クライミング シューズ リソール。 クライミングシューズのリソールのタイミングと方法を詳しく紹介!

リソールとは?

クライミング シューズ リソール

Contents• リソールするメリットとは? スポーツを行う過程において、必ず必要な物は靴になります。 多くのスポーツシューズは使い捨てになりますが、クライミングシューズはリソールを施すことが可能になります。 リソールをするメリット下記の内容があげられます。 ソールラバーが選択できる• 新しく靴を購入するよりも安くすることが出来る• 足に馴染んだ靴が復活出来る• カスタマイズをすることが出来る ソールラバーが選択できる クライミングシューズのラバーを選択することが可能です。 Vibramソールを使用していた靴に、UNPARALLELラバーを付けることも可能になります。 硬いソールや柔らかいソールなど自分のクライミングスタイルに合わせてラバーを選択してください。 選択可能なラバーは2つのブランドソールから。 Vibram ソール UNPARALLEL ソール 新しく靴を購入するよりも安くすることが出来る クライミンシューズのマーカーやモデルにもよりますが、新しいクライミングシューズを購入するよりも、リソールをしたほうが断然お得です。 年2回、新しいソールを購入するのとリソールをする際の金額差ですが、1足¥18,000-のクライミングシューズと1足¥7,000-のリソールの場合、 年2足交換で 年間¥22,000-の差が出てきます。 毎回のリソールは現実的ではないので、靴の状態により適度にリソールをすることにより他の物へお金を回すことが出来るようになります。 足に馴染んだ靴が復活出来る 新しい靴は足に馴染むまでに時間がかかりますよね。 リソールにおいては足に馴染んだ靴をリソールするので、修理が完了して戻ってくれば、すぐに使用することが可能です。 カスタマイズをすることが出来る リソールの際に追加注文で、ラバーコートやラバーシートなどの取付や、エッジ付のソールからノーエッジにするなど、自分好みにカスタマイズをすることが可能になります。 リソールするデメリットとは? リソールをするクライマーもいますが、リソールをしないクライマーもいます。 理由としては下記の項目が考えられます。 履き心地が変わってしまう。 修理期間がかかる• どのように修理しているか心配 履き心地が変わってしまう。 クライミングシューズリペアに出すと、以前に比べ、若干履き心地が変わりことがあります。 こちらはラバーの違いが大きな要因にはなりますが、しばらく履き続けると違和感も解消していきます。 修理時間がかかる 通常の修理は2週間前後になりますが、数量の多い際は3週間前後の修理期間を頂くことが多いです。 どのように修理をしているか心配 リソール業者によってリペア方法に様々な違いがあります。 修理においては専門性の高いリソール業者を選択することと、技術力のあるリソール業者を選択することをお勧めします。 Vibramソール・UNPARALLELソールを使用して、クライミングシューズを修復する専門店になります。 赤のラインにてラバーの種類が変わっていきます。 同じラバーを使用すれば変わりませんが、違うラバーを選択した場合はつま先部分とヒール部分では感覚が異なりますので、ご注意ください。 専用の木型がなければ出来ない技術になります。 今までのリソール業者ではやっていなかったことで、一度は試して頂きたいリソールになります。 オールソール交換 修理後の状態 Before After Before After Vibramソール・UNPARALLELソールを使用して、クライミングシューズを修復する専門店になります。 爪先のラバーに穴が開き、中の革が見えたとき• 底面に穴が開いたとき• ヒール部分のラバーが剥がれたとき リソール問題なしの場合 リソールが難しい場合 爪先部分にかなり大きな穴が開いてしまっている状態です。 修理は可能になりますが、ラバー補強だけでは済まないので革にて補強を掛けてからラバーを当てていく修理になります。 このような場合でも修理は可能になりますので、お問い合わせください。 スポルティバ【スクワマ】の修理例になります。 詳しくは下記をクリックしてくださいね。 設備が整っている環境で作業をしているのか?専用の木型の用意はあるか?お客様対応はどうか? 修理を出す側からすると不安な要素があるかと思います。 そこでこちらではソール交換専門の修理業者を紹介していきます。 ナカダ商会の場合 埼玉県川口に工場を構えているナカダ商会【靴修理大好き工房】があります。 登山靴・ワークブーツ・クライミングシューズのリペア専門店になります。 専用のクライミング用木型を多数用意して、グラインダー、圧着機に至るまで全てを取りそろえています。 Vibramソール・UNPARALLELソールを使用して、クライミングシューズを修復する専門店になります。 穴が開いてしまっても決してあきらめないでください。 クライミングが好きな方であれば何足か靴は持っていると思います。 クライミングリソールを上手に活用して履きなれたクライミングシューズでクライミングを楽しんでくださいね! Vibramソール・UNPARALLELソールを使用して、クライミングシューズを修復する専門店になります。

次の

リソール専門店紹介「VAC resole」バーチリソール

クライミング シューズ リソール

SANOAソール取り扱い開始!! 低反発で柔らかさにコシがあり、力の吸収力、そしてフリクションが抜群のソール。 今までにはない新感覚ソール! サノアソールで最も優れている性能はフリクション!! おそらくは世界最強のグリップ力ではないでしょうか!? 高フリクションソールとして知られる、mi6、HF、RS、そして故エンペラー。 それらは、柔らかさゆえのフリクションでした。 しかし、サノアは只柔らかいだけではなく、低反発でコシがありソール単体としての弱点とも取れたエッジングの弱さを克服しているソールとなります。 ネガとしては、足裏感覚の掴みにくさは否めません。 人工壁に対しては確実に武器になる可能性を秘めたソールです。 岩場に関しては、岩質によっては武器になるとあえて表現させて頂きます。 フリクションが確実に欲しい課題にチャレンジしている方には是非ともお試し戴きたい新感覚ソール【SANOA】 トゥラバー用のゴムもあり、柔らかさと高フリクションによるトゥフックでの安心感は絶対的なものとなります。 トゥラバーシート張替えのカスタムの際には、指定がなければ、問答無用でSANOAを貼ります。 宜しくお願い致します。

次の

クライミングシューズを分解!構造と名称とその機能

クライミング シューズ リソール

せっかく足になじんできたクライミングシューズを捨てるのはもったいない! そんな時は、是非リソールしてみてください。 すり減ってぺらぺらになったソールを張り替えて、フリクションがもどり、しかもアッパーは変わらないから足なじみはそのまま。 経済的にもやさしいので、ここでは、 リソールしたいけどやり方がわからない! という人のために、リソールの出し方をお伝えします。 リソールに出すタイミングは? リソールに出すタイミングは、つま先のソールが薄くなってきた時です。 と言ってもよくわからないでしょうから、下の画像を見てください。 リソールに出したばかりのシューズ リソールに出すタイミングのシューズ 同じ靴ですが、左の靴のトゥがわずかに下を向いているのがわかりますか? 逆に右のトゥは上を向いています。 これがソールが削れてきた証拠です。 こうなったら迷わずリソールに出しましょう。 リソールするとどうなるの? リソールに出すとソールの種類が選べます。 選べるソールは以下の通りです。 ステルスラバー ステルスラバーは全体的に粘度が高く、フリクションが非常に良い。 C4 フリクションは良いが、コシが少し弱い。 現在は下記新C4が主流。 ONIX 上記C4よりも少し硬いので立ち込みの性能が向上。 フリクション若干下がった印象。 ハイフリクション 上記C4よりも若干柔らかいかも。 剛性とフリクションのバランスが取れている。 Mi6 ガラス面でも登れるといわれるほど柔らかい。 ミッションポッシブルでトムクルーズが履いていた靴に使われた。 柔らかすぎて垂壁、スラブではめちゃくちゃ使いにくい。 新C4(アディダスファイブテン) 上記C4よりも固くなった印象。 フリクションも悪くない。 強傾斜もスラブも行ける。 ビブラムソール ビブラムソールの粘度は種類によって差がある。 XS GRIP ステルスC4よりも固めで、耐久性が高い。 外岩で性能を十分に発揮できる。 粘度は低く、長期間使用でつるつるになってしまう。 XS GRIP2 XS GRIPよりも柔らかい。 耐久性も上がっている。 粘度も高くフリクションが非常に良い。 ジム向け。 XS EDGE XSシリーズの中で一番固い。 粘度は低くツルツル。 非常に硬いので、外岩やスラブなど足場がシビアで立ち込む場面で性能を発揮できる。 アンパラレルソール アンパラレルソールは粘度が全体的に高く、フリクションが良い。 RHリアルオーナー 上記C4と同じくらいの固さ。 フリクションとのバランスが取れている。 RSリアルスプリーム RHよりもかなり柔らかい。 反面剛性は落ちる。 スラブは少しやり辛いので強傾斜向け。 ここから1種類ソールの種類を選んだら、次にソールの厚みを 4mmか3. 5mm か選びます。 しかし、プロを目指すのではない限り4mmでよいでしょう。 薄いということは耐久性が落ちます。 5mmくらいあっという間に削れます。 ソールの種類が多すぎてわからないよ という方、分かります。 どのソールもとても性能がいいです。 ソールは主に 固いと小さなホールドに乗りやすく、スラブや垂壁で性能を発揮する 柔らかいと強傾斜でも足が壁から離れにくく、掻き込みしやすい という特徴があります。 つまり、どのソールも一長一短かバランス型かということになります。 外岩かジムか、強傾斜をよくやるのか、スラブが好きなのかで、チョイスするソールが変わるでしょう。 はっきり言って、どのソールも性能はとても良いです。 どれを選んでも後悔はしないと思います。 オプションが選べる リソールと一緒にオプションが選べます。 内容は下記の通り。 つま先の修理 つま先を酷使するクライミングシューズはこの箇所が傷みやすい。 大抵の場合、利き足の方を修理することになる。 トゥフックで当たる部分のラバーコート ゴテゴテ、ザラザラなトゥラバーになる。 トゥフックのかかりがかなり改善される。 その他• ベルクロ交換(マジックテープ) 靴によってはできない場合がある。 金属側のテープ交換 金属受け交換とテープを交換• 穴あき箇所修理 革を当てて塞ぎます。 ほつれ縫い直し• 接着修理 剥離箇所を接着剤で接着する。 パッチ 穴あき箇所をラバーで塞ぐ。 修理箇所を自分で判断できない時はVACリソールの職人に「おまかせ」することもできます。 私はいつもこれです。 リソールの出し方 VACリソールのホームページからオーダーシートをダウンロードします。 オーダーシートに修理箇所、おまかせにするかどうか、支払い方法などを記載して、靴と一緒に バーチリソール 〒195-0063 東京都町田市野津田1741-1 TEL:042-860-2961 ここに送るだけです。 とても簡単です。 いかがでしたでしょうか。 リソールすると今まで足になじませたクライミングシューズが蘇ります。 しかも、最初から足になじんでいる分、新品を買うより有利になります。 ちなみに2足以上一緒に送ると、請求額から送料が引かれるので少しお得です。

次の