きびなご から 揚げ。 きびなごの美味しい食べ方を教えて下さい!

キビナゴの旬の時期・季節はいつ?産地やどんな魚か、食べ方のおすすめも

きびなご から 揚げ

身が軟らかいので手開きにするのが良い。 まず、全体に塩を振り20~30分おいてから、サット水洗いして手開きにする。 獲れたてを刺身にして食べるのが一番美味しく、薬味には生姜が合う。 鹿児島では、手開きにして菊の花をかたどって並べた刺身「菊花造り」が有名。 天ぷらや唐揚げ、フライなどの揚げ物に向いており、丸ごと使うことも多い。 唐揚げにしたものをマリネにしても美味。 また、サットと煮付けても良いし、佃煮や甘露煮にすると日保ちも良くなる。 塩と薄口醤油で味付けした「すまし汁」はサッパリとした味わいであるし、酢の物にすれば、夏の涼しい一品となる。 一夜干ししたキビナゴを表面が少し焦げる程度に焼き、アツアツを食べると、脂もほんのり乗ってシシャモに似た味がする。 あまり焼きすぎないのがコツ。 「すき焼き」(種子島の郷土料理) 小鍋に醤油・ダシ・酒・味醂などで作った、少し 濃い目のタレを張り、熱したところに食べる分ず つキビナゴを入れる。 煮込まずにサッとくぐらす程度がよい。

次の

きびなごの刺身:美味しい食べ方と【画像付き】簡単な手開きの捌き方

きびなご から 揚げ

きびなご ・・・250g• 塩 ・・・少々• こしょう ・・・少々• 小麦粉 ・・・適量 作り方• きびなごは流水で水洗いして水気を切り、キッチンペーパーなどで水分をふき、塩、こしょうをふります。 ポリ袋にきびなごと小麦粉を入れ口を持って振って粉をまぶします。 揚げ油を中温にし、カリッとなるまで両面揚げて油を切り、器に盛ります。 キッチンメモ きびなごに粉をまぶしてカラッと揚げて、唐揚げにしました。 銀色に光る細くて小さなキビナゴ。 下ごしらえが簡単なので、買ってきてすぐに作ることができます。 頭つき、内臓も取る手間なしの簡単下処理です。 食べる時も、頭から丸ごと食べられるのでカルシウムがたっぷりとれます。 オリーブオイルで揚げると少なめの油でカラッと揚がりやすいですよ。 きびなごは鹿児島県が有名 きびなごは、鹿児島県の郷土の魚。 鹿児島県が選定する「かごしま旬のさかな」にも選ばれています。 きびなごの刺し身や唐揚げ、南蛮漬け等郷土料理として親しまれています。 スナック感覚でパクパク魚おやつ おやつで栄養補給。 小腹が空いた時のおやつどうしてますか? 甘くないおやつ、お魚のおやつはいかが。 唐揚げのお魚なら好きな子供さんも多いのでは? チキンナゲットやフライドポテト感覚でパクパク食べてくれるかも。 カルシウムやタンパク質も補給できます。 きびなごの唐揚げと同じ材料で作れるレシピ.

次の

冷凍の揚げ物は解凍せず揚げる?失敗しないフライの揚げ方やコツは?

きびなご から 揚げ

スポンサードリンク 冷凍フライは解凍せず凍ったまま揚げる? パン粉を付けた状態で 一旦冷凍庫に入れた揚げ物は 凍ったまま揚げるのが鉄則です。 なぜ解凍しないのか ちゃんと理由があるのでお伝えしておきますね。 まず一つ目の理由は 解凍してしまうとパン粉が水分を吸収してしまうからです。 どうしてパン粉が水分を含んでしまうとダメなの? と思うかもしれませんが 水分をパン粉が含んでしまうと 揚げるときにパンクして中身が飛び出してしまうこともあるし 油ハネの危険が高まるからです。 ただ油はねの危険については 解凍だけでなく、冷凍庫から揚げ物を出した時に 霜が付いている場合起こりやすいです。 そのためもし霜がフライ自体についているようであれば 凍った状態でも揚げる前に霜はよく落とすようにしてくださいね。 二つ目の理由は、 解凍すると、お肉やお魚からドリップが出てきてしまうからです。 ドリップが出てしまうと どうしても素材の味や風味が落ちてしまうんですよ。 それだけでなく、形崩れもしやすくなったり 油を吸収しすぎてしまったりすることもあります。 そのため一旦冷凍庫で保存した揚げ物は 解凍はせずに凍った状態のまま揚げるようにしてくださいね。 スポンサードリンク 冷凍したフライの上手な揚げ方は? さて、冷凍のフライものは凍った状態で揚げるのがベストと お伝えしたのですが、 通常の揚げ物と同じ要領で揚げると 中身が冷たいままだったとか 焦げてしまったという失敗もよく聞きます。 そこでどうしたら上手に冷凍のフライものを揚げられるのか 紹介していきますね。 1)油はたっぷり全体が浸るくらい使うこと 2)一度にたくさんのフライを入れすぎないこと 一気に大量のフライものを鍋やフライパンに入れてしまうと 油の温度が急激に下がり、 その結果として油ハネが起こりやすくなります。 そのため一度にたくさん揚げてしまいたい という気持ちは分かりますが 少量ずつ鍋に揚げ物を投入して揚げていくようにしましょう。 温度が高くなりすぎると 表面ばかり焦げてしまって中身はまだ冷たいまま ということが起きやすくなり、 逆に温度が低すぎると 爆発して中身が出てしまう原因になってしまうからです。 油の温度を保つためにも 揚げ物を入れると一旦は油の温度が下がってしまうので 火加減を少し強めにし30秒くらいおき また火を緩めるようにして油の温度調整をしてくださいね。 揚げ物の油の温度設定や測り方についてはに詳しくまとめましたので よかったら参考にしてくださいね。 4)揚げ始めは触らないこと 表面が衣が固まる前に菜箸などで触ってしまうと 中身が出てきてきたり、 お魚だと身がホロっと崩れてしまったりします。 揚げ始めはフライから泡が出ますが、 この泡が少なくなるまでは触らないようにしましょう。 冷凍揚げ物を少量の油で揚げるコツってあるの? 揚げ物はたっぷりの油を使って揚げるのが基本ですが、 油の量を節約して少量で揚げれるのもなら揚げたい! と思いますよね。 私も冷凍してないフライをあげるときは 大量に油を使わず、揚げ焼きのような感じで 揚げ物をあげることが多いので 出来れば揚げ物は少量の油で揚げたい派です。 そこで調べてみるとあったんですよ。 油がフライ全体が浸かる程ヒタヒタに使わないで 揚げ焼きスタンスで冷凍のフライを揚げる揚げ方。 それがなのですが、 この方法であれば、フライ全体が浸かるほど油を入れず フライが半分隠れるかな?くらいの少ない油で 冷凍フライを揚げることが出来ますよ。 それだけでなく 油の温度が上昇していくにつれて 自然と冷凍フライが解凍されていくので 油ハネしたり、中身が冷たいままだったというこも 避けられます。 そして冷凍のフライを鍋やフライパンに並べてから 油を入れ揚げていくので 少量ずつではなく、一気にフライものを完成させられます。 その結果としてですが、時短にもなりますよ。 通常の揚げ物とは違うやり方にはなりますが、 よかったらチャレンジしてみてくださいね。 他にも色々とありますが 特に気をつけたいのはこの3つ! ポイントさえきっちり押さえておけば 冷凍のフライでも失敗なく揚げることができますので トライしてみてくださいね。

次の