うぐいす季節。 しっとり甘納豆(うぐいす) / 200g

うぐいす餅の由来と食べられる時期をご紹介

うぐいす季節

うぐいす餅 うぐいすきな粉は、かなりの高級品です。 普通のきな粉の香りは香ばしいのに対し、甘く淡い香りが特徴です。 ほんの少しだけ鍋で熱を付けますと、工場中その甘い香りが立ち込めます。 それを、ハラハラふりかけまして完成です。 また、餅生地は、当店の得意技の羽二重餅です。 中餡は、半煮えの時に小豆の皮を剥いてしまう皮剥き餡です。 うぐいすきな粉の淡い風味を活かす為に、少し小豆に主張を抑えてもらいました。 外は寒さ一色ですが、家の中、ひときわ団欒の暖かな場で、春を感じて下さいませ。 こちらは、村中甘泉堂の本店のみでの販売となります。 消費期限が当日限りとなるため発送はできません。 ご了承くださいませ。 村中甘泉堂では1個140円(税込)でうぐいす餅を販売しております。

次の

鶯が鳴く時期!いつからいつまで?

うぐいす季節

もくじ• うぐいす餅を分かりやすく ・うぐいすの形をした和菓子。 ・ 豊臣 秀長が茶会のためにつくらせた。 ・天下統一をした 豊臣 秀吉が名付け親。 ・食べる時期は「梅が咲くころ」2月から3月。 うぐいす餅とは うぐいす餅とは、 うぐいすの形をした和菓子です。 餡(あん)を求肥(ぎゅうひ)などで包みます。 それを楕円形にして、うぐいすの形を表現しています。 最後に、うぐいす粉(青大豆からできたきな粉)をかけて仕上げています。 地域によっては、きな粉をかけるところもありますね。 うぐいす餅の由来 うぐいす餅の由来とは、1580年頃に 豊臣 秀長がつくらせました。 兄の 豊臣 秀吉を招いたお茶会で出すお菓子を、菊谷治兵衛につくらせました。 このお菓子を秀吉は気に入って、 「うぐいす餅」って名前をつけたんです。 その後に、 「城の口餅」という通称がつけられたみたいです。 お城の近くにお店を構えて、今も同じ場所にお店があるそうですよ。 豊臣 秀長とは、 「羽柴秀長」とも呼ばれてます。 お兄さんが 豊臣 秀吉で、天下統一のときに貢献しています。 優秀な、補佐役だったそうですよ。 スポンサーリンク 食べる時期 うぐいす餅を食べる時期は、 早春です。 梅の花が咲くころに鳴き始める、うぐいすの和菓子です。 うぐいすは、 春告鳥(はるつげどり)ともいわれていますよ。 早春とは 「春の初めのころ」という意味です。 一般的には、 2から3月くらいのことです。 うぐいす餅の作り方 うぐいす餅の作り方を紹介しますね。 こしあんは市販のものを使ってもいいし、手作りでもいいです。 白玉粉、砂糖、水を耐熱ボールに入れてレンチン。 うぐいす粉を求肥に混ぜ込む作り方もあります。 この場合は、求肥を作ったときに先にうぐいす粉を混ぜ込んで、上からきな粉をかけて完成です。 うぐいす粉は上からかけてもいいし、混ぜ込んでも大丈夫です。 自分の好きなうぐいす餅を作りましょう。 まとめ ということで、 うぐいす餅とはなに? 3分で由来や食べる時期、作り方を紹介しました。 ・うぐいすの形をしている和菓子。 ・うぐいす餅を食べる時期は、早春(梅が咲くころ)。 ・豊臣秀長がお茶会のためにつくらせて、秀吉が名付け親。 うぐいす餅に豊臣秀吉が関係していたなんて、初耳でしたね。 今年は、うぐいす餅を食べながら、早春を感じましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございます^^.

次の

うぐいす餅|食の歳時記・旬の味|暮らし歳時記

うぐいす季節

高齢者は季節・日付の感覚が鈍感になっていく・・・ 認知力の低下した高齢者は、 現在の日付や季節があやふや、わからなくなってしまいます。 デイサービスなどではまだ認知力が維持されている高齢者が多いので、日付などを聞くことはよいことだと思います。 しかし、個人的には認知力の低下した高齢者に、 日付や現在の季節を聞いて確認することはあまりおすすめしません。 認知力が低下した高齢者は、短期記憶能力が低下している方も多いのは事実です。 しかし、「みんなの前で答えて間違えて恥ずかしかった」という感情はいつまでも残っているものです。 そのような マイナスな経験を積んでしまうことで、今後様々なものに対する抵抗感を生み出してしまう可能性があります。 では、そのような高齢者に季節を感じていただくにはどうしたらよいでしょうか? その答えの 1つが今回紹介する 『壁画飾りレクリエーション』です。 季節ごとで壁画飾りを作り、変えていけば高齢者の目にも自然に入ってきます。 壁面飾りデザイン本(1年間を通して活用できるのでおすすめです) 【デイサービス】高齢者向け壁画レク!季節別、色んなデザインを紹介 今回は 春・夏・秋・冬の4種類の壁画飾りレクリエーションを紹介していきます。 また、梅の花は真っ赤であったりほんのり淡い赤であったりと色様々ですので、作る方も見る方も楽しくさせてくれますね。 もちろん本物の桜を見に行ければよいのですが、デイサービスでも雨などでいけなかった場合は、この桜野壁画飾りでお花見気分を味わいましょう。 他の飾りの引き立て役としても活躍してくれます。 余裕があれば五人囃子などお内裏様やお雛様以外の人物も作成していきましょう。 色んな色のちょうちょが舞っていると華やかな気分になります。 今回はそんなこいのぼりをたくさん作って壁飾りにしてみましょう。 施設内の壁を優雅に泳いでいるようですね。 実際の花火のように色をたくさん使えば、より華やかな壁画飾りになりますね。 太陽に向かって咲くこのヒマワリには力強さを感じます。 高齢者にもこのパワーを感じていただきましょう。 そんな夏祭りの屋台でも定番の 1つが、金魚すくいですね。 そのため金魚=夏の魚、というイメージの方も多いでしょう。 秋の哀愁漂う雰囲気を演出で来たらよいですね。 この時期の栗ご飯などはおいしくいただけますし、秋ならではの味覚ですね。 お米を育てるとなれば欠かせないのがかかしです。 この機会に皆さんの似顔絵を意識した壁飾りにも挑戦してみましょう。 本当に雪が降ると喜ぶのは子ども達だけかもしれませんが、冬といえば欠かせないもののひとつですね。 自宅では飾りをしたくても高齢の為できなくなった方もいらっしゃるともいますので、デイサービスで飾りを楽しんでいただきましょう。 ハートやチョコなどの飾りつけで演出していきましょう。 早いものは 12月から咲く品種もあるそうです。 これだと大人数の高齢者がいらっしゃるデイサービスではたくさんの壁画ができて、 お互いの出来上がりを楽しんでいただけるのではないでしょうか。 逆に少人数のデイサービスでは 1つずつ完成させることで、 長期間にわたったレクリエーションを楽しむことができます。 いろんな壁画飾りをみることで、高齢者の 目からの刺激と能の活性化をはかることができますので、季節別の壁画飾りは楽しく季節を感じることができるよいレクリエーションになるでしょう。 壁面飾りデザイン本Part2(こちらも1年間を通して活用できるのでおすすめ。

次の