大相撲 名古屋 場所 2019。 大相撲名古屋場所2019優勝予想と注目力士は?世代交代で波乱必至!

大相撲取組動画

大相撲 名古屋 場所 2019

NHKテレビ放送の解説者と実況アナウンサー:十両 はじめにNHK地上波、十両テレビ放送の解説者と実況アナウンサーから。 解説 実況アナウンサー 初日 三保ヶ関親方 沢田石アナ 二日目 山分親方 高木アナ 三日目 粂川親方 佐藤アナ 四日目 小野川親方 酒井アナ 五日目 佐渡ヶ嶽親方 船岡アナ 初日の解説は元・栃栄の 三保ヶ関親方。 二日目の解説は元・武雄山の 山分親方。 三日目の解説は元・小結琴稲妻の 粂川親方。 四日目の解説はいつもニコニコ元・蒼樹山の 枝川親方。 ・・・と記事投稿時点では発表されていましたが、元・北太樹の 小野川親方に変更となりました。 五日目の解説は元・関脇琴ノ若の 佐渡ケ嶽親方が務めます。 NHKテレビ放送の解説者と実況アナウンサー:幕内 続いてNHK地上波、幕内テレビ放送の解説者と実況アナウンサーです。 正面解説 向正面解説 実況アナウンサー 初日 北の富士さん 舞の海さん 船岡アナ 二日目 舞の海さん 立田川親方 藤井アナ 三日目 芝田山親方 富士ヶ根親方 厚井アナ 四日目 高砂親方 不知火親方 小林アナ 五日目 北の富士さん 甲山親方 大坂アナ 初日の幕内解説は毎場所恒例 北の富士さんと 舞の海さんのコンビです。 初日には場所前調子が良かった力士を言い合うことが多い2人。 今場所は誰の名前があがるでしょうか? 二日目の正面解説は舞の海さん、向正面解説は元・小結豊真将の 立田川親方が務めます。 三日目の正面解説は元・横綱大乃国の 芝田山親方。 向正面解説は元・小結大善の 富士ヶ根親方が務めます。 四日目の正面解説は元・関脇多賀竜の 鏡山親方。 ・・・と記事投稿時点では発表されていましたが、元・大関朝潮の高砂親方に変更となりました。 向正面解説は元・小結若荒雄の 不知火親方。 五日目の正面解説は北の富士さん、向正面解説は元・大碇の 甲山親方が務めます。 NHKラジオ放送の解説者と実況アナウンサー ラストはNHKラジオ放送の解説者と実況アナウンサーです。 解説 実況アナウンサー 初日 陸奥親方 太田アナ 二日目 春日野親方 大坂アナ 三日目 北の富士さん 沢田石アナ 四日目 舞の海さん 高山アナ、太田アナ 五日目 立浪親方 酒井アナ、佐藤アナ 初日の解説は元・大関霧島の 陸奥親方。 二日目の解説は元・小結両国の 境川親方。 三日目の解説は北の富士さん、四日目の解説は舞の海さん。 五日目の解説は元・小結旭豊の 立浪親方です。 さいごに 大相撲七月場所(名古屋場所)、初日から五日目までのNHK大相撲中継の解説者と実況アナウンサーをまとめました。 序盤五日間、スタートダッシュをかける力士が何人出てくるか楽しみです。 現地観戦の日以外はテレビとラジオでたっぷり大相撲観戦します!.

次の

大相撲名古屋場所2019優勝予想と注目力士は?世代交代で波乱必至!

大相撲 名古屋 場所 2019

本記事に内容加筆および出典を追加される方へ: 本記事に新しい内容を加筆をする際は、でください。 Citeテンプレート使用時を含め、出典追加時はの記入を 必ずお願いします。 ビジュアルエディターで自動生成された出典を提示される方は、生成後に不備を埋めるようお願いします。 これらのいずれかが抜けている出典を発見した際は情報の補強をお願いします。 ビジュアルエディターでの出典の自動生成を含めたCiteテンプレートの使用はなるべくお控えください。 Citeテンプレートが使われすぎるとエラーを起こし、脚注が表示できなくなってしまいます。 本記事の内容は、出典があり内容の検証性がとれるもののみ掲載しています。 出典無き記述を発見した場合は検証可能な出典を提示してください。 こちらもご覧下さい 社会 文化と芸術 スポーツ 科学と技術 地域 日本競馬 サッカー 自転車競技 相撲 バスケットボール バレーボール 野球 NFL 競輪 ヘルプ 目次• できごと [ ] 1月 [ ]• - 【大相撲】は1月場所の新弟子検査の合格者10名を発表した。 - 【大相撲】横綱が、1月場所で3連敗し、4日目に引退を表明。 年寄「」を襲名した。 - 【大相撲】横綱が、右足首の怪我のため1月場所を6日目から休場した。 鶴竜の休場は2場所連続12回目。 - 【大相撲】・による最後の観戦。 退席する際、観客席全体からが発生した。 - 【大相撲】元関脇・が現役を引退し、年寄「」を襲名した。 - 【大相撲】前日まで休場し、1月場所11日目のこの日から再出場した小結が、横綱に勝利した。 休場明け初日の対戦で横綱に勝利したのは1952年1月場所の横綱東富士(対千代の山戦)以来約67年ぶり、三役以下の力士に限定した場合は1951年9月場所の小結備州山(対千代の山戦)以来約68年ぶりの珍事だった。 また、御嶽海は休場前に稀勢の里と鶴竜にも勝っていたため、三役以下の力士としては1984年3月場所の大乃国以来、約35年ぶりの3横綱総なめとなった。 - 【大相撲】横綱白鵬が、右膝と左足関節の怪我のため1月場所を14日目から休場した。 白鵬の休場は2場所連続11回目。 【大相撲】1月場所はこの日に千秋楽を迎え、幕内は関脇が13勝2敗で初優勝した。 玉鷲は34歳2ヶ月で、旭天鵬(2012年5月場所、37歳8ヶ月)に次ぐ2番目の年長初優勝となった。 【大相撲】1月場所で8勝4敗3休の成績だった小結御嶽海が、休場した力士としては史上初めて三賞(殊勲賞)を受賞した。 - 【大相撲】3月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進4名(うち再十両2名)と、引退力士19名を発表した。 - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会は、所属の三段目力士が2018年9月頃から2019年1月にかけ、弟弟子に暴力を含むいじめを繰り返していたことを発表した。 2月 [ ]• - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会は、鳴戸部屋で発生した暴力問題に関して関係者の処分を決定し、加害者の三段目力士は引退勧告相当(同日付で引退届受理)、師匠の鳴戸親方(元大関・)は3ヶ月間の報酬減額10パーセントの処分となった。 このほか、三段目力士に命じられていじめを行った力士2人も処分された。 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年3月場所の番付を発表した。 3月 [ ]• 【大相撲】は3月場所の新弟子検査の合格者40名を発表した。 【大相撲】大関経験者で、5場所連続休場中だったがこの日から序二段で復帰し、大関経験者として初めて幕下以下で相撲を取った。 - 【大相撲】大関経験者の照ノ富士と、幕内経験者のが、この日序二段で対戦した。 元幕内力士同士の取組が序二段で組まれるのは初めてのことだった。 - 【大相撲】元幕内・が現役を引退し、年寄「」を襲名した。 【大相撲】3月場所千秋楽に、大関の2場所連続の負け越しが決定し、大関から在位5場所で陥落することが決定した。 大関在位の最短記録は、年6場所制となった1958年以降では大受の5場所であり、栃ノ心の記録はこれに並ぶこととなった。 【大相撲】平成最後の本場所となった3月場所は千秋楽を迎えて、横綱が15戦全勝で優勝した。 白鵬の優勝は3場所ぶり42回目で、全勝優勝は15回目となった(どちらも白鵬自身が持つ最多記録を更新)。 しかし、表彰式で受けたインタビュー中にを行ったことは、翌日のの会合で問題視された。 【大相撲】日本相撲協会は番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇の大関昇進を決定した。 平成時代最後の新大関となった貴景勝は、伝達式で「武士道精神を重んじ、感謝と思いやりの気持ちを忘れず、相撲道に精進してまいります」と口上を述べた。 【大相撲】5月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進3名(うち再十両2名)と、引退力士11名を発表した。 4月 [ ]• - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会理事会は、横綱が3月場所千秋楽の優勝インタビューで三本締めを行った問題で関係者の処分を決定し、白鵬は譴責処分、白鵬の師匠の宮城野親方(元幕内・)は3ヶ月間の報酬減額10パーセントの処分となった。 - 【大相撲】日本相撲協会は、楯山親方(元関脇・)が4月25日付で退職したと発表した。 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年5月場所の番付を発表した。 5月 [ ]• - 【大相撲】横綱が右上腕の怪我のため5月場所を休場することが、この日に決定した。 - 【大相撲】は5月場所の新弟子検査の合格者13名を発表した。 【大相撲】大相撲5月場所は14日目に、西前頭8枚目の初優勝が決まった。 平幕優勝は2018年1月場所の栃ノ心以来で、三役経験のない力士が優勝するのは1961年5月場所の佐田の山以来58年ぶりのことだった。 【大相撲】5月場所で大関から関脇に降下したがこの日に10勝目を挙げたため、大関から陥落した直後の場所で10勝を挙げれば大関に復帰できる特例により、翌7月場所から大関に復帰することが決まった。 この規定が出来た1969年7月場所以降、この特例で大関に復帰するのは5人目(6度目)である。 【大相撲】元十両のと、元十両のが引退した。 - 【大相撲】日本を国賓として訪問中のが、内閣総理大臣らとともに大相撲5月場所千秋楽を観戦した。 表彰式では、この場所を12勝3敗で優勝した朝乃山に、トランプ大統領が自らアメリカ合衆国大統領杯を手渡した。 アメリカ合衆国大統領杯については、2020年以降も5月場所の優勝者に贈呈されることが発表された。 - 【大相撲】7月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進5名(うち再十両1名)と 、引退力士12名を発表した。 6月 [ ]• - 【大相撲】日本相撲協会が2019年7月場所の番付を発表した。 7月 [ ]• - 【大相撲】は7月場所の新弟子検査の合格者3名を発表した。 - 【大相撲】7月場所を初日から休場中の大関は、この日に編成された8日目の取組に入らなかったため、2場所連続の負け越しと大関陥落が決定した。 2場所での大関陥落は、1969年7月場所以降では2000年7月場所の武双山以来2人目となった。 - 【大相撲】西十両11枚目で元関脇のが現役引退を表明。 【大相撲】7月場所は11日目のこの日から大関の休場が決定。 既に貴景勝、、も休場しており、4大関休場は昭和以降で初めてとなった。 【大相撲】日本相撲協会は、元関脇安美錦の引退と年寄「」襲名を承認した。 - 【大相撲】7月場所は千秋楽を迎え、幕内は横綱が14勝1敗で7場所ぶり6回目の優勝を果たした。 また、序ノ口では7戦全勝者がいずれも所属の3名となり、史上初めて7戦全勝3人によるが行われた。 - 【大相撲】9月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進4名(うち再十両2名)と、引退力士6名を発表した。 - 【大相撲】親方(元幕内・)が、年寄「」に名跡を変更した。 8月 [ ]• - 【大相撲】日本相撲協会が2019年9月場所の番付を発表した。 - 【大相撲】親方(元幕内・)が、年寄「」に名跡を変更した。 9月 [ ]• 【大相撲】モンゴル出身の大相撲の横綱・が日本国籍を取得したことが、同日付の官報で告示された。 の規約では外国出身の力士について「現役引退後に協会に残り親方となるには日本国籍が必要」であるとしており、これにより白鵬は、現役引退後に親方として、日本相撲協会に残る資格を得た。 なお、外国出身の歴代横綱で日本国籍を有するのは、アメリカ出身の曙、武蔵丸(現武蔵川親方)に次いで3人目。 【大相撲】日本相撲協会は、十両のが、8月31日に付け人に暴力を振るったと発表した。 日本相撲協会はこの問題についてコンプライアンス委員会で調査することとし、貴ノ富士は9月場所を謹慎休場することになった。 - 【大相撲】日本相撲協会は、武隈親方(元幕内・)が9月2日付で退職したと発表した。 - 【大相撲】は9月場所の新弟子検査の合格者2名を発表した。 - 【大相撲】横綱白鵬が、右手の骨折のため9月場所を2日目から途中休場した。 白鵬の休場は2場所ぶり13回目。 - 【大相撲】元関脇・が現役を引退し、年寄「」を襲名した。 - 【大相撲】横綱が、左膝痛のため9月場所を中日から途中休場した。 鶴竜の休場は4場所ぶり13回目。 鶴竜が対戦する予定だったは幕内通算12回目の不戦勝となり、幕内の不戦勝回数が歴代単独1位となった。 - 【大相撲】9月場所で大関から陥落し、この場所で10勝を挙げれば大関に復帰できる関脇が、12日目のこの日に10勝目(2敗)を挙げて、翌11月場所から大関に復帰することが決定した。 - 【大相撲】元幕内・が現役を引退し、年寄「」を襲名した。 - 【大相撲】9月場所で大関角番のの2場所連続の負け越しが、14日目のこの日に決定した。 これにより、栃ノ心が翌11月場所で大関から陥落することが決定した。 【大相撲】9月場所は千秋楽を迎え、関脇が、関脇貴景勝とのを制して、12勝3敗で7場所ぶり2度目の優勝を果たした。 【大相撲】元幕内・が現役を引退した。 - 【大相撲】11月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進5名(うち再十両3名)と、引退力士15名を発表した。 【大相撲】日本相撲協会理事会は、8月31日に付け人に暴力を振るった十両貴ノ富士に対して、自主的に引退することを促す決議をした。 貴ノ富士は暴力以外にも、5月から7月にかけて新弟子に対する差別的発言があったことも公表されたが、懲戒処分としての「引退勧告」は見送られた。 このほか、貴ノ富士の双子の弟の幕内は新弟子に理不尽な命令を繰り返したとして譴責処分に、2人の師匠の千賀ノ浦親方(元小結・)は監督責任として6ヶ月間20パーセントの報酬減額処分となった。 【大相撲】日本相撲協会理事会は、この日付けで親方(元関脇・)と親方(元幕内・)が名跡を交換した上で、音羽山改め阿武松親方がを継承し、阿武松改め音羽山親方が相撲協会を退職することを承認した。 - 【大相撲】日本相撲協会は、9月16日に親方(元関脇・)が死去したため師匠不在となった所属の、横綱鶴竜ら力士3人と床山1人について、この日付けでへ転属することを承認した。 - 【大相撲】1月場所限りで現役を引退した元横綱・(荒磯親方)の引退相撲が国技館で開かれた。 10月 [ ]• - 【大相撲】立呼出のが、巡業先のにて後輩呼出2名に対して暴力行為を行っていたことが発覚。 これを受けて拓郎が退職願を日本相撲協会に提出したが、協会は拓郎を当面の間自宅謹慎とし、コンプライアンス委員会に処分などの決定を委ねる措置を執った。 - 【大相撲】日本相撲協会は、自主引退を促されていた十両の引退届を受理したと発表した。 日本相撲協会の発表によると、10月11日午前に貴ノ富士の代理人弁護士から引退届と意見書が郵送で届き、貴ノ富士の師匠の千賀ノ浦親方(元小結・)が協会の様式で引退届を提出した。 - 【大相撲】日本相撲協会は臨時理事会を開催し、10月8日に後輩呼出に対する暴力行為を行った立呼出の拓郎に対してコンプライアンス委員会の処分答申を受けた措置として『令和元年11月場所及び令和2年1月場所の二場所出場停止処分とする』ことを決めて本人に通達。 これを受けて拓郎は改めて協会側に退職の意思を示し、これが固いことから同日付で協会は拓郎の退職を認めた。 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年11月場所の番付を発表した。 11月 [ ]• 【大相撲】は11月場所の新弟子検査の合格者2名を発表した。 【大相撲】横綱が、11月場所初日のこの日に休場を表明した。 休場理由はこの日の朝稽古で腰痛を再発したためとしており、1場所15日制の定着した1949年以降で、横綱が初日に不戦勝となるのは史上3例目である。 - 【大相撲】11月場所で大関から陥落した関脇は、2勝した後に5日目から途中休場していたが、この日に編成された中日の取組に入らなかったため、この場所で10勝を挙げ1場所で大関に復帰することが不可能になった。 - 【大相撲】11月場所を3勝した後に中日から休場中の角番大関は、この日に編成された11日目の取組に入らなかったため、2場所連続の負け越しと大関陥落が決定した。 - 【大相撲】11月場所の幕内最高優勝は14日目のこの日に決定し、横綱が4場所ぶり43度目の優勝を果たした。 - 【大相撲】2020年1月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進5名(全員再十両)と、引退力士10名を発表した。 12月 [ ]• - 【大相撲】日本相撲協会が2020年1月場所の番付を発表した。 競技結果 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年1月) 大相撲 [ ] 本場所 [ ] 一月場所(初場所) [ ] ()を会場に、初日の2019年(平成31年)から千秋楽のまでの15日間開催された。 番付発表は(平成30年)。 番付発表は。 平成最後の本場所。 番付発表は。 番付発表は。 番付発表は。 番付発表は。 - 第64回伊勢神宮奉納大相撲(三重県・相撲場)• 幕内力士トーナメント戦士権優勝:• - 大相撲場所(・五條市上野公園総合体育館)• - 大相撲場所(奈良県・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲コウノトリ場所(兵庫県・)• - 大相撲場所(・体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲富士山場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 第27回大相撲場所(神奈川県・)• 幕内トーナメント優勝:• - 大相撲場所(・西部総合公園体育館)• - 靖国神社奉納大相撲(東京都・相撲場)• - 大相撲羽田国際場所(東京都・)• - 大相撲場所(東京都・)• - 市制施行70周年・体育協会創立70周年記念 大相撲場所(・行田市総合体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・浜川体育館)• - 大相撲場所(・佐野市運動公園体育館)• - 大相撲場所(埼玉県・ひだかアリーナ)• - 大相撲場所(東京都・)• - 大相撲アリーナ場所(神奈川県・)• - 大相撲場所(東京都・)• - 市制施行130周年記念 青少年育成大相撲場所(茨城県・アダストリアみとアリーナ) 夏巡業 [ ]• - 2019年大相撲夏巡業 改元記念場所(・)• - 大相撲場所(・はびきのコロセアム)• - 大相撲場所(・YMITアリーナ)• - 大相撲場所(・AW-Iスポーツアリーナ)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所2019(・)• - テレ玉開局40周年記念事業 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・東金アリーナ)• - 大相撲立飛場所(・)• - 大相撲場所(埼玉県・秩父市文化体育センター)• - 大相撲うつのみや場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(福島県・)• - 東日本大震災復興支援 第5回大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(青森県・津軽りんご市場)• - 大相撲場所(・)• - - 大相撲場所(北海道・)• - 大相撲場所(北海道・湿原の原アリーナ釧路)• - 大相撲KITTE場所(東京都・) 秋巡業 [ ]• - 七尾港開港120周年記念 大相撲場所(・七尾総合市民体育館)• - 大相撲場所(石川県・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・糸魚川市民総合体育館)• - 大相撲那須与一場所(・栃木県立県北体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(静岡県・)• - 第5回大相撲出世場所(静岡県・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲なにわ場所in(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲高知場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・三原リージョンプラザ主体育館)• - 大相撲安芸場所(広島県・マエダハウジング東区スポーツセンター)• - 大相撲場所(広島県・) 中止になった巡業• - 大相撲ジオパーク場所(・)• 10月13日に静岡県伊豆市で予定されていた秋巡業は、(台風19号)の影響で中止となった。 巡業が原則として屋内で興行されるようになった以降、天災による巡業中止は初めてのことだった。 冬巡業 [ ]• - 大相撲もち吉場所(・直方市体育館)• - tys開局50周年記念 大相撲場所(・山口県立下関武道館)• - 大相撲場所(・人吉スポーツパレス)• - 大相撲場所(福岡県・うきはアリーナ)• - 大相撲場所(・昭和電工武道スポーツセンター)• - 熊本地震復興祈念・博士新千円札肖像画採用記念 大相撲阿蘇場所(熊本県・小国ドーム)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - - 大相撲沖縄場所(・うるま市具志川ドーム) トーナメント大会 [ ]• 第43回(・)• 幕内トーナメント戦優勝:(初優勝)• - ()• 幕内トーナメント戦優勝:(12年ぶり2度目) その他 [ ]• 第52回(・)• - 2020年1月場所番付発表 引退相撲興行 [ ]• - 引退襲名披露大相撲()• - 引退襲名披露大相撲(両国国技館) 昇格 [ ]• 大関 - が昇進() 断髪式 [ ]• - 引退断髪式()• - 引退断髪式(両国国技館) アマチュア相撲 [ ] 国際大会 [ ]• - 第9回白鵬杯• - 第7回国際女子相撲選抜堺大会• - 第16回• 10月19日 - 第8回• - 第23回• 10月20日 - 第14回 国内大会 [ ]• - 第36回全日本大学選抜相撲宇和島大会• - 第59回全国大学選抜相撲宇佐大会• - 第29回全国選抜大学・社会人対抗相撲九州大会• - 第70回東日本学生相撲新人選手権大会• 5月11日 - 第69回西日本学生相撲新人選手権大会• - 第1回全日本相撲個人体重別選手権大会• - 第103回• - 第57回全国選抜大学・実業団対抗相撲和歌山大会• - 第93回西日本学生相撲選手権大会• - 第98回東日本学生相撲選手権大会• 6月9日 - 第5回全国女子相撲選抜ひめじ大会• - 第48回西日本実業団相撲選手権大会• - 第7回全国学生女子相撲選手権大会• - 第79回西日本選抜学生相撲大会• 7月7日 - 第57回東日本実業団相撲選手権大会• - 第9回全日本大学選抜相撲金沢大会• - 第10回全日本女子相撲郡上記念大会• 7月21日 - 第46回東日本学生相撲個人体重別選手権大会• 7月21日 - 第44回東日本学生相撲個人体重別選手権大会• - - 第97回• 7月28日 - 第50回全国選抜社会人相撲選手権大会• 7月28日 - 第30回全国都道府県中学生相撲選手権大会• - 第35回• - 第54回全日本大学選抜相撲十和田大会• - 第68回全国高校相撲十和田大会• - - 第49回• 8月18日 - 第58回全国教職員相撲選手権大会• - 第1回わんぱく相撲女子全国大会• - 第61回全国高校相撲宇佐大会• 9月1日 - 第44回全国学生相撲個人体重別選手権大会• - 第67回全国選抜大学・実業団相撲刈谷大会• - 第61回• - - 第74回• - - 第68回東日本学生相撲リーグ戦• 10月6日 - 第16回全国少年相撲選手権大会• 10月6日 - 第24回• - - 第97回• - 第68回• 12月1日 - 第32回• - - 第71回全国高等学校相撲選抜大会 死去 [ ]• 「」『SANSPO. COM』、2019年1月13日。 2019年1月28日閲覧。 「」『デイリースポーツ』、2019年1月16日。 2019年1月16日閲覧。 「」『時事ドットコム』、2019年1月16日。 2019年1月19日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年1月18日。 2019年1月19日閲覧。 「」『サンケイスポーツ』、2019年1月20日。 2019年1月21日閲覧。 「」『サンケイスポーツ』、2019年1月22日。 2019年1月27日閲覧。 「」『スポニチアネックス』、2019年1月24日。 2019年1月28日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年1月26日。 2019年1月28日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年1月27日。 2019年1月28日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年1月27日。 2019年1月28日閲覧。 『』2019年4月号、、2019年、 126頁。 「」『SANSPO. COM』、2019年1月31日。 2019年3月28日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年2月9日。 2019年3月28日閲覧。 「」『読売新聞』、2019年2月25日。 2019年3月28日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年3月11日。 2019年3月28日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年3月10日。 2019年3月28日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年3月13日。 2019年3月28日閲覧。 (記事タイトルは原文ママ)• 「」『日刊スポーツ』、2019年3月23日。 2019年3月28日閲覧。 「」『スポーツ報知』、2019年3月25日。 2019年3月28日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年3月24日。 2019年3月28日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年3月26日。 2019年3月28日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年3月28日。 2019年3月28日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年3月27日。 2019年3月28日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月24日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月26日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月30日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年5月9日。 2019年5月13日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年5月12日。 2019年5月13日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年5月25日。 2019年5月26日閲覧。 「」『時事ドットコム』、2019年5月25日。 2019年5月26日閲覧。 「」『時事ドットコム』、2019年5月25日。 2019年5月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年5月26日。 2019年5月26日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年5月26日。 2019年5月26日閲覧。 「」『東京新聞』、2019年5月30日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年5月29日。 2019年8月26日閲覧。 「」『中日新聞』、2019年6月25日。 2019年7月21日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年7月8日。 2019年7月21日閲覧。 「」『日本経済新聞』、2019年7月13日。 2019年7月21日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年7月16日。 2019年7月21日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年7月17日。 2019年7月21日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年7月17日。 2019年7月21日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年7月21日。 2019年7月21日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年7月21日。 2019年7月21日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年7月24日。 2019年8月26日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年7月25日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月26日。 2019年8月26日閲覧。 「」『時事ドットコム』、2019年8月27日。 2019年9月25日閲覧。 「」『スポニチアネックス』、2019年9月3日。 2019年9月3日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年9月3日。 2019年9月25日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年9月5日。 2019年9月25日閲覧。 「」『大分合同新聞』、2019年9月8日。 2019年9月25日閲覧。 「」『東京新聞』、2019年9月9日。 2019年9月25日閲覧。 日本相撲協会公式サイト• 「」『毎日新聞』、2019年9月15日。 2019年9月25日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年9月15日。 2019年9月25日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年9月19日。 2019年9月25日閲覧。 日本相撲協会公式サイト• 「」『日刊スポーツ』、2019年9月21日。 2019年9月25日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年9月22日。 2019年9月25日閲覧。 「」『時事ドットコム』、2019年9月22日。 2019年9月25日閲覧。 「」『日本経済新聞』、2019年9月25日。 2019年9月25日閲覧。 「」『読売新聞』、2019年9月26日。 2019年9月30日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年9月26日。 2019年9月30日閲覧。 「」『産経新聞』、2019年9月27日。 2019年9月30日閲覧。 COM』、2019年9月30日。 2019年9月30日閲覧。 2019年10月25日閲覧。 「」『時事ドットコム』、2019年10月11日。 2019年11月9日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年10月25日。 2019年10月25日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年10月29日。 2019年11月9日閲覧。 「」『秋田魁新報』、2019年11月10日。 2019年12月20日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年11月11日。 2019年12月20日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年11月16日。 2019年12月20日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年11月19日。 2019年12月20日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年11月23日。 2019年12月20日閲覧。 「」『スポニチアネックス』、2019年11月27日。 2019年12月20日閲覧。 「」『毎日新聞』、2019年12月24日。 2019年12月24日閲覧。 「」『毎日新聞』、2018年12月25日。 2019年1月19日閲覧。 「」『スポニチアネックス』、2019年1月25日。 2019年1月28日閲覧。 「」『デイリースポーツ』、2019年3月31日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月1日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月2日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月4日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月4日。 2019年5月1日閲覧。 「」『京都新聞』、2019年4月6日。 2019年5月1日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年4月7日。 2019年5月1日閲覧。 「」『デイリースポーツ』、2019年4月7日。 2019年5月1日閲覧。 「」『静岡新聞』、2019年4月10日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月10日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月12日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月13日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月14日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月15日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月17日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月18日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月19日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月20日。 2019年5月1日閲覧。 「」『上毛新聞』、2019年4月22日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月22日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月25日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月26日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月27日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月28日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月29日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年7月28日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年7月29日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年7月30日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年7月31日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月1日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月2日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月3日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月4日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月6日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月7日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月8日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月9日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月10日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月11日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月12日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月13日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月14日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月16日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月17日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月18日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月19日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月25日。 2019年8月26日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年10月5日。 2019年11月9日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年10月7日。 2019年11月9日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年10月7日。 2019年11月9日閲覧。 「」『上越タイムス』、2019年10月8日。 2019年11月9日閲覧。 「」『下野新聞』、2019年10月10日。 2019年11月9日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年10月11日。 2019年11月9日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年10月11日。 2019年11月9日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年10月13日。 2019年11月9日閲覧。 「」『スポニチアネックス』、2019年10月14日。 2019年11月9日閲覧。 「」『静岡新聞』、2019年10月17日。 2019年11月9日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年10月17日。 2019年11月9日閲覧。 「」『京都新聞』、2019年10月19日。 2019年11月9日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年10月20日。 2019年11月9日閲覧。 「」『神戸新聞』、2019年10月20日。 2019年11月9日閲覧。 「」『高知新聞』、2019年10月23日。 2019年11月9日閲覧。 「」『山陽新聞』、2019年10月13日。 2019年11月9日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年10月25日。 2019年11月9日閲覧。 「」『中国新聞』、2019年10月26日。 2019年11月9日閲覧。 「」『スポーツ報知』、2019年10月26日。 2019年11月9日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年10月28日。 2019年11月9日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年10月13日。 2019年11月9日閲覧。 「」『読売新聞』、2019年12月2日。 2019年12月17日閲覧。 「」『読売新聞』、2019年12月3日。 2019年12月17日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年12月4日。 2019年12月17日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年12月5日。 2019年12月17日閲覧。 「」『大分合同新聞』、2019年12月6日。 2019年12月17日閲覧。 「」『FNNプライムオンライン』、2019年12月8日。 2019年12月17日閲覧。 「」『読売新聞』、2019年12月10日。 2019年12月17日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年12月10日。 2019年12月17日閲覧。 「」『FNNプライムオンライン』、2019年12月11日。 2019年12月17日閲覧。 「」『琉球新報』、2019年12月15日。 2019年12月17日閲覧。 「」『産経新聞』、2019年2月10日。 2019年2月17日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年8月21日。 2019年8月26日閲覧。 「」『産経新聞』、2019年9月30日。 2019年9月30日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年2月9日。 2019年2月17日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年9月28日。 2019年9月30日閲覧。 「」『スポニチアネックス』、2019年2月2日。 2019年2月17日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年6月8日。 2019年7月21日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年2月11日。 2019年3月29日閲覧。 『』2019年4月号、、2019年、 127頁。 「」『FNN PRIME』、2019年3月29日。 2019年3月29日閲覧。 「」『スポーツ報知』、2019年2月17日。 2019年2月17日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年4月7日。 2019年4月7日閲覧。 「」『SANSPO. COM』、2019年5月13日。 2019年5月13日閲覧。 「」『朝日新聞』、2019年4月26日。 2019年5月1日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年5月2日。 2019年5月2日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年9月16日。 2019年9月16日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年11月5日。 2019年11月9日閲覧。 「」『スポーツ報知』、2019年12月14日。 2019年12月14日閲覧。 『』2020年5月号、、2020年、 127頁。 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - 公式サイト.

次の

大相撲取組動画

大相撲 名古屋 場所 2019

概要 [ ] (昭和33年)以降は年6回の興行で固定されている(下表)。 開催地の名称は(平成30年)時点のもの。 開催月 正式名称 通称 会場 開催地 初日 01月 一月場所 初場所 第1もしくは第2日曜日 03月 三月場所 春場所 大阪場所 第2もしくは第3日曜日 05月 五月場所 夏場所 両国国技館 東京都墨田区 第1もしくは第2日曜日 07月 七月場所 名古屋場所 第1もしくは第2日曜日 09月 九月場所 秋場所 両国国技館 東京都墨田区 第1もしくは第2日曜日 11月 十一月場所 九州場所 第1もしくは第2日曜日 三月場所(大阪) と七月場所(名古屋) の会場ではが売却されており、主催者である日本相撲協会では上記のように施設命名権に基づく名称と正式名称を併記して使用している。 施設名の扱いに関してはメディアごとに対応が分かれている。 を行う は本場所の会場名について正式名称のみを使用している。 一方、新聞報道などでは報道機関により施設命名権による名称を使用する場合 、正式名称を使用する場合 、両名称を併記する場合 に分かれている。 福岡国際センター には本場所は各地で個別に行われており、力士は場所を主催する勧進元と自身のの都合がついた本場所に個別に参加していた。 その中でも三都(江戸・京都・大坂)の相撲がとくに盛んで、江戸で年2回、京都と大坂で年1回ずつ行われることが多かったが、天災や天候不順、不入りによる中止や打ち切りも頻発していた。 になると各地の相撲集団は法人化して個別の力士を抱えるようになり、には相撲集団は東京と大阪に収斂し、それぞれ常設の国技館で年2回興行、さらに合同でも興行するようになる。 になると東西協会が合同して日本相撲協会となり、戦後には大阪・名古屋・福岡でそれぞれ興行を行うようになって現在に至る。 1場所は江戸時代は晴天10日間興行だったが徐々に延ばされ、現在は15日間連続で行われる。 1日目は「初日(しょにち)」、8日目は「中日(なかび)」、最終日にあたる15日目は「(せんしゅうらく)」と呼ばれる。 初日は1場所15日制になって以降、崩御に伴い1日延期された一月場所を除き、に設定されている。 原則として初日は第2日曜日だが、3月・5月・9月・11月場所では日曜日が5週ある時は第3週から始まることもある。 7月場所は夏巡業の期間確保のため6月から行われていたこともあり、現在も第1週から始まることがある。 番付は各場所初日の約半月前に日本相撲協会より発表される。 頃に、年末年始を挟む一月場所を除いては初日の13日前の月曜日と定められた。 ほかのスポーツ行事の少ないを選んだということである。 例外として一月場所の番付発表については、直前が年末年始の期間に当たるため近年は前年下旬頃に行われている。 「」を参照 本場所の土俵進行(や力士呼び出しの順序)は日目が東方から、日目が西方からとなっている。 本場所の進行 [ ] 本場所は毎日8:00頃、呼出が会場前に設営された高櫓から打ち出す寄せ太鼓で始まる。 この後から順番に取組が始まるが、3日目(新弟子が多い3月場所は2日目から)から中盤にかけては、その前にが行われる。 序ノ口、、、と取組が進み、幕下の相撲が残り5番(幕下上位五番)になった時点で、力士のが行われる。 かつては幕下取組終了後に行われていたが、40年代末のの際に光熱費節減のため、土俵入り後の休憩時間省略を目的に時間が変更された。 この時点で14:20頃になる。 その後十両の取組に入るが、初日と千秋楽は十両残り3番を残して日本相撲協会理事長からの挨拶(協会御挨拶)が入る。 十両取組終了後の概ね15:50頃に力士の土俵入り・が行われる。 千秋楽では十両以下各段の優勝決定戦および優勝力士の表彰が行われる。 土俵入り後は中入の休憩時間に入り、初日は・返還式が行われる。 また、1・5・9月場所初日では除幕式、1月場所初日ではの表彰式も行われる。 2日目から13日目までは、時間に余裕がある時は翌日の幕内取組を紹介する「顔触れ言上」が行われる。 幕内取組が半分消化したところで、時間調節のための小休止がある(17:00頃)。 幕内取組終了後にが行われ打出となり、1日の興行はすべて終了となる。 時刻はこの時点で終了の18:00になるように調節されている。 千秋楽は弓取式後にの表彰式(場所によっては先立って優勝決定戦)が行われるため、全日程が30分ほど繰り上がる。 かつて使われていた会場 [ ]• 東京 - (~ 落成するまでは仮設国技館だった)• 大阪 - 、(旧)(に、大阪府立体育会館の全面改修工事のために1度だけ開催された)• 名古屋 - (~ 「会場はの格納庫を改造して建設されたが、がなかったため、室内でもの中で開かれ、支度部屋には氷柱が置かれ、中入りの時には場内に酸素の放出が行われた」と記録にある)• 福岡 - (~)、(~) 1909年6月場所以前はでの晴天時興行の形を取っており、雨天中止となった場合その後2日続けて晴天とならなければ開始できない規則となっていた。 戦前は戦時戦後の一時期を除き旧両国国技館が使われ、からまでの地方本場所は・・・・で開催の実績がある。 中には軍による接収、空襲による被災、そして戦後による接収で国技館が使用できずに(番付上の表記は「小石川後樂園球場」)や神宮外苑相撲場等で晴天時限定で開催、その後仮設国技館(当時の表記は「假設國技館」)時代を経て蔵前仮設国技館へと本場所開催地を移した。 場所ごとの逸話など [ ] 初場所 [ ]• 古くは1月場所は「春場所」と呼ばれた。 に大阪場所が出来て年4場所制となった時には1月場所は「初場所」か「春場所」かで協会発表に混乱があり、騒動になった。 後で当時責任者だった(元)の明かしたところでは、マスコミを利用した話題づくりだった。 この場所でやへの昇進を果たした力士は多く、「祝儀場所」の異名もある。 中日8日目はになることが多い。 特に8日目における平成最後の天覧相撲において、(いずれも当時)が退席するときに、自然発生的に観衆によるが行われた。 初日が日曜日以外の曜日に行われたのは戦後の15日制復活後、初めてのことであった。 『第13巻』()が2017年初場所の懸賞として掲出し、話題となった。 名勝負• 12日目、小結 - 前頭13枚目 新入幕で連勝する大鵬に、小結柏戸が「止め男」として当てられた柏鵬初顔合わせ。 後の柏鵬戦とは逆に攻めまくる大鵬を、柏戸が逆転の出し投げで下した。 千秋楽 横綱 - 関脇(優勝決定戦) ウルフフィーバーの巻き起こった場所。 14連勝の千代の富士を1敗で追う北の湖が吊り出しに破って決定戦に持ち込んだが、この時北の湖の左足首が悪いのを見破った千代の富士がで決定戦を制し初優勝。 大関昇進も果たす。 13日目 横綱 - 大関 この前の取り組みで、が敗れ、白鵬がこの取り組みに勝てば、大相撲の日本新記録となる33回の優勝が決まる一番だったが、本割では両者同体となり、物言い・協議の上取り直し。 その取り直しで白鵬が勝ち、日本新記録の33回優勝が決定した。 白鵬はこの場所を15連勝の全勝で、新記録達成に花を添えた。 春場所 [ ]• 呼称については初場所も参照。 地元大阪を中心にほかの地方場所と同じく「大阪場所」の名称を使用することもあり、中継を行うメディアにおいてはが「大阪場所」を主に名称に使っている。 に中学生力士が禁止されて以降、中学卒業見込みの入門者が多い関係で6場所の中で最もを踏む新弟子が多く、「就職場所」の異名がある。 平成以降ではの151人が最多、に入ってからは100人を超えない年が続いている。 「荒れる春場所」と呼ばれ 、番付上位が負けるいわゆる波乱の結果が多いとされる。 もともと大阪にはの歴史があって相撲人気の根強い土地であり、毎年大いに盛り上がる場所である。 がこの場所で強くから3連覇するなど通算5回の優勝のうち4回を大阪で達成、「大阪太郎」と呼ばれた。 他にが通算8回優勝のうち4回が大阪での優勝。 初の女性となったが在任中に幾度となく「大阪府知事賞の贈呈を自らの手で贈りたい」と土俵上は女人禁制と決めている協会と悶着を起こし、ファンや国民の間で議論を呼んだ。 の開催は、の外部委員会調査に時間がかかることと、世論動向から不祥事による初の開催中止となった。 2014年は場所期間中に、が執行された(告示が初日、投票日が千秋楽と同じ)ため、「もう一つの春場所」とも言われ、(優勝力士に贈られる)市長賞が職務代行者によって贈られた。 の開催は、防止のため無観客で開催。 本場所が一般公開されないのは戦時中に傷病軍人を招待して開かれた1945年6月の夏場所以来75年ぶりで、観客を一切入れない興業は初(テレビ中継があったので「完全非公開」ではない)。 名勝負• 1960年千秋楽 横綱 - 横綱 史上初めて、全勝力士同士が千秋楽結びの一番で優勝を争う形になった。 栃錦が無理にまわしをきりにいったところを若乃花が一気に寄り、自身初の全勝優勝。 栃若最後の一番にもなった。 夏場所 [ ]• の夏場所はによって被災した国技館の修理が工事の遅延によって完了しなかったため、大相撲史上初の開催中止となった(番付は発表されなかった)。 以後、にの影響で春場所が中止されるまで史上唯一の中止例だった。 、就任直後のがの授与を行い前日の負傷を押して出場し22回目の幕内優勝を勝ち取った横綱に対して「痛みに耐えてよく頑張った! 感動したっ! おめでとう! 」との賛辞を送った。 小泉の「感動したっ! 」はともなった。 なおこの負傷が原因となり、貴乃花はこの優勝を最後としてに現役を引退した。 2011年は前場所の開催中止に引き続き八百長問題の影響で、通常の興行としてではなくとして開催された(成績は正式記録として残る)。 この場所は無料公開され、NHKはこの場所の生中継を行わず、総合テレビと衛星放送でのダイジェスト放送も行わない(ニュースでの報道は行う)。 優勝額もなし。 一方で・等のネット配信で、前相撲から結びの一番まで完全生放送が行われた(詳しくはを参照)。 は、関脇の大関昇進で1横綱6大関時代と話題になったが、7枚目のが同4枚目との史上初の同士のを制すると同時に初優勝の最年長記録を更新した。 最初の大相撲開催となったは千秋楽にとして来日していたのが国技館に来場し、夫人や、夫人と共に相撲を観戦。 幕内優勝力士となったに特別杯「アメリカ合衆国大統領杯」を贈呈した。 なお、この大統領杯は来年以降も夏場所の幕内優勝力士に贈呈する予定となっている。 2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため当初は日程を2週間遅らせることとして、その日程で番付も発表されたが、その後緊急事態宣言の延長を受けて開催中止を決定。 本場所の中止は1946年(昭和21年)夏場所、2011年(平成23年)春場所に続き3回目。 名勝負• 初日 前頭筆頭貴花田 - 横綱千代の富士 、昭和最後の大横綱・千代の富士と後に貴乃花として平成の名横綱になる貴花田の初顔合わせの一番。 この一番で、千代の富士は寄り切られて完敗。 貴花田は初を獲得。 一方、千代の富士は2日後に現役引退。 力士の世代交代の時を世間に知らしめた一番となった。 名古屋場所 [ ] 平成21年大相撲名古屋場所開催中の模様。 画面右上に中日新聞社社旗が見える。 午前中の撮影につき観客はまばらである。 撮影日2009. 本場所となったのはで、6場所の中では一番後である。 との共催となっている。 九州場所が相撲協会の完全自主興行に移行した1974年以降(後述)、相撲協会以外の団体が本場所の主催元になっているのは名古屋場所だけである。 中日新聞社関連では以下の特記事項がある。 場所中、会場のの館内には中日新聞社の社旗が掲げられる。 毎年3月中旬頃から中日新聞社(()・()・・(・編集自体は北陸本社で行っている)を含む)で桝席の販売が行われている。 場所中、毎日必ず1本は中日新聞社が懸賞を出す。 懸賞を出した取組は当日の(北陸中日新聞・日刊県民福井・東京新聞を含む)のスポーツ欄及び(を含む)の大相撲欄で「本日の好取組」として展開予想が掲載される。 本場所を共催している縁もあってか、以降、加藤巳一郎、大島宏彦、大島寅夫と歴代の中日新聞社社長がの委員を務めている。 但し、九州場所前夜祭(後述)と違い、自局の施設であるCBCホールで行っている。 関係会社でもあるは球団創設80周年にあたるにプロ野球チームとしては初となる懸賞を提供した。 「80」に因み中入り後の8番目の取組に懸賞が掛けられている。 「荒れる名古屋」で知られる。 夏場の開催となって、とりわけ気温が高いことで知られる名古屋ということもあり、「熱帯場所」、「南国場所」の異名をとるほどの暑さのため体調管理が難しいことから調子を落とす上位力士も多いのが、その要因と言われている。 生涯ただ一度の優勝をこの場所で果たした力士も多い。 かつては場所後の夏巡業の日程を確保するために6月下旬から始まったこともあった。 また、同様の理由で、1960年代後半から1990年代までは第2日曜日になることのない7月1日~7日(即ち、必ず第1日曜日)から始まっていた。 2000年代以降は概ね他の場所と同じ第2日曜日から始まっている。 夏巡業を控えていることも有って、かつては名古屋場所では夏巡業の目玉となる新横綱を確保するために、やや甘い基準で名古屋場所で横綱昇進を果たす力士が少なからず存在した。 しかし双羽黒光司が廃業騒動を起こすと横綱昇進の基準が厳格化。 1993年7月場所の貴乃花光司、1994年7月場所の武蔵丸光洋、2006年7月場所の白鵬翔などは、双羽黒廃業騒動以前の基準なら、場所後に横綱昇進を果たしていた可能性がある。 のによる東京の国技館焼失のため、翌年の1月場所が名古屋市内の仮設国技館で行われた。 また、昭和初年の年4場所時代にも名古屋での本場所興行が行われた。 にが外国人力士として初めての優勝を遂げた。 2010年はの為の生中継が中止となり(ダイジェスト版のみ放送)、協会が外部からの表彰を辞退した為表彰式は優勝旗と賞状のみとなった。 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大人数での移動を避けるため、名古屋での開催を取りやめ、両国国技館での無観客興行を予定している。 名勝負• 千秋楽 横綱 - 横綱(優勝決定戦) 史上2度目、横綱同士では初となる同部屋相星決戦。 場所前に娘を亡くし、この場所は数珠を首にかけながら場所入りしていた千代の富士が、右上手投げで先輩横綱の意地を見せ28度目の優勝を果たす。 千秋楽 横綱 - 大関貴ノ花 - 関脇(優勝決定戦) 春場所が初土俵の同期生3人による巴戦。 横綱昇進のかかる大関・貴ノ花が結びの一番に勝って決定戦に持ち込んだが曙が連勝、横綱初優勝を決めた。 場所後若ノ花は大関昇進。 優勝 - 優勝同点の貴ノ花の昇進は見送られた。 秋場所 [ ]• 長期に及ぶの後の本場所であるため、ここで大きく「化ける」力士も多い。 同様に夏巡業を経て再起を目指す、連続休場明けの横綱がよく登場する。 は勤務で本場所を観戦できないビジネスマンにも会社帰りに大相撲を楽しんでもらおうとの配慮から、午前10時30分から取組開始、午後5時30分に中入り、午後8時に打ち出しという「ナイター興行」で行われた。 ナイター興行はビジネスマンには好評だったが、力士にとってはコンディション作りが難しく、体調を崩す力士が続出、また遠隔地向けの版に間に合わないという理由で新聞社からクレームが入り、1場所限りで取りやめとなり、2015年1月現在では、現状唯一のナイター本場所である。 しかも、このナイター本場所の11日目において、横綱対関脇の取り組みが、史上最長となる合計17分15秒の「大相撲」となる珍事があった。 本割で2回にわたり水入りの中断があり、更に力士の疲労を考えて、次の2番を先に消化してからとなり、結果となった。 このため、打ち出しは夜8時15分と最も遅いものとなった。 は開催に伴い第1日曜日()が初日となった。 では 相撲はの季語。 名勝負• 11日目 横綱対関脇(上述)• 千秋楽 前頭6枚目 - 大関 入幕2場所目で上位力士をなぎたおし優勝を争っていた「小錦旋風」を、三役陣最後の砦として琴風が止めた一番。 結果、最後の優勝は平幕の前頭12枚目となった。 九州場所 [ ]• 東西合併以降1930年に九州地方初の本場所が行われており、以降太平洋戦争が激化するまで九州場所は行われていた。 から2年間は準場所として施行され、から本場所に昇格した。 昇格した年から4年連続で大関以下が優勝、「横綱が優勝できない場所」と言われたがに大鵬が優勝してようやくそのジンクスが破られた。 その大鵬は32回の優勝の内7回を九州場所で果たしており、大鵬にとって九州場所が最も験の良い場所となった。 で開催されていた1973年までは同名の運営会社()との共催だったが、1974年から日本相撲協会単独主催の自主興行となり、同時にに移った。 千代の富士のから1988年までの8連覇は同一場所連続優勝の最多記録。 地方で行われる本場所の中でも、最も地元出身力士への声援が大きい。 毎年初日の数日前に、相撲協会との共催で が開かれ九州出身力士が紹介される。 とりわけが現役力士だった頃には出身ということもあって大きな声援が飛び、相撲の観客からは珍しい「魁皇コール」が場内から起こるほどであった。 これは相手力士には相当なプレッシャーであり、魁皇はこの場所だと好調ではあったが、遂に九州場所で幕内最高優勝を果たすことなくした。 その後は福岡県出身のが大関に昇進、魁皇人気を引き継いだ。 からは観客の座布団投げ(。 主に横綱が平幕に敗れた(金星)場合に観覧席から土俵に向けて座布団が飛ばされていた)を、危険行為とみなして厳しく取り締まることになり、マス席の座布団はこれまでの1人用の正方形4枚から2人用(縦1メートル25、横50センチ)の座布団2枚に変更しさらに2枚をひもで結んでつなげた形に変わった。 これにより、1人でも座布団に座っていれば座布団を投げられない仕組みになった。 しかし重さが2枚計4. 8キロとなって投げられた場合の危険性が増したということで、同場所以降、座布団投げが確認された場合はへ110番通報するという非常に厳しい措置(警察沙汰)がとられた。 ()が2005年九州場所の懸賞として提出され、同年12月28日放送の『年末の祭典スペシャル』で視聴者プレゼントした。 コンサートで来日した元のが2013年九州場所を観戦した。 この場所に登場したポールの懸賞が話題になった。 (集英社)が2014年九州場所の懸賞として掲出され、話題となった。 九州場所が開催される「福岡国際センター」は、地方3本場所の中で、1万席と最も観客席の数が多く、チケットが売れ残る現象が長く続いていたが、2017年(平成29年)の場所で久しぶりに前売りが完売。 集客が悪い状態が長年続いており、「不入の場所」とよく言われており満員御礼の連続記録が途切れるのも九州場所が多い。 主な原因として九州にはが無く、チケット手配は「大相撲売店」と呼ばれる商店とプレイガイド委託による販売が主でありそれに伴う大手の顧客、贔屓筋が無いのも要因である。 時期的にも一年の締めくくりであるがゆえにこの一年の相撲人気、または優勝争いの行方が売上に直接影響する場所でもある。 名勝負• 千秋楽 横綱 - 横綱• 千秋楽 大関 - 大関 一年納めの九州場所千秋楽結びの一番が、の決定戦となった例。 それぞれ栃錦77勝、北の富士63勝で最多勝を獲得。 なお、どちらも同場所の優勝に直接かかわる相撲ではなかった。 他に九州場所千秋楽まで年間最多勝を争った例としての横綱柏戸がおり、横綱が同年九州場所終盤を3休したためもあるが千秋楽に前頭5枚目に勝って70勝20敗、70勝6敗14休の大鵬と年6場所以降はじめての最多勝同点となった。 なお柏戸は12日目にこの場所優勝の横綱にも勝っており、この勝敗が逆であったら佐田の山(この年69勝)が大鵬と同点になっているところだった。 千秋楽 横綱千代の富士 - 横綱 千代の富士の53連勝を、久しく脇役に甘んじていた大乃国が止めた一番。 千代の富士はこれに勝っていれば54連勝、翌初場所での成した69連勝への挑戦権を得られるはずだった。 大乃国はこの一番のために千代の富士の相撲をビデオで研究し尽くしたという。 結果的にこれが昭和最後の一番にもなった。 千秋楽(優勝決定戦) 横綱貴乃花 - 大関若乃花 当時一大ブームを起こしていた、元大関・貴ノ花の長男・若乃花と次男・貴乃花の花田兄弟による最初で最後の対決。 同門()のため本割での取り組みは組まれないため優勝決定戦ではあるが、唯一本場所の土俵での2人の対戦が実現した。 取り組みは若乃花が貴乃花を下し、2度目の優勝を飾った。 ちなみに貴乃花はのちに同門のとの2度の優勝決定戦にも敗れ、同門の優勝決定戦には勝利していない。 13日目 横綱貴乃花 - 前頭12枚目 前日に横綱若乃花に敗れたもののこの場所の初日から11連勝と好調の琴錦と貴乃花の対戦。 結果は琴錦の完勝で金星獲得。 この大金星がきっかけとなり琴錦は自身2度目の平幕優勝を果たした。 2日目 横綱 - 前頭筆頭 白鵬の63連勝を稀勢の里が止めた一番。 白鵬はこれに勝っていれば64連勝、この場所の7日目で双葉山の成した69連勝への挑戦権を得られるはずだった。 前場所まで4場所連続で全勝優勝をしていた白鵬が敗れるといった大一番であるが、上述の理由で座布団は1枚も飛ばなかった。 準場所 [ ] 年6場所制が定着するまえには、本場所の間の時期を利用して、本場所の開催されない土地で興行をすることがあった。 そのころは、巡業もごとに別の土地を回るのが普通だったので、全力士集合して行われる興行は、 準場所と呼ばれ、の加算も行われた(番付の昇降には関係しない)。 1940年代には、満洲で、3箇所5日間ずつ開催で15日興行としたこともあった。 脚注 [ ]• 日本相撲協会. 2018年7月25日閲覧。 日本相撲協会. 2018年7月25日閲覧。 例として、. 日本経済新聞. 2018年7月22日. 2018年7月25日閲覧。 時事通信. 2018年7月22日. 2018年7月25日閲覧。 例として、. 読売新聞. 2018年7月22日. 2018年7月25日閲覧。 なお、読売新聞は紙面ではウェブサイトと異なり両名称を併記する場合がある。 例として、. 産経新聞. 2018年7月22日. 2018年7月25日閲覧。 財団法人日本相撲協会. 2017年3月3日閲覧。 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p40• 大相撲コラム集(大相撲あんなこと・こんなこと) - 大相撲• 時事通信(2019年5月26日作成). 2019年6月2日閲覧。 スポーツニッポン(2019年5月27日作成). 2019年6月2日閲覧。 産経新聞. 2020年5月4日. 2020年5月4日閲覧。 例外として、2002年〜2004年、2013年、2019年は第1日曜日から始まっている。 また、2020年も東京オリンピックに配慮して第1日曜日から始める予定であった。 九州場所ではネット局であるとの共同で懸賞幕を製作した。 -2015年1月14日閲覧。 注釈 [ ]• (昭和33年)に制定された内規によると、大相撲の本場所の名称は、それぞれの場所が開催される月の名で表したものを正式名称としている。 これにによる開催年を冠して、例えば「一月場所」「七月場所」などのようにする(数字も正式には漢字表記)。 実際に、協会が発行する番付や・取組表・星取表などはすべてこの「〜月場所」という表記方で書かれている。 やなどの媒体では、近年を中心に内規通りの名称を用いているところがあるが、「春場所」「夏場所」など四季名や、「名古屋場所」「九州場所」など開催地名でのが広く用いられており、NHKのでは、「大相撲夏場所三日目」「大相撲九州場所千秋楽」などとタイトルテロップが用いられている。 外部リンク [ ]•

次の