目元 整形。 目の下(下瞼)たるみ取り : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

ライク整形外科の魅力を最大限にアップさせる目整形の提案!

目元 整形

二重まぶたの部分切開を受けましたが、切除法や縫い合わせ法についてわかりやすく説明してくれました。 希望に応じたラインのデザインにこだわっていて、妥協をしない先生なので、理想通りに仕上がります。 二重まぶたや目元の整形は、美容整形メニューの中でも最も人気がある施術です。 どのクリニックでも施術が可能なだけに、クリニック選びには悩んでしまいますね。 次に美容外科を選ぶ際の注意点をまとめました。 トラブルの可能性についても考える 近年は、メスを使用する方法以外に、埋没法など手軽に受けられるプチ整形の人気が高くなっています。 また、技術も進歩してきているため、従来に比べてトラブルも少なくなってきていますが、それでも目元の整形でトラブルの報告があります。 特に、まぶたを切開した場合、術後の腫れが酷い、目に違和感があるという報告は数多くあります。 料金が相場より極端に安いクリニックで施術を受けると、さまざまな名目で料金が追加され、結局高額な請求をされるというトラブルは後を絶ちません。 埋没法の場合、2点、3点と留める部位が多くなるとその分だけ料金が上乗せされますが、そのことについて説明のないクリニックもあります。 また、すぐに糸が外れてしまうケースも良く聞きます。 このようなトラブルは、カウンセリング時にきちんとした説明がなかったり、医師の技術不足が原因となっていることが多いです。 事前にトラブルを防ぐには、 カウンセリングの際に、手術のデメリット、ダウンタイム、料金、アフターケアや保証についてしっかり確認することが大切。 こちらの質問に対して明確な回答が得られない場合、そのクリニックでの施術は見送った方が賢明です。 美容外科の選び方 現在はインターネットでクリニックの情報を簡単に調べることができますが、1人ひとりまぶたの状態は異なるため、適した手術も異なります。 また、医師との相性もあるでしょう。 そのため、 クリニックのホームページで実績や施術法について調べるようにしてください。 二重整形にはさまざまな施術方法があるため、口コミを参考に、どのようなまぶたの状態の人がどのような施術を受け、どのような結果を得られたのかを調べておくと安心ですね。 医師選びのポイント クリニックのサイトでは医師の実績や経歴も確認を。 医師の紹介がないクリニックは避けた方が無難です。 また、医師の所属も調べ、 日本美容外科学会に所属している医師を選ぶようにしましょう。 日本美容外科学会は2種類ありますが、いずれの学会にも所属していない医師の施術は受けない方が賢明。 過去の経歴から、医師の得意な施術を判断できる場合もあります。 医師を選んだら実際にカウンセリングを受けて相談を。 その際に、自分の希望をきちんと伝えると、最適の施術を紹介してくれるはずです。 デメリットや術後のダウンタイムについても確認を忘れずに。 目元の整形の場合、時間とともに状態が変化することもありますので、アフターフォローについても確認しておくこと。 それから、自分の理想に近い結果を得たいのであれば、カウンセリングと施術を同一の医師が行っているところを選ぶようにしましょう。 失敗が許されない二重手術。 専門性と実績が豊富な名医に執刀してもらいたいですね。 下記のサイトでは、福岡エリアの名医が所属するクリニックを紹介されています。 是非参考にしてみてください。 もしも失敗したら 「糸がとれてしまった」、「手術後、腫れが収まらない」といった失敗がないわけではありません。 そんな時は修正をお願いする必要がありますが、決して手術したクリニックで行わなくてもよいのです。 むしろ修正こそさらに評判の先生に依頼する必要があります。

次の

目元・二重整形で評判の福岡美容外科ランキング

目元 整形

埋没法は、特殊な医療用の糸をまぶたの裏側から入れて持ち上げる施術です。 持ち上がったまぶたが二段になることで二重まぶたになります。 結び目は内側に作るため、 表面からは手術を受けたことが分かりません。 マリアクリニックでは、自然な二重を作りやすい2点留め(2箇所を糸でくくる方法)を主に採用しています。 ご希望の際はさらに強力に固定する4点留めも行っています。 また、埋没法は簡単に元に戻せることも特徴の一つです。 当院でも手術後にラインが気に入らなかったり、糸がきれてしまった場合は、3ヶ月以内でしたら 保証期間として再手術が可能です。 埋没法は 上まぶたに余分な脂肪やたるみがない方に適しています。 手術時間は 両まぶたで10分程度・術後の 腫れが少ない・切らないので 傷跡が目立たないという点から、初めて美容整形を受ける方や大掛かりな施術に不安がある方におすすめです。 埋没法のメリット・デメリット 切開法とは、まぶたを切開して縫い合わせることでしっかりとした二重ラインを作る手術です。 永久的に二重ラインの維持ができることが特徴です。 作りたい二重ラインに沿って切開するため、 術後の傷跡は二重の溝に埋まり目立ちません。 切開すると同時に余分な脂肪や組織も取り除くこともできます。 マリアクリニックでは、まぶたの中央の一部を切開する「 部分切開」と広域を切開する「 全切開」があります。 元のまぶたの状態や、ご希望の二重ラインによって適している術式は異なります。 術後数日~一週間程度で抜糸の必要があります。 以前に埋没法で作った二重ラインが元に戻ってしまった方やまぶたが厚い方、くっきりした平行二重にしたい方におすすめです。 切開法のメリット・デメリット 二重整形はどちらかというと目の縦幅を強調する目的ですが、目頭・目尻切開は目の横幅を広げる手術です。 目を内側に大きくしたい、目の距離を近づけたい場合は、 目頭切開を行います。 日本人などの黄色人種は、上まぶたが目頭を覆っている「蒙古襞(もうこひだ)」がある方が多いです。 写真のように目頭側の眼球の横にピンクの部分がしっかり見えている状態が蒙古襞がない状態です。 目頭切開ではこのひだを切開し、欧米人風の目頭にします。 また、反対に 目を外側に大きくしたい、たれ目やつり目を改善したい場合は 目尻切開で対応します。 目尻を切開し外側に広げるため、切れ長な印象になります。 二重整形と合わせることで、より目を大きく見せることができる施術です。 目頭・目尻の切開のメリット・デメリット 「目が開きにくい」「まぶたが重い感じがする」という症状は眼瞼下垂の疑いがあります。 特に元々あった二重が狭くなっている場合や正面から目を開いた状態で眼球にまぶたが覆いかぶさっている状態は要注意です。 軽度の眼瞼下垂の場合は、二重整形と同じ要領で改善が見られます。 しかし、中~重度の眼瞼下垂の場合、皮膚のたるみを取り除くだけではなく、まぶたを開くための筋肉の収縮を修復する必要があるため、眼瞼下垂法が必要となります。 美容外科だけではなく眼科でも対応ができますが、マリアクリニックでは症状の改善だけではなく、目元のお悩みを総合的に解消できますよう丁寧にカウンセリングさせていただきます。 眼瞼下垂法のメリット・デメリット まぶたの皮膚はデリケートなため、アイプチによって様々な弊害が起こります。 アイプチは汗に強く、簡単には取れないように強い粘着力があります。 これは同時に落としにくさに繋がるため、メークを落とす時にまぶたを擦ってしまい、皮膚を傷つけてしまいます。 また、不自然な状態でまぶたを固定するため、まぶたを閉じるときに引きつりが生じます。 まばたきがしづらくなることで目が乾燥したり、またその不自然さ故にアイプチだとバレてしまったりもします。 こうした状況が続くと、若い方でもまぶたのたるみが発生しまうことになりかねません。 デリケートなまぶたの皮膚に刺激を与え続けると、赤く腫れて結果としてアイプチを行う以前よりも腫れぼったい目元になることも考えられます。 目そのものの健康にまで影響を及ぼしてしまうため、アイプチの長期間の使用はおすすめできるものではありません。 アイプチが手放せない方は、二重整形をすることで、デリケートなまぶたを守り将来のたるみを防ぐことができるというメリットもあります。 埋没法のみやり直しが可能です。 二重整形に限らず、マリアクリニックでは施術前に十分にカウンセリングを行い、ご希望をヒアリングいたします。 いざ治療が完了した際に「イメージと違った」「どうしてもここを治したい」ということがないように、十分に配慮して丁寧な治療をいたします。 埋没法の場合は、3か月間の保証期間がございますので、やり直すことも可能です。 切開系の施術の場合はさらに切り取ることや除去することは場合によって可能ですが、元に戻すことはできませんのでご注意ください。 目元の整形に関しては、術後の腫れが目立ちやすい部位のため、二重幅が広いように見えても徐々に落ち着いていきます。 ご不安な点は何でもご相談くださいね。

次の

二重(ふたえ)・目もと(目元)・眼瞼 : 美容整形の高須クリニック

目元 整形

埋没法は、特殊な医療用の糸をまぶたの裏側から入れて持ち上げる施術です。 持ち上がったまぶたが二段になることで二重まぶたになります。 結び目は内側に作るため、 表面からは手術を受けたことが分かりません。 マリアクリニックでは、自然な二重を作りやすい2点留め(2箇所を糸でくくる方法)を主に採用しています。 ご希望の際はさらに強力に固定する4点留めも行っています。 また、埋没法は簡単に元に戻せることも特徴の一つです。 当院でも手術後にラインが気に入らなかったり、糸がきれてしまった場合は、3ヶ月以内でしたら 保証期間として再手術が可能です。 埋没法は 上まぶたに余分な脂肪やたるみがない方に適しています。 手術時間は 両まぶたで10分程度・術後の 腫れが少ない・切らないので 傷跡が目立たないという点から、初めて美容整形を受ける方や大掛かりな施術に不安がある方におすすめです。 埋没法のメリット・デメリット 切開法とは、まぶたを切開して縫い合わせることでしっかりとした二重ラインを作る手術です。 永久的に二重ラインの維持ができることが特徴です。 作りたい二重ラインに沿って切開するため、 術後の傷跡は二重の溝に埋まり目立ちません。 切開すると同時に余分な脂肪や組織も取り除くこともできます。 マリアクリニックでは、まぶたの中央の一部を切開する「 部分切開」と広域を切開する「 全切開」があります。 元のまぶたの状態や、ご希望の二重ラインによって適している術式は異なります。 術後数日~一週間程度で抜糸の必要があります。 以前に埋没法で作った二重ラインが元に戻ってしまった方やまぶたが厚い方、くっきりした平行二重にしたい方におすすめです。 切開法のメリット・デメリット 二重整形はどちらかというと目の縦幅を強調する目的ですが、目頭・目尻切開は目の横幅を広げる手術です。 目を内側に大きくしたい、目の距離を近づけたい場合は、 目頭切開を行います。 日本人などの黄色人種は、上まぶたが目頭を覆っている「蒙古襞(もうこひだ)」がある方が多いです。 写真のように目頭側の眼球の横にピンクの部分がしっかり見えている状態が蒙古襞がない状態です。 目頭切開ではこのひだを切開し、欧米人風の目頭にします。 また、反対に 目を外側に大きくしたい、たれ目やつり目を改善したい場合は 目尻切開で対応します。 目尻を切開し外側に広げるため、切れ長な印象になります。 二重整形と合わせることで、より目を大きく見せることができる施術です。 目頭・目尻の切開のメリット・デメリット 「目が開きにくい」「まぶたが重い感じがする」という症状は眼瞼下垂の疑いがあります。 特に元々あった二重が狭くなっている場合や正面から目を開いた状態で眼球にまぶたが覆いかぶさっている状態は要注意です。 軽度の眼瞼下垂の場合は、二重整形と同じ要領で改善が見られます。 しかし、中~重度の眼瞼下垂の場合、皮膚のたるみを取り除くだけではなく、まぶたを開くための筋肉の収縮を修復する必要があるため、眼瞼下垂法が必要となります。 美容外科だけではなく眼科でも対応ができますが、マリアクリニックでは症状の改善だけではなく、目元のお悩みを総合的に解消できますよう丁寧にカウンセリングさせていただきます。 眼瞼下垂法のメリット・デメリット まぶたの皮膚はデリケートなため、アイプチによって様々な弊害が起こります。 アイプチは汗に強く、簡単には取れないように強い粘着力があります。 これは同時に落としにくさに繋がるため、メークを落とす時にまぶたを擦ってしまい、皮膚を傷つけてしまいます。 また、不自然な状態でまぶたを固定するため、まぶたを閉じるときに引きつりが生じます。 まばたきがしづらくなることで目が乾燥したり、またその不自然さ故にアイプチだとバレてしまったりもします。 こうした状況が続くと、若い方でもまぶたのたるみが発生しまうことになりかねません。 デリケートなまぶたの皮膚に刺激を与え続けると、赤く腫れて結果としてアイプチを行う以前よりも腫れぼったい目元になることも考えられます。 目そのものの健康にまで影響を及ぼしてしまうため、アイプチの長期間の使用はおすすめできるものではありません。 アイプチが手放せない方は、二重整形をすることで、デリケートなまぶたを守り将来のたるみを防ぐことができるというメリットもあります。 埋没法のみやり直しが可能です。 二重整形に限らず、マリアクリニックでは施術前に十分にカウンセリングを行い、ご希望をヒアリングいたします。 いざ治療が完了した際に「イメージと違った」「どうしてもここを治したい」ということがないように、十分に配慮して丁寧な治療をいたします。 埋没法の場合は、3か月間の保証期間がございますので、やり直すことも可能です。 切開系の施術の場合はさらに切り取ることや除去することは場合によって可能ですが、元に戻すことはできませんのでご注意ください。 目元の整形に関しては、術後の腫れが目立ちやすい部位のため、二重幅が広いように見えても徐々に落ち着いていきます。 ご不安な点は何でもご相談くださいね。

次の