レジ 袋 マイ バッグ。 三越伊勢丹が発売するマイバッグが完全に「伊勢丹の紙袋」! 伊勢丹ラヴァーは迷わずゲットするべし

【レジ袋有料化へ Vol.7】男性注目!おしゃれでかっこいいマイエコバッグ

レジ 袋 マイ バッグ

来月、7月1日からスーパーやコンビのレジ袋が有料化されます。 プラスチックゴミ削減の観点にしても、やや解せない施策ではあるものの、既に決まってしまったことですし仕方ありません。 私の住む府中市ではゴミ袋(可燃ごみ、プラスチックゴミ、不燃ゴミ)は10年前に有料化されていて、今までは生ゴミを捨てる際の袋として活用していたレジ袋。 今後は生ゴミ用のポリ袋に切り替えるか、レジ袋を買い続けることにするか、まだ決めてはいません。 買い物はマイバッグ/エコバックも併用していくことになりますが、生鮮品等の汁(ドリップ)対策を考えると、一定の割合でレジ袋も買うことにはなりそうでしょうか。 というか元々レジ袋とマイバッグは併用していましたし(レジ袋に入れてからバッグに入れるような)、少し前から普段の買い物をなるべく徒歩にと切り替えたこともあって、レジ袋の荷物をまとめてマイバッグに詰めて持ち帰っていました。 レジ袋を削減のためのエコバッグでなく、あくまで自分の買い物荷物を運びやすくするためのマイバッグとして。 今後は習慣を改めて行く必要があるのかもしれませんが、今回はそんなマイバッグ(エコバッグ)について……。 現在使っているのはパッカブル(ポケッタブル)タイプのマイバッグが2個。 以前から使っている、妻からドイツ(ベルリン)土産で貰ったものと、最近追加で買ったカルディのエコバッグ。 サイズは通常のレジ袋(大)を2〜3個分満杯にした量が入ります(20〜25Lくらいでしょうか?)。 手提げのハンドルが両側に付いたトートバッグタイプで、私の身長ならば手持ちしても底が浮いた状態になり、もちろん肩掛けすることも可能です。 熊はベルリンのシンボルなのだとか(紋章にもなっている) 最近は買い物に行く際はこの2つのマイバッグを持参して、殆どの荷物を詰めて帰ってくるのですが、レジバッグと違って肩掛けできることもあり、以前より一度に持ち運べる量が増えました。 重さだと普段のスーパーの買い物だとマイバッグ1個で5kg弱、米やビールなど重量が嵩む買い物の場合で7〜8kg程度でしょうか。 詰め込めば10kgは入りますが、マイバッグの耐久性的にやや心配です。 普段の買い物時の量を再現してみると1袋あたり5〜7kg前後 それこそビールや米のまとめ買いならばバックパックを使うこともあるのですが(登山に比べたら平地で20kg程度背負うのは楽ですし)、生鮮食品やパンなどを買うとなると、やはりトートバッグの方が安心。 確実にこれだけでは足りない買い物があるなら、車で出掛けてしまいますし。 最近はこれぐらいの量なら徒歩で行ってます ただ、やはりトートバッグタイプのマイバッグにたっぷり荷物を詰め込むと、2本の持ち手にアンバランスに荷重が掛かったり(片方だけ浮いてしまったり)、肩からずり下がってきたりと(なで肩か……)、特に両肩に荷物を持っているとやや不安定です。 また、数百円で売ってあまりにちゃちなマイバッグだと、数度の使用でハンドルがしわしわで細くなってしまい、肩に食い込むようになってしまいます。 先日買ったばかりのKALDIのエコバッグ(250円)、ほんの数ヶ月でハンドルがこんなになってしまい残念(ベルリンバッグは丈夫だ)。 そこで今探しているのが ワンショルダーで斜めがけのできる大きめのマイバッグ。 なるべく 体に食い込まない太めのストラップで、かつポケッタブルでコンパクトに持ち歩けるタイプ。 荷物を10kg詰め込んでも安心だと嬉しいですが、贅沢は言いません。 マイバッグ2個のうちの片方を斜めがけできるだけでも、随分と荷運びが楽になると思います。 イメージとしてはこんな感じのサイズでコンパクトに畳める素材のものが希望。 ポケッタブル性能がすごい! 次回モンベルストアに行くことがあれば、念の為Lサイズをチェックしてみます。 同じモンベルでもう少ししっかりしたショルダーバッグで20Lサイズのもの。 エコバックという感じでもなく、それほどコンパクトにはならないですが、ストラップはしっかりしてそう? そんな感じで斜めがけできるマイバッグを引き続き探していますので、何かいい感じのバッグをご存知ならば教えてください(あまり高くないもので)。 しかし、例えレジ袋を貰わなくなったからといって、1つのマイバッグをどれだけ使い倒せばその分に見合ったエコが実現できるのでしょうね。 今回新たなバッグを探していること自体、エコの観点からは本末転倒だなぁ…… となんとも複雑な気分です。 * * 追記:記事の公開後、Twitterで良さそうなエコバッグを教えていただきました。 まずはこちら、防水素材、チャック付き、持ち手は2WAY、サイズは14Lとやや小さいものの驚きの価格!.

次の

無印良品がプラ製レジ袋を廃止へ。エコバッグ持参で530マイルが貯まるよ〜

レジ 袋 マイ バッグ

目的 [ ] マイバッグ運動は、レジ袋の過剰な消費から、繰り返し利用できる買い物袋の使用に切り替えることで、の削減や、それに伴うなどのの削減、レジ袋の原料となるの節約(資源保護)などを目的としている。 CO 2削減 [ ] CO 2削減の効果は、レジ袋使用時とマイバッグ使用時のを比較することで明らかとなる。 レジ袋1枚(大型のもの)を作るのに必要な原油は約18. 3、原油1当たりの二酸化炭素排出量(固有単位当たり係数)は0. 7225kgCなので、レジ袋を削減して製造量も同時に減らしたと仮定し、マイバッグの環境負荷を無視した場合、レジ袋1枚あたり0. 2gC の削減効果があると考えられる。 この計算で出る値はレジ袋1枚分に換算したマイバッグの環境負荷なので、この値とレジ袋1枚あたりの値0. 2gC を比較し、後者のほうが大きい場合に効果があるといえる。 ただし、これは焼却処分時のCO 2だけを考えたもので、 LCA の手法では、原料採取・製造・輸送・販売で使用するまで考慮に入れなければいけない。 また、マイバッグの使用による環境負荷軽減の効果は、同じマイバッグを長くたくさん使い続けるほど大きくなる。 同じように、必要な原油量がより少ない買い物袋に変えたり(石油原料の製から製に変える、など)、エネルギー消費なども考えたLCA基準で環境負荷が少ないマイバッグに変えることで、効果は大きくなる。 2007年の富山国際大学地域学部紀要に於ける桑原宣彰教授の研究では、レジ袋、マイバスケット、複数の種類のマイバッグ、それぞれを使用した場合の環境負荷が比較された。 それによれば、全てリサイクル使用を前提にした場合で、ポリプロピレン製マイバスケットなら58回、ナイロン製多機能型マイバッグなら101回、ポリエステル製PET再生品マイバッグなら11回、ナイロン製マイバッグなら34回使用すれば環境負荷を低減出来るとされた。 2009年の日本LCA学会研究発表会に於いて、中国で製造され日本に輸入されるという前提条件でレジ袋とマイバッグそれぞれのCO2排出量の比較調査報告が行われた。 それによればマイバッグ1袋あたりの CO2排出量はレジ袋1枚の約50倍となっており、これは一人の消費者が購入したマイバッグを約50回使用すれば、CO2の増加と減少のバランスが取れる事を意味する。 しかしその一方で、レジ袋を使用しない場合はレジ袋が果たしていたとしての役割が果たせなくなり、他の袋を新たに用意する必要が出てきて環境負荷が増大したり、またマイバッグを繰り返し使用する際に洗剤を使用して洗うとその分だけ環境負荷が増大したりする。 それらを考慮すれば単純にマイバッグを約50回使用しただけではCO2を削減出来ず、更に多い回数を使用して初めてCO2削減効果をもたらすことが出来るとされた。 2011年にイギリスの環境庁が発表したLCA報告書によると、レジ袋を再利用しないという前提で、コットンのバッグなら131回、厚手の低密度ポリエチレン(LDPE)製のエコバッグなら4回使えば環境負荷を減らせるとされた。 2018年にデンマークの環境保護庁が発表したLCAによると、ポリエステル製のバッグなら35回、漂白された紙袋なら43回、オーガニックコットン製なら20,000回再利用すれば環境負荷を減らせるとされた。 ごみ削減 [ ] レジ袋からの切り替えには端的にごみの削減という効果もある。 プラスチックごみがとなって環境へ与える影響についても懸念されている。 などの生物によるレジ袋の誤飲や誤食、レジ袋等のシート状のプラスチックの海底への堆積によるヘドロ化などの問題である。 このほかの理由でレジ袋等のごみ削減に取り組んでいる都市もある。 フィリピンのではから小売業などで用いられるプラスチック袋や製容器の使用が禁止されているが、その理由は大量のプラスチックごみによる排水路の閉塞が水害の一因になっているためであり、洪水対策の一環としてプラスチック袋の配布の禁止が事業者に義務付けられている。 各国での普及状況 [ ] 日本 [ ] 日本でエコバッグという用語を用い最初に導入したのは、神田お茶の水でエコロジーショップを運営していた株式会社GAIAプロジェクトで1992年。 GAIAプロジェクトの常務取締だった石橋正次は、ドイツで普及していた布製エコバッグを日本でも普及しようと考えた。 彼は部下に命じ、ドイツのエコバッグを製造していたインドのトリバンドラムの授産施設にエコバッグの製造を依頼、フェアトレード製品として輸入を行った。 当時の売価は上代が350円だった。 尚、石橋は、生活クラブなど複数の生協と瓶商の戸部商事などと共に、Rビンという新たな規格の(再利用瓶)の開発も行った人物でもある。 GAIAの導入したエコバッグは、初期は各地の自然食品店などで販売されたが、その後エコロジーブームを背景に、ダイエーや西友、イオンなど大手流通が、1994年頃から同様の布製バッグの販売を始めた。 エコバッグはGAIAが商標権を持っていたため、マイバッグなどの用語を用いた。 これら流通大手は、レジ袋を使用しない消費者に対しての5円程度の割引サービスとエコバッグの販売(多くは100円)を併用したため、マイバッグ運動=レジ袋削減運動というイメージが定着した。 でのの調査によると、では86. この数値は、2位のに20ポイント以上の差をつけて全国一位となっている。 また、では、「いつも買い物袋を持参」との回答率が全国で最も高く44. を中心に、マイバッグ持参者に「スタンプがたまると100円引き」等の特典も行われ、企業のや賞品に、繰り返し使えるを用意することも増えてきている。 さらに、条例によりレジ袋有料化を課す自治体も増加してきている。 2008年ごろにエコバッグがブームとなり、洒落たものや、・の愛用するものなどもなどで特集されたりしているが、ブームに乗って頻繁に買い換えるのであれば運動を実践する意味はなくなる。 しかし、その一方で、商品が精算済みかそうでないかの区別が付きづらいため、の温床になりやすい、備え付けの買い物かごが持ち去られるなどのデメリットが明らかとなっている。 なお、エコバッグのほか「エコバスケット」も用いられている。 小売業者における取組み [ ]• イオングループでは、独自の運動・レジ袋削減策として「マイバスケット運動 」や「レジ袋辞退で2円引き (またはレジ袋の有料化 )」を行なっている。 エコバッグ [ ]• 仙台市役所、仙台商工会議所などが行うマイバッグ運動では、、、、、、らが無償で協力し、デザイナーズエコバッグが製作された。 荒木がデザインしたエコバッグには、荒木の作品である『』の登場人物「ルーシー・スティール」の描き下ろしイラストがデザインされている。 テーマソング [ ]• ひたちなか市役所の職員有志によりが結成され、イベントなどでテーマ曲『持ち歩こうマイバッグ』を演奏している。 演奏は『 - 』を参照。 テーマ曲『みんなで使おう! マイバッグ』が製作され、化もなされている。 このCDは、市内のやに配布されている。 歌詞は『』、メロディーは『』を参照。 静岡県 一般市民の手により作成されたテーマ曲『いつも持っているマイバッグ』が、掛川市役所の公式ウェブサイトやマイバッグ運動に参加する各店舗で流されている。 歌詞およびメロディーは『』を参照。 菊池市役所の職員が自ら作詞、作曲し、職員の長女がを務めたテーマ曲が発表されている。 演奏はNHK番組「第14回熱血!オヤジバトル」でグランプリを受賞した、カマンベール『 - 』『 - 』を参照。 そのため日本のようにエコバッグ=布製のお洒落なバッグというイメージはない。 イタリア [ ] イタリアではかつて1人あたり年間300枚以上のレジ袋が消費されていたが、からイタリア国内の小売店等でのプラスチック製のレジ袋の配布が禁止された。 台湾・中国・香港 [ ] やの大手チェーンの小売店などではコスト削減のためレジ袋が完全に有料化されているので、マイバッグの持参やレジ袋の使い回しが当たり前となっている。 では2008年12月からコンビニエンスストアのレジバッグが有料化(一律50香港セント)された。 フィリピン [ ] フィリピンのでは大量のプラスチックごみによる排水路の閉塞(都市型洪水)が問題化したため、2013年6月20日からプラスチック袋や発泡スチロール製容器の使用が禁止され、客にプラスチック袋を渡した事業者に対しては5000ペソの罰金が科せられている。 脚注 [ ] []• JEAN/クリーンアップ全国事務局• - 環境goo 2014年10月29日閲覧• - 環境・社会貢献ニュース 2012年5月6日閲覧• - イオン九州株式会社 環境・社会貢献ニュース 2012年11月13日閲覧• ひたちなか市役所市民生活部廃棄物対策課「マイバッグ運動推進フォーラムを開催しました」『』ひたちなか市役所。 『』かもじま駅前まちづくり会議。 AFP、2011年1月3日 関連項目 [ ]•

次の

コンビニのレジ袋の値段は?大手チェーン店の金額と無料の紙袋が導入?

レジ 袋 マイ バッグ

目的 [ ] マイバッグ運動は、レジ袋の過剰な消費から、繰り返し利用できる買い物袋の使用に切り替えることで、の削減や、それに伴うなどのの削減、レジ袋の原料となるの節約(資源保護)などを目的としている。 CO 2削減 [ ] CO 2削減の効果は、レジ袋使用時とマイバッグ使用時のを比較することで明らかとなる。 レジ袋1枚(大型のもの)を作るのに必要な原油は約18. 3、原油1当たりの二酸化炭素排出量(固有単位当たり係数)は0. 7225kgCなので、レジ袋を削減して製造量も同時に減らしたと仮定し、マイバッグの環境負荷を無視した場合、レジ袋1枚あたり0. 2gC の削減効果があると考えられる。 この計算で出る値はレジ袋1枚分に換算したマイバッグの環境負荷なので、この値とレジ袋1枚あたりの値0. 2gC を比較し、後者のほうが大きい場合に効果があるといえる。 ただし、これは焼却処分時のCO 2だけを考えたもので、 LCA の手法では、原料採取・製造・輸送・販売で使用するまで考慮に入れなければいけない。 また、マイバッグの使用による環境負荷軽減の効果は、同じマイバッグを長くたくさん使い続けるほど大きくなる。 同じように、必要な原油量がより少ない買い物袋に変えたり(石油原料の製から製に変える、など)、エネルギー消費なども考えたLCA基準で環境負荷が少ないマイバッグに変えることで、効果は大きくなる。 2007年の富山国際大学地域学部紀要に於ける桑原宣彰教授の研究では、レジ袋、マイバスケット、複数の種類のマイバッグ、それぞれを使用した場合の環境負荷が比較された。 それによれば、全てリサイクル使用を前提にした場合で、ポリプロピレン製マイバスケットなら58回、ナイロン製多機能型マイバッグなら101回、ポリエステル製PET再生品マイバッグなら11回、ナイロン製マイバッグなら34回使用すれば環境負荷を低減出来るとされた。 2009年の日本LCA学会研究発表会に於いて、中国で製造され日本に輸入されるという前提条件でレジ袋とマイバッグそれぞれのCO2排出量の比較調査報告が行われた。 それによればマイバッグ1袋あたりの CO2排出量はレジ袋1枚の約50倍となっており、これは一人の消費者が購入したマイバッグを約50回使用すれば、CO2の増加と減少のバランスが取れる事を意味する。 しかしその一方で、レジ袋を使用しない場合はレジ袋が果たしていたとしての役割が果たせなくなり、他の袋を新たに用意する必要が出てきて環境負荷が増大したり、またマイバッグを繰り返し使用する際に洗剤を使用して洗うとその分だけ環境負荷が増大したりする。 それらを考慮すれば単純にマイバッグを約50回使用しただけではCO2を削減出来ず、更に多い回数を使用して初めてCO2削減効果をもたらすことが出来るとされた。 2011年にイギリスの環境庁が発表したLCA報告書によると、レジ袋を再利用しないという前提で、コットンのバッグなら131回、厚手の低密度ポリエチレン(LDPE)製のエコバッグなら4回使えば環境負荷を減らせるとされた。 2018年にデンマークの環境保護庁が発表したLCAによると、ポリエステル製のバッグなら35回、漂白された紙袋なら43回、オーガニックコットン製なら20,000回再利用すれば環境負荷を減らせるとされた。 ごみ削減 [ ] レジ袋からの切り替えには端的にごみの削減という効果もある。 プラスチックごみがとなって環境へ与える影響についても懸念されている。 などの生物によるレジ袋の誤飲や誤食、レジ袋等のシート状のプラスチックの海底への堆積によるヘドロ化などの問題である。 このほかの理由でレジ袋等のごみ削減に取り組んでいる都市もある。 フィリピンのではから小売業などで用いられるプラスチック袋や製容器の使用が禁止されているが、その理由は大量のプラスチックごみによる排水路の閉塞が水害の一因になっているためであり、洪水対策の一環としてプラスチック袋の配布の禁止が事業者に義務付けられている。 各国での普及状況 [ ] 日本 [ ] 日本でエコバッグという用語を用い最初に導入したのは、神田お茶の水でエコロジーショップを運営していた株式会社GAIAプロジェクトで1992年。 GAIAプロジェクトの常務取締だった石橋正次は、ドイツで普及していた布製エコバッグを日本でも普及しようと考えた。 彼は部下に命じ、ドイツのエコバッグを製造していたインドのトリバンドラムの授産施設にエコバッグの製造を依頼、フェアトレード製品として輸入を行った。 当時の売価は上代が350円だった。 尚、石橋は、生活クラブなど複数の生協と瓶商の戸部商事などと共に、Rビンという新たな規格の(再利用瓶)の開発も行った人物でもある。 GAIAの導入したエコバッグは、初期は各地の自然食品店などで販売されたが、その後エコロジーブームを背景に、ダイエーや西友、イオンなど大手流通が、1994年頃から同様の布製バッグの販売を始めた。 エコバッグはGAIAが商標権を持っていたため、マイバッグなどの用語を用いた。 これら流通大手は、レジ袋を使用しない消費者に対しての5円程度の割引サービスとエコバッグの販売(多くは100円)を併用したため、マイバッグ運動=レジ袋削減運動というイメージが定着した。 でのの調査によると、では86. この数値は、2位のに20ポイント以上の差をつけて全国一位となっている。 また、では、「いつも買い物袋を持参」との回答率が全国で最も高く44. を中心に、マイバッグ持参者に「スタンプがたまると100円引き」等の特典も行われ、企業のや賞品に、繰り返し使えるを用意することも増えてきている。 さらに、条例によりレジ袋有料化を課す自治体も増加してきている。 2008年ごろにエコバッグがブームとなり、洒落たものや、・の愛用するものなどもなどで特集されたりしているが、ブームに乗って頻繁に買い換えるのであれば運動を実践する意味はなくなる。 しかし、その一方で、商品が精算済みかそうでないかの区別が付きづらいため、の温床になりやすい、備え付けの買い物かごが持ち去られるなどのデメリットが明らかとなっている。 なお、エコバッグのほか「エコバスケット」も用いられている。 小売業者における取組み [ ]• イオングループでは、独自の運動・レジ袋削減策として「マイバスケット運動 」や「レジ袋辞退で2円引き (またはレジ袋の有料化 )」を行なっている。 エコバッグ [ ]• 仙台市役所、仙台商工会議所などが行うマイバッグ運動では、、、、、、らが無償で協力し、デザイナーズエコバッグが製作された。 荒木がデザインしたエコバッグには、荒木の作品である『』の登場人物「ルーシー・スティール」の描き下ろしイラストがデザインされている。 テーマソング [ ]• ひたちなか市役所の職員有志によりが結成され、イベントなどでテーマ曲『持ち歩こうマイバッグ』を演奏している。 演奏は『 - 』を参照。 テーマ曲『みんなで使おう! マイバッグ』が製作され、化もなされている。 このCDは、市内のやに配布されている。 歌詞は『』、メロディーは『』を参照。 静岡県 一般市民の手により作成されたテーマ曲『いつも持っているマイバッグ』が、掛川市役所の公式ウェブサイトやマイバッグ運動に参加する各店舗で流されている。 歌詞およびメロディーは『』を参照。 菊池市役所の職員が自ら作詞、作曲し、職員の長女がを務めたテーマ曲が発表されている。 演奏はNHK番組「第14回熱血!オヤジバトル」でグランプリを受賞した、カマンベール『 - 』『 - 』を参照。 そのため日本のようにエコバッグ=布製のお洒落なバッグというイメージはない。 イタリア [ ] イタリアではかつて1人あたり年間300枚以上のレジ袋が消費されていたが、からイタリア国内の小売店等でのプラスチック製のレジ袋の配布が禁止された。 台湾・中国・香港 [ ] やの大手チェーンの小売店などではコスト削減のためレジ袋が完全に有料化されているので、マイバッグの持参やレジ袋の使い回しが当たり前となっている。 では2008年12月からコンビニエンスストアのレジバッグが有料化(一律50香港セント)された。 フィリピン [ ] フィリピンのでは大量のプラスチックごみによる排水路の閉塞(都市型洪水)が問題化したため、2013年6月20日からプラスチック袋や発泡スチロール製容器の使用が禁止され、客にプラスチック袋を渡した事業者に対しては5000ペソの罰金が科せられている。 脚注 [ ] []• JEAN/クリーンアップ全国事務局• - 環境goo 2014年10月29日閲覧• - 環境・社会貢献ニュース 2012年5月6日閲覧• - イオン九州株式会社 環境・社会貢献ニュース 2012年11月13日閲覧• ひたちなか市役所市民生活部廃棄物対策課「マイバッグ運動推進フォーラムを開催しました」『』ひたちなか市役所。 『』かもじま駅前まちづくり会議。 AFP、2011年1月3日 関連項目 [ ]•

次の