コバエ 取り 手作り。 コバエホイホイを手作りしたら凄い事に・・・。買う必要はなくなりました。

効果抜群のコバエ取りをしょう油と洗剤で自作!コバエの簡単トラップを試してみた

コバエ 取り 手作り

用意するもの• ワイン(りんごジュースやりんご酢でもよい)• 台所用洗剤(合成洗剤)• ガムテープ(セロテープでもよい)• カッター• はさみ 作り方 STEP1:ペットボトルを切る カッターで切り込みを入れて、そこからはさみでペットボトルを切ります。 小さいほうが効果があるようなので、底から7〜8センチのところで。 ペットボトルの口側は、さかさまに挿して、口が底から2〜3センチくらいあくように切ります。 STEP2:口をガムテープで小さくする 縦に半分に切ったガムテープを「T」の字に組み合わせます。 それを使って、ペットボトルの口を小さくします。 べたべたした面が残ると、そこにコバエが張り付きますので、ガムテープ同士がくっついているところが口のところにかかるようにして、粘着面でペットボトルの口のところに固定します。 余った部分は切り落とすなり、ほかのところにくっつけるなりして処理しましょう。 STEP3:ワインと洗剤を入れて、上半分を逆さに挿す ワインを1〜2センチそそいで、台所用の洗剤を数滴入れます。 上半分を逆さまに挿して完成です! おわりに ハエによって、好むものが違うようです。 発酵食品や果物が好きなようですので、思ったように取れないときにはエサを変えてみてください。 ワインは白でも赤でもいいのですが、私は集まったハエを見たくなくて、少しでも目立たないように赤を愛用しています。 いなくなったなと思っても、10〜15日くらいは置いておいたほうがよいようです。 image by 筆者.

次の

「めんつゆトラップ」だけじゃない!うっとおしいコバエを殲滅する方法

コバエ 取り 手作り

特に暑い時期になると、どこからともなく湧いてくるコバエ。 なんとかしたいですよね。 そこで、出番なのが「コバエ取り」です!昔ながらの天井から吊るす粘着テープにかわって、最近では置いて集めるタイプが人気。 KINCHOやアース製薬、フマキラーなどのメーカーから、工夫された使いやすい商品が続々登場しており、種類豊富です。 しかしながら、よく似た商品が販売されているので、どれを選べば良いのか迷ってしまうという方も多いようです。 効き目や使いやすさは違うの…?と、気になりますよね。 そこで今回は、商品選びのポイントとあわせて、Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどの通販で人気の商品をランキング方式でご紹介したいと思います。 ぜひ最後まで、読んでみてくださいね。 より効果的にコバエを捕まえるためには、どうすれば良いのでしょうか?コバエにも種類があるので、発生しているのはどのような種類かを見極めて、それに適したコバエ取りを使いましょう。 コバエの種類によって、効果的な誘引剤が異なるので、合わなければあまり効果がなく、寄って来ないことが多くなってしまうからです。 一般的に台所やゴミ箱に発生するのは、目が赤いショウジョウバエや丸い背中のノミバエです。 置くタイプや天井の粘着テープは、こちらをターゲットとしていて、これらが好むニオイを発散させています。 また、浴室やトイレにいる羽根が大きい種類は、チョウバエと言います。 効果的な駆除方法は、排水周りをこまめに掃除すること。 チョウバエ専用のスプレーも販売されています。 また、朽ちた木材などにいるのがキノコバエ。 よくプランターにいるのはこの種類になります。 これに対しては、園芸用のハエ取り棒を使いましょう。 コバエと言ってもいろいろな種類があり、それぞれ違った生態を持っています。 効果的に駆除したいなら、生態を知って、それに合った商品を使ってくださいね! キンチョーのコバエがポットンは、 自然界の仕組みとコバエの習性を徹底的に研究して作られているのが特徴。 駆除剤にはコバエを誘い込んで受粉するテンナンショウの香り成分を配合し、本体にはコバエが好きなオレンジ色のカラーと、 落とし穴式の 食虫植物をヒントにリーディングエッジ構造を採用。 香りにつられて段差に止まったコバエがリーディングエッジを伝って穴に歩いて行き、中に落ちてしまうという、 視覚と香りの両方からアプローチする仕組みです。 容器内部にはコバエの好きな香りと成分を染み込ませたとろり保湿マットをセット。 マットとカバーのすき間に入り込んだコバエは有効成分によってノックダウンします。 コバエが好む赤色と紹興酒・酢の香りで強力に誘引します。 先がとがった独特の形の容器は、先端に止まりたがるコバエの習性を応用。 コバエが歩きたくなる誘導路仕様で、隙間からどんどん中に誘導します。 内部には角切りゼリーが入っており、もぐらせることで殺虫する仕組み。 ゼリーは高保湿性で乾燥に強く、最後まで安定した効果が持続します。 果物や野菜などの生ゴミに発生する目が赤いショウジョウバエと素早く走り回る黒いノミバエをしっかり駆除してくれますよ。

次の

コバエ用めんつゆトラップの作り方を写真つきで解説!洗剤の入れすぎは注意|ionadev.ionagroup.com

コバエ 取り 手作り

暖かくなってくると増えるのが「虫」です。 特に発生するとうっとうしいのがコバエでしょう。 ちょっと台所を放っておくとすぐに発生してしまったりするので、困っている人も意外と多いのではないでしょうか。 そこで今回は、発生させないためにはどうすればいいのか、発生したときの対策などをまとめてみました。 小さいハエの総称です。 意外と知らない人も多いでしょう。 このコバエとされているハエの中で代表的なものは以下の4種類になります。 赤い目が特徴の体長2ミリほどのハエです。 生ゴミの中でもアルコール発酵する果物に多く発生し、他にも酒や酢も好みます。 産卵から10日と短いサイクルで羽化し、放っておくと大量発生します。 体長は2ミリほど。 黄褐色でノミのような丸い体をしています。 生ゴミや腐った植物、排水溝などさまざまな場所に発生し、食品にも卵を産み付けることがあります。 こちらも体長は2ミリほど。 ハエというよりも「蚊」のようなやや細長い体が特徴です。 台所ではなく、例えば観葉植物などが置いてある家庭に発生しやすいようです。 他の3種よりもやや大きく、体長は5ミリほどです。 水があるところに発生し、家庭では排水溝のある台所やお風呂場などに発生します。 この中で一番発生しやすいのが「ショウジョウバエ」と「ノミバエ」です。 では、発生させないためにはどういったことに気を付けるといいのでしょうか? コバエを発生させないためのポイントをまとめてみました。

次の