スティーズ a tw。 【インプレ】スティーズSV TWのおすすめ条件とは

スティーズA TW購入インプレ!スプール重量やタックルバランスは?

スティーズ a tw

2017年にダイワから発売された17スティーズA TW 1016HLです。 スティーズA TWはダイワの軽量ベイトリールのフラッグシップモデル「スティーズ」の名を冠しながら、これまでのエアメタル(マグネシウム合金)ボディを捨て、ボディ素材にスーパーメタル(アルミニウム合金)を新たに採用することで、軽さよりも剛性と耐久性に重きを置いた、まさに「TWS&タフ」な仕上がりのリールとのこと。 16スティーズSV TWと比べると自重が約30g重く、ハンドル長は10mm伸び、ノブはI型から平型に、糸巻き量は増え、ブレーキはSVからマグフォースZへ、ドラグは、、、。 とまぁ色々と変更点はあるわけですが、とにかく16スティーズに比べるとパワーゲームに強くなった印象です。 ちなみにスティーズA TWの「A」は「アルミニウム」「オールラウンド」のAなんだとか。 すでに16スティーズSV TWを所有している身としては購入するか否かを非常に悩みましたが、16スティーズのあまりの使いやすさに「タフ」さがプラスされるなんて、まるで夢のような話じゃないか!と清水の舞台から飛び降りる気持ちで新品購入しました。 スティーズA TW 1016Hのスペック 私は左ハンドルの購入ですが、右ハンドルでも同じです。 3:1• スティーズA TWの付属品 リール本体と元箱、取扱説明書に分解図にアンケートハガキに、、、。 あれっ? あれがありません! これは16スティーズのものですが、このネオプレン製のリールカバーの付属がありません。 このへんが16スティーズとの価格差(約1万円安い)の表れなんでしょう。 スティーズA TWの自重とスプール重量 メーカースペックでは190gですが、私の手元に届いたものは0. 8g軽いものでした。 惜しい! グリスの量やらなんやらでの誤差なのでしょうが、他の方のブログを見てみると190gピッタリの方もたくさんいらっしゃるようです。 さすがダイワさんのMade in JAPANなクオリティーです。 スプールはG1ジェラルミン製のマグフォースZ仕様、SVスプールより飛距離に定評があるブレーキシステムですね。 こうしてスプール側面に糸巻量などの簡単なスペックが書いてあるのがダイワの良いところ。 私のような忘れっぽい人間はすぐに「あれっ、このリール12lbが何メートル巻けたっけ?」となるのですが、ダイワさんの粋な計らいのおかげでそれが皆無です。 スティーズA TWの気になるスプール重量は13. 7g、これは16スティーズのものと比べると約2g程度重たくなっています。 やはり軽量ルアーの投げやすさは16スティーズに分があるのでしょうが、重さのあるルアーをかっ飛ばすにはある程度スプール重量があった方が良いんですよね。 このリールの使い道が見えてきた気がします。 重心は画像のように、良い感じに手元に近いところにきますね。 本当に僅かな差ですが、17スティーズの方が重心が手元に寄っているのが分かります。 テムジン TMJC-70XH アマゾンフリップ エバーグリーンのテムジン TMJC-70XH アマゾンフリップにセットしてみると、やはりかなりのアンバランスでした。 16スティーズに比べると30g重くなったとはいえ、190gでも立派に「軽いベイトリール」なんですね。 ただこのアマゾンフリップ、 いつも合わせるダイワのリョウガ1016(255g)を載せてもこれだけ先重りしているので、まぁ使えないってことはないでしょう。 フィッシュマン ブリスト5. 10LH フィッシュマンのブリスト5. 10LHに載せるとかなりの手元重心です! 扱えるルアーの幅が広くショートロッドだけどよく曲がって飛距離が出るロッド+軽くて強くて飛ぶリール。 これは楽しみな組み合わせです。 ブリスト5. 10LHにショートグリップを装着したものと合わせても重心はこの位置なので、まだまだ使いやすい範囲でしょう。 スティーズA TWのまとめ 購入して手元に届いたばっかりなので特にまとめることもありませんが、ナイロンを巻くか、フロロを巻くかで散々悩んだ結果、とりあえずスティーズA TWの代わりに引退となったアブのパワークランクに巻いてあったナイロンラインを巻き換えました。 今からの時期はバス釣りやナマズ釣りでトップルアーを投げる機会が多くなりそうですしね。 大場所ではアマゾンフリップに載せてスイムベイトとかO. Pのヤマトみたいな重めのルアーを超遠投してバスを狙うも良し、シーバスも良さそうです。 小場所ではブリスト5. 10LHに載せてバスやナマズはもちろん、チニングにも使えそうです。 最近は日中の暑過ぎる気温のせいでなかなか釣りに行けていませんが、実釣で使ってみたらちゃんとインプレしたいと思います。

次の

【DAIWA2020新作ベイトリール】ついに明かされる『スティーズAIR TW』の正体!!【パワーフィネスを凌駕するベイトフィネス新時代到来!!】

スティーズ a tw

こんにちは! いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。 NABRA Chase Fishing GONAT です。 今回の記事は、今年注目のダイワのベイトフィネス専用リールについてのピックアップになります。 フィッシングショーなどで注目を集めた【 ダイワ 20スティーズAir TW】ですが、その裏で、往年のベイトフィネス機種であるアルファスから新たにAirがリニューアルリリースされました。 アルファスAirは過去にも出ていましたが、ラインのレベルワインドがTWSではありませんでした。 しかし、 今回リリースされたアルファスは満を持してのTWSを搭載しています。 ライン放出効率が高いことで認知されているTWSですので、アルファスに搭載されたのもようやく感がありますが、いずれにしても結果的にTWSが搭載されたことは評価に値すると思います。 フラッグシップ(最上位機種)のスティーズに対して、ミッドシップ(中堅機種)のアルファスというイメージがありますが、実はその内容や使い勝手には単純な価格差があるだけではないことを知りました。 では、その違いについて見てみたいと思います。 お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。 Contents• 使用パーツの違いによるブレーキ特性の違い 『スティーズAir TW』は定価68,000円。 『アルファスAir TW』は42,800円。 それなりに価格差であり、当然ですが価格差を生み出すパーツの違いもあります。 そもそも、リール自重が スティーズAirは135g! アルファスAirは160gなので、スティーズAirの方がより軽量化の為に高い素材の部品を多く使っていることがわかります。 どちらもスプール径は、現時点で最小の28mm径のエアスプール搭載なので、スプール自身でのウェイトの違いは出ないので、スプール以外のいろいろなパーツやボディの素材などで違いが出ているかと思います。 因みに、ボディについては、スティーズAirはスティーズCTSVと同じボディ設計が利用されているようです。 このパーツの違いの中で、ブレーキ性能に影響するブレーキユニットの違いが注目に値します。 同じ28mm径のAirスプールですが、インダクトローター部において 『アルファスAir TW』の方が0. 5mm分ほど外に飛び出すようです。 インダクトローターはスプール側に付いているカップ状のパーツで、これがリールのサイドプレート側にある円形のマグネットパーツに入り込むことで磁力によるブレーキがかかる訳ですから、インダクトローターがより大きく飛び出すということは、ブレーキの掛かりが強くなるということです。 しかし、これは、サイドプレート側のマグネットパーツが同じものであれば、の話しであり、実際には『スティーズAir TW』と『アルファスAir TW』は明らかに違うパーツが取り付けられています。 もう少し具体的に突っ込むと、 『アルファスAir TW』のマグネットパーツの方が見た目大きなものが付いていますが (勿論、スプールは28mm径なので新設計かとは思いますが)、『スティーズAir TW』のマグネットパーツよりも磁力は少しマイルドなものが使われているようです。 磁力が少し弱い分を補う為に、飛び出る幅を少し大きくして補っているという理屈になります。 この違いが、実釣における使い勝手の違いに出ているようです。 非常にザクっとした表現になりますが、 アルファスAirの方がブレーキの効き方がマイルドなようで、よりいろんなスキルの人にとって使い易い設定。 スティーズAirは設定がビシっと決まった場合、超軽量リグがよりストレス無く遠くまで飛ばせることができる代わりに、 設定の受け幅が狭くて少しピーキーさがあるとのことです。 ボート釣りなどで複数のタックルがあり、極限の軽量リグを太いラインで扱いたい時などはスティーズAirがいきてくるかと思いますが、陸っぱりなどで少ないタックルである程度幅の広いリグをカバーしたい時などは、アルファスAirの方が使い易さを実感できる、という違いがあるような感じです。 これは、どちらかのリールが無条件に優位と言う話しではなく、それぞれの特性を知って使い分けたり選んだりすることが重要という話しだとご理解頂ければと思います。 ソルトベイトフィネスは『アルファスAir TW』で決まり 最初にブレーキ特性の違いについて触れましたが、それ以外にも大きな違いがあります。 それが、ソルト対応かどうか?というところです。 スティーズシリーズは、オリジナルのSVから、A、としてCT-SVまで全てソルト対応ですが、 Air-TWは淡水専用機になります。 これに対して、 『アルファスAir TW』はソルト対応なので、極軽量リグをメバリングやアジングで使いたい場合は『アルファスAir TW』一択になる感じです。 ライトソルト界のカリスマであるレオン氏も、少し前までは渓流などをターゲットにした淡水専用機のアルファスAir ストリームカスタムを使われていましたが、『アルファスAir TW』の登場を非常に強く注目しているようです。 少し前に書いた【Fishman Beams inte 6. 4UL】の記事にコメントを頂いた方は、既にinte64とスティーズAirの組み合わせを使われているとのことでしたが、超軽量リグがぶっ飛んでくれると言われていました。 Fishman Beams inte 6. 4UL— GONTA fisher ryotan2357 ソルトシーンでのベイトフィネスを更に進化させる立役者としては『アルファスAir TW』が中心になるのではないかと思います。 アルファスAir TW 検証 まとめ と言うことで、今年の新機種である2機種を比較しつつ『アルファスAir TW』を突っ込んで検証してみました。 ダイワのリールでは『ベイトフィネスと言えばアルファス』という感じですし、村上さんのYouTube動画の『村上的』で紹介されていましたが、初代のリベルトピクシーでもスプール重量は非常に軽く、今でも現役で十分活躍してもらえるリールなので、基本性能が高いということですね。 先にも書きましたが、スティーズAirよりは汎用性の高いアルファスAirなので、陸っぱりアングラーを代表により多くのアングラー向けなのはこちら、という感じですね。 気になる『脅威の28mm径スプール』のデビューにもハードル感が少し下がっていいですね。 また、今回の機種からTWSがアルファスに導入されたというのも大きなニュースですね。 ここまでスプールの慣性を小さくしてくれば、やはりラインの放出効率を高めたいというのは普通の流れかと思います。 PEラインはスプール内でバタつくとバックラッシュの原因になるので、PEラインを多く使う方にはTWSは強い味方になるかと思います。 バス釣りにも使うけど、ライトソルトゲームも並行してやる!という方も、是非NEWアルファスAir TW ご検討されてみてはいかがでしょうか? 発売はもう目の前の2020年5月のようです。

次の

DAIWA : スティーズ A TW

スティーズ a tw

こんにちは! いつもこちらのブログを読んでいただきありがとうございます。 NABRA Chase Fishing GONAT です。 今回の記事は、今年注目のダイワのベイトフィネス専用リールについてのピックアップになります。 フィッシングショーなどで注目を集めた【 ダイワ 20スティーズAir TW】ですが、その裏で、往年のベイトフィネス機種であるアルファスから新たにAirがリニューアルリリースされました。 アルファスAirは過去にも出ていましたが、ラインのレベルワインドがTWSではありませんでした。 しかし、 今回リリースされたアルファスは満を持してのTWSを搭載しています。 ライン放出効率が高いことで認知されているTWSですので、アルファスに搭載されたのもようやく感がありますが、いずれにしても結果的にTWSが搭載されたことは評価に値すると思います。 フラッグシップ(最上位機種)のスティーズに対して、ミッドシップ(中堅機種)のアルファスというイメージがありますが、実はその内容や使い勝手には単純な価格差があるだけではないことを知りました。 では、その違いについて見てみたいと思います。 お時間のある時にお付き合い頂ければ幸いです。 Contents• 使用パーツの違いによるブレーキ特性の違い 『スティーズAir TW』は定価68,000円。 『アルファスAir TW』は42,800円。 それなりに価格差であり、当然ですが価格差を生み出すパーツの違いもあります。 そもそも、リール自重が スティーズAirは135g! アルファスAirは160gなので、スティーズAirの方がより軽量化の為に高い素材の部品を多く使っていることがわかります。 どちらもスプール径は、現時点で最小の28mm径のエアスプール搭載なので、スプール自身でのウェイトの違いは出ないので、スプール以外のいろいろなパーツやボディの素材などで違いが出ているかと思います。 因みに、ボディについては、スティーズAirはスティーズCTSVと同じボディ設計が利用されているようです。 このパーツの違いの中で、ブレーキ性能に影響するブレーキユニットの違いが注目に値します。 同じ28mm径のAirスプールですが、インダクトローター部において 『アルファスAir TW』の方が0. 5mm分ほど外に飛び出すようです。 インダクトローターはスプール側に付いているカップ状のパーツで、これがリールのサイドプレート側にある円形のマグネットパーツに入り込むことで磁力によるブレーキがかかる訳ですから、インダクトローターがより大きく飛び出すということは、ブレーキの掛かりが強くなるということです。 しかし、これは、サイドプレート側のマグネットパーツが同じものであれば、の話しであり、実際には『スティーズAir TW』と『アルファスAir TW』は明らかに違うパーツが取り付けられています。 もう少し具体的に突っ込むと、 『アルファスAir TW』のマグネットパーツの方が見た目大きなものが付いていますが (勿論、スプールは28mm径なので新設計かとは思いますが)、『スティーズAir TW』のマグネットパーツよりも磁力は少しマイルドなものが使われているようです。 磁力が少し弱い分を補う為に、飛び出る幅を少し大きくして補っているという理屈になります。 この違いが、実釣における使い勝手の違いに出ているようです。 非常にザクっとした表現になりますが、 アルファスAirの方がブレーキの効き方がマイルドなようで、よりいろんなスキルの人にとって使い易い設定。 スティーズAirは設定がビシっと決まった場合、超軽量リグがよりストレス無く遠くまで飛ばせることができる代わりに、 設定の受け幅が狭くて少しピーキーさがあるとのことです。 ボート釣りなどで複数のタックルがあり、極限の軽量リグを太いラインで扱いたい時などはスティーズAirがいきてくるかと思いますが、陸っぱりなどで少ないタックルである程度幅の広いリグをカバーしたい時などは、アルファスAirの方が使い易さを実感できる、という違いがあるような感じです。 これは、どちらかのリールが無条件に優位と言う話しではなく、それぞれの特性を知って使い分けたり選んだりすることが重要という話しだとご理解頂ければと思います。 ソルトベイトフィネスは『アルファスAir TW』で決まり 最初にブレーキ特性の違いについて触れましたが、それ以外にも大きな違いがあります。 それが、ソルト対応かどうか?というところです。 スティーズシリーズは、オリジナルのSVから、A、としてCT-SVまで全てソルト対応ですが、 Air-TWは淡水専用機になります。 これに対して、 『アルファスAir TW』はソルト対応なので、極軽量リグをメバリングやアジングで使いたい場合は『アルファスAir TW』一択になる感じです。 ライトソルト界のカリスマであるレオン氏も、少し前までは渓流などをターゲットにした淡水専用機のアルファスAir ストリームカスタムを使われていましたが、『アルファスAir TW』の登場を非常に強く注目しているようです。 少し前に書いた【Fishman Beams inte 6. 4UL】の記事にコメントを頂いた方は、既にinte64とスティーズAirの組み合わせを使われているとのことでしたが、超軽量リグがぶっ飛んでくれると言われていました。 Fishman Beams inte 6. 4UL— GONTA fisher ryotan2357 ソルトシーンでのベイトフィネスを更に進化させる立役者としては『アルファスAir TW』が中心になるのではないかと思います。 アルファスAir TW 検証 まとめ と言うことで、今年の新機種である2機種を比較しつつ『アルファスAir TW』を突っ込んで検証してみました。 ダイワのリールでは『ベイトフィネスと言えばアルファス』という感じですし、村上さんのYouTube動画の『村上的』で紹介されていましたが、初代のリベルトピクシーでもスプール重量は非常に軽く、今でも現役で十分活躍してもらえるリールなので、基本性能が高いということですね。 先にも書きましたが、スティーズAirよりは汎用性の高いアルファスAirなので、陸っぱりアングラーを代表により多くのアングラー向けなのはこちら、という感じですね。 気になる『脅威の28mm径スプール』のデビューにもハードル感が少し下がっていいですね。 また、今回の機種からTWSがアルファスに導入されたというのも大きなニュースですね。 ここまでスプールの慣性を小さくしてくれば、やはりラインの放出効率を高めたいというのは普通の流れかと思います。 PEラインはスプール内でバタつくとバックラッシュの原因になるので、PEラインを多く使う方にはTWSは強い味方になるかと思います。 バス釣りにも使うけど、ライトソルトゲームも並行してやる!という方も、是非NEWアルファスAir TW ご検討されてみてはいかがでしょうか? 発売はもう目の前の2020年5月のようです。

次の