ビッグ(1988)。 ビッグ(1988) : 作品情報

ビッグ (映画)

ビッグ(1988)

アウトドアライフを楽しむ人々が増加傾向にあった81年、そうした時代背景にマッチした新感覚の多目的4輪駆動車として"ロデオ ビッグホーン"を9月21日から発売。 従来からの4WDユーザーのニーズに応えると共にオンロードでの乗用車レベルの快適性を備え、通勤からレジャーまで幅広く利用できるRVの先駆けとなりました。 ボディタイプはショートバン、ロングバン、ショートソフトトップの3タイプ。 伝統的なミリタリールックやトラック然とした無骨さから脱皮した都会感覚のハイセンスなスタイルにアクティブな4WDイメージを融合。 普通乗用車のユーザーにも違和感なく操作できる運転感覚を実現しながらも、軽量な車両重量とクラス初の前輪独立縣架サスペンションの採用により4WDとしての抜群の走破性も両立しました。 まさにこの"ロデオ ビッグホーン"から新しいRVの世界が始まったといえます。 5ナンバーワゴンを追加 1984年 最高出力110馬力を誇る直噴ディーゼルエンジンを搭載し、ドイツ イルムシャー社との共同開発によるサスペンションやヨーロッパの高品位ブランドを採用したスポーティーグレード"イルムシャー仕様"、また内外装を充実させた最高級グレード"エクスポート仕様"を追加し10月3日から全国一斉発売しました。 "イルムシャー仕様"のサスペンションは苛酷な走行にも減衰力が維持できるガス封入式ショックアブソーバーを採用。 またストロークを大きくすることにより、オフロードでの走破性の向上を高めて、バネ定数及び減衰力のきめ細かいセッティングにより高速での安定性も大幅に向上させました。 タイヤはフランスのミシュラン製を採用し、オン、オフロードを問わず扱いやすさと快適な乗り心地を両立。 シートは人間工学の徹底追究から生まれたカイパーレカロ社製のスポーツシートを採用。 イタリアのモモ社製本皮巻き4本スポークステアリングと相まっていかなる運転状況下でも快適な乗り心地を約束します。 一方の"エクスポート仕様"はラジエーターグリル、フロントバンパー、ウインドウシールドモールなどをアメリカ輸出仕様車"TROOPER"と同一仕様とし、アルミホイール、アームレスト付きキャプテンシート、本皮巻きステアリングホイールを採り入れ高級感を高め、最高級ワゴンとして登場しました。 イルムシャーRを追加 1988年.

次の

ビッグ(1988)

ビッグ(1988)

アメリカで生まれ、発展したスポーツ・ユーティリティ・ビークル、略してSUV、今でこそパーソナルカーの主流として日本でも浸透しているが、1980年代初頭はまだ一般に認知されていなかった。 そこに白羽の矢を立てて、いち早く国産SUVをデビューさせたのがいすゞ自動車だった。 いすゞは1979年に4WDピックアップのファスター・ロデオをリリースする。 凝ったカラーリングの内外装に乗用車的な装備群、そして駆動方式は4WD。 純粋に荷物を運ぶピックアップではなく、遊び心満点のレジャーカーに仕立てていた。 日本ではそれほど注目されなかったが、アメリカ市場では提携関係にあったGMのシボレー部門からも販売されて成功を収めた。 アメリカではこの手のクルマが売れる。 それにアメリカ流のクルマの使い方は、やがて日本でも流行する、いすゞの首脳陣はそう読み、新たな4WDモデルの開発に着手する決断を下した。 シャシーはロデオ4WD用を使うことに決めた。 その上に被せるボディをどうするかで開発スタッフは悩む。 荷物がたくさん載せられて、しかも遊びに出かけるのにふさわしいデザイン……。 当時アメリカで浸透しつつあったSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)がお手本になった。 開発陣は試行錯誤を繰り返しながら、1981年にようやくリリースにこぎつける。 車名はロデオ・ビッグホーンと命名した。 ビッグホーンはロッキー山脈に生息する大角鹿の名前。 ワイルドで力強いルックスと優れた走破性にちなんで、採用された。 車種は2ドアのバンタイプ。 日本で売れるかどうかわからなかったため、ラインアップを絞ったのだ。 意気揚々とデビューしたビッグホーン。 しかし、当時の専門家の評価はいまひとつだった。 1980年代初頭は各メーカーからスペシャルティカーが続々とデビューし、流麗なスタイリングやハイパワーのスペックがモノをいう時代だったからだろう。 ルックスも悪かった。 1984年にディーゼルターボを搭載したワゴンモデルも登場したが、大きな人気回復には至らなかった。 悪いことは重なるもので、さらにビッグホーンには強敵が出現する。 三菱が開発したパジェロのデビューだ。 ルックスはビッグホーンよりも強面で目立ち、車種ラインアップも豊富だった。 販売成績は、パジェロの後塵を拝することになる。 いすゞはテコ入れ策として、ディーゼルターボによる走行性能アップや、海外ブランドの活用を選択した。 手始めにドイツのチューンアップメーカーのイルムシャー社と提携。 1987年にイルムシャー社が足回りをセットし、レカロ製シートとモモ製ステアリングを装着したビッグホーン・イルムシャーがデビューする。 1988年にはオーバーフェンダーを備えたイルムシャーRが加わった。 さらに1990年には、ロータス社が足回りを仕上げたハンドリング・バイ・ロータスもリリースした。

次の

Big (1988) / ビッグ

ビッグ(1988)

ストーリー [ ] 12歳の ジョッシュ少年は年に一度地元の街にやってくる 移動遊園地に足を運ぶが、身長が低くてに乗れず落胆した夜。 願いを叶えるという不思議でレトロなコインゲーム機「 ゾルダー」を見つけ、大きくなりたいと願う。 奇妙なことに「ゾルダー」は電源も入っていないのに稼働していた。 翌朝目が覚めるとジョッシュは望み通りに大人の姿になっていた。 すっかり変わったジョッシュに親は不審者と勘違いをして家を追出してしまう。 帰る場所もお金もないので、大人を偽りおもちゃ会社に就職し安いホテルで生活することになった。 ある日ニューヨークの老舗おもちゃ屋「 FAOシュワルツ」の巨大鍵盤で偶然出会った就職先の マクミラン社長に「大人が失っている子供の感性」を気に入られる。 また、重役である スーザンと大人の恋をし、とんとん拍子におもちゃ会社で出世していく。 しかし、消えてしまった息子に悲しむ両親・年相応に学生生活するビリーやクラスメイトたちを見て心を揺さぶられる。 ついに元凶である「ゾルダー」が見つかるが、ジョッシュは「このまま大人としてスーザンと過ごす」か「こどもに戻る」かの選択を迫られる。 苦渋のうえ「戻る」ことを選んだジョッシュを、全て理解したスーザンは実家に送ると、車から玄関に向かう一瞬にジョッシュは12歳の少年の姿に戻った。 ジョッシュは歓喜する家族に迎えられ、相も変わらず親友のビリーとともに学校生活を過ごすのであった。 登場人物 [ ] ジョッシュ・バスキン ひょんなことから一夜にして少年から成人男性となる。 おもちゃ会社に入社しデータ科の平社員として働き始めるが、1週間後に製品開発担当副社長に大抜擢される。 見た目は20代半ばぐらいだが、中身は12歳ぐらいの状態。 行動や思考、味覚なども子供なため状況によって周りから変な目で見られたり逆に周りに新鮮な発想をもたらす存在となる。 少年ジョッシュ 日本で言う中学1年生ぐらいのどこにでもいる少年。 趣味はパソコンを操作すること。 ある日移動遊園地にあった不思議な機械に「 背を 大きくなりたい」と願い事を言ったところ、一夜にして大人の男に成長してしまい生活が一変する。 スーザン おもちゃ会社の女性社員。 仕事をバリバリこなし、市場調査などから子供が欲しがるおもちゃを考えようとする。 プライベートではポールの恋人。 作中ではよくタバコを吸っている。 これまでの男性社員とは全然タイプの違うジョッシュに興味を持ち始める。 マクミラン社長 おもちゃ会社の経営者。 自社のおもちゃが今以上に売れるにはどうしたらいいか日々考えている。 子供のような個性的な感覚を持つジョッシュを気に入り、彼のアイディアを新商品開発に取り入れる。 ポール 社長の腰ぎんちゃく。 部下には厳しく社長にはゴマをする性格。 1週間で大出世したジョッシュを妬み、一方的に敵視して彼の新商品のアイディアなどに否定的な発言をする。 ビリー ジョッシュの親友。 悪ガキでませた性格の少年。 ジョッシュの隣の家に住んでおり、帰宅後もお互いの部屋にあるトランシーバーで話している。 ジョッシュが「見た目は大人だが中身は子供」ということを唯一知っている人物。 スコッティ マクミランの会社の勤続5年目の男性社員。 入社当初データ科の社員として配属されたジョッシュと席が隣同士になる。 ジョッシュの母 夫と2人の子供を持つ主婦。 ある朝ジョッシュが部屋からいなくなり、代わりに見知らぬ男 大人になったジョッシュ と鉢合わせしたことから、息子が目の前の男に誘拐されたと思い悲嘆に暮れる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 機内上映版 ジョッシュ・バスキン スーザン マクミラン社長 ポール ビリー 少年ジョッシュ スコッティ ジョッシュの母• ソフト版:・・収録• テレビ東京版:初回放送1990年12月6日『』 ノベライズ [ ]• 『ビッグ』B・B・ヒラー、ニール・W・ヒラー著、訳、角川文庫、1988年7月 ミュージカル [ ] 1996年にで、この映画を元にしたが上演された。 主演は。 日本では1998年から主催で『big ~夢はかなう~』というタイトルで上演された。 1998年と1999年は主演、ヒロインは1998年が、1999年は。 2000年は主演。 ヒロインは(元月組トップ娘役、風花舞)。 リメイク [ ] 2012年に韓国で、主演で、『』のタイトルでテレビドラマ化された。 参考文献 [ ].

次の