男はつらいよ フーテンの寅。 男はつらいよ フーテンの寅 : 作品情報

寅さんが歩いた風景〜映画「男はつらいよ」ロケ地めぐり

男はつらいよ フーテンの寅

『男はつらいよ フーテンの寅』 『男はつらいよ フーテンの寅』は、1970年公開のコメディ映画。 監督は森崎東。 脚本に山田洋次。 主演は渥美清、倍賞千恵子、前田吟。 マドンナ役に新珠三千代。 あらすじとしては、「自分のお見合いをパーにした寅次郎が、湯の山温泉に住み込みで働いていた。 その理由は、一目惚れしたマドンナを見ていたいからだった」という物語である。 葛飾は柴又で団子屋を営んでいる「とらや」夫婦。 そこに、隣の工場長が駆け込んでくる。 寅次郎に縁談話が持ち上がっていて、肝心の寅次郎がいないんじゃ…という話になっていた。 そこへ、一本の電話が入ってくる。 電話はなんと、偶然にも寅次郎からだった。 「今どこへいるんだい?」と聞くおじちゃん。 すると、電話の向こうでどこにいるかをぼやかす寅次郎。 「あ、ほら、店の前に客が来てるよ!」 と諭す寅次郎。 「あ、ほんとだ。 ほら、客来てるぞ」とおばちゃんに伝えるおじちゃん。 そこへやってくる寅次郎。 すぐそこの公衆電話で電話をかけていたのだった。 その夜。 寅次郎へ縁談話が来ていることを伝えるひろし。 寅次郎は、俺は女性に高望みはしてないとは言いつつも、あれやこれやと注文が増えるのだった。 そしてお見合い当日。 緊張した面持ちでお見合いに臨む寅次郎。 そこへやってきたお見合い相手。 その相手は寅次郎の幼馴染で、さらに旦那持ちだった。 彼女は、旦那が浮気をしてしまったことに絶望して、身ごもりながらも逃げてきたという。 それを聞いた寅次郎は、その幼馴染と旦那との間をとりもち、2人のために宴会やハイヤーまでもを用意した。 その費用は全て「とらや」宛となり、もちろんおじちゃんおばちゃんはカンカン。 ついにはひろしも怒り、寅次郎と決闘してあえなく寅次郎は敗北。 すぐに柴又を後にするのだった。 そして一月後。 とらや夫婦が湯の山温泉へ旅行へ出かけるという。 湯の山温泉について一息築こうとするも、コタツの電源がつかない。 女中さんに「コタツがつかないんです」と話すと、「今から修理をしてくれる番頭さんをお呼びしますね」と言い、さらにはその番頭が「宿の女将さんに惚れて住み込んでいる」という小話まで教えてくれた。 そして女中さんは、 「とらさーん!!」 と大声で叫び、その番頭を呼ぶ。 悪い予感がしたとらや夫婦は、番頭としてやってきた寅次郎に背を向けながら、コタツ修理を待っていたのだった。 『男はつらいよ フーテンの寅』は、いつもとは趣向が違う作品だった というわけで『男はつらいよ フーテンの寅』を観終わった。 まず最初の感想としては、 「なんか、いつもとは趣向が違うな…」 と思った。 それもそのはず、まず監督が山田洋次ではなく森崎東となっていた。 なるほど、だからいつもの寅さんよりこう…若干違うんだなと…。 いや、寅さんはいつもの寅さんなんだけど、まず今作は妹であり「男はつらいよ」での真のマドンナでもあるさくらの出番が少ない。 おじちゃんおばちゃん、そしてひろしはまぁまぁ出てくるんだけれど、さくらの出番がめちゃくちゃ少ないのだ。 これがまずいつもと趣向が違うな…と思った点。 そして、今作では2つのカップルが出来上がる。 女将さんの弟カップル。 そして女将さんカップルである。 だいたいの場合、寅さんがマドンナに片思いして振られる…というのが定番パターンである。 今作もその定番は守られているんだけれど、今作は、 「マドンナとその相手がイチャついているところを、寅さんは一度も見ていない」 というスタンスが取られている。 ベテランの女中さんが、たとえ話で寅さんに「あんたの片思いは終わってるんだよ」ということを伝えるシーンが印象的だが、その点もいつもの「男はつらいよ」と趣向が違うな…と思った。 別に趣向が違うからといってつまらないわけではないし、今作も今作で面白かったのは事実である。 白黒テレビと、カラーテレビと 『男はつらいよ フーテンの寅』で個人的に印象的だな…と思ったのが、最後の大晦日から正月に入るシーンで、とらやのテレビとマドンナ&大学先生宅のテレビが違うところである。 とらやの方は白黒テレビ。 マドンナ宅はカラーテレビである。 1970年ということで、まだまだ庶民にとってはカラーテレビよりも白黒テレビが主流だった時代なのだろう。 あのシーンでは、マドンナが庶民とは違う生活に足を踏み入れた…というのが見て取れる。 テレビのシーンの後、寅さんは船に乗って、乗客を楽しませているのもまた、心に響くものがある。 マドンナは、大学の先生と結婚し、豪華で何の不自由もない生活を送ることになるだろう。 もし、寅さんと一緒になっていたら、カラーテレビは見れないどころか、もしかすると結婚生活までもうまくはいかないだろう。 旅に行きたいという欲求が溢れてしまい、女房子供をほっぽってすぐに旅へ出かけたくなる性分のはずだ。 そういう点も考えて見てみると、最後のシーンは現実を突きつけられた感覚を覚える…そんな、ちょっと暗い気持ちになるシーンなのではないか…と思った。 人情よりも、ドタバタコメディ感 『男はつらいよ フーテンの寅』は、どちらかというと人情要素よりもコメディ感が強い作品だと思う。 それこそ、先述した「マドンナに相手がいることを知るシーン」などがその典型ではないだろうか。 寅さん1人だけが、「マドンナに相手がいる」ということを知らないでいる。 あの奇妙さはコメディならではのものだ。 しかし、人情チックというよりはコメディチック。 言うなればコントとでも言えようか。 また、マドンナ、染ちゃん、信夫、寅さんでコタツを囲んでいる時のシーンなどもギャグ要素が出てくる。 人情劇というよりも、コメディ要素が強い映画だな…。 そんな印象を持った。 『男はつらいよ フーテンの寅』を総合評価するなら? 『男はつらいよ フーテンの寅』を総合評価するなら、星5中の星4評価である。 全体として面白いし、などに比べると笑いの要素が強い。 それはそれで良い味を出しているし、今作では寅さんがいかに他人思いの良いやつなのか…というのもよくわかる。 とらや夫婦からすればたまったものではないけど笑。 面白い要素はたくさんあるけれど、ぶっちゃけ途中でダレてしまうシーンもあったりするので、星1つ下げて星4評価とさせていただく。 『男はつらいよ フーテンの寅』はどんな人にオススメ? 『男はつらいよ フーテンの寅』は、今作だけ見ても普通に面白いので、男はつらいよシリーズに興味がある人はこの作品から見ても全然問題ないと思われる。 もちろん、個人的にはから見て欲しい気はするけれども、この作品はまとまりがよくて笑えるので、むしろこっちから見た方が良いかもしれない。 終わりに 『男はつらいよ フーテンの寅』についてレビューしてきた。 余談だが、今作で登場する湯の山温泉とは、どうやら三重県にあるらしい。 また、調べてみると広島にもあるみたいで、やっぱり男はつらいよシリーズでは西の方に行くクセみたいなものがあるようだ…笑。 それにしても、旅館にバスでついた時、あんな風に…優勝旗みたいなものでお出迎えしていたんだなぁ…と時代を感じた。 男はつらいよシリーズは、当時の生活感みたいなものを垣間見れるので、その点もまた面白いところである。

次の

男はつらいよ フーテンの寅 : 作品情報

男はつらいよ フーテンの寅

140文字による一言寸評と、1000文字による評論を掲載。 作品鑑賞のガイドとして、また、かつて観た作品の内容を思い出したい時などにご覧ください。 第1作• 第2作• 第3作• 第4作• 第5作• 第6作• 第7作• 第8作• 第9作• 第10作• 第11作• 第12作• 第13作• 第14作• 第15作• 第16作• 第17作• 第18作• 第19作• 第20作• 第21作• 第22作• 第23作• 第24作• 第25作• 第26作• 第27作• 第28作• 第29作• 第30作• 第31作• 第32作• 第33作• 第34作• 第35作• 第36作• 番外篇• 第37作• 第38作• 第39作• 第40作• 第41作• 第42作• 第43作• 第44作• 第45作• 第46作• 第47作• 第48作• 番外編• 第49作• 番外編.

次の

男はつらいよ フーテンの寅

男はつらいよ フーテンの寅

あらすじ [ ] 旅先で病気になってしまい、宿の女中(悠木千帆)に親兄弟があるのか心配された寅次郎は、とらやの人びとの写真を見せ、ついさくらを「奥さん」、満男を「自分の赤ちゃん」、おばちゃん・おいちゃんを「おふくろとおやじ」と見栄を張ってしまう。 久々に故郷柴又に帰ってきた寅次郎を見合い話が待っていた。 本人もすっかりその気になったが、相手の駒子(春川ますみ)は寅次郎と旧知の仲であり、しかも旦那持ちであった。 寅次郎は、駒子の妊娠も知らずに旦那が浮気したと聞くや、二人の仲を取り持つために一肌脱ぐ。 しかし、二人のための結婚式や新婚旅行まがいの宴会やハイヤーの代金をとらやに請求したことが原因で、おいちゃんと大ゲンカしてしまい、いたたまれなくなった寅次郎は再び旅に出る。 旅先の伊勢・で腹を下した寅次郎は、便所を借りに温泉宿・もみじ荘に入り浸り、そこの女将・お志津(新珠三千代)の同情を買って宿に泊めてもらう。 未亡人のお志津に惚れ込んた寅次郎は、宿代がないことを理由にもみじ荘に居着くようになり、住み込みの番頭として一生懸命働く。 お志津の弟・信夫(河原崎建三)となじみの芸者・染奴(香山美子)との仲を取り持つことに奔走して、お志津に感謝され、お志津の小さな女の子を可愛がるあまり風邪を引いて、お志津に看病してもらって、寅次郎は有頂天になる。 しかし、寅次郎の知らないところで、お志津には再婚を考えている相手がいたのだった。 とらやでは、年越しに駒子ら夫婦を招き、新年の門出を祝う。 ちょうど見ていたテレビで、霧島神宮で啖呵売をしていた寅次郎が取材される。 正月を家でこたつに入って祝えず、自分に子どもがいるかのように振る舞い、お志津に向けて呼びかけるような寅次郎の様子を見て、とらやの人びとは涙ぐむ。 しかし、寅次郎は、伊勢で恥をかいて悲しい思いをしたばかりとは思えないほど、桜島の見える船の中で笑いを振りまくのであった。 概要 [ ]• 今回は前作に代わって山田洋次から『時代屋の女房』、『美味しんぼ』などのが監督している。 山田は本作はもういいと思っており脚本のみ書いている。 源公は、本作ではとらやの従業員になっている。 さくら役の倍賞千恵子の出番は非常に少ない。 おいちゃん・おばちゃんが湯の山温泉を訪れた際、寅次郎が働いている宿に泊まり、寅と出会う(さらにマドンナのお志津の存在を知る)という設定になっている。 お志津がとらやを一度も訪れていないことも含め、旅先の寅次郎が中心の話になっている。 劇中ではの設定で年が1969年から1970年に変わる。 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:、、• 音楽: 配役 [ ]• 車寅次郎:• お志津:• 諏訪さくら:• 染奴:• 車竜造:• 車つね:• 諏訪博:• 信夫:• 駒子:• 源吉:• 梅太郎:• 御前様:• 清太郎(染奴の父):• 徳爺:• 信州の旅館の仲居:• お澄:• 為吉(駒子の夫):• 茂造(為吉の兄):• 千代:• 吉井: ロケ地 [ ]• ()、()、、。 記録 [ ]• 観客動員:52万6000人• 配給収入:1億3000万円 受賞 [ ]• 第21回新人賞/• 同・文部大臣賞/ 脚注 [ ] [].

次の