラーの22勝。 グラスコートでは、ジョコビッチの2勝、フェデラーの1勝。 直近の対戦は2018年のパリ・マスターズ(室内ハードコート)の準決勝で、ジョコビッチがセットカウント2-1(7-6、5-7、7-6)で勝利しています。 ジョコビッチとフェデラーの過去の対戦成績については、『 』で詳しく紹介しています。 コールシュライバー 57 6-3 7-5 6-3 2回戦 D. クドラ 111 6-3 6-2 6-2 3回戦 H. ホルカシュ 48 7-5 6-7 6-1 6-4 4回戦 U. アンベール 66 6-3 6-2 6-3 準々決勝 D. ゴファン [21] 23 6-4 6-0 6-2 準決勝 R. バウティスタ アグート [23] 22 6-2 4-6 6-3 6-2 ロジャー・フェデラー Round 対戦相手 Rank スコア 1回戦 L. ハリス 86 3-6 6-1 6-2 6-2 2回戦 J. クラーク 169 6-1 7-6 6-2 3回戦 L. プイユ [27] 28 7-5 6-2 7-6 4回戦 M. ベレッティーニ [17] 20 6-1 6-2 6-2 準々決勝 錦織 圭 [8] 7 4-6 6-1 6-4 6-4 準決勝 R. 2019年 ウィンブルドン 決勝の結果 ウィンブルドンの決勝の結果です。 <日程> ・7月13日 土 :決勝 女子シングルス、男子ダブルス ・7月14日 日 :決勝 男子シングルス、女子ダブルス 日本とロンドンの時差:-8時間(日本の方が8時間進んでいます) 男子シングルス [1] ノバク・ジョコビッチ 1 3 7 7 1 7 7 4 13 7 [2] ロジャー・フェデラー 3 2 6 5 6 6 4 6 12 3 男子ダブルス [11] N. ロジェ バセラン 2 7 7 6 5 6 6 7 7 3 [2] J. ファラ 3 6 5 7 7 7 8 6 5 6 女子シングルス [11] セレナ・ウイリアムズ 10 0 2 2 [7] シモナ・ハレプ 7 2 6 6 女子ダブルス [3] H. ストリコバ 2 6 6 [4] G. (試合後に追記します) 決勝「ジョコビッチ vs フェデラー」 [1] ノバク・ジョコビッチ 1 3 7 7 1 7 7 4 13 7 [2] ロジャー・フェデラー 3 2 6 5 6 6 4 6 12 3 試合時間:4時間57分 第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)をセットカウント3-2(7-6、1-6、7-6、4-6、13-12)で破り、ウィンブルドン2年連続5回目(グランドスラム16回目)の優勝を飾りました。 簡単に試合を振り返ります。 第4ゲーム、フェデラーにブレークポイントが1本 デュース3回目 ありましたが、デュース4回目でジョコビッチがキープ。 お互いキープを続けてタイブレークに突入。 第1ゲーム、15-0からジョコビッチのバックハンドの連続ミス、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー ジョコビッチ足を滑らせる があり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークに成功。 第2ゲーム、フェデラーがキープ。 第3ゲーム、ジョコビッチのバックハンドの連続ミス、ボレーのミスがあり、0-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチが1本凌ぎますが、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、 フェデラーがブレークに成功。 第4ゲーム、フェデラーがキープ。 第5ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第6ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、フェデラーがキープ。 第7ゲーム、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ドロップショットのウィナー、ジョコビッチのフォアハンドのミスがあり、0-40とフェデラーにセットポイント ブレークポイント が来ます。 ジョコビッチにダブルフォルトが出て、 フェデラーがブレークをして第2セットを取ります。 第9ゲームまでお互いにブレークポイントを与えずにキープを続けて行きます。 第10ゲーム、30-40とフェデラーにセットポイント ブレークポイント が来ますが、ジョコビッチがファーストサーブでピンチを凌ぎ、デュース1回目でジョコビッチがキープ。 第11ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。 第12ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第1ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第2ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、フェデラーがキープ。 第3ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。 第4ゲーム、40-15からフェデラーのダブルフォルト、ジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、デュースまで行きますが、デュース1回目でフェデラーがキープ。 第5ゲーム、フェデラーのフォアハンドのパッシングショットのウィナー、ジョコビッチのドロップショットのウィナー、ジョコビッチのダブルフォルト、ラリー戦でジョコビッチのフォアハンドのミスがあり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークに成功。 第6ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。 第7ゲーム、ジョコビッチのファーストサーブでのポイント、フェデラーのバックハンドのダウンザラインへのリターンエース、ジョコビッチのサービスエース、フェデラーのドロップボレーのウィナー 30-30 、フェデラーのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークに成功。 第8ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。 30-40のジョコビッチのブレークポイントはフェデラーが凌ぎますが、デュース1回目でフェデラーにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。 ラリー戦でジョコビッチがポイントを取り、 ジョコビッチがブレークを1つ返します。 第9ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット 2回目。 40-0とフェデラーにセットポイントが来ると、フェデラーのフォアハンドのドライブボレーのウィナーが決まり、 フェデラーが第4セットを取ります。 第1ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第2ゲーム、フェデラーがキープ。 第3ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でジョコビッチがキープ。 第4ゲーム、ジョコビッチのリターンがコードボールになってのジョコビッチのポイント、フェデラーのボレーのウィナー 15-15 、ラリー戦でのジョコビッチのポイント、ジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへのアプローチショットでのポイントがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。 フェデラーのセカンドサーブでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのショットでのポイントがあり、デュースへ。 デュース1回目、ジョコビッチが深いリターンでポイントを取り、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、フェデラーがサービスエースでピンチを凌ぎます。 デュース2回目でフェデラーがキープ。 第5ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でジョコビッチがキープ。 第6ゲーム、フェデラーのバックハンドのミス、ジョコビッチのリターンでのポイント 0-30 、フェデラーのスマッシュでのポイント、バックハンドのミスがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。 フェデラーが1本凌ぎますが、ジョコビッチのバックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーが決まり、 ジョコビッチがブレークに成功。 第7ゲーム、フェデラーのバックハンドの深いショットでのポイント、バックハンドのミス、深いリターンでのポイント 15-30 、フェデラーのフォアハンドのミス、ジョコビッチのダブルフォルトがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 ラリー戦でフェデラーのフォアハンドのミスがあり、デュースへ。 デュース1回目、ラリー戦でフェデラーのフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、フェデラーにブレークポイントが来ます。 ラリー戦でジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、 フェデラーがブレークバックに成功。 第8ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、フェデラーがキープ。 第9ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第10ゲーム、30-30まで行きますが、フェデラーがキープ。 第11ゲーム、15-30とフェデラーがポイントを先行しますが、ジョコビッチのスーパープレー 飛びついてのボレーのウィナー などがあり、ジョコビッチがキープ。 第12ゲーム、デュースまで行きますが、デュース2回目でフェデラーがキープ。 第14ゲーム、フェデラーの連続サービスエース、フォアハンドのクロスへのウィナーなどがあり、フェデラーがキープ。 第15ゲーム、30-0からフェデラーが先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドのウィナー、ロングラリーでジョコビッチのフォアハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのミスがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。 フェデラーのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーが決まり、 フェデラーがブレークに成功。 第16ゲーム、フェデラーのサービングフォーザチャンピオンシップ。 フェデラーのフォアハンドのミス、ラリー戦でのフェデラーのポイント、フェデラーの連続サービスエースがあり、 40-15とフェデラーにチャンピオンシップポイントが来ます。 フェデラーのフォアハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーがあり、デュースへ。 デュース1回目、ジョコビッチのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。 フェデラーにフォアハンドのミスが出て、 土壇場でジョコビッチがブレークバックに成功。 第17ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第18ゲーム、フェデラーがキープ。 第19ゲーム、ジョコビッチがキープ。 第20ゲーム、フェデラーがキープ。 第21ゲーム、30-30まで行きますが、ジョコビッチがキープ。 第22ゲーム、フェデラーがキープ。 第23ゲーム、40-0からジョコビッチのバックハンドのミス、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ラリー戦で先に攻撃を仕掛けたフェデラーのボレーのウィナーがあり、デュースへ。 デュース1回目、ロングラリーでフェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、フェデラーにブレークポイントが来ますが、フェデラーのパッシングショットがサイドアウト。 デュース3回目、フェデラーのベースラインギリギリのショットに対するジョコビッチのジャッジミス ジョコビッチがプレーを止めますがホークアイでイン判定 があり、フェデラーにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチのスマッシュのウィナー。 デュース4回目でジョコビッチがキープ。 第24ゲーム、フェデラーがラブゲームでキープ。 5m Total Distance Run 5810. 3m ハイライト動画 決勝「ジョコビッチ vs フェデラー」のハイライト動画です。 ドロー表(結果) 決勝後のランキング(トップ30) ウィンブルドンの決勝後のランキングです。 順位 選手名 基礎 point result 獲得 point 決勝後 point 1 ジョコビッチ 10,415 優勝 2,000 12,415 2 ナダル 7,225 準決勝 720 7,945 3 フェデラー 6,260 準優勝 1,200 7,460 4 ティーム 4,585 1回戦 10 4,595 5 A. ズベレフ 4,315 1回戦 10 4,325 6 チチパス 4,035 1回戦 10 4,045 7 錦織 圭 3,680 準々決勝 360 4,040 8 ハチャノフ 2,800 3回戦 90 2,890 9 フォニーニ 2,695 3回戦 90 2,785 10 メドベージェフ 2,535 3回戦 90 2,625 11 アンダーソン 2,410 3回戦 90 2,500 12 デルポトロ 2,380 欠場 0 2,380 13 バウティスタ アグート 1,600 準決勝 720 2,320 14 チョリッチ 2,195 棄権 0 2,195 15 イズナー 1,995 2回戦 45 2,040 16 バシラシビリ 1,950 2回戦 45 1,995 17 チリッチ 1,895 2回戦 45 1,940 18 ゴファン 1,500 準々決勝 360 1,860 19 モンフィス 1,805 1回戦 10 1,815 20 ベレッティーニ 1,620 4回戦 180 1,800 21 ラオニッチ 1,585 4回戦 180 1,765 22 ワウリンカ 1,670 2回戦 45 1,715 23 オジェ アリアシム 1,625 3回戦 90 1,715 24 ペラ 1,340 準々決勝 360 1,700 25 シュワルツマン 1,440 3回戦 90 1,530 26 ベルダスコ 1,225 4回戦 180 1,405 27 プイユ 1,295 3回戦 90 1,385 28 ペール 1,188 4回戦 180 1,368 29 シャポバロフ 1,345 1回戦 10 1,355 30 フリッツ 1,275 2回戦 45 1,320 基礎ポイントについては、『 』をご覧ください。 ウィンブルドン 獲得ポイント ラウンド 獲得ポイント 優勝 2,000 準優勝 1,200 準決勝 720 準々決勝 360 4回戦 180 3回戦 90 2回戦 45 1回戦 10 決勝の放送予定 WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)とNHKでの放送が予定されています。 WOWOW では、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。 また、では、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。 決勝は生中継 日付 ラウンド 放送時間 7月13日 土 決勝 女子 22:00~ 24:00 7月14日 日 決勝 男子 22:00~ 24:35 <放送予定の対戦カード> ・7月13日 土 決勝「S. ウィリアムズ vs S. ハレプ」 ・7月14日 日 決勝「N. ジョコビッチ vs R. フェデラー」 2019年 ウィンブルドン 各ラウンドの結果.

次の