プルーム テック プラス リキッド 交換。 プルームテックプラスが故障する原因と交換する方法も

プルーム・テック・プラスの使い方

プルーム テック プラス リキッド 交換

こんばんは、戯言草々です。 一度アイコスを完全に断ち、プルームテックプラスとプルームエスをローテーションする生活に切り替え、再度アイコスを吸うとどうなるかを自らで実験中の今日この頃ですが… プルームテックプラス…お前もかっ!! 予想通りというか、やっぱりプルームテックプラスも旧プルームテック同様にタバコカプセルが余りますね。 というわけで本日は、やっぱり新型プルームテックプラスでも発生した「 タバコカプセル余る問題」とその対処方法などについて書いていこうと思います。 リキッド漏れがタバコカプセル余る問題の大きな原因か!? 旧プルームテックの大きな問題点でもあった「タバコカプセル余る問題」は、個人的にはカードリッジ内のリキッド総量が少なすぎる事や、カプセル交換タイミングが分からずに吸い続けた事によるものだと思っております。 ですから、新型プルームテックプラスではここら辺はさすがに直してくると思いましたし、実際にボタンの点滅で「カプセル交換タイミング」を知らせるという仕様にもしてきました。 それなのに… やっぱりタバコカプセルが余る!! 専用タバコカプセル1箱 5カプセル を吸いきる前に、リキッドがどうしても無くなってしまいます。 つまり、この問題は単純に… 1. そもそものリキッド量が5カプセル分には足りない。 1回の吸い込み量を私がセーブする必要がある。 リキッド漏れが原因でバランスが崩れている。 この3つが原因であると考えられます。 であれば、そもそものリキッド量に問題はなく、そして「吸い込み量がリキッド残に影響しない」と仮定すれば、リキッド漏れが一番の原因であるとも言えます。 どう考えても、JTはこの意見を無視して売上だけに突き進んだとしか思えない。 100歩譲って、1回で吸い込む量の個人差が原因と言うなら、1回の吸い込める量をセーブさせる秒数機能でもつければ良かったでしょうに。 プルームテックプラス:タバコカプセルを余らせない対処方法。 それではここから、たばこカプセルを余らせない対処方法を。 ・カプセル交換のLED点滅まではフレーバーを変えない 新型プルームテックプラスを購入後、やはり4種類あるフレーバーをすぐに比較したくて数回吸ってはフレーバー変更をしていたんですが… カプセル交換のタイミングが完全に分からなくなりました 笑。 最低限1個のカプセルを吸い終わるまでは、フレーバー変更しないほうがカプセル交換タイミングを逸する事はなくなるでしょう。 そして「タバコカプセル余る問題」の対処方法本命としては… 楽天ショップなどでリキッド再生キットやリキッド注入キットが発売されるのを待つ 旧プルームテックでもカードリッジにリキッド注入する事で復活させる方法があったように、恐らく今回の新型プルームテックプラスにも同様の互換性のあるリキッドや注入キットが楽天ショップなどでいずれ発売されるでしょう。 ただ、今回のリキッドケース… このリキッドケースのベイパーを噴出させる穴からリキッドを注入することは難しい構造となっております。 これはラジペンなどで分解すれば分かるのですが… 逆流防止弁的な構造なので、このように分解すればリキッド注入は出来ますが、電極の接点がずれてしまったり、ケース自体が破損してしまう可能性も考慮すると…リキッド注入での再生はあまりオススメは出来ません。 その労力を考えると、互換性のあるリキッドケースが楽天などで発売されるのを待ったほうが良いかな。 多分、いつか発売されるでしょう 笑。 なぜか改善されないタバコカプセル余る問題。 本日のまとめ。 Twitterなどでは旧プルームテックよりかは比較的悪くないツイートが散見される新型プルームテックプラスだったのに、やっぱりこの「タバコカプセル余る問題」をクリアにはしてきませんでしたね。 行動心理学として「満足させてしまうと次の行動 購買 につながりにくい」という結果があるため、不満足させ次の購買行動につなげるという売り手側の理屈も多少は理解しますが、これはそもそも前提が違うはず。 この「カプセルが余る=吸い足りない」という感覚は、料理における「もう少し食べたい=また食べたくなる」とはまったく違うんですよね。 JTさん的にはリキッド量を増やしてしまうとタバコカプセル自体の売上が低下する事を懸念したんでしょうが、この不平等感は必ずプルームテックのイメージ自体を損ねてしまうというリスク自体にもっと注目した方がいいと思います。 その名の通り、プラスにするならベイパー量だけでなく、リキッド量もさらにプラスにするべきでしたね。 さて、正規品としてリキッド再生キットなどが発売されることは旧プルームテックの現状を見る限りは期待は出来ませんが、ここでそこら辺を安価でオンラインショップに並べれば面白い状況になりそうなんですが……一体どんな対応をしてきますかね。 今回も完全にスルーするのであれば、やはりアイコスの牙城を崩せるのは次回の新型までは持ち越しかな 笑。 0が新機能搭載&メンソール特化型になって発売が決定しました!! 旧プルームエスを凌駕する新スペックで価格は3,980円です。 それでは。 無駄こそ楽しい人生。 戯言草々 たわごとそうそう と申します。 当ブログではIQOSやPloomtechなどの加熱式たばこ、最近購入した商品、そして旅行やグルメやニュースなどについての戯言を日々書いております。 いつのまにかブログを始めてから3年以上も続いております 半分以上さぼってましたが。 まさかこんなに沢山の方にご覧いただけるようになるとは思いもよりませんでした。 ありがとうございます。 2018年1月3日にツイッターも開始しました。 お気軽に「申請・解除」を。 カテゴリー• 月別の投稿 月別の投稿 このブログについて.

次の

【非公開】プルームテックプラスのカウントをリセットする方法!

プルーム テック プラス リキッド 交換

リキッド漏れもほとんどありませんし、リキッドが直接口に入ってくるようなこともほぼありません。 完全に密封されているカートリッジのおかげで蒸発することなく、 たばこカプセル5個分 250パフ は確実に使用することができるようになりました。 タバコ感が増したので50パフ以上使用する人が増える可能性も! 50パフで交換するならリキッドの補充は必要ありませんが、プラスになりタバコ感が増したので50パフ以上使用する方が増える可能性があります。 そうなると、当然中のリキッドが足りなくなります。 そこでカートジッジにリキッドを補充する方法をご紹介致します。 もちろんメーカーは推奨していませんので完全に自己責任になりますよ。 一度分解したことによりリキッドが漏れてデバイスが故障するという可能性もありますので、そのあたりをご理解した方のみご覧になって下さい。 スポンサードリンク プルームテックプラスのカートリッジ補充方法 まずはカートリッジをよく見てみましょう。 バッテリーとの接点部分側にコイルやコットンがありますので、ここから分解してリキッドを入れることになります。 あ、ちなみにでも追記しましたが、カートリッジ側面にたばこカプセルの種類が書いてありました。 他のカートリッジと混ざってわからなくなった時や、補充する際はこちらで確認して下さいね。 ただ、かなり見づらいので、マジックなどで自分で書いたほうが確実ですけどね。 カートリッジをさらによく見ると蓋となる部品の爪が矢印の箇所にひっかかっているのがわかります。 つまりこの部分を押せば蓋が外れる仕組みになっています。 というわけで使用する道具は・・・ ・カラのカートリッジ ・先の細い丈夫なもの 小型のマイナスドライバーなど ・ピンセット ・補充用リキッド 以上になります。 まずこの爪がひっかかっている部分を小型のマイナスドライバーなどで押します。 結構固いのでしっかり持って押し込んで下さいね。 このように簡単に外れました。 外した蓋を確認すると画像のようになっています。 かなり固い素材なのでそう簡単には折れないと思いますが、もし折れた場合は再利用はできませんからね。 蓋が取れたらあとは簡単で、ピンセットで中の部品を取り出すだけです。 一応コイル部分を確認してみましたが、仕組みは基本的というか単純ですね。 リキッドが染み込んだコットンを、熱を加えたコイルにより気化させています。 やろうと思えばこのコイルも自作できますが、そこまでやるとJTさんに怒られそうなので今回はやめておきますね。 ピンセットでどんどん部品を取り出していきます。 コイルの下には円形のコットン、そして画像のような仕切り蓋があり、これを取り出せば完全分解完了です。 円形のコットンはかなり崩れやすいので少し丁寧に取り出すようにしてくださね。 あとは真ん中の穴に入らないように注意しながら、縁を流すように好きなリキッドを入れて下さい。 今回私はメンソールカートリッジには「カミカゼ スーパーハードメンソール」を、レギュラーカートリッジには「ベプログのタバコ味」を入れてみました。 入れるリキッドは何でもよいのですが、コットンにはすでに味が染み込んでいるので、なるべく同系種の味を入れたほうがよいと思います。 それでも元々入っていたリキッドの味と混ざってしまいますけどね。 リキッドを入れたらバラした順番に元に戻せば完成です。 最後の蓋は爪の位置をしっかり合わせて、カチッというまで押し込んで下さいね。 もとに戻す注意点としてはコイルの向きに気をつけて下さい。 画像のように蓋の裏側には電気を通す銅板が貼り付けてあります。 ですので、蓋の銅板とコイルが接触するように取り付けないと電気が流れませんので、銅板をコイルで挟むようにつけて下さいね。 先にコイルと蓋をくっつけてからでもいいですし、最後に蓋だけ付ける場合は画像のような向きでコイルをはめ込んで蓋をすればよいかと思います。 リキッドが真ん中の穴に流れ込んでしまった場合や通過した蒸気が水分化した場合、吸った時に「ジュルジュル」いうことがあります。 これは結構不快なのですが、その場合は吸口側から強く息を吹き込んで押し出してやると改善されますよ。 これでカートリッジの再利用は完了です。 それでは早速試してみましょう。 出力が小さいので味の出方は軽めだが、たばこカプセルを付けるいい感じ まずはたばこカプセルを付けずにそのまま吸ってみます。 出力が低いので味の出方は結構軽いですね。 スーパーハードメンソールは通常のリキッドよりかなりメンソールがキツイのですが、原液で吸っても弱めのメンソール程度しか味がありません。 しかしたばこカプセルを装着すると、タバコ葉にもメンソール成分が入っているのでいい感じになります。 タバコのキック感もありこれはこれでなかなかいいですね。 レギュラー系も同じように、カプセルを付けないと味が薄いですが、付けると結構いけますよ。 ただ、最初から入っているリキッドのほうが繊細な味がするように思います。 スポンサードリンク まとめ:やはり純正にはかなわないので最後の手段か! 今回カラになったカートリッジすべてに補充してみましたが、1つにつき2〜3分程度でとても簡単にできました。 ただ、先程も書いたように純正のほうが繊細な味がします。 特にレギュラー系は「抹茶」と「ほうじ茶」の味が良いので、リキッドの補充は「たばこカプセルが余った場合のみ」と考えたほうがよいかも知れません。 電子タバコとして使う場合は出力不足は否めませんので、それならもっと高出力のものを使ったほうがよいでしょうね。 それでも味の好みは人それぞれですし、カートリッジを交換するだけというメリットもあります。 リキッドをお持ちでたばこカプセルが余ってしまったという方は試してみてはいかがでしょうか。 繰り返しますが、あくまで自己責任になりますからね。 スポンサードリンク.

次の

PloomTECH+(プルームテックプラス)のカートリッジ詰め替え方法! リキッドが漏れない電子タバコとしても使えるぞ!

プルーム テック プラス リキッド 交換

そう思ったのが実は一番始めの感想です。 この期待外れだった感想が数ヶ月後には自分なりに評価が上がりました。 それは吸い方のコツを覚えたから。 やはり何を試すにしてもしばらく使ってみないと分からないものです。 道具だって最初は使いずらくてもしばらく使っていくうちに慣れたり使い方のコツを掴んでいきます。 特にプルームテックプラスの場合は期待も大きかった分、尚更です。 私の言うこの 吸い方のコツは本記事でご紹介していますので最後まで読んでみてくださいね。 これかなりイライラします。 あと吸い口が露出しているのでポケットから出す時に吸い口を手で触ってしまうので手が汚れているとどうも衛生面が気になります。 手に付着した菌やウィルスが口元から侵入するってよく聞くじゃないですか・・・ この2つの小さな悩みは自分でこのようなキャップで対策するしかありません。 次にレギュラー系とメンソール系のたばこカプセルの感想を簡単に書いておきます。 メンソールのクリヤーミントは合格 そんな期待外れであったプルームテックプラスでしたが、唯一メンソールフレーバーの「クリヤーミント」だけは吸った感が他のフレーバーよりも感じられました。 ミント系のガムのようなフレーバーが口の中に広がる感じで非常にスッキリとした好印象を受けました。 同じメンソール系フレーバーでもクールミントというフレーバーはちょっと味が薄くて駄目でしたね。 冷たい感じはしますが、「ん?味が薄いな・・・」どれだけ強く吸ってもフレーバー自体の味を堪能するにはほど遠い感じでした。 レギュラー系フレーバーは微妙 初代プルームテックのレギュラーフレーバーに不満があった分、プラスのレギュラー2種類には期待していたのですが「またこれか・・・」といった感想が正直なところ。 ネットでの評判はそこそこみたいですが本当に~??と思ってしまいますね。 特にマイルドブレンドは試しに吸った日以来減ってません。 というか吸ってません。 ほのかにお茶のような香りを感じますが、「感じるだけ」でフレーバーを味わうとか満足感を得るという事は出来ませんでした。 レギュラーだったらローストブレンドの方がマシといったところでしょうか。 ローストブレンドは喉にイガイガ感を感じるのでリアル感を味わう事が出来る上、マイルドブレンドよりは味を濃く感じる事が出来ます。 プラスのキック感を上げるちょっとしたコツ そんな微妙なプルームテックプラスなので何かいい互換品が売っていないかネットで探してもまだ期待出来そうな互換品らしきものは出回っていませんでした。 そこで自分なりにこの弱い「キック感」がどうにかならないものかと試行錯誤しているうちに、少しはキック感を増す吸い方を発見しましたので宜しければご参考にしてみてください。 初代プルームテックのメンソールのたばこカプセルをプラスで吸ってみたのです。 イケます。 ちなみにカートリッジはクリヤーミントのカートリッジをセットして吸うのが一番いい。 初代プルームテックでもプラスでも味わえなかった新しいメンソール感に出会うことが出来ます。 これにハマってしまい、今ではプルームテックプラスを吸う時はこの組み合わせで吸っています。 空気流入口を1つ塞いで吸う プルームテックプラスにはリキッドが見える窓の下に空気を取り入れる穴が2つあります。 ここを1つ指で塞いで吸うとドローが重くなって少しばかりキック感が強くなります。 2つのうち1つの空気穴を塞ぐことによって、VAPEのエアフロー調節を絞る行為と同じような効果を得る方法です。 結構グッときます。 以上の2つのコツはお金をかけずに試すことが可能なので是非やってみてください。 「 ダブル吸い 」 今のところこの吸い方が一番キック感を倍増できます。 その吸い方とは名付けて「ダブル吸い」と呼んでいますが、詳しくは下記の記事で書いていますので是非ご参考にしてみてください。 互換カートリッジは正直なところ当たり・ハズレはありますが自分の好みで且つカプセルと相性の良い組合わせを見つけると満足感はアップしますよね。 その組合わせは人それぞれ異なるので見つけるまではお小遣いを散財することになりますが。 もしお小遣いに余裕があるのなら色々と試してみるといいのではないでしょうか。 プラスを使い続けると慣れてくる? プラスには満足していませんが、上述したように初代プルームテックのメンソールフレーバーと組み合わせることによって多少なり満足感は得られます。 売りにだそうか迷いましたがプラスばっかり吸っていると薄かった味も濃く感じてくるから継続して吸うことのメリットはあるような気がします。 濃い味に慣れてしまった人が薄味に段々と慣れていくような感じといえばなんとなく理解できますかね。 ずっと吸い続ければきっとプラスにも慣れてくるのだろうと予測出来ます。 見た目のフォルムは嫌いじゃないしせっかく買ったからまだ手放すのは惜しい気持ちが芽生えてしまうということは完全に駄目だとは思っていない証拠なのでしょう。 互換カートリッジもバラエティー豊かになってきたのでプルームテックプラスを放置気味の方、もう少し吸ってみてはいかがでしょうか。 プラスをおすすめするユーザー層 今のところ個人的にプルームテックをおすすめするユーザー層はこんな感じです。 お読みいただきまして、ありがとうございました。

次の