エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷。 【まとめ記事】Excelのウィンドウ枠の固定に関する基本操作を解説

エクセルのワークシートで必要な範囲のみ固定して表示する方法

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷

下の図の住所録は、1行目に項目名が、A列には氏名が入力されています。 項目数も多く、データ件数も多いので、横に長く、縦にも長い表だったとします。 画面の右側や下側を見るべく、右に下にスクロールをしていくと、当然1行目にあった項目名や、A列にあった氏名が見えなくなってしまうので、「これは誰の何のデータだろう?」と分からなくなってしまうこともあります。 そこで便利なのがウィンドウ枠固定。 一部の行や列を、スクロールしても見えたままになるよう、固定してくれる機能です! 今回固定したいのは1行目とA列。 固定したい1行目とA列を除いた、一番左上のセル(B2番地)を選択します。 ここから先はスクロールして見えなくなってもいいですよ〜というセルを選択するわけです。 [表示]タブ、[ウィンドウ]グループの[ウィンドウ枠の固定]ボタンをクリックし、 更に[ウィンドウ枠の固定]ボタンをクリックします。 これで、スクロールしても、いつも1行目とA列が表示されています! ウィンドウ枠の固定は、最初に選択するセルがポイントとなります。 固定したい行と列を除いた、一番左上のセルを選択します。 ここから先はスクロールして見えなくなってもいいですよ〜というセルを選択するわけです。 左のような表で、3行目までとB列までを固定したかった場合、 固定したいのは3行目までとB列までですから、3行目までとB列までを除いた、一番左上のセルを選択するので、今回の場合はC4番地を選択してから[ウィンドウ枠の固定]ボタンをクリックするわけです。 スポンサーリンク 先頭行の固定と先頭列の固定 さて、下のような表で、1行目は固定したいけど、列は固定したくないといった場合、 固定したい行と列を除いた、一番左上のセルは、A2番地となるので、A2番地を選択して[ウィンドウ枠の固定]ボタンをクリックすればいいわけですが、今回のように先頭行だけを固定したい場合には他に便利な方法もあります。 それが[先頭行の固定]ボタン。 このボタンを使う場合には、固定したい行と列を除いた、一番左上のセルを選択する必要はありません。 画面に固定したい1行目が表示された状態なら、どのセルを選択していてもOKなんです! ただし、ここで言う「先頭行」とは 現在画面に表示されている先頭行のこと。 左のような画面の状態なら、現在画面に表示されている先頭行は1行目となるので、[先頭行の固定]ボタンをクリックすると1行目が固定されます。 でも、少しだけ下にスクロールして、2行目までが隠れた左の図のような状態だと、現在画面に表示されている先頭行は3行目となるので、3行目が固定されます。 同様に先頭列だけを固定したい時には[先頭列の固定]ボタンが便利です。 ウィンドウ枠固定の解除 さて、ウィンドウ枠の固定を解除したい時には、どこのセルを選択していても構いません。 [ウィンドウ枠固定の解除]ボタンをクリックすればOKです!.

次の

エクセルで枠固定して印刷したい : じいじの備忘録

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷

スポンサーリンク タイトル行の設定 それでは、複数ページに渡る縦に長い表の見出し行を、どのページにも印刷されるように設定してみましょう。 [ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループの[印刷タイトル]ボタンをクリックするか、 同じく[ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループのダイアログボックス起動ツール(図のような小っちゃいボタンです)をクリックし、 表示されたダイアログボックスの[シート]タブを選択します。 [タイトル行]欄でクリックすると、 欄の中に文字カーソルが入るので、この状態のまま、 すべてのページに印刷したいします。 最後に、設定を有効にするだけなら[OK]ボタンを、設定を有効にしつつ印刷プレビューで確認もしたい場合には、[印刷プレビュー]ボタンをクリックします。 これで印刷すれば、すべてのページに1行目が印刷されます。 次の操作のために、印刷プレビュー画面になっている方は、おきます。 スポンサーリンク 印刷タイトルに複数行を設定するときに考えたいこと 練習用データを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しで「Sheet2」に切り替えます。 前の章の表とは違い、1行目に表題が入力され、2行目は空白行となっています。 今度は、1行目から3行目までを印刷タイトルして設定してみます。 [ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループの[印刷タイトル]ボタンをクリックするか、 同じく[ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループのダイアログボックス起動ツール(図のような小っちゃいボタンです)をクリックし、 表示されたダイアログボックスの[シート]タブを選択します。 [タイトル行]欄でクリックすると、 欄の中に文字カーソルが入るので、この状態のまま、すべてのページに印刷したいします。 最後に、設定を有効にするだけなら[OK]ボタンを、設定を有効にしつつ印刷プレビューで確認もしたい場合には、[印刷プレビュー]ボタンをクリックします。 これで印刷すれば、すべてのページに1行目から3行目が印刷されます。 ただ、今回の表のような場合、表の見出し自体は3行目だけなので、 もし印刷タイトルとして3行目だけを設定した場合には、 最初のページは普通に印刷されるので、もちろん1行目も2行目も印刷されますが、次のページ以降は、印刷タイトルに設定した3行目だけが、すべてのページに印刷されます。 印刷タイトルして設定するのを1行目から3行目にするのか、それとも3行目だけにするのか、ということは完全にお好みです。 次の操作のために、印刷プレビュー画面になっている方は、おきます。 タイトル列の設定 練習用データを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しで「Sheet3」に切り替えます。 横に長い表の場合、何も設定していなければ、表の先頭にある見出し列は、最初のページにしか印刷されません。 どのページにも印刷したい列があるのなら、印刷タイトルでタイトル列を設定します。 [ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループの[印刷タイトル]ボタンをクリックするか、 同じく[ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループのダイアログボックス起動ツール(図のような小っちゃいボタンです)をクリックし、 表示されたダイアログボックスの[シート]タブを選択します。 [タイトル列]欄でクリックすると、 欄の中に文字カーソルが入るので、この状態のまま、 します。 最後に、設定を有効にするだけなら[OK]ボタンを、設定を有効にしつつ印刷プレビューで確認もしたい場合には、[印刷プレビュー]ボタンをクリックします。 これで印刷すれば、すべてのページにA列からB列までが印刷されます。 次の操作のために、印刷プレビュー画面になっている方は、おきます。 印刷タイトルは印刷プレビュー画面では設定できない さてここで、印刷タイトルを設定するときの大切なポイントを。 印刷プレビューとのとなりにある設定欄には、 一番下に[ページ設定]があります。 これをクリックすると、 先ほど設定に使ったのと同じ[ページ設定]ダイアログボックスが表示されるので、[シート]タブを見てみます。 すると、この印刷プレビュー画面から表示させたダイアログボックスでは、[タイトル行]も[タイトル列]も設定ができないようになっていることが分かります。 でもこれ、落ち着いて考えると納得。 [タイトル行]や[タイトル列]の設定には、行番号や列番号を使って、印刷タイトルに指定したい行や列を指定する必要がありました。 でも、印刷プレビュー画面では、行番号や列番号自体が画面にないため、行や列を指定することができないからです。 印刷タイトルの設定は、通常の編集画面から行うのがポイント。 もし印刷プレビュー画面で設定しようとしていたら、から操作します。 スポンサーリンク 印刷タイトルの解除 印刷タイトルを解除するときも、設定するときと同じ。 [ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループの[印刷タイトル]ボタンをクリックするか、 同じく[ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループのダイアログボックス起動ツール(図のような小っちゃいボタンです)をクリックし、 表示されたダイアログボックスの[シート]タブを選択します。 [タイトル行]欄または[タイトル列]欄でクリックすると、 欄の中に文字カーソルが入るので、中に入っている文字をすべて消して、 その欄を空っぽの状態にします。 (図は、タイトル行を解除した状態です。 タイトル列も解除したければ、同じように操作します。 ) 最後に、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックします。

次の

ionadev.ionagroup.com EXCEL ウィンドウ枠の固定について

エクセル ウィンドウ 枠 の 固定 印刷

(2) 固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択します。 ウィンドウ枠を固定する際には、固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択することになります。 (3)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上にあるウィンドウ枠の固定をクリックします。 (4) A列が固定されたことにより、B列と2行目からスクロールできるようになり、表示されていなかった店名が画面表示されるようになりました。 ウィンドウ枠の固定を解除する手順を紹介 (1)ウィンドウ枠の固定により、スクロールによって画面表示されている状態の表を解除していきます。 (2)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠固定の解除」をクリックします。 (3)ウィンドウ枠が解除され、B列と2行目からのスクロールがなくなり、画面表示が元に戻りました。 (2)A列を除いた表の一番左上のセル「B1」を選択します。 ウィンドウ枠の固定では、固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択することになります。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番下の「先頭列の固定」をクリックします。 (4)先頭列が固定され、B列からスクロールができるようになり、画面表示されていなかった項目も表示されました。 ここからは、ウィンドウ枠の複数の列や行を固定する手順を紹介します。 複数の行を固定する手順を紹介 (1)表の11行目までを固定します。 (2)12行目を選択します。 表の一番左上のセル「A12」を選択しても、同様の操作をすることができます。 ここでは、わかりやすくするために12行目全体を選択します。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 (4)11行目まで表が固定され、12行目からスクロールができるようになります。 12行目以下の項目を操作することにより、自由に画面表示できるようになりました。 複数の列を固定する手順を紹介 (1)H列まで表を固定します。 (2)I列を選択します。 表の一番左上のセル「I 1」を選択しても同様の操作ができます。 ここでは、わかりやすくするために、I列全体を選択します。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 (4)表がH列目で固定され、I列からスクロールができるようになります。 I列以下の項目を操作することにより、自由に画面表示ができるようになりました。 通常設定のまま、縦や横に長い表を印刷すると、表の一番上にある見出しが2枚目や3枚目には表示されず、分かりにくい表が印刷されてしまいます。 見出しを固定して印刷する方法を紹介 まず、下の表を通常設定のままで印刷してみましょう。 印刷プレビューの画面で確認をします。 二枚目からは一番上の行が印刷されず、表が分かりにくくなっていることが確認できます。 このような状態にならないよう、ここからは 見出しを固定してから印刷する方法の手順を紹介します。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル行」の空欄に、1行目を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも見出しが入っています。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル列」の空欄に、A列を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも、A列の見出しが入っています。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル行」の空欄に、1行目を選択します。 「タイトル列」の空欄に、A列を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも、1行目、A列目の見出しが入っています。 ウィンドウ枠の固定が動かない場合の対処法を紹介 ウィンドウ枠の固定が動かない場合は、まずExcelの表示が「ページレイアウト」になっていないかを確認します。 通常は、右下にあるページ設定が一番左側の「標準」に設定されており、ウィンドウ枠の固定ができる状態になっています。 しかし、右下のページ設定が、真ん中の「ページレイアウト」になっていると、ウィンドウ枠の固定を選択できず、ウィンドウ枠の固定がうまく作動しません。 この場合は、設定を「標準」に戻す必要があります。 ウィンドウ枠の固定がうまくいかない場合の対処法を紹介 固定がうまくいかない場合は、設定が「分割」になっていないかどうかを確認します。 下図のように「分割」になっている場合、ウィンドウ枠の固定はうまく作動しません。 そこで「分割」を一度解除してからウィンドウ枠の固定を行うと、うまくいくようになります。 ウィンドウ枠の固定が解除できない場合の対処法を紹介 固定が解除できない場合は、「ブックの保護」の設定になっていないかどうかを確認します。 「ブックの保護」に設定されている場合、ウィンドウ枠は解除できません。 そこで、設定を元に戻す必要があります。 (1)「校閲」タブから「ブックの保護」を選択します。 (2)「ブックの保護」のダイアログボックスが開いたら、「ウィンドウ」のチェックボックスにチェックが入っているかどうかを確認します。 チェックが入っている場合には、外します。 (3)チェックを外すことで、ウィンドウ枠の解除ができるようになります。 ぜひ、これを機に、ウィンドウ枠の固定を習得してくださいね。 (学生の窓口編集部).

次の