健気 対義語。 小学生の自主学習用【はんたいことば】対義語一覧

「甲斐性」の意味とは?「甲斐性なし」や語源・類語についても解説

健気 対義語

柔よく剛を制す: 柔軟性のあるものが、かえって剛強なものを負かしてしまうという意味 「柔よく剛を制す」の意味を詳しく 「柔よく剛を制す」とは、 柔軟性のあるものが、そのしなやかさを利用して、かえって硬いものを負かしてしまうという意味です。 しなやかなものが、一見弱そうに見えても、かたいものの矛先をうまくそらして結局勝ってしまうということの例えです。 そこから、弱いものが強いものに勝った時に使われることもあります。 あくまで、やり方によっては柔和な者でも剛直な者を制御することが出来るし、弱い者でも強い者を制御することが出来るという意味です。 「硬いものでなく、柔軟なものこそが良い」という意味ではないので注意しましょう。 ちなみに、「柔良く剛を制す」という表記の仕方は誤りです。 「よく」の部分を漢字で書く場合は「柔能く剛を制す」と書きます。 「能力」の「能」という漢字なのでイメージしやすいのではないでしょうか。 怒鳴らずに、優しい言葉で諭したら、改心してくれた。 まさに、 柔よく剛を制すだ。 柔よく剛を制すというように、あまり強硬な手段はとらないほうがいいかもしれない。 小さいからといって弱いだろうと決めてかかったら、 柔よく剛を制すで負けてしまった。 「柔よく剛を制す」の由来 「柔よく剛を制す」の由来は、「三略」という中国の古い兵書の中に出てくる言葉です。 兵書とは、兵学について書いてある書物のことを言います。 「三略」の「軍神に曰く、柔は能く剛を制し、弱は能く強を制す(兵法の書にいう、柔らかいものはかえってかたいものを押さえつけ、弱いものはかえって強いものを押さえつける)」という表現からできた言葉です。 剛よく柔と断つ:剛強なものが、柔軟なものを下すという意味 これは「柔よく剛を制す」の続きの言葉です。 実は、この故事成語はもともと「柔よく剛を制し、剛よく柔を断つ」という一文なのです。 「剛よく柔を断つ」は見た通り「柔よく剛を制す」の逆で、「硬いものが、柔らかいものを下す」という意味です。 つまり、もともとの故事成語は「硬いものよりも柔らかいもののほうがいい」だとか「柔らかいものより硬いものの方が強いに決まっている」などの意味ではないのです。 「柔らかいものと硬いもの、どちらにも利点があり、やり方によって相手に勝つことができる」という意味の言葉です。 前半部分しか知らないと「硬いものより柔らかいものがいい」というイメージというイメージを持ってしまいそうですよね。 Flexibility sometimes beats macho. 柔軟性のあるものは、時に剛強なものに勝つ• Soft methods often get the better of brute force. 柔らかいものは硬いものより良いことがある まとめ 以上、この記事では「柔よく剛を制す」について解説しました。 読み方 柔よく剛を制す じゅうよくごうをせいす 意味 柔軟性のあるものが、やり方によって剛強なものに勝つことの例え 由来 中国の古い兵書の表現から 類義語 柳に雪折れなし、堅い木は折れるなど 対義語 剛よく柔を断つ 英語訳 Flexibility sometimes beats macho 柔軟性のあるものは、時に剛強なものに勝つ 「柔よく剛を制す」という言葉は、様々な場面で教訓になる言葉ですね。 「剛よく柔を断つ」という続きがあることは知らなかった人も多いと思います。 場面に合わせて正しく使っていきましょう!.

次の

故事成語「柔よく剛を制す」の意味と使い方:例文付き

健気 対義語

柔よく剛を制す: 柔軟性のあるものが、かえって剛強なものを負かしてしまうという意味 「柔よく剛を制す」の意味を詳しく 「柔よく剛を制す」とは、 柔軟性のあるものが、そのしなやかさを利用して、かえって硬いものを負かしてしまうという意味です。 しなやかなものが、一見弱そうに見えても、かたいものの矛先をうまくそらして結局勝ってしまうということの例えです。 そこから、弱いものが強いものに勝った時に使われることもあります。 あくまで、やり方によっては柔和な者でも剛直な者を制御することが出来るし、弱い者でも強い者を制御することが出来るという意味です。 「硬いものでなく、柔軟なものこそが良い」という意味ではないので注意しましょう。 ちなみに、「柔良く剛を制す」という表記の仕方は誤りです。 「よく」の部分を漢字で書く場合は「柔能く剛を制す」と書きます。 「能力」の「能」という漢字なのでイメージしやすいのではないでしょうか。 怒鳴らずに、優しい言葉で諭したら、改心してくれた。 まさに、 柔よく剛を制すだ。 柔よく剛を制すというように、あまり強硬な手段はとらないほうがいいかもしれない。 小さいからといって弱いだろうと決めてかかったら、 柔よく剛を制すで負けてしまった。 「柔よく剛を制す」の由来 「柔よく剛を制す」の由来は、「三略」という中国の古い兵書の中に出てくる言葉です。 兵書とは、兵学について書いてある書物のことを言います。 「三略」の「軍神に曰く、柔は能く剛を制し、弱は能く強を制す(兵法の書にいう、柔らかいものはかえってかたいものを押さえつけ、弱いものはかえって強いものを押さえつける)」という表現からできた言葉です。 剛よく柔と断つ:剛強なものが、柔軟なものを下すという意味 これは「柔よく剛を制す」の続きの言葉です。 実は、この故事成語はもともと「柔よく剛を制し、剛よく柔を断つ」という一文なのです。 「剛よく柔を断つ」は見た通り「柔よく剛を制す」の逆で、「硬いものが、柔らかいものを下す」という意味です。 つまり、もともとの故事成語は「硬いものよりも柔らかいもののほうがいい」だとか「柔らかいものより硬いものの方が強いに決まっている」などの意味ではないのです。 「柔らかいものと硬いもの、どちらにも利点があり、やり方によって相手に勝つことができる」という意味の言葉です。 前半部分しか知らないと「硬いものより柔らかいものがいい」というイメージというイメージを持ってしまいそうですよね。 Flexibility sometimes beats macho. 柔軟性のあるものは、時に剛強なものに勝つ• Soft methods often get the better of brute force. 柔らかいものは硬いものより良いことがある まとめ 以上、この記事では「柔よく剛を制す」について解説しました。 読み方 柔よく剛を制す じゅうよくごうをせいす 意味 柔軟性のあるものが、やり方によって剛強なものに勝つことの例え 由来 中国の古い兵書の表現から 類義語 柳に雪折れなし、堅い木は折れるなど 対義語 剛よく柔を断つ 英語訳 Flexibility sometimes beats macho 柔軟性のあるものは、時に剛強なものに勝つ 「柔よく剛を制す」という言葉は、様々な場面で教訓になる言葉ですね。 「剛よく柔を断つ」という続きがあることは知らなかった人も多いと思います。 場面に合わせて正しく使っていきましょう!.

次の

「SPIが全然できない…」あなたへ。 偏差値65以上とるための対策!〜言語分野編〜|【早期内定獲得/早期就活支援サイト ジョブトラ】

健気 対義語

では健気の正しい読み方は、「けなげ」「けんき」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 健気の正しい読み方は「けなげ」になります。 熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。 訓読み(日本由来)はそれだけで意味が分かる読み方が多く、音読み(中国由来)はそれだけでは意味が分からないものが多いです。 そして熟字訓は熟字(2字以上)に読み方があてられているため、 漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。 (連濁と言うのは、2語以上が結びつくときに、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する日本語の用法です) ですので漢字(1字)の訓読みのようにその熟字(2字以上)だけで、 意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。 熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。 次の章で健気の意味と類義語について解説していきます。 2.健気の意味と類義語について では健気の意味と類義語について見ていきましょう。 健気を用いた例文としては、「健気な若者」や、 「健気に働く子供たち」のような使い方で用いられています。 前者の例文は「心がけや態度がしっかりしていること」の意味で、後者の例文は「子供など弱い者が懸命に努めること」の意味で使用しています。 また 健気の類義語としては、「地道(じみち)・真面目(まじめ)・誠実(せいじつ)・殊勝(しゅしょう)」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても健気と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の