リンク 立ち回り。 DbD【リージョンの使い方】ちょっと変わったキラーの立ち回り

スマブラSPのトゥーンリンクの立ち回りを究める。

リンク 立ち回り

パチンコ新機能【遊タイム】とは? パチンコ新機能の【遊タイム】とは、正式には天井到達で大当たりくるのではなく、天井到達で 【 長時短】に突入する仕組みの事です。 天井到達と共に時短突入となり、規定時短数消化まで電チュー消化する事が可能となります。 ここで疑問に思うのは当たらない事もあるの?って事だと思いますが、勿論当たらないこともあります。 ただ、この遊タイム搭載機種の天井時短は全ての機種がかなりの時短回数が消化できる仕様となっているので、 ほぼほぼ当たると思ってもらって大丈夫です。 天井回数はスペックにより異なりますが大体通常大当たりの2倍〜3倍ハマリくらいで発動するゲーム数になっているようですね。 パチンコでは潜伏確変、朝一ランプ、右打ちランプ、などのハイエナが主流でしたが、これからは天井時短狙いが主流になりそうです。 そこで現段階での登場する機種と天井発動ゲーム数と、天井到達時の規定時短数を紹介していきたいと思います。 機種名 天井発動G数 規定時短数 新花月2夜桜バージョン 500回転消化 759回転 戦国乙女6 暁の関ヶ原 666回転消化 171回転 リング 呪いの7日間2 885回転消化 1214回転 仮面ライダー轟音 950回転消化 1200回転 交響詩篇エウレカセブン 599回転消化 100回転 ご覧の通りほとんどの機種の天井時短の規定回数が多いのが目立ちます。 エウレカセブンだけはちょっと避けたほうがいいかもしれませんね(汗 遊タイムでの立ち回りや戦略 それでは遊タイム搭載機種での立ち回りや戦略について話していきたいと思います。 基本的にはハマリ台狙いが基本となります。 勿論、回転率の影響も受けますがハマリが深ければそこまで気にする必要はないと思います。 (それでも期待値変動するのできちんと把握したほうが良いです。 )パチンコにおいてもハイエナが大きな力を発揮する時代になった事は確かです。 スロ専のハイエナ達もパチンココーナーでベガ立ちする光景が多くなるかもしれません。 当日ハイエナは当然なのですが、もっと勝ちにこだわりたいのであれば 宵越し天井も必ず頭に入れておきましょう。 おそらく電源オン・オフだけでは天井までの回転数は変わらないはずです。 (100%な情報ではないので自己責任でお願いします。 ) 宵越し天井であれば前日閉店ヤメ回転数がわかるアプリが沢山あります。 アプリなどを駆使すればホールで下見をする必要がなく効率的に立ち回る事ができます。 確実に導入直後は拾える可能性が高いので、アンテナを張り高期待値を狩り取るようにしていきましょう。

次の

【スマブラSP】リンクで勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

リンク 立ち回り

今までssb4kouryaku. comをご利用頂きありがとうございました。 この度、スマブラSPが出るにあたり、 サイトの移転を致しますのでご連絡をさせて頂きます。 引き続きよろしくお願いいたします。 【まず読みたい記事はこれ!】 スポンサーリンク 技一覧 弱~各種強攻撃 弱1 なぎ払い(2.5%) 弱2 返し(2.5%) 弱3 突き(5%) 【解説】 連続で出すことの出来る3段技。 剣によるリーチのおかげで通常のファイターよりも範囲が長い。 主に相手にインファイトを仕掛けられた時の暴れや牽制として使いたい。 高%であれば弱1段止めからの、横スマへの読み合いも出来る。 主力メイン技の一つ。 横強 からたけ割り(13%) 【解説】 剣を上から前方へ振る技。 密着していれば振り始めの後方へも判定がある。 出は遅いため、主に振り向き横強や崖での置きとして使っていきたい。 吹っ飛びに関してはかなり強い。 上強 半月切り(9%) 【解説】 技範囲が広いため、着地狩りとして優秀。 低%であればコンボとしても活躍できる。 下強 草なぎ(11%) 【解説】 剣を斜め下に振る技。 当たった相手は上に飛んでいく。 技を当てた後は追撃に行こう。 DA~各種スマッシュ攻撃 DA ジャンプ斬り(12~14%) 【解説】 助走をつけて勢いよく相手を斬りつける。 先端に当てると相手を大きく飛ばすことが出来るが、後隙もかなり長い。 主に相手の着地の一点読みとして合わせる感じで置いていきたい。 横スマ1 スマッシュ斬り(先端:14%、カス当て7~9%~1.4倍) 横スマ2 二段スマッシュ斬り(13%~1.4倍) 【解説】 一段目を出した後、もう一度Aボタンを押すと二段目も出すことが可能。 一段目を根元に当てた場合、少し浮くためそのまま二段目に繋げることが出来る。 先端で当てた場合は単発での吹っ飛びとなるが非常に強力だ。 二段目は驚異の吹っ飛びを誇り、早期バーストも可能だが後隙が長いのが玉にキズ。 ガードされている場合は、基本一段目のみで止めておこう。 たまに二段目を出すとまれに当たる。 主力バースト技の一つ。 どれか一発でもヒットすれば最終段まで繋ぐことが可能。 強い吹っ飛びを誇るため、バースト%になったら着地狩りやジャンプ読みで使おう。 主力バースト技の一つ。 下スマ 前後足元斬り(10~17%:1.4倍) 【解説】 前後に剣で薙ぎはらいながらの攻撃。 前方で当たった場合は上空へ、後方で当たった場合は後方へと飛んでいく。 回避が多い相手に立ち回りの中で使ったり、崖際で後ろ向きで当てることを心がけよう。 スポンサーリンク 各種空中技 空NA リンクキック(本当て:11%、カス当て6%) 【解説】 ごくごく一般的なキックによる攻撃の空NA。 ガードで見合ってる状態からの暴れや、急降下の速度を活かしての上からの奇襲として使うと強い。 持続も長いため回避読みや、爆弾当てからの置き技として使っても強い。 主力メイン技の一つ。 低%時であれば両方とも当てることが出来るが、 ふっとばしが強いため、高%ではそれぞれ一段目か、二段目のどちらかしか入らない。 主に相手のジャンプ読みとして置いたり、ダッシュや飛び込み読みとして置く感じで。 ちなみに二段目よりも一段目の方がバースト力は高い。 主力 メイン・ バースト技の一つ。 威力はイマイチだが、発生・後隙ともに優秀なため差し込みとして使いたい。 低%からSJで当てれば、もう一度大Jから空後で繋げることが出来る。 空上 上突き(13~15%) 【解説】 上空へ向かって剣を突き刺す。 剣を出してる間判定があるため、判定・持続ともに優秀。 ダメージ・吹っ飛びもなかなか大きいため、浮かした後の追撃として狙っていきたい。 持続が長いため、回避を待ってから打つのもいい。 主力バースト技の一つ。 空下 下突き(8~18%) 【解説】 真下に向かって剣を突き刺して攻撃。 入れっぱなしのままだとヒットすれば弾み、急降下を入れるとヒット後そのまま地面に着地する。 上突き同様剣を出してる間判定が残っているので、浮かされた後の暴れとして非常に強力。 また、その持続の長さを逆手にとり、高いとこから打ち着地隙が出ないような打ち方をすれば 着地狩りを狙ってくる相手を弱や上強などで返り討ちにすることが出来る。 爆弾などの飛び道具を警戒してガードを貼ってる相手に使おう。 また、空中で出すと、フックショットでの攻撃も可能。 また、バースト力が高いため高%で掴んだらこれ。 低%であれば上強、高%なら空上を狙っていこう。 各種必殺技 NB 勇者の弓(4~12%) 【解説】 飛び道具その1。 溜めれば溜める程威力や距離が伸びるが途中でキャンセル不可。 速度が速く相手は対応し辛いため、距離が空いたら溜めて打っていこう。 主力メイン技の一つ。 横B 疾風のブーメラン(0~7%) 【解説】 前方へ竜巻をまとったブーメランを投げつける。 行きのブーメランにのみダメージが判定があり、 戻ってくるブーメランにはダメージはなく、風で引き寄せる効果がある。 距離は上、中、下、強さは強弱の6段階の使い方が可能。 主に相手の立ち回りを抑制したい時などに使おう。 主力メイン技の一つ。 主に崖に追い詰めた後の相手の回避読みの隠し玉として使おう。 空中でのふっとばしも非常に強いため、相手の空中回避を見た後の追撃として使用するのもあり。 下B 爆弾(5~9.2%) 【解説】 爆弾を直撃させるよりも、爆風で巻き込んだ方がダメージは高い。 爆弾を相手にガードされた場合、地面についても爆発はせず、 しばらく地面に残ったのち時間経過とともに爆発となる。 相手に直接投げる、上にに投げて牽制等バリエーションは様々である。 主力メイン技の一つ。 【長所・短所】 長所 ・剣を用いた攻撃のおかげでリーチが長い。 ・豊富な飛び道具により、上手く使うと相手は近づきにくい。 ・強い吹っ飛びを誇る技が豊富にある。 ・急降下が早いおかげで着地のタイミングをずらせやすい。 短所 ・主に置き攻めが主体となるキャラなので、懐に潜り込まれるのがきつい。 ・遠くに飛ばされた時の復帰が単調になりがちで、狩られやすい。 ・ダッシュやDA等が遅く自分から差し込める技が少ない。 立ち回り リンクは自分からがつがつ行くことは出来ない反面、 飛び道具を駆使した置き攻め主体の立ち回りが非常に強い。 弓、ブーメラン、爆弾の3種の神器を用いて上手く試合を運んでいこう。 相手との距離が少しでも離れている場合はブーメランか爆弾。 相手は飛び道具を警戒しているため、それを崩すための掴みも有効。 0:54~ これもまた崖際に追い詰めてガードを貼らせたとこを掴みで崩す。 ピカチュウの近くに爆弾があったため、他の飛び道具を警戒してのガード。 1:05~ 着地際で相手がガードを貼っていたため、不用意な暴れはせず 透かし着地からの引きブーメラン。 リスクが少ない安定択。 相手が暴れや回り込み回避をする立ち回りをしていたらヒットしていたのかもしれない。 最初の崖ジャンプを狩られさえしなければ、通る事が多い。 空NAは極力急降下することによって、後隙を狩られる心配が減る。 場合によっては回避を読んでから狙いに行ってもいい。 2:54~ 空下はある程度高い所から使用すると 地上の敵に攻撃判定を残しつつ、着地隙をなくすことが出来る。 練習をしてタイミングをしっかり把握しておきたい。 3:17~ 相手のピカチュウの上Bに対する下スマでの反撃。 この場合、相手がリンクの前後どちらに移動するかの判断が難しいため 両方に攻撃が出来、かつリターンが高い下スマを選択している。 3:42~ 下投げからの相手の回避を読んでの上スマ。 4:52~ 相手の空中からの飛び込みを読んで振り向き横強。 発生は若干遅めなため、読みで置いていく感じで使おう。 4:56~ 上空からの相手に対する上強暴れ。 リーチが長めなため対空性能は非常に高い。 相手は透かし着地からの択を狙っていたが、それも潰すことが出来る。 5:13~ ピカチュウの電撃からの追撃読みでの早めの上B復帰。 読み外れはしたものの、相手の追撃を避けるためには必要な択である。 5:23~ ガードしている相手に対して急降下を入れずに空下を打つ立ち回り。 このことにより相手にヒット後若干浮くため、空NAなどで再度暴れることが出来る。 6:09~ 爆弾の爆発を読んで、上Bを使い上へと逃げる。 そして再度爆弾を出し、相手の追撃を誘い低い位置で相手を迎撃している。 ステージ上とは逆に上Bを出すのがポイントで、相手をバーストすることに成功。 そして、再び爆弾によりリンク自らは復帰を果たしている。 場外に出された後は常に下Bをして復帰できる可能性を残しておこう。 8:00~ 相手の回避読み上スマを見てから横スマを叩き込む。 確実にヒットする確信が持てる場合は早急に2段目まで出してしまおう。 10:07~ 相手の回避を読んで空上を叩き込む。 持続が長いため、当てに行く打ち方もいいが 置きに行くという使い方もしていきたい。 10:10~ 相手の空中からの暴れに対して上スマできっちり反確。 上から攻撃しながら振ってくるのを確認して当てていきたい。 11:35~ 爆弾の爆発のずらしを相手とは逆にずらしている。 仮にステージ側にずらしていた場合、相手の横スマを貰っていた可能性。 こういう時にいかに冷静になれるかが勝負の分かれ目となる。 テレビCMでも話題になっている「えんきん」の販売元、株式会社ファンケルから目の疲労感に特化したアイケアサプリメントの「スマホえんきん」が新発売!• 毎日ガッツリゲームやスマホを使っている• 何だか目がしょぼしょぼする• 目が乾燥していて瞬きの回数が以前よりも増えた• 目の疲れから画面を見られずなかなか勝負に勝てない• いつまでも健康な目でありたい• 疲れた目をきちんと労わりたい そんな方にスマホえんきんがおすすめです。 スマブラで疲れ切った目はきちんとケアをする事が大切。

次の

DbD【リージョンの使い方】ちょっと変わったキラーの立ち回り

リンク 立ち回り

この記事の目次• こどもリンクについて こどもリンクはゼルダの伝説シリーズに登場するキャラクターです。 スマブラでは飛び道具の優秀なファイターとしてデザインされておりながら、近距離を拒否する手段も用意されており、手札が多く対応力の高さが魅力的なファイターです。 こどもリンクの出し方・解放方法• 勝ち上がり乱闘でリンクを使用して6回目のクリアで解放される• 大乱闘モードの挑戦者のうち、8番目に出現する 弱・強攻撃性能 弱攻撃 攻撃 ダメージ 発生F 弱1 2. 使用用途としては、三段or三段目を百裂にできることから、不利フレーム気味の際の近距離の暴れに使えます。 また、ダウンした相手に当てるとダウン連になります。 強攻撃・DA 攻撃 ダメージ 発生F 横強攻撃 14. 崖際で当てることで撃墜技として採用したい技となっています。 上強攻撃 発生が9F、短めの判定ということで対空技としては微妙です。 横強と同じく、相手の%が高くなった際の撃墜技として使います。 下強攻撃 発生8Fからのコンボ始動技です。 全%で何かしらコンボがある上に、ガードさせた際の不利フレームも短めなのでガンガン使っていける優秀な技ですね。 ダッシュ攻撃(DA) ダッシュ攻撃は空Nから確定でつなげたり、相手の技をガードした際の確定反撃として痒い所に手が届く技です。 ガードさせた際も意外とごまかしが効く技なので、相手が高%になった際の差し込みとして使いましょう。 空中技 攻撃 技名 発生F 空N 10. 発生4F,着地隙6Fという数字でありながらまさかの撃墜技。 また当てた際のベクトルも良く、空Nカスり当てから相手がダウンする展開になりやすいため、撃墜につながる連携の始動にもなります。 空中前攻撃(空前) 空前は飛び道具からつなげることで撃墜技として使えるだけでなく、立ち回りにおいての空前先端当てを意識することで、確定反撃を取られづらい技の出し方ができます。 さらに、 初段のみ当てて着地することで地上技へのコンボ始動にもなります。 立ち回り、火力、撃墜全てに使える優秀な技ですね。 空中後ろ攻撃(空後) 空後は全体フレームが短く、また着地隙も短いため、相手のガードに当ててお茶を濁せる技です。 また、低%で当てた際、ベクトルが低いため相手がダウン展開になったり、そのままDAに繋げたりすることで火力を出すこともできます。 空中上攻撃(空上) 空上はリンク一族の空上にしては珍しく、5Fという驚異的な数字で出せる対空技です。 ジャンプと合わせて8Fで対空出来る優れた技。 しかしながら横の範囲が狭いため、横から攻撃判定を当てられないよう注意が必要です。 空中下攻撃(空下) 空下は出だし部分がとても吹っ飛ばし力が高く、その部分をブーメランから繋げることができます。 立ち回りにおいては、高めの位置から着地時に振ることで相手の着地狩りに対してプレッシャーをかけることも可能です。 しかしながら少し着地隙は長めなので、多用は禁物です。 掴み・投げ 攻撃 ダメージ 発生F 掴み打撃 1. 剣判定より若干長い程度です。 前投げは最後の撃墜手段です。 崖端でもあまり上投げと撃墜%が変わらないイメージ。 後ろ投げはこちらが崖を背負ってる際の展開を入れ替えるため以外にはあまり使用用途はありません。 ダメージ稼ぎはこれで。 上投げは下投げほど範囲は広くありませんが、空上は確定します。 また最後の撃墜手段としても使えます。 スマッシュ攻撃 攻撃 ダメージ 発生F 横スマ 7. ガードからの確定、パなしのどちらを取っても優秀とは言い難いので、ダウン連後や癖読みなど当たる確信がある場合のみ振るくらいの運用が良いかと思います。 上スマッシュは横スマッシュと同じく、言うほど飛ばないものの、シールドキャンセルから出る撃墜技というのは魅力的。 しっかりと確定を狙っていきましょう。 外してしまうと長めの後隙が待っているのでそこは注意が必要です。 下スマッシュも例に従って言うほど飛びません。 しかしながら吹っ飛ばしのベクトルがとても低く優秀なため、崖際で復帰力が高くないファイターには当てたい技ですね。 必殺技 攻撃 ダメージ 発生F NB 4. コンボとしては胡散臭いものがありますが、これを見せることで相手が地上に張り付く展開があまり多くならないのが一番の魅力です。 横必殺技(横B) 横Bのブーメランはこどもリンクの中で最強の技です。 密着時にガードされても痛い反撃を食らいづらいほどの後隙から放たれる、とても強力なコンボ始動技。 しかしシールドキャンセルからの行動が強いファイターにはさすがに控えめにしないと痛い目をみますので注意しましょう。 下必殺技(下B) 下Bの爆弾は生成するモーションの後隙はそこまで長くありませんが、爆弾を当てる展開はかなり少ないように感じます。 また爆弾をガードさせることで、掴みを絡めた有利な読み合いができますが、掴みのリターンが高くない際は控えめにした方がいいでしょう。 上必殺技(上B) 上Bは回転斬りです。 復帰技として用いるのはもちろんですが、地上回転斬りは後隙が非常に少なく、またコンボ始動になるのであらゆるパーセントで確定反撃としても使いましょう。 シールドキャンセル上スマッシュで撃墜できてたけど間違えて回転斬りをしてしまった・・・ということは多発するので注意。 こどもリンクの長所・短所 こどもリンクの長所 コンボ火力、相手の技に対しての拒否能力が主な目立った長所です。 こちらが撃墜%になってしまっても飛び道具を駆使し、うまく相手の攻めを拒否しましょう。 こどもリンクの短所 撃墜技が豊富ではあるものの、撃墜技の多くは撃墜に必要なパーセントが高めです。 壊されないこと、また要所でリスクを背負わない選択肢をしっかりと取ることで対処しましょう。 総括 優秀な運動能力、また万能な技を数個持っていることから、ポテンシャルが高いファイターではありますが、撃墜面で勝てないこともしばしばあるファイターです。 しかしながら、コンボなどの開拓が進めば進むほどキャラランクが上がっていくことが予想できます。 立ち回りで圧倒することもそうですが、撃墜の工夫、研究を重ねることも忘れないようにしましょう。

次の