ムウマージ デッキ。 ヨワシGX×ムウマージ デッキ

《アーゴヨン&アクジキングGX》デッキの特徴・優勝デッキレシピ【ポケカ】

ムウマージ デッキ

皆さんどうもこんにちは! 「第2回 ポケモン企業対抗戦」において、カードゲーム部門の優勝チームリーダーを勤めましたひろあきです! チャンピオンズリーグ2020東京にて新しいルール、レギュレーションが発表されたので、早速友人と新環境で遊んでいます。 このデッキを制作する上で対戦したデッキも同じく現状のカードプールから思考し、制作したデッキになります。 完成度としては悪くないと思っていますが、強いデッキではなく、あくまで新ルール、レギュレーションに慣れるための構築です。 今後の追加カードによっては、デッキの内容が大きく変わる可能性がありますのでご容赦ください。 また、今回レシピ部分のみ有料となっておりますので、それ以外の情報に関しては無料で閲覧可能です。 レシピはご興味のある方のみご購入ください。 - デッキのキーカード - レッド&グリーンを使ってエネルギーが2つ付いたマニューラGXを場に立てることがこのデッキの重要コンボです! このコンボで加速したエネルギーを主軸となるポケモンに特性で移動することで、2ターン目から強力なワザを使うことが可能になります。 特性と「マオ&スイレン」を合わせて180ダメージを回復しつつ、「マニューラGX」の特性でエネルギーは後続に移し替える動きも強力です。 「ムウマージ」で敢えて相手にサイドを取らせつつドロー加速することで、「ビーストリング」を回収しつつ、早い段階で使用しエネルギーを場に貯める動きも強力です。 後攻1ターン目にGXワザを使うことで、2ターンに渡り相手のサポートを止めることができます。 (先行はサポートが使えないルールに変更になったため) GXワザを使ってしまうものの、後攻でも安心してベンチを育てられるので、かなり強力なムーブと言えるでしょう。 また、後攻の時に「ニューラ」でスタートした場合、ワザで相手のエネルギーを破壊することができます。 二つ目に、ムウマージの特性で相手にサイドを取らせ、早々に「ビーストリング」を使用し「アーゴヨン&アクジキングGX」へエネルギー加速する役割も担っています。 新レギュにはネストボールがないので、現状ではほぼ必須パーツと言えるでしょう。 このデッキのエンジンコンボパーツです。 新レギュでは「グズマ」や「ポケモンいれかえ」が使えない為、単純に入れ替えカードとしても重要なカードになります。 - デッキの動かし方 - - 初手のバトル場 - ・良い(アゴアクジ、ブラダク、ニューラ、ムウマ) ・普通(デデンネGX) - 初ターン(先攻)- 「アーゴヨン&アクジキングGX」か「ブラッキー&ダークライGX」でスタートするのが理想です。 「ニューラ」や「ムウマ」でスタートしても悪くはないです。 先行はサポートが使えないため、デデンネGXを使って手札を回し、「ニューラ」と「ムウマ」をベンチに展開しましょう! - 初ターン(後攻)- 後攻の場合は「ブラッキー&ダークライGX」でスタートするのが超理想です。 「ニューラ」も良いですね。 「ブラッキー&ダークライGX」でスタートした場合は、惜しみなくGXワザを使い、相手に2ターンサポートを使わせない動きを目指します。 - 2ターン目以降〜終盤 - 「レッド&グリーン」を使って、エネルギーが2つ付いた「マニューラGX」を立て、特性で「アーゴヨン&アクジキングGX」か「ブラッキー&ダークライGX」へエネルギーを移動し、2ターン目からワザを使っていきます。 基本的にドローは「デデンネGX」「ムウマージ」で補いつつ、「こだわりメット」を弾けると文句のない耐久力になります。 こちらがワザでダメージを受けた場合は「マオ&スイレン」で回復しつつベンチへ下げ、エネルギーを後続へ付け替えて動きます。 - 最後に - この記事を最後まで読んでくれたみなさん、本当にありがとうございます!この記事の内容が良ければ、ハートマークのボタン「スキ」のクリックと、「フォロー」宜しくお願いいたします! この記事の質問や感想がございましたら、コメントしていただけましたら必ずご返信いたします。 それではまた次回お会いしましょう!ノシ - デッキレシピ (のみ有料)-.

次の

【大会優勝デッキ】カラマネロVMAX/ムウマージデッキレシピ 【ポケカ】

ムウマージ デッキ

エネルギー 16 1枚 1枚 基本炎エネルギー 14枚 ムウマージでビーストリングを無理やり起動するデッキ ムウマージのふしぎなことづけは、自分のポケモンをきぜつさせることで手札を7枚になるようにドローするカード。 一見すると相手にサイドをプレゼントするという、かなりのディスアドバンテージを抱えたドローカードのように見える。 しかしを無理やり起動させることができるため、相手の計算外からとんでもない火力を叩き出すことができる。 さらにムウマージそのものは自主退場するため、の使用をなんら阻害することなく味方のサポートを行える。 ブルーの探索は主にビーストリングのサーチや次のターンのブルーの探索に使う。 ムウマージがサイドを与えてしまうデメリットより、圧倒的に得られるメリットが勝っている構築となってしまいました。 ポケカに彗星のごとく登場した闇の石が強力 ダブルブレイズに登場した闇の石はムウマをムウマージに、まるでエナジーしんかイーブイのようにデッキから即進化させることができるカード。 このカードの登場がムウマージズガドーンの安定性を大幅に向上させている。 を使うことでムウマージは山札に戻しても問題がない。 理由は、闇の石を使ってムウマから山札のムウマージに進化することができるからである。 よって手札のムウマージをズガドーンGXとチェンジしても全く問題がない。 むしろは能動的に山札にムウマージを戻すことができるカードとして採用している。 カウンターキャッチャーの強化 は効果こそ強力であるものの、条件が不安定であったカード。 しかしこちらもムウマージを使用することで使いやすくなった。 カウンターキャッチャーの狙い目 狙い目はカメックスGXの場合はパワースコールカメックス。 準備途中のピカチュウ&ゼクロムGX、相手の戦略の肝となるゼラオラGX。 また後述で説明するカラマネロなども候補に入る。 カウンターエネルギーの採用 このデッキでカウンターエネルギーはには対応していないため一見すると突飛な採用に見えるかもしれない。 このカードの採用はムウマージをアタッカーにし、カウンターゲインと共にラフレシア等を突破するためにある。 ラフレシア対策 ラフレシアのにがにがかふんは相手のたねポケモンは「 ワザが使えない」ことであり、ウルトラフォレストのかみつかいでは突破することができない。 そこでムウマージにアタッカーも兼任させることでラフレシアを突破する案を今回は採用している。 もムウマージもそうなんですが、カウンターエネルギーを持たせると意外とアタッカーもやれることが最近わかりました。 とはいえラフレシアデッキではカウンターエネルギー1枚では若干心もとないところがある。 そのためラフレシアが多い環境であればカウンターエネルギーは2枚採用が望ましい可能性がある。 ウルトラネクロズマ対策 GXデッキにはほぼ無敵に近いデッキであるため、一見するとウルトラネクロズマGXデッキにも有利がとれると思われる。 しかしウルトラネクロズマはサカキの追放を獲得した。 このカードの登場により、カプ・テテフGXやなどをトラッシュに送りつつビートダウンを仕掛けてくる可能性がある。 ウルトラネクロズマGXを出さなくてもギラティナカラマネロで十分戦える実力があったが、今回のサカキの登場によりその戦略がさらに強くなったと言える。 ムウマージはギラティナには(ギラティナは悪弱点のため)抜群をとることができない。 しかしムウマージは カラマネロであれば一方的に抜群をとることができ、一撃で倒すことが可能。 一度でもムウマージで相手のポケモンを倒すことができれば、の負担は大幅に減る。 ズガドーンGX・ムウマージデッキの得意なデッキ GXデッキ全般(レシラム&リザードンGXを含む) 不利なデッキ(水タイプおよび非GX系デッキ全般).

次の

【ポケカ】先攻ハンデス特化型ムウマージ リセットスタンプ デッキと解説

ムウマージ デッキ

今回は新弾バトルでベロベルトを使用し見事優勝したうめうさぎ選手に大会で使用したべろべろババ抜きデッキを解説していただきました。 ムウマージでサイド枚数を調整して格闘道場・カウンターゲイン・マッシブーンを狙っていく。 キーカードの採用理由と使いかた ベロベルト ポケカ界のトリs… ベロベロらんぶでババ抜きができる! アドバンテージの塊 ベロリンガ 事故った時には進化せずどすこいドローでフォローできる時も かいじゅうマニア ベロリンガもベロベルトもまとめてサーチできる最重要カード 格闘道場 厄介な相手のスタジアムの張りかえが一番の仕事 闘エネさえついていればポケモンは闘タイプでなくとも良いので物足りなかったベロベルトの火力強化に ムウマ・ムウマージ 格闘道場・カウンターゲイン・マッシブーンのサイド調整に やみのいしのサーチ手段がなく、ミステリートレジャーで直接アクセスできるのでやみのいしは不採用 マーシャドー・リセットスタンプ ムウマージでサイドを引かせつつ、手札を減らしババ抜きの勝率アップ マーズ(不所持により採用できず) 持っていればリーリエと差し替え ムサシとコジロウと違ってこちらのリソースは増える&ランダムハンデスなので非常に強い。 げきりん一撃ゾーンが辛いのでマッシブーンで始末できるようサイドを調整しましょう。 フーパブラッキーはフーパを完封しながらムキムキパッドでかたきうちを耐えられる&マッシブーンで弱点をつけるので有利。 耐久型(LOやHAND)などルザミーネでひたすらサポート回すようなデッキはババ抜きで非常に有利に戦えます。 一方で フルドライブに到達されるとどうしようもないのでピカゼクは相手の事故祈り。 闘系は必要エネが少なめで弱点を突かれるので非常に不利。 ジラーチで簡単に立て直されるのでつらい。 ヤレユータンは天敵なので見たら絶望しましょう。 まとめ いかにババ抜きでキーカードを落とすかの運要素が強いですが、ハマったときは気持ち良いです。 対戦中はババ抜きで盛り上がった楽しいデッキです。 なお、泥仕合率は高めです。 ベロベルトが無色なので他のタイプとの組み合わせをもっと模索していきたいと思います。

次の